クラシックステップの情報

2022/01/21 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター
次走予定:未定
調教主任「こちらで状態を確認したところ、脚元含めて気になるところ見られなかったので、トレッドミルでの運動を経て、今週から周回コースで乗り出しています。輸送で減った体重は回復していますし、跨った感じも硬さは見られません。この感じなら負荷を掛けても問題なさそうなので、今後は坂路にも入れて負荷を強めていきたいと思います。馬体重は511kgです」
     
2022/01/12 在厩場所:9日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧
調教内容:
次走予定:未定
安田隆行調教師「トレセンに戻って状態を確認したところ、レース後も脚元含めて目立ったダメージはなく、体調も問題ありませんでしたが、無理せず放牧に出させていただきました。依然、ゲートの扉の音に驚いてモッサリとスタートを切ってしまうものの、大きく出遅れることはなかったですし、レースを経験するにつれて慣れてきていますね。また、息づかいの方も成長とともにDDSPの症状が改善されてくるはずなので、それまで馬の成長に合わせながら競馬を経験させていく方針です。次走の予定につきましては、牧場で状態を確かめながら相談していきたいと思います」
     
2022/01/11 1/8(土)中京3R 3歳未勝利〔D1,800m・14頭〕11着[5人気]
今回はブリンカーを着用しています。煽り気味にスタートを切ると、引っ掛かるのを宥めながら中団後方で折り合いを付けます。3〜4コーナーから押し上げていこうとしますが、最後の直線コースではジリジリとしか伸び脚は見られず、後方で流れ込んでいます。
安田隆行調教師「10月の新潟以来の競馬となりましたが、体重には大きな変動なく、良い状態でレースに向かうことが出来ました。ジョッキーにはゲートを出る際、扉の音に驚いてしまうところがあることを伝えていましたが、大きく立ち遅れることはなかったものの、少し煽り気味に出てしまいましたね。中間、ゲート練習を行っていたものの、練習時とは違い、他の馬がいることで余計に驚いてしまうのかもしれません。ただ、ブリンカーの効果もあって、促していくと抑えきれないほどの勢いで二の脚が付きましたし、ダートの走り自体は良かったです。ただ、ペースが上がったところで置かれ気味になり、最後もバテはしなかったものの、ジリジリとしか伸びなかったですね。レース後、C.デムーロ騎手は『ゲートを上手く出そうとしましたが、扉が開いた瞬間に驚いて頭を上げてしまい、モッサリと出てしまいましたね。ただ、押っ付けていくとスッと二の脚が付いて流れに乗っていくことが出来ました。勝負どころの手応えが良かったので、これなら好勝負が期待できると思ったものの、いざ追い出しに掛かると息づかいが悪くなって反応が鈍くなってしまいました』とコメントしていました。デビュー前からDDSPの症状が窺えましたが、徐々に良くなってきているものの、レースで息づかいが気になったところを見ると、まだ馬体に対して中身が出来ていないのでしょう。ただ、姉も3歳の春に中身がしっかりとしてきたのと同時に、息づかいが良くなった経緯があることから、本馬も無理せず成長に合わせて使っていけば、先々は走ってくると思います。トレセンに戻って状態を確認した後は、無理せず放牧に出す方向で考えています」
     
2022/01/11 9日(日)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。
     
2022/01/06 1/8(土)中京3R 3歳未勝利〔D1,800m・14頭〕56 C.デムーロ 発走11:10
     
2022/01/06 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:4日に坂路コースで時計
次走予定:1月8日の中京・D1,800m〔C.デムーロ〕
安田隆行調教師「昨年末に坂路で追い切ったところ、併せに掛かると横の馬を気にして逃げようとしていたことから、4日の追い切りではブリンカーを着けてどれだけ効果があるか試してみました。すると、まだ気にするところが窺えたものの、着けていない時より気を使うことなく、効果が見られましたので、レースでも着用して臨むことにしました。今回はダート戦に替わることから、砂を被った時にどれだけ気を使うか気掛かりなものの、ジョッキーにはなるべくストレスが掛からない位置でレースを運んでもらうようにオーダーするつもりです。追い切りではラスト1ハロン12.3秒のタイムをマークしているように、以前にも増して動けるようになっています。力のいるウッドチップでは目立つほどの動きは見せないものの、クラシックステップなりに逞しくなっているので、芝からダートに替わることに加えて、C.デムーロ騎手に乗ってもらえる強みから、良い走りを見せてくれることを期待しています」
     
