アンナベルガイト情報

2018/05/18 18日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。
     
2018/05/16 在厩場所:栗東トレセン/18日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
高柳大輔調教師「レース後も特に変わりありませんが、新潟で2度出走させたこともありますので、これまでの疲れを取る為にリフレッシュ放牧に出そうと思います。体が絞れたことで息づかいも良くなってきましたので、あとは馬体が伴えば最後まで力強く走ってくれるようになるでしょう。18日にノーザンファームしがらきへ放牧に出す予定です」
     
2018/05/14 5/13(日)新潟3R 3歳未勝利〔D1,800m・15頭〕9着[7人気]
ダッシュ良く好位に取り付き、道中は2番手からの追走、3,4コーナー中間あたりから鞍上の手が動き出し、直線もジリジリとした脚色で中団で流れ込むようにゴールしています。
川又賢治騎手「スタートを上手く切れましたし、無理せず好位を取ることが出来ました。いいリズムで運ぶことが出来ていたのですが、3,4コーナーあたりでペースが上がると、フットワークがバラバラになってしまいました。まだ全体的にしっかりしていないことから、勢いを付けないと上手く手前を替えられなかったですし、もう少し時計が掛かる馬場の方がいいと思います。前走は直線で息遣いが気になりましたが、今回は気になりませんでしたし状態は良かったと思います」
高柳大輔調教師「馬体も絞れていい状態だったと思いますし、今回はスタートよくいい位置から運ぶことが出来ましたね。ただ直線に入ってスムーズに手前を替えられませんでした。最後まで止まっているわけではないものの、伸び切れずといった感じでしたし、手前を替えていればもう一伸びして上位争いに加われていたのではないかと思います。馬体が大きいのもあってまだ後ろが緩いですし、そういった部分が手前を替えなかったりといった、少し器用さに欠けるところに繋がっているのだと思います。この後はトレセンに戻ってからの状態を見て考えたいと思いますが、中1週で新潟に連れてきましたし、あまり無理はしない方がいいとは思っています」
     
2018/05/10 5/13(日)新潟3R 3歳未勝利〔D1,800m・15頭〕53 川又賢治 発走10:40
     
2018/05/10 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:9日に坂路で追い切り
次走予定:新潟5月13日 ダート1,800m〔川又賢治〕
高柳大輔調教師「9日に坂路で追い切りました。前走から中1週での競馬なので反応を確認する程度に抑えました。この中間は前走より馬体重が増えないように普段から長めに乗り込みましたが、その甲斐あって太くなることもなく、余計な脂肪が取れてだいぶメリハリが出てきていると思います。前走時も見た目はそこまで太く映りませんでしたが、まだ中身が出来ていないことで息づかいはもう一つでしたし、それが最後に出てしまいました。ひと叩きしたことで上積みが感じられるので、前走以上の競馬を期待したいですね」
     
2018/05/09 助 手 5. 9栗坂不 58.1- 43.0- 27.9- 13.0 馬なり余力
     
2018/05/09 13日(日)新潟3R・D1,800m〔53 川又賢治〕
     
2018/05/07 13日(日)新潟3R・D1,800m〔川又賢治〕
     
2018/05/02 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:新潟5月13日 ダート1,800m〔川又賢治〕
高柳大輔調教師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、大きな疲れもなく、脚元の状態も変わりありません。週末から調教を開始し、このまま状態が変わりないようであれば、5月13日の新潟・ダート1,800mに出走させたいと考えています。ひと叩きしたことで、内面もしっかりしてくるでしょうし、終いの踏ん張りも違ってくると思います。ジョッキーは引き続き川又騎手にお願いしています」
     
2018/04/30 4/29(日)新潟3R 3歳未勝利〔D1,800m・15頭〕5着[3人気]
スタートで行き脚が付かず、序盤は後方からレースを進めます。向正面で好位の3番手までポジションを押し上げて行き、そのままの隊列で直線に向き追い出されたものの、直線半ばで息遣いが苦しくなったため伸び切れず、5着でレースを終えています。
川又賢治騎手「ゲートが開いてもスッと反応できず、スタートで遅れてしまいました。ペースもそれほど速くなかったので向正面で上がって行き、いい位置で勝負どころを迎えられたのですが、追い出してから喉が鳴り出して息遣いが苦しくなって、思っていたよりも早く脚が上がってしまいました。今日は久々ということもあって少し動きに重さを感じましたし、ダートの走りは問題なくむしろ芝より合っていそうですから、馬体が締まってくればもっと走れるようになると思います」
高柳大輔調教師「長距離輸送でもう少し絞れているかなと思っていましたが、栗東トレセンを出発する前より増えていたぐらいでした。見た目は太く映らないものの、内面に余分な脂肪がついていることで、息遣いももう一つでしたし、そのあたりがスッキリすれば、もっと差のない競馬が出来るようになると思います。転厩初戦としてはまずまずの競馬をしてくれたので、次走はそれ以上の走りが出来るように調整していきたいと思います。あまり間隔を空けるより、中1,2週ぐらい空けて出走させる方が脚元などに負担をかけることなく仕上げられるので、トレセンに戻って状態を確認してから、次走について検討したいと思います」
     
