アーティファクトの情報

2019/07/17 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:診療所の入院馬房で舎飼
古賀慎明調教師「10日の夜に右前第1指骨のボルト固定手術を行い、無事終えています。術後の経過は順調で、今週もしくは来週にも抜糸は行えそうですね。飼い葉もしっかり食べることが出来て、体調面も安定しています。恐らくあと2〜3週間くらいの入院となる見込みですが、今後も全力で看病していきたいと思います」
     
2019/07/11 10日(水)に右前第1指骨のボルト固定手術を行い、無事終了しています。
     
2019/07/10 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:10日に坂路コースで時計
古賀慎明調教師「10日に坂路コースで追い切りを行っている途中、手前を替えたところで乗り手が異変に気付き、最後は無理をさせませんでした。厩舎に戻って馬体を確認したところ、右前第1指骨の骨折が確認されました。骨折線が縦に入っているので、早急にボルトで固定する必要があり、本日中に手術を行う予定です。この状態から、未勝利戦がある内の復帰は難しいと言わざるを得ません。しばらくはトレセン内の診療所で入院することになりますので、退院し移動が可能となってから抹消の手続きに移ります。レースに向けて進めていた矢先にこのようなことになってしまい、誠に申し訳ございません。最後までアーティファクトのために最善を尽くしたいと思います」
     
2019/07/08 助 手 7/7(日)美坂重 57.6- 41.7- 27.1- 13.3 馬なり余力
     
2019/07/04 在厩場所:4日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:第2回新潟開催
古賀慎明調教師「検疫が回ってきましたので、4日にこちらへ帰厩させていただきました。まずはよく馬体の確認を行い、問題なければ明日から調教を開始していきたいと思います。具体的な番組は稽古の動きを見ながら決めていきますが、行ければ新潟開催の1週目から出走させたいと考えています」
     
2019/07/04 4日(木)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2019/07/03 4日(木)に美浦トレセンへ帰厩する予定です。
     
2019/06/28 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間は登坂回数を週3回に増やし、全体的な負荷を強めていますが、その後も特に問題なく対応してくれています。時期的なこともありますし、このまま乗り進めて出来ればそれほど間を空けずトレセンへ戻したいと考えています。馬体重は481sです」
     
2019/06/21 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「先週こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、少し背腰に疲れが見られましたね。軽めに動かしつつ治療を行ったことで、背腰の状態は徐々に回復してきていたことから、今週半ばから坂路コースでの調教を開始しています。今後もよくケアしながら、徐々にペースアップを図っていければと思います。馬体重は472sです」
     
2019/06/12 在厩場所:12日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧
調教内容:
次走予定:未定
古賀慎明調教師「レース後もテンションが高かったようで、スタッフはとても苦労したようでした。ただ、トレセンでは大人しいタイプですから、普段の通りレースに臨めるよう次走は工夫していきたいと思います。この後は、予定通りいったん牧場にお戻しさせていただき、心身のリフレッシュを図りたいと思います」
     
2019/06/12 12日(水)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2019/06/10 6/8(土)東京7R 3歳未勝利〔D1,400m・16頭〕3着[3人気]
初ダート。シャドーロール着用。五分のスタートから外目を押し上げて好位を追走します。直線に入ってしぶとく脚を使い、懸命に粘りますが、2着馬と同タイムの3着に敗れています。
丸山元気騎手「向こう正面のポケット地点から、ゲート裏まで行くのにバックして回るような感じでとても危なかったです。パドックでも跨ってからかなりテンションが高くなってしまいましたから、その点は改善していかないといけませんね。直線でもどこか真面目に走っていないようですし、このクラスは勝ち上がれる力があるだけに勿体ないです。ダートは合いそうでしたから、幼ささえ解消してくればもっと良い走りをしてくれると思います」
古賀慎明調教師「装鞍所で馬っ気を出していたので念のため厩舎装鞍にしました。パドックで他の馬と一緒に歩いているうちはまだ良かったのですが、丸山騎手が跨ってから我を失ってしまって、地下馬道でも突進したり回転したり危なかったです。初戦からいいスピードを見せていましたし初ダートも大丈夫だろうと思っていましたが、一瞬オッと思えるくらい頑張ってくれましたね。ただ、レースへ向かうまでの過程にはまだまだ課題がありますし、あまり詰めて使わない方がいいタイプだと思いますので、いったんノーザンファーム天栄へ移動して、新潟開催を目指して調整してもらおうと思います。今度は馬場へ先出しするなど何かしらの対策を考えたいと思います」
     