2022/01/05 助 手 1/4(火)栗坂良 54.1- 39.1- 25.4- 12.3 一杯に追う
 ザッキング(三未勝)馬なりに0.1秒先行クビ遅れ
     
2022/01/05 1月8日(土)中京3R・D1,800m〔56 C.デムーロ〕
     
2022/01/03 助 手 12/31(金)栗坂良 56.4- 41.3- 26.9- 13.6 馬なり余力
 セントレア(新馬)馬なりと同入
     
2021/12/29 助 手 12/28(火)栗坂良 59.2- 43.3- 28.2- 13.5 馬なり余力
     
2021/12/29 2022年1月8日(土)中京3R・D1,800m〔C.デムーロ〕
     
2021/12/27 助 手 12/25(土)栗坂良 59.2- 43.1- 28.3- 13.8 馬なり余力
     
2021/12/23 助 手 12/23(木)CW良 83.8- 68.7- 53.9- 38.1- 11.4[7]稍一杯追う
 ザッキング(二未勝)直強めの内0.8秒追走同入
     
2021/12/23 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:23日にCWコースで時計
次走予定:2022年1月8日の中京・D1,800m
安田隆行調教師「23日にCWコースで追い切りました。馬を少し気にするところがあることから、道中は前に馬を置いてチップを被せてみたところ、少し気にする素振りを見せていました。ただ、ラスト1ハロンは11.4秒と好時計をマークしているように、最後の直線で追い出していくと反応良く伸びてくれましたから、いかに集中して走ることが出来るかがカギになりますね。レースではブリンカーを着けることも考えていますので、それまでに調教でどれだけ効き目があるか試してみたいと思っています。このまま順調に仕上がるようなら、来年1月8日の中京・D1,800m戦に向かう予定です」
     
2021/12/20 助 手 12/19(日)栗坂稍 58.6- 43.0- 28.0- 13.7 馬なり余力
     
2021/12/16 助 手 12/16(木)CW良 86.3- 70.0- 54.0- 37.9- 11.5[8]馬なり余力
 サトノジーク(二未勝)馬なりの外0.4秒先行0.1秒先着
     
2021/12/16 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:16日にCWコースで時計
次走予定:2022年第1回中京開催
安田隆行調教師「帰厩翌日から調教を開始し、その後も順調に進められていましたので、16日にCWコースで長めから追い切りました。道中はクラシックステップが先行し、最後の直線で同じ2歳未勝利馬の外側へ併せて行きましたが、馬なりのまま0.1秒先着しています。競馬を経験する毎に反応・動きともに良くなっていますし、クラシックステップなりに中身がしっかりとしてきましたね。ゲートの扉の音に驚いてワンテンポ遅れて出てしまいますが、気が悪いわけではないので、慣れて行けば五分に出てくれるようになるでしょう。デビューから2戦続けて芝を試させていただきましたが、走り自体は良いものの、追い出してからがジリジリですね。ですから、次走は目先を替えてダート戦を視野に入れているので、追い切りの動きを確かめつつ、具体的な番組を検討していく方針です」
     
2021/12/11 11日(土)に栗東トレセンへ帰厩しています。
     
2021/12/10 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき/11日に栗東トレセンへ帰厩予定
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14〜15秒
次走予定:未定
調教主任「今週はより調教の強度を上げて、週3回坂路で15-15のペースから、終い14秒台まで脚を伸ばすようにしています。まだ全体的に成長の余地を残しているものの、ペースアップには問題なく対応しており、動き・反応共に良いですね。11日の検疫で帰厩することが決まりましたが、良い状態で送り出すことが出来そうです。馬体重は523kgです」
     
2021/12/10 11日(土)に栗東トレセンへ帰厩する予定です。
     
2021/12/03 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒
次走予定:未定
調教主任「その後は体調の変化はなく、この中間も坂路でハロン15秒の調教を継続しています。まだ全体的な緩さがあるものの、コンスタントに時計を出していくにつれて、動き・反応ともに良くなってきましたし、この馬なりに成長していると思います。今後も体調には注意しながら、より負荷を掛けたメニューに移行していきたいと思います。馬体重は514kgです」
     
2021/11/26 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒
次走予定:未定
調教主任「その後は順調に回復したことから、先週末から乗り運動を再開しています。週半ばから坂路でハロン15秒のペースで登坂していますが、頓挫の影響はなく最後まで軽快に駆け上がっていますよ。今後も馬の状態に合わせながら更に調教の強度を上げていければと思っています。馬体重は523kgです」
     
2021/11/19 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
調教主任「その後も順調に進められていたのですが、週半ばに熱発を発症してしまったことから、現在は軽めの調整に控えています。徐々に落ち着いてきているものの、今週いっぱいは無理をしない方が良いと獣医師から指示を受けています。状態が落ち着くまで、コンディションを整えることに専念して、乗り運動再開に備えていければと思っています。馬体重は520kgです」
     
2021/11/12 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15〜17秒
次走予定:未定
調教主任「その後も順調に進められていたことから、この中間からより強度を上げたメニューに移行しています。今週は週3回坂路コースでハロン15秒のペースで登坂していますが、ペースアップには問題なく対応することが出来ていますね。今後はより負荷を強めたメニューに切り替えていきたいと考えていますので、それに耐えられる中身を作っていきたいと思います。馬体重は516kgです」
     