2018/04/26 4/29(日)新潟3R 3歳未勝利〔D1,800m・15頭〕53 川又賢治 発走10:45
     
2018/04/25 植 野4.25栗坂不 53.2- 38.5- 25.0- 12.6 一杯に追う
  プレシャスルージュ(古1000万)末強目を0.1秒追走同入
     
2018/04/25 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:25日に坂路で追い切り
次走予定:新潟4月29日 ダート1,800m(若手騎手)〔川又賢治〕
高柳大輔調教師「25日に坂路で追い切りました。古馬のプレシャスルージュと併せましたが、相手は攻め掛けする馬だったこともあって見劣る形になってしまったものの、馬場が悪い中でも最後までしっかり走ってくれました。追い切り前の馬体計測では520kg台と、前走より大幅に増えていますが、見た目は太く映らないですし、休養を挟んだことで成長分は見込めると思います。調教の止め際に喉がゴロっと鳴っているようですが、喉鳴りではなく、DDSPだと思いますので、成長とともに改善されていくと思います。ビュっと切れるタイプではなく、長くいい脚を使うタイプですから、ダートは合っていると思うので、転厩初戦から良い競馬をしてほしいと思います。ジョッキーは3kg減の川又賢治騎手で投票させていただきます」
     
2018/04/25 29日(日)新潟3R・D1,800m〔53 川又賢治〕
     
2018/04/23 助 手 4.22栗坂良 52.5- 38.5- 25.6- 13.1 一杯に追う
     
2018/04/23 29日(日)新潟3R・D1,800m〔川又賢治〕
     
2018/04/19 助 手 4.19CW重 67.5- 52.0- 37.7- 12.3[4]一杯に追う
 モズジョーカー(三未勝)一杯の内0.6秒先着
     
2018/04/19 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:19日にCWコースで追い切り
次走予定:新潟4月29日 ダート1,800m(若手騎手)
高柳大輔調教師「19日にCWコースで追い切りました。3歳未出走馬と併せてみましたが、最後の直線で併せにかかると、鞍上のゴーサインに応えてしっかり伸びて先着しました。止め際に息づかいが少し気になったようですが、ラストの伸びはとても良かったですよ。前走の馬体重と今を比較すると余裕があるので、その影響で息づかいがまだしっかり出来ていないのかもしれませんが、週末と来週の追い切りで更に馬体が引き締まってくると思います。脚元等は問題なく進められているので、来週の競馬に向けてしっかり調整していきたいと思います」
     
2018/04/16 助 手 4.15栗坂不 58.9- 43.1- 27.7- 13.8 馬なり余力
     
2018/04/12 在厩場所:12日に栗東・高柳大輔厩舎へ入厩
調教内容:
次走予定:未定
高柳大輔調教師「先日、放牧先で馬の状態を確認しましたが、かなり順調に乗り込めていたようなので、12日の検疫で入厩致しました。環境の変化に戸惑う恐れがありますので、今週いっぱいは様子を見させていただき、そのまま進めていけそうであれば、このまま仕上げに入っていきたいと考えています」
     
2018/04/12 12日(木)に栗東・高柳大輔厩舎へ入厩しています。
     
2018/04/11 12日(木)に栗東・高柳大輔厩舎へ入厩する予定です。
     
2018/04/07 7日(土)に栗東・高柳大輔厩舎へ転厩の手続きが取られています。
     
2018/04/06 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒
次走予定:未定
厩舎長「この中間も帰厩に備えて乗り込んでいますが、だいぶ動きが軽快になり、余裕を持って登坂してくれるようになりました。息づかいもこちらのペースでは全く気になりませんし、成長と共にしっかりしてきていると思います。いつでも戻せる状態ですので、いつ声が掛かってもいいように体調を整えておきます。馬体重は532kgです」 池添兼雄調教師に引き続き帰厩の打診を行ったところ、すぐには馬房の調整がつかず、現時点でハッキリとした返事が出せないとのことでした。近日中の帰厩および今後のスムーズな入退厩が難しい状況であることから、牧場サイドも交えて今後について協議を行った結果、他の厩舎へ転厩して新天地での飛躍を目指すこととなりました。栗東・高柳大輔調教師に打診したところ快諾を得られた為、近日中に転厩の手続きを行う予定です。ご出資会員の皆様には何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、来週の検疫が回り次第帰厩する予定です。
     
