アマネセールの情報

2018/10/11 10/14(日)新潟2R 2歳未勝利〔芝2,000m・14頭〕54 川又賢治 発走10:15
     
2018/10/11 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:10日にCWコースで追い切り
次走予定:新潟10月14日 芝2,000m〔川又賢治〕
斉藤崇史調教師「10日にCWコースで追い切りました。川又騎手に感触を確かめてもらったところ、『まだ緩さは感じましたが、仕掛けて行くとスッと反応してくれましたし、最後もジリジリ伸びてくれました。一瞬の脚というよりは徐々に押し上げていく競馬が合いっていそうなので、馬の良いところを引き出せるように頑張りたいと思います』と言っていました。ワンペースところがありますが、ジョッキーの感触は悪くなかったようですし、初戦と比べて成長が窺えるだけに、2,000mの距離でリズムよく競馬をすればいい結果に繋がると思います」
     
2018/10/10 川 又 10/10(水)CW良 83.6- 67.5- 52.3- 38.2- 12.0[6]馬なり余力
     
2018/10/10 14日(日)新潟2R・芝2,000m〔54 川又賢治〕
     
2018/10/09 助 手 10/7(日)CW重 70.9- 54.4- 39.0- 12.1[9]馬なり余力
     
2018/10/09 14日(日)新潟2R・芝2,000m〔川又賢治〕
     
2018/10/04 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:3日にCWコースで追い切り
次走予定:新潟10月14日 芝2,000m〔川又賢治〕
斉藤崇史調教師「3日にCWコースで追い切りました。遅い時間帯に行ったこともあって、時計は余計にかかってしまいましたが、先週よりしっかり動けていたと思います。ワンペースなところがあるので、ヨーイドンの展開になると厳しいですが、デビュー当初より馬は成長しているので、ゆったりした距離で早めに動いて行く競馬が良いかもしれません。順調に仕上がっていますので、予定通り来週の競馬を目標にピッチを上げていきます。ジョッキーは減量の川又騎手に依頼しています」
     
2018/10/03 岩崎翼 10/3(水) CW良 86.3- 69.2- 53.6- 39.6- 13.1[7]一杯に追う
 コウユーヌレエフ(古1600万)叩一杯の内1.1秒先行同入
     
2018/10/01 助 手 9/30(日)CW不 45.7- 15.4[7]馬なり余力
     
2018/09/27 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:26日にCWコースで追い切り
次走予定:新潟10月14日 芝2,000m
斉藤崇史調教師「26日にCWコースで追い切りました。雨の影響で馬場が悪く、かなり脚を取られて走りにくそうにしていましたが、帰厩して強め1本だったことを考えるとまずまず動いてくれたと思います。放牧に出す前より体の使いかたが良くなっていますし、成長が感じられるので、あと2週しっかり乗り込めば態勢が整うと思います。初戦の内容からゆったりした距離の方がレースがし易いと思うので、10月14日の新潟・芝2,000mに出走させる予定で進めていきます」
     
2018/09/26 助 手 9/26(水)CW良 85.4- 68.7- 54.0- 40.3- 13.5[8]追って一杯
 ドラウプニル(二500万)一杯の外1.1秒先行0.2秒遅れ
     
2018/09/24 助 手 9/23(日)栗坂重 57.2- 41.0- 27.2- 14.0 馬なり余力6
     
2018/09/22 22日(土)に栗東トレセンへ帰厩しています。
     
2018/09/21 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき/22日に栗東トレセンへ帰厩予定
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒
次走予定:第3回新潟開催
厩舎長「この中間も坂路でハロン15秒の乗り込みを行っていますが、手応え良く坂路を駆け上がっていますよ。帰厩に備えて体調を整えていたところ、斉藤調教師から連絡があり、22日の検疫で帰厩することが決まりました。調子が上がってきたところで送り出せるので、レースでは成長したところを見せてほしいですね。馬体重は493kgです」
     
2018/09/21 22日(土)に栗東トレセンへ帰厩する予定です。
     
2018/09/14 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒
次走予定:第3回新潟開催
厩舎長「乗り込んでいくにつれてしっかりしてきましたし、成長が窺えますよ。先週に引き続き坂路でハロン15秒の乗り込みを行っていますが、息づかいが乱れることはありませんし、態勢が整いつつありますよ。斉藤調教師は『検疫が回り次第帰厩させ、10月の新潟開催を目標にしたいと思います』と仰っていました。いつ帰厩の連絡があっても対応できるように乗り込みながら態勢を整えておきます。馬体重は487kgです」
     