2019/06/06 6/8(土)東京7R 3歳未勝利〔D1,400m・16頭〕56 丸山元気 発走13:30
     
2019/06/06 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:5日に南Wコースで時計
次走予定:6月8日の東京・D1,400m〔丸山元気〕
古賀慎明調教師「5日に南Wコースで追い切りを行いました。道中はアーティファクトが先行し、直線は外に併せて最後は同入しています。先週末もWコースで時計を出していますし、あまりやり過ぎて疲れが出てしまってもいけないので最後まで馬なりのままでしたが、動きの質は追い切りをこなす毎に上向いてきているように思いますよ。まだ体つきがパンとはしていないものの、背腰の状態も維持できています。ダートは走ってみないことには分かりませんが、相手関係的には芝よりも楽になると思いますし、前走の感じを見ると距離短縮は良いと思いますから、頑張ってもらいたいですね」
     
2019/06/05 助 手 6/5(水)南W良 70.4- 54.4- 40.5- 14.1[7]馬なり余力
 マーヴェラスクイン(三未勝)馬なりの外1.2秒先行同入
     
2019/06/05 8日(土)東京7R・D1,400m〔56 丸山元気〕(除外の可能性があります)、もしくは9日(日)東京6R・D1,400m〔騎手未定〕
     
2019/06/03 助 手 6/2(日)南W良 56.5- 40.6- 13.0[6]馬なり余力
 サトノアレックス(新馬)馬なりの外同入
     
2019/06/03 8日(土)東京7R・D1,400m〔騎手未定〕、もしくは9日(日)東京6R・D1,400m〔騎手未定〕
     
2019/05/31 助 手 5/31(金)美坂良 61.8- 44.8- 29.2- 14.6 馬なり余力
     
2019/05/30 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:29日に南Wコースで時計
次走予定:6月8日の東京・D1,400mもしくは6月9日の東京・D1,400m
古賀慎明調教師「29日に南Wコースで追い切りを行いました。トモの感じも悪くないですし、この馬なりに体を使って走ることが出来ていることから、状態面は良好です。1度レースで走らせたことで、気持ちがピリッとしてきてくれましたし、前向きに何事にも取り組んでくれていますよ。来週のレースまであと1週ありますので、更に状態を上げて、よりスピード面を強化させていきたいと思います」
     
2019/05/29 助 手 5/29(水)南W重 41.6- 14.1[3]馬なり余力
     
2019/05/27 助 手 5/26(日)南W良 41.7- 14.1[6]馬なり余力
     
2019/05/23 在厩場所:23日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:6月8日の東京・D1,400mもしくは6月9日の東京・D1,400m
古賀慎明調教師「23日にこちらへ帰厩いたしました。まずはしっかりと状態を確認させていただき、目標のレースに向けて進めていきます。テンションの高さや血統背景からも、距離短縮は良い方向に出ると思いますし、あとはダートでどのような走りをしてくれるかですね」
     
2019/05/23 23日(木)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2019/05/22 23日(木)に美浦トレセンへ帰厩する予定です。
     
2019/05/17 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:6月8日の東京・D1,400m、もしくは6月9日の東京・D1,400m
天栄担当者「今週から週3回の坂路入りの内、2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。ペースアップ後も動きに問題は見られず、背腰の状態も維持できています。古賀調教師と今後について相談したところ、次の東京開催2週目のD1,400m戦を目標に来週帰厩する予定となりました。前走は結構テンションの高いところを見せていたようですから距離短縮は良い方に作用すると思いますし、相手関係的にもダートの方が良いでしょうからね。馬体重は489sです」
     
2019/05/10 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、そこまでダメージは見られません。今週から坂路での調教を開始しており、現在は週3日ハロン14秒まで脚を伸ばしています。まだトモに頼りないところはありますが、この感じであればそれほど間を空けずに次走に向けて進めていけそうですよ。馬体重は481sです」
     
2019/05/01 在厩場所:1日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧
調教内容:
次走予定:未定
古賀慎明調教師「初めての競馬だったこともあって、少しテンションは高かったですが、既走馬相手に大きく負けることはありませんでしたね。道中も流れには乗れていた感じでしたし、この経験が次に活きてくればと思います。レース後は脚元含めて問題はないものの、トモを中心に使ったなりの疲れは見られますから、いったん牧場にお戻しさせていただきます」
     
2019/05/01 1日(水)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2019/04/30 5月1日(水)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出る予定です。
     