2018/03/30 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒
次走予定:未定
厩舎長「引き続き坂路コースでハロン15秒の調教を行っていますが、徐々に馬体が引き締まり、メリハリのある体つきになってきました。ここまで進めてきた限り、膝の状態は変わりありませんし、速いところを行った後も維持しています。このまま無事に送り出せるように体調をしっかり整えておきたいと思います。馬体重は524kgです」
     
2018/03/23 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒
次走予定:未定
厩舎長「この中間も坂路コースでハロン15秒の調教を継続していますが、膝の状態は落ち着きを保っていますし、動きの方も以前よりだいぶしっかり登坂出来るようになってきました。池添兼雄調教師から検疫が込み合って少しずれこんでしまっていると連絡がありましたので、いつ声が掛かっても良いように体調には気を付けて進めていきたいと思います。馬体重は528kgです」
     
2018/03/16 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒
次走予定:未定
調教主任「その後も特に問題なく、坂路での乗り込みを中心に調教を行っています。少しモヤッとしたところはありますが、コンスタントに乗り込みながらも膝の状態にもいい意味で変化はありません。検疫が込み合っているようですが、引き続きいつ声が掛かってもいいように状態維持に努めていきたいと思います。馬体重は528kgです」
     
2018/03/09 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒
次走予定:未定
厩舎長「この中間も坂路コースで週に2回ハロン15秒の調教を継続していますが、登坂回数を重ねていくにつれて動きが良くなってきていますよ。まだ緩さがあって、息遣いもしっかりしていないところがありますが、以前より力を付けてきていると思います。池添兼雄調教師から馬房の調整が付き次第、帰厩させたいと連絡をいただいていますので、いつ声が掛かってもいいように乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は522kgです」
     
2018/03/02 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒
次走予定:未定
厩舎長「この中間も週に2回坂路コースでハロン15秒の調教を行っていますが、だいぶしっかり動けるようになってきましたし、膝の状態も変わりなく進められています。この調子ならそろそろ帰厩の目途も立てられそうなので、池添兼雄調教師に今後の予定を相談したいと思います。馬体重は528kgです」
     
2018/02/23 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒
次走予定:未定
厩舎長「この中間から坂路コースでハロン15秒の調教を開始しています。ペースを上げた後も、膝の状態は変わりなく落ち着いていますし、調教後の歩様も問題ありません。息づかいは走っているのを確認しても特に気にならないですし、内視鏡検査でも異常は見つからなかったので気にせず進めていきます。馬体はまだ余裕がありますので、今の調教メニューをしっかりこなして引き締めていきたいと思います。馬体重は522kgです」
     
2018/02/16 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒
次走予定:未定
厩舎長「先週から坂路コースで調教を開始しましたが、その後も脚元の状態は変わりなく、順調に進められています。膝の状態も落ち着きを保っているので、来週はハロンペースを少し上げてみようと考えています。少し馬体に余裕が出てきたので、これ以上太らないように引き締めていきたいと思います。馬体重は522kgです」
     
2018/02/09 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒
次走予定:未定
厩舎長「引き続き脚元の状態を見ながら進めていますが、トレッドミルでの運動後も変わりなく来ていたことから、今週から坂路コースで乗り出しています。現在はハロン17秒のところで登坂していますが、運動後も状態は変わりないものの、脚元のこともありますので、もう少し今の調教メニューを継続しながら良化を図っていきたいと思います。馬体重は510kgです」
     
2018/02/02 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定
厩舎長「脚元の状態はやや熱感があるものの、調教後も状態は変わりないので、トレッドミルで運動を行いながら経過を見ています。暫くは負担が掛からないようにトレッドミルで調整し、獣医師の許可がおりれば乗り出していこうと考えています。馬体重は510kgです」
     
2018/01/26 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定
厩舎長「息づかいが気になるとのことでしたので、こちらで内視鏡検査を行いましたが、喉鳴りの症状はありませんでした。若駒によくあるDDSPなのかもしれません。坂路コースで息づかいを確認しましたが、普通キャンターでは全く息遣いは気にならなかったので、走りに影響が及ぼすレベルではないと思います。それ以外の状態を確認したところ、両膝に若干熱感があり、獣医師に診てもらうと骨膜が見られるとのことなので、それが邪魔をしているのかもしれません。定期的に治療を行いながら、調教を継続していきたいと思います。馬体重は502kgです」
     