2018/09/07 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒
次走予定:未定
騎乗スタッフ「この中間も坂路コースでハロン15秒の乗り込みを継続していますが、動きそのものは良いですし、この馬なりにしっかりしてきました。まだトモの緩さはありますが、時期的なことを考えると、仕方のないところですし、そこまで気にならないですよ。今月中に帰厩する予定になっていますので、いつ連絡があっても良いようにしっかり乗り込んで態勢を整えておきます。馬体重は485kgです」
     
2018/08/31 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒
次走予定:未定
厩舎長「この中間も順調に調教が進められており、引き続き坂路でハロン15秒の乗り込みを行っています。先日、斉藤調教師が状態を確認したところ、『このまま順調に進められるようであれば、再来週あたりにトレセンへ戻して京都開催、もしくは新潟開催あたりで復帰させたいと思います』と仰っていました。依然緩さはありますが、その中でもしっかり動けているので、この馬なりに成長していると思いますよ。馬体重は476kgです」
     
2018/08/24 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒
次走予定:未定
厩舎長「この中間も坂路でハロン15秒の乗り込みを継続しています。この馬なりにトモの踏み込みがしっかりして成長が窺えますよ。斉藤調教師から『徐々に良くなってきていますね。もう少し時間を掛ければ更に良くなってきそうなので、このまま継続して乗り込んでください』と仰っていました。緩いところがありながらも、良い走りを見せくれているので、更に良い走りが出来るように乗り込みながら鍛えていきます。馬体重は476kgです」
     
2018/08/17 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒
次走予定:未定
厩舎長「坂路でハロン15秒の乗り込みを開始後も順調に進めることが出来ています。もう少し時間を掛けて馬体を鍛えていく必要がありますが、この馬なりに成長は感じられますし、帰厩の予定が決まるまで距離を乗り込んで良化を図っていきたいと思います。背中の感触が良く、先々は走ってくる馬だと思います。馬体重は468kgです」
     
2018/08/10 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒
次走予定:未定
牧場スタッフ「先週から調教を開始しましたが、その後も順調に進められていたことから、この中間から坂路でハロン15秒の乗り込みを開始しています。緩さがありながらもなかなかいいフォームで走っていますし、馬体がしっかりすれば走ってきそうですね。暑さの影響を受けることもなく、いい状態を保っているので、乗り込みながら帰厩に備えていきたいと思います。馬体重は468kgです」
     
2018/08/03 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒
次走予定:未定
厩舎長「こちらで状態を確認いたしましたが、特に大きな疲れもなく、元気いっぱいの様子でしたので、今週から調教を開始しています。現在は坂路でハロン17秒の乗り込みを行っていますが、緩さは確かにあるものの、前向きさがあって走り自体は悪くないので、乗り込みを継続しながら鍛えていけばしっかりとしてくるでしょう。体重は468kgです」
     
2018/07/26 26日(木)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。
     
2018/07/25 在厩場所:栗東トレセン/26日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
斉藤崇史調教師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、大きなダメージは特に見られませんが、この後は成長を促す為に放牧に出させていただきます。乗り込んでいくにつれて良くなっているのは感じていましたし、もう少し時間を掛けて鍛えていけば、伴ったフォームでしっかり走ってくれるようになるでしょう。26日にノーザンファームしがらきへ放牧に出す予定です」
     