2019/04/30 4/27(土)新潟5R 3歳未勝利〔芝1,600m・16頭〕9着[5人気]
やや遅れ気味のスタートから道中は中団を進みます。コーナーを回りながら徐々に進出を開始し、直線で前を捉えにかかりますが伸びきれず、デビュー戦は9着で終えています。
池添謙一騎手「パドックからイレ込みがきつかったですし、跨ってからコースへ向かう地下馬道でも煩さかったですね。馬場に入ってからも鳴いて、まだ精神的に幼い面を見せていました。レースは少し出遅れましたが、初戦ですからある程度は仕方ないことだと思いますし、スピードに乗ってからは馬の後ろで我慢して走れていました。直線に向いてから伸びてくれたのですが、最後は脚が鈍ってしまいました。レース後の息遣いなどを見るとまだ中身が伴っていない印象ですし、トモの緩さもありますから、競馬を使ってしっかりしてくれば変わって来そうな馬だと思います」
古賀慎明調教師「新潟競馬場への輸送は問題なくこなしてくれましたが、ジョッキーが跨って煩いところを見せていたようですから、そこは今後も注意していく必要はあるかもしれませんね。心配していたスタートは既走馬相手だったということを考えれば、それほど悪くはなかったと思います。道中は良い感じで運べていたと思いますが、少し勝負どころを強気に回ってき過ぎたかなという印象です。それだけ手応えがあったということでしょうが、初めての競馬ですし、もう少しソツなく回ってきても良かったように思います。それでも競馬の形自体は悪くなかったですし、この経験を次に活かせるようにしていきたいですね。この後はトレセンに戻ってからの状態を見て判断したいと思いますが、まだトモがしっかりしていませんし、無理する必要はないのかなと思っています」
     
2019/04/25 4/27(土)新潟5R 3歳未勝利〔芝1,600m・16頭〕56 池添謙一 発走12:20
     
2019/04/24 助 手 4/24(水)南W良 68.3- 52.4- 38.7- 12.7[6]馬なり余力
 ロビンズソング(古500万)強目の内0.4秒追走同入
     
2019/04/24 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:24日に南Wコースで時計
次走予定:4月27日の新潟・芝1,600m〔池添謙一〕
古賀慎明調教師「24日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の最後方から進め、直線はしっかり脚を伸ばして同入しています。跨った助手はまだ手応えに余裕があったと言っていましたし、スタンドから見ていても脚取りはしっかりとしていて良い動きだと感じました。馬房から出す時はまだトモがフラフラして頼りなさはありますが、しばらく動かしていれば問題ありませんから、予定通り今週の新潟・芝1,600mに出走させたいと思います。調教通りの動きをすれば恥ずかしくない競馬が出来ると思いますが、あとはスタートがどうなるかですね。先週ゲート練習を行いましたが、あまり速くはなかったので既走馬相手にどうなるか心配な部分はあるものの、それほど離されずに付いて行ければ終いは脚を使ってくれそうですから楽しみにしています」
     
2019/04/24 27日(土)新潟5R・芝1,600m〔56 池添謙一〕
     
2019/04/22 助 手 4/21(日)南W良 68.8- 53.3- 39.8- 12.6[7]馬なり余力
 ジャパンスウェプト(三オープン)末強目の外0.4秒先行同入
     
2019/04/22 27日(土)新潟5R・芝1,600m〔池添謙一〕
     
2019/04/18 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:17日に南Wコースで時計
次走予定:4月27日の新潟・芝1,600m〔池添謙一〕
古賀慎明調教師「17日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はアーティファクトが先行して、直線は大外に持ち出されると、3歳未勝利馬と同入で終えています。前向きな走りを見せてくれただけでなく、先週と比べてもかなり良い動きでしたね。コースも馬場状態も違うので一概に比較は出来ませんが、終いは馬なりで12.8とかなり良い時計が出たと思います。トモの緩さは依然としてありますが、今週の走りをしてくれれば既走馬相手でもまずまず通用するのではないでしょうか。鞍上は池添謙一騎手に依頼しています」
     
2019/04/17 助 手 4/17(水)南W良 67.6- 52.6- 39.0- 12.8[6]馬なり余力
 セイウンカガヤキ(三未勝)直強目の外0.6秒先行同入
     
2019/04/11 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:10日に坂路コースで時計
次走予定:4月27日の新潟・芝1,600m
古賀慎明調教師「10日に坂路コースで追い切りを行いました。単走で55-40程度とそれほど強い時計ではありませんが、雨が降って重い馬場の中でも最後まで力強い脚取りで走れていましたし、気持ち的には前向きで良かったと思いますよ。まだトモに頼りない部分は残っていますが、よく注意するようにしていますし、今のところ調教を行う上で大きな問題はなさそうです。今週の動きを見ると、あと2週あれば態勢は整いそうですし、新潟1週目の芝1,600mを目標に進めていきたいと思います」
     
2019/04/10 助 手 4/10(水)美坂稍 55.2- 40.3- 26.7- 13.4 馬なり余力
     
2019/04/08 助 手 4/7(日)美坂良 59.0- 43.4- 28.5- 14.3 馬なり余力
     
2019/04/05 助 手 4/5(金)美坂良 62.3- 45.7- 30.2- 14.7 馬なり余力
     
2019/04/03 在厩場所:3日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:第1回新潟開催
古賀慎明調教師「検疫が回ってきましたので、3日にこちらへ帰厩させていただきました。まずは馬体をよく確認させていただき、問題なければ明日から運動をスタートしていきたいと思います。新潟開催でのデビューを予定していますが、具体的な番組は追い切りの動きを見ながら検討していきたいと思います」
     