2018/01/19 19日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。
     
2018/01/17 在厩場所:栗東トレセン/19日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
池添兼雄調教師「レース後も状態は変わりありませんが、デビューから2戦したこともありますので、これまでの疲れを取る為にリフレッシュ放牧に出そうと思います。初戦に引き続き、舌を縛っていたのですが、今回は少し息づかいがひと息だったようなので、放牧先で念のために喉の状態を診てもらおうと思います。19日にノーザンファームしがらきへ放牧に出す予定です」
     
2018/01/17 19日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出る予定です。
     
2018/01/15 1/13(土)京都5R 3歳未勝利〔芝1,800m・16頭〕12着[11人気]
ブリンカーを着用。無理せず中団よりやや後ろの位置に取り付けます。流れが速くなったあたりで徐々に置かれ気味になり、最後の直線では大きく脚を伸ばすことが出来ず12着に敗れています。
菱田裕二騎手「前走では馬っ気を見せていたようですが、ゲートを五分に出てくれましたし、ブリンカーの効果もあって、最後まで集中して走ってくれました。ゲートは五分に出てくれましたが、スッと動き切れない感じでしたので、前半は急がせずに中団に取り付けました。3コーナー手前までいい感じで追走していましたが、流れが速くなったあたりで置かれ気味になってしまいました。馬体が緩いことでトモが嵌ってこない感じでしたし、動きが重く、息遣いもひと息でしたので、良くなるのはもう少し先かもしれません」
上村技術調教師「大きく変わった感じではありませんが、一度レースを経験したことでだいぶしっかりしてきていると思います。ただ、流れが速くなったところで同じようにスッと動けないのは、トモが緩いことで反応よく動き切れないのでしょう。時期的なことから馬体に余裕があるのも確かなので、筋肉が付いて余分な脂肪が取れていけば走ってくるようになるでしょう。この後は池添兼雄調教師に状態を確認してもらってから今後の予定を決めることになっています」
     
2018/01/11 1/13(土)京都5R 3歳未勝利〔芝1,800m・16頭〕56 菱田裕二 発走12:30
     
2018/01/11 菱 田 1.11CW稍 83.6- 68.3- 53.9- 40.3- 12.2[7]馬なり余力
 ビーユアヒーロー(三未勝)一杯の外を0.8秒追走5F併0.1秒遅れ
     
2018/01/11 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:11日にCWコースで追い切り
次走予定:京都1月13日 芝1,800m〔菱田裕二〕
担当助手「11日にCWコースで追い切りました。騎乗予定の菱田騎手に感触を確かめてもらいましたが、最後は持ったままの手応えでゴールしました。まだ緩さはありますが、初戦で見せ場を作ってくれたように、センスの良さが窺えましたし、馬体と中身が伴えば走ってきそうですね。心身共に幼さはありますが、だいぶしっかり走ってくれるようになりましたし、入厩当初と比較するとかなり成長していると思いますよ。今回もブリンカーを着用して集中力が維持できるようにしたいと思います。前走以上の走りを期待しています」
     
2018/01/10 13日(土)京都5R・芝1,800m〔56 菱田裕二〕
     
2018/01/09 助 手 1. 6CW良 83.4- 66.9- 52.2- 38.9- 12.6[8]馬なり余力
     
2018/01/09 13日(土)京都5R・芝1,800m〔菱田裕二〕
     
2018/01/04 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路でキャンター/ゲート練習
次走予定:京都1月13日 芝1,800m〔菱田裕二〕
池添兼雄調教師「前走ゲートの出がモッサリだったことから、今週はゲート練習に専念しました。まだ少しモッサリしているものの、駐立が不安定ではないので、慣れていけばあたり前に出てくれるようになるでしょう。この中間、ブリンカーを外してみたところ、周りを気にして集中力が散漫なところが窺えたので、もう少し着用しておく必要がありそうです。週末と来週に追い切りを行い、1月13日の京都・芝1,800mに出走させたいと思います。同じ日に中京で重賞が組まれていることから、リーディーング上位のジョッキーが不在でしたので、空いている中でガッツのある菱田騎手に依頼しました」
     
2018/01/03 助 手 12.28CW良 85.8- 69.8- 53.9- 38.5- 13.3[7]馬なり余力
助 手 12.31栗坂良 54.6- 40.6- 26.6- 13.2 馬なり余力
助 手 1. 3栗E良 14.8 ゲートなり
     
2017/12/20 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:第1回京都開催
池添兼雄調教師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、レースの疲れはあるものの、それ以外は特に問題ありません。スピードが乗ってからグッと集中していたところを見るとブリンカーの効果があったと思いますが、ゲートを出た際、両サイドからドッと馬が前に来たのを見てビックリしていたので、ブリンカーを外す方かスムーズにゲートを出るかもしれません。このまま変わりなければ年明けの京都開催を目標に進めていきますが、その前にゲートを五分に出るところから修正していく必要があるので、次走までにゲートの確認を行いたいと思います」
     