2018/07/25 26日(木)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出る予定です。
     
2018/07/23 7/21(土)中京6R メイクデビュー中京〔芝1,400m・10頭〕8着[5人気]
2番枠からまずまずのスタートを決めると、先団の後ろに位置を取って流れに乗ります。3,4コーナーあたりから先団に並び掛けにいこうとしますが、ペースが上がると徐々に置かれ気味になり、最後の直線も盛り返すほどの脚は使えず、デビュー戦を8着で終えています。
福永祐一騎手「スッと流れに乗ることが出来ましたし、ペースが上がったところもついて行くことが出来ました。ただ、最後の直線で追い出しにかかると、追い切りの時と同じでフォームがバラバラになってしまったことで伸びを欠いてしまいました。乗り味が良く、センスが良いので、大事に育てていけば、先々は走ってくる馬だと思いますよ」
斉藤崇史調教師「いい状態でデビューさせることが出来ましたが、まだ馬体が伴っていないことで、追い出しにかかるとフォームが不安定になってしまい、首をしっかり使って走ることが出来ませんでした。でも、勝負どころまでの内容は悪くなかったですし、これから成長を促していけば、しっかりとしたフォームで走ってくれるようになるでしょう。トレセンに戻って状態を確認した後は、これまでの疲れを取る為にリフレッシュ放牧に出す予定です」
     
2018/07/20 助 手 7.20栗坂良 59.0- 43.0- 28.0- 13.2 馬なり余力
     
2018/07/19 7/21(土)中京6R メイクデビュー中京〔芝1,400m・10頭〕54 福永祐一 発走12:55
     
2018/07/19 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:18日に坂路コースで追い切り
次走予定:中京7月21日 メイクデビュー中京・芝1,400m〔福永祐一〕
斉藤崇史調教師「18日に坂路コースで追い切りました。福永騎手に感触を確かめてもらったところ、『前に一度騎乗させてもらった時より動きは良くなっていますね。素直で乗り易い馬なので、実戦に行っていいタイプだと思います。走りのフォームはまだ不安定ですが、その中でなかなかいい時計で上がってくるのですから、この馬なりに良くなってきていますよ』と言っていました。良くなっている段階ではありますが、乗り込んでいくにつれてしっかり走ってくれるようになっているので、あとはレースに行ってどれだけ良い競馬をしてくれるか期待したいと思います」
     
2018/07/18 福 永 7.18栗坂良 52.8- 38.7- 25.6- 13.1 強目に追う
 アイリッシュビート(三未勝)馬なりを0.3秒追走0.1秒遅れ
     
2018/07/18 21日(土)中京6R・芝1,400m〔54 福永祐一〕
     
2018/07/16 助 手 7.15栗坂良 58.3- 43.2- 28.5- 14.3 馬なり余力
     
2018/07/16 21日(土)中京6R・芝1,400m〔福永祐一〕
     
2018/07/12 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:11日にCWコースで追い切り
次走予定:中京7月21日 メイクデビュー中京・芝1,400m〔福永祐一〕
斉藤崇史調教師「11日にCWコースで追い切りました。予定しているレースが来週に控えていますので、テンからしっかり負荷を掛けて行うように指示を出しました。少し行きたがる素振りを見せたものの、すぐ収まって折り合ってくれましたし、最後までバテずにしっかり伸びてくれました。操縦性は問題ありませんし、素直で乗りやすい馬なので、実戦に行ってしっかり力を出してくれるタイプだと思います。苦しい時期を乗り越えて今では精神的にも余裕があるので、いい状態で来週の競馬に向かえそうです」
     
2018/07/11 見 習 7.11CW良 80.6- 65.3- 51.4- 38.3- 12.6[7]一杯に追う
 ドラウプニル(新馬)一杯の外0.7秒先行0.7秒先着
     
2018/07/09 助 手 7. 7CW不  86.0- 68.1- 52.2- 39.0- 12.4[9]馬なり余力
 ドラウプニル(新馬)馬なりの外0.4秒先行クビ先着
     
2018/07/05 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:4日にCWコースで追い切り
次走予定:中京7月21日 メイクデビュー中京・芝1,400m
斉藤崇史調教師「4日にCWコースで追い切りました。先週末にも時計を出しましたが、その時より反応が良くなっていましたし、2本目としては上々の内容でしたよ。ゲート試験後に疲れが見られるようであれば、無理せず一息入れるつもりでしたが、追い切り後の様子を見ていても、テンションが上がることもなく穏やかに過ごしているので、このままデビューに向けて仕上げていきたいと思います。さすがにいきなり長い距離だと体力的にもきついでしょうから、7月21日の中京・芝1,400mでデビューさせたいと考えています」
     
2018/07/04 助 手 7. 4CW良 85.6- 69.0- 53.9- 39.7- 12.4[8]一杯に追う
 ララルラシオン(三未勝)一杯の内を0.6秒追走4F併同入
     