2019/04/03 3日(水)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2019/04/01 3日(水)に美浦トレセンへ帰厩する予定です。
     
2019/03/29 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:第1回新潟開催
天栄担当者「この中間も同様のメニューで進めています。14-13ペースでもこの馬なりにしっかりと動けていて、馬はだいぶ良くなってきている感じがします。古賀調教師と今後について相談したところ、トモのことを考えると直線平坦なコースの方が良いでしょうし、次の新潟開催を目標に進めていく方向で打ち合わせています。馬体重は488sです」
     
2019/03/22 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週は登坂回数を週3回に戻していますが、本数をこなすに連れて徐々に動きは上向いてきているように思います。この調子で進められればデビューの目途も立ってくると思うので、引き続きしっかりと乗り込みを消化していきたいと思います。馬体重は484sです」
     
2019/03/15 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「あまり一気に進めすぎて背腰に疲れが出てしまってもいけませんから、今週は登坂回数を週2回に止めています。これまでは単走で乗っていたのですが、精神面もだいぶ落ち着いてきたことから、最近は併せ馬も交えつつ乗り込んでいます。馬体重は479sです」
     
2019/03/08 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間も週3回坂路入りしています。まだ良化を図っていかないといけませんが、以前に比べると気になっていたテンションの高さは、少しずつ治まってきている印象です。引き続き、精力的に乗り込んでいきたいと思います。馬体重は483sです」
     
2019/03/01 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週も同様のメニューで進めています。ここまで乗り込んでいて大きく変わった印象は正直ないものの、週3回しっかりと登坂できていますし、この馬なりには動けています。今後も競馬に耐え得るベース作りに努めていきたいと思います。馬体重は487sです」
     
2019/02/22 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間も順調に調教を進められています。普段は問題ないものの、坂路で乗った日の午後は少しテンションが高くなってしまう傾向にあるので、よく注意しながら進めていきたいと思います。馬体重は490sです」
     
2019/02/15 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間は週3回の坂路調教の内、2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。乗り込んでくると、段々と右トモに疲れが出てきてしまうので、よくケアしながら進めています。また、ペースが上がって少し苦しいからか、テンションが高くなりつつあるので、気を付けていきたいと思います。馬体重は496sです」
     
2019/02/08 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間も変わらず順調に乗り込めています。さすがにまだデビューの予定を立てられるほどではありませんが、動きは徐々に良化してきている印象です。トモについても今のところ維持しながら進めることが出来ています。馬体重は490sです」
     
2019/02/01 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間は全体的な坂路のペースをハロン14秒まで上げて、少し全体的な負荷を強めています。まだ乗り込んでいかないといけないものの、トモの状態は安定していますから、このまましっかりと鍛えていきたいと思います。馬体重は492sです」
     
2019/01/25 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで15-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「入場後は坂路調教を行っています。確かにトモの弱さはネックですが、調教を進められないほどではありません。ただ競馬までとなると、まだ乗り込み不足の感が否めないので、これからしっかり鍛えていきます」馬体重485s
     
2019/01/18 18日(金)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2019/01/17 在厩場所:美浦トレセン/18日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
調教内容:17日に南Wコースで15-15
次走予定:未定
古賀慎明調教師「先週末に坂路コースで15-15くらいを行いましたが、その後も良い意味で変わりはなかったので、17日に南Wコースで時計を出しました。ただ、現状トモに弱さを感じるのは事実ですし、牧場サイドとも今後について協議したところ、完全に疲れが溜まってしまう前にリフレッシュさせることとなりました。今は耐えてくれていますが、途中でまた頓挫してしまい、休養が長引くことだけは避けたいですから、申し訳ございませんがここは慎重に進めさせてください。18日にノーザンファーム天栄へ移動させていただく予定です」
     
2019/01/10 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:10日にゲート試験に合格
次走予定:未定
古賀慎明調教師「この中間もゲート練習を中心に調教を進めていましたが、徐々に出の方も上達してきていたので、10日にゲート試験を受けたところ、無事に合格することが出来ました。まだ速い時計を出していないのもありますが、ここまで進めている限り馬にくたびれた様子はありませんし、時期も時期ですからこのままデビューに向けて調整していきたいと考えています。具体的なレースについては追い切りの動きを見ながら検討していきたいと思いますが、今後もトモのケアはしっかりと行いながら進めていきたいと思います」
     