2017/12/18 2/17(日)阪神5R メイクデビュー阪神〔芝1,800m・10頭〕7着[7人気]
ブリンカーを着用しました。ゲートの扉が開いても自分からスッと出ようとせず、押っ付けながらの追走。スピードが乗ってから気の若さを見せることなく、最後の直線に差し掛かりますが、前半スムーズさを欠いた影響から最後は伸び脚を欠き、7着でゴールしています。
池添謙一騎手「ゲートが開いても自分から出ようとせず、これはまずいと思って押っ付けて出して行きましたが、鳴きながら頭を上に向けてしまって、かなり気の若いところを見せていました。流れに乗ってからは外から馬が来ても集中して走っていたので、ブリンカーは効いていたと思います。前半余計な脚を使ったことで、最後は伸びを欠いてしまいましたが、勝負どころでは一瞬伸び切れるかと思ったぐらいでしたから、気の若さを見せていなければ、もっとやれていたかもしれません。心身ともに幼いところがありますが、センスの良さは見せてくれたので、レースを経験しながら育てていく方が良いかもしれませんね。ゲートの出が安定すればマイルあたりが丁度いいかもしれませんが、折り合いを欠くところはなかったので、もう暫くは同じぐらいの距離で競馬を教えていくのも手だと思います」
池添兼雄調教師「トレセンでは大人しく扱いやすい馬ですが、競馬場で装鞍する際、馬っ気を見せていました。パドックから返し馬まで普通にこなしてくれたものの、ゲートで気の若さを出してしまいました。さすがにあれだけ立ち遅れてしまうと、余計な脚を使ってしまったことで最後は伸び切れませんでしたが、勝負どころでは一瞬オッと思うところがあったぐらいでしたから、気の若さが解消すれば先々は走ってきそうですね。最初は成長を促しながら出走させていくことを考えていましたが、今回のレース振りから競馬を経験させながら育てていくのも手だと思うので、トレセンに戻って状態が変わりなければ続戦させることも考えています」
     
2017/12/14 12/17(日)阪神5R メイクデビュー阪神〔芝1,800m・10頭〕55 池添謙一 発走12:25
     
2017/12/14 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:13日にCWコースで追い切り
次走予定:阪神12月17日 メイクデビュー阪神・芝1,800m〔池添謙一〕
池添兼雄調教師「13日にCWコースで追い切りました。時計は平凡なものの、動きそのものは先週と比較しても大分良くなってきましたので、今週出走させることにしました。全体的に緩さが残るものの、1週延ばしたところでそこまで大きな変わり身はないので、レースを経験させながらピリッとさせていく方が刺激を与える意味でも良いと思います。城戸騎手に感触を確かめてもらったところ、『動きはまだまだこれからと言う感じではありますが、緩さはあるものの、走りっぷりはなかなかいいものを持っている馬だと思うので、先々は走ってきそうです。少し喉がゴロゴロと鳴っていましたが、喉鳴りではなく、若駒がよく見せるDDSPの症状だと思います』と言っていました。馬体が大きい割に内面が追いついていないだけなので、成長とともに息づかいは良くなってくると思います。念のために舌を縛ってレースに臨む予定です」
     
2017/12/13 城 戸 12.13CW良 83.8- 68.3- 53.6- 39.9- 13.1[7]叩き一杯
  ビーユアヒーロー(二未勝)馬なりの外0.2秒遅れ
     
2017/12/13 17日(日)阪神5R・芝1,800m〔55 池添謙一〕
     
2017/12/11 助 手 12.10CW良 75.0- 59.0- 43.3- 13.6[4]馬なり余力
  リガス(古500万)馬なりの内同入
     
2017/12/11 今週出馬投票する可能性があります。
     
2017/12/06 助 手 12. 6CW良 83.3- 67.4- 53.1- 39.1- 13.3[6]稍一杯追う
  メイショウアリソン(古1000万)一杯の内に0.2秒先行4F付0.7秒遅れ
     
2017/12/06 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:6日にCWコースで追い切り
次走予定:阪神12月17日 メイクデビュー阪神・芝1,800m
池添兼雄調教師「6日にCWコースで追い切りましたが、追い出してからがまだもう一つ動き切れませんでした。ブリンカーを着けて行きっぷりが良くなり、以前より前進気勢が見られるようになっているので、あとは動きがピリッとすれば態勢が整うと思います。このひと追いで良くなってくると思いますし、トモの緩さは残るものの、順調に成長してくれているので、週末と来週の追い切りで態勢が整えば、12月17日の阪神・芝1,800mでデビューさせたいと考えています」
     