2018/07/02 助 手 7.1CW良 71.5- 55.5- 39.2- 12.8[6]馬なり余力
 コウユーヌレエフ(古500万)馬なりの内を0.4秒追走4F併0.2秒遅れ
     
2018/06/28 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:27日にゲート試験合格
次走予定:未定
斉藤崇史調教師「先週ゲート試験を受けた際は、1本目は問題なかったものの、2本目の寄りが悪かった為に不合格となりました。駐立・ゲートの出は問題ないですし、練習を重ねて余計に寄りが悪くなるといけないと思い、練習がてら27日にゲート試験を受けたところ、2回ともスムーズにこなして無事合格しました。28日に角馬場で軽く乗ってみましたが、先週の様子と比較すると、苦しい時期を乗り越えてくれたようで、いい雰囲気を保っています。来週一度時計を出してみて、その感触を確かめたうえで、このままデビューに向けて進めていくか、短期放牧を挟むか検討したいと思います」
     
2018/06/27 助 手 6.27栗E良 14.7- 14.3- 14.4 ゲートなり
     
2018/06/27 27日(水)にゲート試験を受けて合格しています。
     
2018/06/22 22日(金)にゲート試験を受けましたが、不合格でした。
     
2018/06/21 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路コースでキャンター、ゲート練習
次走予定:未定
斉藤崇史調教師「この中間も坂路コースで1本乗った後にゲート練習を行っていますが、寄りの際に躊躇する時がありますが、納得すれば入ってくれるので問題ないでしょう。駐立も大人しくしているので、あとは出の反応が良くなり次第ゲート試験を受けたいと思います。環境にも慣れて落ち着いていますし、体調も安定していますよ」
     
2018/06/13 在厩場所:13日に栗東・斉藤崇史厩舎へ入厩
調教内容:
次走予定:未定
斉藤崇史調教師「13日の検疫で入厩させていただきました。北海道からの輸送でしたので目に見えない疲れもあるでしょうから、まずはしっかりと馬体のケアに努め、問題なければこちらの環境に慣れさせつつゲート練習を中心に調教を進めていきたいと思います」
     
2018/06/13 12日(火)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動しており、13日(水)に栗東・斉藤崇史厩舎へ入厩しています。
     
2018/06/02 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,200m
担当者「この中間も坂路でハロン15秒のペースで登坂し、速い日は14秒に近いところまで脚を伸ばすようにしています。周回コースでは癖もなく、とても乗り易い馬ですが、坂路だと一変して力んで走ってしまうところが窺えるので、その点には気を付けながらリラックスを心掛けています。登坂回数を重ねていくにつれて、トモの踏み込みが力強くなり、以前よりしっかりしてきたように思えます。先日、斉藤崇史調教師が来場し、状態を確認したところ、6月の13〜15日あたりの入厩を目標に進めてくださいと仰っていました。力みから、坂路では上体が上擦ってしまうところがあるので、入厩するまでに出来る限りフォーム修正に努めていきたいと思います」馬体重474kg
     
2018/05/18 競走馬名:アマネセール
欧字表記:Amanecer
意味由来:夜明け(西)
     
2018/05/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,200m
担当者「この中間も同様のメニューで進めています。トモに必要な筋肉がついてきて、坂路での動きは良い手応えで登坂出来るようになりました。まだ完全に筋肉が付ききっているわけではありませんので、更なる成長が見込めます。走っている時のバランスも以前より良くなり、体幹がしっかりしてきましたね。父産駒らしく見映えのする馬体で、飼い葉も良く食べますし状態に関して何も言うことはありません。この健康状態を保った上で、今後は更にペースを上げた調教を行い、入厩に向けて準備を進めて参ります」馬体重467s
     
2018/05/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,200m
担当者「週3回の坂路調教の内、週1回はハロン16秒、週2回はハロン15秒のペースで登坂しています。乗り手に逆らうことなくしっかりとした脚取りで調教を行えています。普段は大人しいものの調教に取り組むとなると気持ちが入ってきますし、オン・オフ使い分けることが出来る非常にクレバーな馬です。また、食欲旺盛で飼い葉も残すことはありませんので調教で体が減ることは無さそうですね。今後はトモに必要な筋肉がついてくるまではこのペースで進めていき、状態を見つつペースアップを図っていきます」馬体重467s