2019/01/10 10日(木)にゲート試験を受けて合格しています。
     
2019/01/04 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:ゲート練習/馬場で軽めのキャンター
次走予定:未定
古賀慎明調教師「こちらに帰厩させていただいてからは、ゲート練習を中心に調教を行っています。入り・駐立には特に問題はないのですが、出の方はもう一歩といった感じですね。ゲートを出た時のトモの感じを見ても、まだかなり甘さが残る感じです。まだ速めのところをやっていないので、今のところトモの状態は維持できていますが、出来るだけ負担を掛けないようにゲート試験合格まで進めていきたいですね。精神的にも変に昂ったりせず、ここまで落ち着いて過ごせているのは良い傾向だと思います」
     
2018/12/26 25日(火)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2018/12/21 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間も順調に調教を進めています。登坂日には2本しっかりと駆け上がれていますし、乗り込みつつ徐々にしっかりとしてきている印象です。古賀調教師とは年明けくらいに帰厩させる方向で打ち合わせていますので、この調子で進めていき態勢を整えていきたいと思います。馬体重は493sです」
     
2018/12/14 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間も同様のメニューで調教を行っています。継続して乗り込みながらもトモの具合は維持できていますし、徐々にしっかりしてきている印象です。とは言え、競馬に向けて進めていくにはまだ頼りないですから、今後も精力的に乗り込んでいきたいと思います。馬体重は497sです」
     
2018/12/07 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週から坂路コースで14-14を開始し、少し全体のペースを上げています。動きは正直まだまだではあるものの、トモの状態は維持しながら進められています。この感じで進めていきながら、ゲート試験に耐え得る基礎を固めていきたいと思います。馬体重は499sです」
     
2018/11/30 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで15-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週から坂路コースでの調教を始めています。手応え的にはもう一つですが、坂路でも頑張って走ってくれています。最初はバタバタするようなところを見せていたものの、こちらの環境にも徐々に慣れてきたのか、先週よりも落ち着いて調教に取り組めていますね。馬体重は510sです」
     
2018/11/23 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンター
次走予定:未定
天栄担当者「今週から周回コースで軽めに乗っています。まだこちらの環境に慣れないので物見をすることがありますが、そこは時間の経過とともに良くなってくるでしょう。ただ、トモに苦しいところがあるからだと思いますが、時折煩いところを見せることがあるので、慎重に様子を見ながら進めていきたいと思います。馬体重は506sです」
     
2018/11/16 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター
次走予定:未定
天栄担当者「今週こちらに移動してきており、現在はトレッドミルで軽めのキャンターを行っています。乗ってみてどうなのかは分かりませんが、歩様を見ている限りでは聞いていた通りトモに緩さはありますので、こちらでもよく気を付けながら進めていきたいと思います」
     
2018/11/14 14日(水)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動しています。
     
2018/11/10 10日(土)に茨城県・ミホ分場へ放牧に出ています。
     
2018/11/09 在厩場所:美浦トレセン/10日に茨城県・ミホ分場へ放牧予定
調教内容:ゲート練習
次走予定:未定
古賀慎明調教師「引き続きゲート練習を主体に調教を行っていたのですが、元々のトモの緩さに加えて、前の出も硬くなってきてしまいました。今のままゲート試験に向けて進めていこうとしても馬が耐え切れないように思いますし、これまでの牧場での経緯を踏まえて考えると、ここで無理をさせない方が良いでしょう。10日にトレセン近郊のミホ分場へ放牧に出し、タイミングを見てノーザンファーム天栄へ移動させていただく予定です」
     
2018/11/07 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:ゲート練習
次走予定:未定
古賀慎明調教師「7日からゲート練習を始めています。牧場から聞いていた通り、トモがまだまだ緩いですね。下から見た感じだとあまり気にはならないものの、乗り手はかなり気にしていたので、一気に負荷を掛けることはせずに慎重に進めていかなくてはいけないでしょう。まずはゲート試験合格に向けて引き続き練習を行っていきます」
     
2018/11/02 在厩場所:2日に美浦・古賀慎明厩舎へ入厩
調教内容:
次走予定:未定
空港担当者「馬体に頼りないところはありましたが、坂路調教では手応え良く登坂しており、良い動きを見せていましたよ。他馬を気にすることなく集中力を保った走りが出来ていました。疲労感はなくとても良い状態で送りだすことが出来ました」
古賀慎明調教師「2日にこちらへ入厩させていただきました。長距離輸送でしたし、今日はゆっくり体を休ませてあげたいと思います。まずはこちらの環境に慣れさせてゲート試験に向けて調教を進めていきたいと思います」
     
2018/11/02 2日(金)に美浦・古賀慎明厩舎へ入厩しています。
     
2018/11/01 1日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動しており、2日(金)に美浦・古賀慎明厩舎へ入厩する予定です。
     