2017/12/06 検討の結果、今週の出馬投票は見送り、来週の阪神・芝1,800mへ回る予定です。
     
2017/12/04 助 手 12. 3栗坂良 55.1- 40.0- 26.4- 13.2 馬なり余力
     
2017/12/04 今週出馬投票する可能性があります。
     
2017/11/29 助 手 11.29 栗坂良 54.0- 40.0- 26.3- 13.2 馬なり余力
     
2017/11/29 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:29日に坂路で追い切り
次走予定:阪神12月10日 メイクデビュー阪神・芝1,800m、もしくは阪神12月17日 メイクデビュー阪神・芝1,800m
池添兼雄調教師「29日に坂路で追い切りましたが、帰厩してから2本目の速いところとしてはなかなかいい時計が出ましたね。馬なりで反応を確認する程度でしたが、最後まで余裕を持って登坂してくれましたし、短期放牧を挟んだことで、トモの状態がしっかりしてきましたね。ロードカナロア産駒にしては胴長で距離が持ちそうなタイプなので、初戦は1,800mぐらいの距離を試してみたい気持ちがあります。12月10日と12月17日の阪神で芝1,800mの番組が組まれていますので、週末と来週の追い切りの動きを確認してどちらに向かうか判断したいと思います」
     
2017/11/23 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:22日に坂路で追い切り
次走予定:未定
池添兼雄調教師「22日に坂路で追い切りました。馬なりで無理しない程度にサッと時計を出しましたが、まずまず動いてくれましたね。トモはまだ緩さが残っているものの、放牧に出す前よりしっかり登坂できるようになっているので、この馬なりに成長してくれていますね。今朝の厩舎周りの運動も変わりなく、状態は安定しているので、このままデビューに向けて仕上げていきます」
     
2017/11/22 助 手 11.22 栗坂良 56.2- 41.1- 26.9- 13.5  馬なり余力
     
2017/11/16 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路でキャンター
次走予定:未定
池添兼雄調教師「入厩翌日から坂路で調教を開始していましたが、14日に左前脚の管あたりを打撲してしまい、軽く熱感があったので念のために15日は軽めの運動で様子を見ました。幸い、すぐに症状が落ち着いたことから、16日から調教を再開しています。まだ緩さが残るものの、ゲート試験後に一息入れたことで以前より逞しくなっており、確実に良くなっていますね。今週は普通キャンターで調整し、来週から時計を出し始めていきたいと思います」
     
2017/11/13 助 手 11.12栗坂良 60.1- 43.7- 28.6- 15.0 馬なり余力
     
2017/11/09 9日(木)に栗東トレセンへ帰厩しています。
     
2017/11/08 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき/9日に栗東トレセンへ帰厩予定
調教内容:
次走予定:未定
池添兼雄調教師「ここに来てだいぶ成長が窺えるようになってきましたので、9日の検疫で帰厩させることにしました。ゲート試験は受かっていますので、来週から時計を出し始めて、動きを確認しながらデビューの予定を立てていきたいと考えています」
     
2017/11/08 9日(木)に栗東トレセンへ帰厩する予定です。
     
2017/11/03 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒
次走予定:未定
厩舎長「ブリンカーの効果から、だいぶ気持ちが入るようになり、普段の調教ではだいぶ前向きさが見られるようになりました。それに伴い、体全体をしっかり使って走れるようになったことで、いい具合に筋肉が付いています。この中間は坂路でハロン15秒を切るところまで脚を伸ばしていますが、動きの方もだいぶピリッとしてきています。今の感じで進めていくことが出来れば更に成長が促せると思いますので、帰厩の声が掛かるまでじっくり乗り込んで鍛えていきたいと思います。馬体重は525kgです」
     
2017/10/27 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒
次走予定:未定
厩舎長「ブリンカーの効果は確認できましたので、こちらではもう着用せず、普通に調教を行いながら気持ちを乗せていこうと思います。緩さはまだありますが、だいぶ体全体を使って走ってくれるようになってきましたので、登坂回数を重ねながら良化を図っていきたいと思います。馬体重は527kgです」
     
2017/10/20 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒
次走予定:未定
厩舎長「トモが緩いのは時間と共にしっかりしてくると思いますが、前向きさに欠けるところがある為に、力を抜いて走っているように感じます。今朝、坂路でハロン15秒を行う際、ブリンカーを着けてピリッとしたところが出るか確認したところ、思いのほか行きっぷりが良くなり、効果が窺えました。ずっと着けて逆に慣れてしまう場合があるので、速いところを行う時だけ着けるなど工夫していきたいと思います。馬体重は527kgです」
     
2017/10/13 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒
次走予定:未定
厩舎長「この中間から週に2回坂路でハロン15秒の調教を開始しています。調教に関しては順調に乗り込めていますが、やはりまだ全体的に緩さが残っているために、動きがモッサリしているので、もう少し成長を促しながら進めていく必要がありそうです。飼い葉食い等は問題なく、体調面は良好なので、焦らず日々のトレーニングで良化を図っていきたいと思います。馬体重は525kgです」
     
2017/10/06 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15〜17秒
次走予定:未定
厩舎長「調教を開始後も体調面は安定していますし、順調に進めることが出来ていたことから、この中間は17秒からラスト1ハロン15秒まで脚を伸ばすようにしています。トモに緩さがあるものの、乗り込んでいくにつれてしっかりしてくるでしょうから、来週あたりからハロン15秒の調教を開始して鍛えていきたいと思います。馬体重は526kgです」
     
2017/09/29 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン17秒
次走予定:未定
調教主任「その後は体調を崩すことなく、状態は安定していますので、この中間から周回コースでの運動と坂路でハロン17秒の調教を行っています。坂路調教スタート後も脚元を含めて特に問題はなさそうなので、このまま乗り込みを強化していければと思います。馬体重は528kgです」
     
2017/09/22 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:坂路でキャンター
次走予定:未定
厩舎長「下痢の症状が窺えたので、今週は無理をせずに坂路でハッキング程度の調教を行っています。トレセンでの疲れがドッと出てしまったのかもしれませんね。だいぶ体調は戻ってきているので、来週あたりから普通に乗り出して行けると思いますが、あくまで馬の状態に合わせて進めていきたいと考えています。馬体重は530kgです」
     
2017/09/14 助 手 9.14栗E稍 14.4 ゲートなり
     
2017/09/14 在厩場所:栗東トレセン/15日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:14日にゲート試験合格
次走予定:未定
池添兼雄調教師「この中間も入念にゲート練習を行っていましたが、だいぶ出の反応が良くなってきたことから、14日にゲート試験を受けたところ、何とか1発で合格しました。トモが緩いことで、二の脚が付くのに時間が掛かってしまいましたが、ギリギリのところで受かりました。乗り込む毎に馬体はしっかりしてきていますが、まだそこまでの基礎体力が備わっていないので、このあとは成長を促す意味で放牧に出そうと思います。これからグングン良くなってくると思うので、放牧先で態勢が整い次第、デビューに向けて進めていきたいと思います。15日にノーザンファームしがらきへ放牧に出す予定です」
     
2017/09/14 14日(木)にゲート試験を受けて合格しています。
     
2017/09/07 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路でキャンター、ゲート練習
次走予定:未定
池添兼雄調教師「今週から同じ2歳新馬と一緒に坂路1本行ったあとに、ゲート練習を行っています。まだ出の反応はゆっくりですが、入り・駐立は問題ないので、このまま時間を掛けていけば行き脚が付くようになるでしょう。普段の様子を見ると全体的に緩さがあり、トモの踏み込みも甘いですし、息づかいもまだ出来ていないようですから、焦らず馬の状態に合わせながら進めていく方が良さそうです」
     
2017/08/31 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路でキャンター、ゲート練習
次走予定:未定
担当助手「馬体が大きい馬らしくまだ全体的に緩さが残っているので、無理に進めていくよりは時間を掛けながら良化を図っていく方が良さそうです。ゲート練習はまだ見せる程度ですが、今週末に同じ2歳新馬が入ってくるので、その馬と一緒に来週から本格的に進めていくつもりです。跨った感触は良いものを持っている馬なので、大事に育てていきたいと思います」
     
2017/08/24 在厩場所:24日に栗東トレセンへ入厩
調教内容:
次走予定:未定
池添兼雄調教師「24日に栗東トレセンへ入厩致しました。ノーザンファームしがらきに移動後も特に状態が変わりなかったと聞いているので、こちらの環境に慣れさせながら調教を進めていきたいと思います。順調なら来週からゲート練習を開始していくつもりです」
     
2017/08/24 24日(木)に栗東・池添兼雄厩舎へ入厩しています。
     
2017/08/23 24日(木)に栗東・池添兼雄厩舎へ入厩する予定です。
     
2017/08/18 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:
次走予定:未定
厩舎長「今朝、こちらに無事到着しています。疲れはなさそうに見えますが、落ち着いてからドッと疲れが出る場合もあるので、今週いっぱいは軽めの運動に控えてゆっくりさせてあげようと思います。状態に変わりがなければ来週から調教を開始していきたいと考えています」
     
2017/08/18 18日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動しています。
     
2017/08/17 17日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動しており、18日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動する予定です。
     