2018/10/29 11月1日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動し、11月2日(金)に美浦・古賀慎明厩舎へ入厩する予定です。
     
2018/10/26 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整
担当者「引き続き坂路調教を主体で進めることが出来ています。調教を継続的に行っていますが、脚元に変化はありませんね。トモはまだ頼りない部分がありますので、このまま坂路での運動を続けて良質な筋肉が付いてきて欲しいです。もう少しこのメニューで進めていき、体がしっかりしてくれば移動も視野に入ってくると思いますよ」
     
2018/10/19 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も順調に調教を進めております。週1回ハロン15秒ペースで脚を伸ばしていますが、まだ手応えが鈍っています。それでも走り自体は悪くないので、徐々に慣れてくればしっかりと登坂してくれると思いますよ」
     
2018/10/12 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1〜2本、週2回周回コースで軽めのキャンター3200m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も坂路調教を主体に進められています。坂路と周回コースを交互に調教していることで、馬の走りは良くなってきました。体全体を使えていますし、この動きならペースを上げてもいいかもしれません。しかし、調教後に脚元に疲れが溜まる傾向があるので適度にリフレッシュを与えてあげながら進めていきたいと思います」
     
2018/10/05 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整
担当者「周回コースで走りを覚えさせたことで、坂路での走りも良くなってきました。父産駒らしい歩様の硬さは多少無くなってきていますし、全体的に良化が窺えます。元気一杯で体調は良さそうなので、今後も動きを見てペースを上げていきます」
     
2018/09/28 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター1本、週4回周回コースで軽めのキャンター3,200m
担当者「坂路調教では今ひとつ走りに伸びがありませんね。歩様を気にする様子はありませんが、体を上手く使えていない感じがします。その為、周回コースでは正しいフォームを覚えさせて、今後に活かせるような調教を行っています」
     
2018/09/21 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター1本、週4回周回コースで軽めのキャンター3,200m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間から坂路での調教を始めました。負荷を高めた調教を行っていることで、質の良い筋肉がついてきましたね。一段と体がしっかりとしてきたように思えますが、まだまだ良化途上です。今後も脚元には気をつけて進めていきます」
     
2018/09/14 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週1回周回コースで軽めのキャンター3,200m、週2回ロンギ場で軽めの運動、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間は周回コースでの距離を延ばしています。歩様も少しずつ改善は見られ、乗り込みを重ねる毎に動きにキレが出てきました。とは言えまだまだ坂路に入っていた頃と比べると動きは見劣りますので、これから徐々に良化させていければと思います」
     
2018/09/07 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週6回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も周回コースをメインとした調教を行っています。見た目は少しずつ引き締まってきましたが、まだ走りには重苦しさがありますね。トモの状態は変化ありませんし、このまま乗り込みを重ねていければと思います」
     
2018/08/31 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週6回周回コースで軽めのキャンター2,500m
担当者「この中間も徐々に周回コースでの乗り込み回数を増やしていき、現在は周回コースメインの調教を行っています。少しずつ負荷を強めていますが、今のところトモに違和感が出ることなく進められています。いい感じにペースアップ出来ていますので、この波を崩さずに進めていきたいですね」
     
2018/08/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週4回周回コースで軽めのキャンター2,500m、週1回周回コースで軽めのキャンター1,500m、残りの日はトレッドミルでキャンター3分
担当者「この中間は周回コースでの騎乗回数を増やしました。トモの状態に変化はないものの、もうしばらくは周回コースをメインに乗り込みを続けていき、緩んだ馬体を引き締め、ペースアップへの下準備をしていきたいと思います。気性的には落ち着いていて、ゆったり走れているところは好感が持てますね。ここまで脚元・体調に問題はありませんので、今後もトモの状態を確認しながら慎重に進めていきたいと思います」馬体重476s
     
2018/08/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週4回周回コースで軽めのキャンター3,200m、残りの日はトレッドミルでキャンター3分
担当者「7月下旬から乗り運動を開始しました。今のところトレッドミルと併用し、周回コースで軽めのメニューですが、まだトモの緩さは感じるものの許容範囲ではあるので、このまま乗り運動を継続していきます。乗り運動を行わない期間が長かったので、背中の肉が落ち、腹回りが緩んでいるので、しばらくは周回コースを中心に乗り込み、しっかりしてくるのを待ちたいと思います」馬体重476s
     
2018/07/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週6回トレッドミルでキャンター3〜5分、残りの日は軽めの調整
担当者「トレッドミルでキャンターの運動を始めてからも歩様の悪化は見られなかったので、この中間はトレッドミルの運動を毎日行い、ペースと時間を少しずつ上げて負荷を強めているところです。楽をさせているので、さすがに馬体に緩みが出てきましたが、今は無理する時期ではないので、状態をよく確認しながら慎重に進めていきたいと思います」馬体重471s
     
2018/07/02 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回トレッドミルでキャンター3分、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間は一日置きにトレッドミルでキャンターの運動を行っています。まだトモの踏み込みの弱さは残っていたものの、『少し動かしてみましょう』との獣医師の判断で、キャンターまでペースを上げました。キャンターを始めるようになってからは少しずつ良化してきたように思いますよ。ただ、今後も油断せずに状態をよく確認しながら運動を続けていきますが、今月中旬には騎乗再開を目標にしています」馬体重472s
     
2018/06/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週5回トレッドミルでダクを10分、残りの日は軽めの調整
担当者「軽い運動だけで様子を見ていたところ速歩での歩様も良化してきたので、この中間はトレッドミルでダクの運動を行っています。トレッドミルを始めてからも歩様の悪化は見られませんので、今後も状態を確認しながら徐々にペースを上げていきたいと思います。ここまで軽い運動しか行えていませんが、極端にうるさくなることはなく、落ち着きを保っているのは良いことですね」馬体重476s
     
2018/06/02 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
担当者「この中間はウォーキングマシンの運動を開始しました。常歩での歩様は少しずつ良化中ですが、速歩をさせるとあまり変化が見られません。先日のレントゲン検査では右後脛骨に小さな骨膜が確認できましたので、ショックウェーブ治療を施しました。ただそれが跛行の原因かどうかは今のところ判断できません。今後も経過観察を行い、良化が見られてから徐々に運動量を増やしていきたいと思います」馬体重473s
     
2018/05/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:舎飼
担当者「この中間も引き続き舎飼にて運動制限をしています。右トモの歩様は若干良くはなってきていますが、検査では正確な原因を特定できなかったので、もうしばらくは様子を見ていこうと思います。これまで気持ちが入り過ぎるほどのペースで運動していたところから舎飼に運動制限しているので、体が太くなり過ぎないよう注意はしています。それでもプラス15kgと増えてきてしまっていますね。いまは、体型よりも歩様を良化させていくことが必要ですから、引き続き舎飼で歩様の改善を待ちたいと思います」馬体重475kg
     
2018/05/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:舎飼
担当者「乗り込みを強化したことで、気持ちが入り過ぎてきている様子だったので、この中間は落ち着かせることに主眼を置いて周回コースをメインに坂路コースを併用して乗り運動を行っていたのですが、4月29日の調教後に右後肢の跛行が見られました。その日の午後から舎飼にて様子を見ていますが、数日経過しても良化が見られない場合は詳しい検査を行いたいと思います」馬体重460kg
     
2018/04/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14〜17秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も順調に進められていたことから、坂路コースでハロン14秒まで脚を伸ばし始めています。ペースを上げても余裕を持った走りをしており、ここまで順調そのものと言えるでしょう。筋肉量がもう少し増えてほしいところですが、徐々に筋肉の張りが出てきましたし、この馬なりに成長してきています。この調子で早期入厩を目指して、より乗り込みを強化しながら馬体を良くしていきたいと思います」馬体重459kg
     
2018/04/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整
担当者「引き続き坂路コースでハロン15秒の調教を行っていますが、トモの緩さはあるものの、その中でも徐々に力強さが増してきました。ハロン15秒を切るところでも楽な手応えで登坂しています。もう少し幅が出てきてほしいところではありますが、飼い葉をしっかり食べていることで、先月より馬体重も増えていますし、日に日に良くなってきているので、引き続き乗り込みながら鍛えていきたいと思います」馬体重468kg
     
2018/03/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間はハロン15秒までペースを上げています。ペースを速めたものの、調教を行う毎に動きが良くなってきました。15-15をやっても余力たっぷりで、手応え良く登坂できています。乗り味も大変良く、動きに関して非の打ちどころがありません。また、負荷を高めたことでトモに質の良い筋肉がついてきており、一段と体がしっかりとしてきたように思えます。ペースを上げてもテンションが上がってくることはありませんし、調教に対して前向きな面も良いですね。厳しい寒さの中、体調面もすこぶる良好で、脚元等馬体面での問題も今のところありません。今後も本馬の美点をより磨きつつ、更なるパワーアップに向けて調教を進めてまいります」馬体重461s
     
2018/02/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター1〜2本、週1回はトレッドミルでキャンター5分、残りの日は軽めの調整
担当者「引き続き一日置きの坂路調教をメインに調整を続けています。とても前向きで調教に対して真面目に取り組んでくれており、動きはだいぶ上向いてきました。まだ少し力む面はありますが、それも徐々に解消されてきています。馬体に関しても少しずつ大人びた体型になってきており、トモの筋肉にもボリュームが出始めてきました。脚元・体調ともに良好な状態です。この馬のセールスポイントは前向きな性格、それでいてコントロールが利くので、とても調教がしやすい点です。今後もいくらか力む癖を取りながら調整を続けていき、ペースアップを図っていきたいと思いますが、そろそろ15-15も始めていけると思います」馬体重465kg
     