2017/08/16 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター1〜2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間は週3回の坂路調教の内、週1回はハロン15秒から終い14秒まで伸ばしています。スピードに乗るまでにまだ少しモタつきを感じますが、スピードに乗ってしまえばとても良い走りをしますよ。ここに来て毛艶がグッとよくなり、馬体の感じもかなり良化してきました。池添兼雄先生と打ち合わせ、16日にこちらを発ってノーザンファームしがらきへ移動し、調教を進めることになりました」馬体重512s
     
2017/08/14  7日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動し、18日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動する予定です。
     
2017/08/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1〜2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,500m
担当者「この中間も順調に来ており、週2回は坂路コースを2本登坂し、調教量を増やしています。ここに来て、少しずつではありますがトモに力強さが出てきて、動きに躍動感が出てきたように感じます。調教の動きが良くなるにつれて、トモの筋肉の張りが増し、更に無駄な肉も取れてきて、メリハリのある馬体になりつつあります。首から肩にかけての張りも継続したショックウェーブ治療で、少しずつ良くなってきています」馬体重512s
     
2017/07/18 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日はトレッドミル
担当者「坂路でのハロン15秒の調教では、だいぶ余裕をもって登坂してくれるようになってきたことから、この中間から登坂回数を3回に増やして乗り込みを強化しています。馬体の張り・毛艶が良く、体調面は問題ありませんが、まだ体を持て余している感じが窺えます。調教に対して気持ちが入り易いところがあるので、動きとのバランスを上手く連動できるようにトモを使わせた運動を心掛けていきたいと思います」馬体重520kg
     
2017/07/03 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日はトレッドミル
担当者「この中間も坂路でハロン15秒の調教を行っていますが、だいぶ余裕をもって登坂出来るようになっています。常歩、ダクではトモの緩さが気になりますが、キャンターではあまり気にならなくなってきているので、徐々に馬体がしっかりしてきているように感じます。今後はもう少しトモの力強さを求めていきたいと考えていますので、気持ちと走りのバランスが伴うように運動を心掛けていきたいと思います」馬体重518kg
     
2017/06/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日はトレッドミル
担当者「トモにまだ緩さが残る状態で速めの調教を行うと前に負担がかかるようで、首から肩にかけて張ることがあるのでショックウェーブで治療を行い、騎乗する日とトレッドミルで調整する日を決めて調教を行っています。まだ体をうまく使い切れていない状況ですが、それでもハロン15秒を切るペースで最後までしっかり走れているので、パンとしてくればかなり楽しみな存在です。8月下旬の入厩に向けて焦らずに取り組んでいきたいと思います」
     
2017/06/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,500m
担当者「この中間もハロン15秒ペースで順調に坂路調教を消化することが出来ています。トモの緩さはまだ残りますが、それでもこのペースを少し切る時計でも最後までしっかり走ってくれますからね。毛ヅヤは良好ですし馬体の張りも申し分ありません。今のところ夏はこちらでしっかりと鍛錬を積んで、8月下旬の入厩を目標にしていますのでじっくり乗り込んでさらにひと回り成長させて行きたいと思います」馬体重507kg
     
2017/05/31 競走馬名: アンナベルガイト
欧字表記: Annabergite
意味由来: 未来と希望、自由を象徴する石。パワーストーンの一種
     
2017/05/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,500m
担当者「この中間、順調で坂路でのペースを上げて調教しています。動きに余裕があり、持ったままで坂路を上がってくるので、じっくりと調教をする予定でしたがペースを上げて調教しています。それでも、馬体重が増えているので体調のバイオリズムは上昇傾向にあるのでしょう。坂路でも少し気合をつけると14秒台がすぐに出てしまうほどですから、急なペースアップにならないように注意しています。さすがにそのスピードになると、前駆だけで走ってしまうので、首・腕に疲れがでないよう調教後にケアしています。今後は、速いスピードで全身を使って走れるようフォームを固めていくことを意識しながら進めていきます」馬体重512s
     
2017/05/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター1,800m
担当者「移動してきてから、これまで順調に調教を行うことができています。前駆に頼らず後躯を意識した調教をしておりましたが、ここ最近、体を起こしたフォームで走れるようになってきました。以前は体力がなくてハロン16秒の2本目ともなると、終いバテてしまっておりましたが、いまでは余裕を持って登坂することができるようになりました。毛ヅヤも良く、余分な脂肪がつき難いタイプで体調面は良好です。今後の課題としては、スピードを上げる時の反応がもうひとつの時があるので、速めの調教を継続して行うことで対処していこうと思います。今後は地力をつける為、じっくりと調教をしていきます。」馬体重504s
     
2017/04/24 体高:163.0cm 胸囲:190.0cm 管囲:21.5cm 体重:506kg