2018/01/19 競走馬名:アーティファクト
欧字表記:Artefact
意味由来:美術品。
母馬の名前と馬体より連想
     
2018/01/04 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター1〜2本、残りの日はトレッドミルで軽めのキャンター
担当者「この中間はハロン16秒まで脚を伸ばし、さらに負荷を強めたメニューを消化しています。調教時の動きは多少硬さも取れてきて、段々と体を大きく使えるようになってきています。しかしまだ前向きな性格ゆえに時折り気持ちが先行し過ぎて力んだ走りになってしまうことがあるので、そのあたりに気を付けながら乗っていきたいと思います。馬体にも成長が見られ背も大きくなってきていますし、馬体重の増加が示すように付くべきところに筋肉が付いてきています。今後も成長を期待していますし、脚元や体調面にも問題ありませんので、今くらいのペースでしっかりと乗り込んでいきたいと思います」馬体重455kg
     
2017/12/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1〜2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日はウォーキングマシン
担当者「この中間も順調に乗り運動を継続しています。気持ちのコントロールの問題は引き続き課題として取り組んでおりますが、まだスイッチが入ると力んで体の使い方が窮屈になる時があります。ただ前向きな気持ちは本馬のセールスポイントでもあるので、気持ちを潰さないよう坂路調教では気持ちを入れて走らせて、周回コースではゆったり走れるようにON・OFFを意識した調教を行っています。馬体は坂路調教の効果でトモに筋肉がつき、ボリュームのある馬体になってきました。脚元、体調面は問題ありませんので、今後はリフレッシュを取り入れながら進めていきます」馬体重440kg
     
2017/11/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
担当者「これまで周回コースで軽めキャンターと坂路コースでハロン20秒のキャンターで乗り込んでいましたが、この中間からペースを上げ、現在は週に3回坂路でハロン17秒の調教を行っています。当初はラチに頼って走るところがありましたが、登坂回数を重ねていくにつれて、左右にモタれるところも解消され、だいぶしっかりと走れるようになりました。本馬のセールスポイントは、調教時の前向きな走りと負けん気の強さです。ですが、気持ちが入り過ぎて空回りしてしまうといけないので、気持ちのコントロールをできる様に、力まずゆったりと走れるように心掛けていきたいと思います。馬体は小柄に映りますが、付くべきところに筋肉がしっかり付いており、これから成長と共に背が伸びて幅も出てくるでしょう。先月より馬体重が増えており、体調面は問題ありません」馬体重450kg
     
2017/10/02 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
担当者「こちらに入場後は順調に馴致をこなし、これまで周回コースをハロン25秒ペースで2400mほど乗り込んでいましたが、この中間からハロン20秒程度の坂路調教も開始しました。少しラチに頼って走る面がありますが、基本的には素直に調教を行っています。脚捌きが軽く、この時期の1歳馬としては、しっかりしている方だと思います。乗り出してから、全身に皮膚病が出た影響で毛艶がもう一つでしたが、現在は良化傾向にあります。馬体はトップラインが少し寂しく映りますが、全体的なバランスがとても良い馬です。脚元にも特に不安な点はありません。血統的にも馬体的にも早期デビューを目指せると思います」馬体重437s
     
2017/09/01 在厩場所:8月17日に北海道・ノーザンファーム空港へ移動
早来ファーム担当者「態勢が整ったことから、8月17日にノーザンファーム空港へ移動しました。こちらでは夜間放牧を継続しながら、装鞍や馬房内での騎乗、ウォーキングマシンでの常歩など初期馴致を行っていました。この中間もしっかりと動いていたように筋肉の張りが充実しており、力強さが増してさらなる好馬体に成長してきましたよ。気性面では前進気勢が旺盛ながら適度な余裕があり、今後の本格的な育成も順調に進めていけそうです」馬体重437s
     
2017/08/10 在厩場所:北海道・早来ファーム
早来ファーム担当者「順調に夜間放牧を継続しながら、装鞍や馬房内での騎乗、ウォーキングマシンでの常歩など初期馴致を行っています。バランスの良い骨格に、ボリューム感たっぷりの筋肉が付いており、スピード感のある好馬体の持ち主ですよ。放牧地では抜群のダッシュ力で常に群れの先頭を走っているように、走ることが好きな気性も大変好感が持てますね。自慢の快速ぶりを実戦で存分に発揮できるよう、今後も鍛錬を重ねていきたいと思います」馬体重432kg
     
2017/07/18 測尺(2017年7月上旬)
体 高:154.0cm 胸 囲:170.0m 管 囲:19.8cm 馬体重:428kg