2021/11/05 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン16〜17秒
次走予定:未定
調教主任「この中間は周回コースでの運動に加えて、坂路に入れるのは週4回に増やして調教の強度を上げています。ペース自体はハロン16秒程度ですが、登坂回数を積み重ねていくにつれてしっかりとした脚取りで駆け上がってくれるようになっています。安田隆行調教師から『デビュー前にDDSPの症状が窺えたので、念のために喉の状態を診ておいて欲しい』と話があったことから、こちらでも喉の状態を確認したところ、喉鳴りではなく、やはり若駒によくあるDDSPとのことでしたので、成長とともに改善されていくでしょう。今後はより負荷を掛けていくことになりますが、それに備えて中身をしっかり作っておきたいと思います。馬体重は511kgです」
     
2021/10/29 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒
次走予定:未定
調教主任「この中間から周回コースでの運動に加えて、坂路調教を開始しています。疲れがないか確認しながらじっくり立ち上げていましたが、脚元含めて気になるところはないですね。飼い葉食い含めて良いコンディションを保っていますし、今後も状態に合わせて良化を図っていきたいと思います。馬体重は503kgです」
     
2021/10/22 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター
次走予定:未定
調教主任「先週いっぱいは疲労回復に専念していましたが、脚元含めて気になるところも見られなかったことから、今週から1日置きに周回コースで乗り出しています。連戦の疲れからまだ目に見えない疲れがあるでしょうから、馬の様子に合わせながら調教の強度を高めていきたいと思います。馬体重は493kgです」
     
2021/10/13 在厩場所:13日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧
調教内容:
次走予定:未定
安田隆行調教師「ゲートの出はもう少し経験が必要なものの、スッと押し上げていくことが出来たように器用さがありますから、後はもうひと脚使えるよう中身がしっかりとすればもっと良い競馬をしてくれるようになるでしょう。新潟競馬場からトレセンに戻って状態を確認したところ、目立った疲労は見られませんでしたが、予定通り一旦牧場へ戻してリフレッシュを図ることにしました。次走の予定につきましては、牧場で状態を確認しながら検討していきたいと思っています」
     
2021/10/13 13日(水)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。
     
2021/10/11 10/9(土)新潟6R 2歳未勝利〔芝1,600m・13頭〕9着[4人気]
ややゲートで後手を踏むも、その後は徐々に押し上げて中団前目に付けます。直線ではジリジリとした脚色で段々と前との差を広げられ、9着でゴールしています。
安田隆行調教師「馬体重は2s増えていたように、新潟競馬場までの輸送は問題なくこなしてくれましたね。到着後も飼い葉はしっかりと食べてくれていましたし、パドックや返し馬もスムーズにこなしてくれて、良い雰囲気でレースに向かっていくことが出来ました。トレセンでも練習は積んでいましたが、まだ慣れていないこともあってか、どうしても前扉が開く音にビックリしてしまい、スタートで後手を踏んでしまいますね。それでも、外目の枠に当たったこともあり、その後はスッと行き脚を付けてポジションを取ることは出来たものの、序盤で脚を使ってしまった分、直線では前走ほど末脚を伸ばしてくることが出来ませんでした。横山和生騎手も、『まだ全体的に馬が緩いですし、現状だと序盤はじっくりと構えて運び、直線での末脚に賭ける競馬をする方が良いのかもしれません』と話していたように、この馬の良さを活かすには、終いに賭ける形の方が良いように思いました。あとはやはりスタートが課題で、前走はもっとボコッと出ていましたし、それよりは良化が見られたものの、もう少し改善できるように今後も努めていきたいと思います。この後は続けて使ってきましたし、一旦放牧に出してリフレッシュさせる方向で考えています」
     
2021/10/07 10/9(土)新潟6R 2歳未勝利〔芝1,600m・13頭〕55 横山和生 発走12:45
     
2021/10/06 助 手 10/6(水)CW良 85.8- 69.5- 54.0- 39.5- 12.2[7]直強め余力
 ダノンザキッド(古オープン)直強めの外2.8秒先行0.2秒遅れ
     
2021/10/06 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:6日にCWコースで時計
次走予定:10月9日の新潟・芝1,600m〔横山和生〕
安田隆行調教師「新潟競馬場までの輸送と、前走から間隔が詰まっていることから、6日の追い切りは終い重点で行っています。全体の時計はそこまで速くないものの、ラスト1ハロンは12.2秒と反応・動きともに前走以上に動けていましたね。前走時は手応えの割にはジリジリと動けそうで動けない感じでしたが、その時よりも走りっぷりが良くなっていますし、使った上積みが感じられますよ。この中間もゲート練習は行っていますが、扉が開く時にどうしても過敏に反応して出の反応が鈍くなってしまうので、競馬を使いながら慣れてもらうしかありません。あれだけ立ち遅れながらも、最後は0.6秒差の7着に来てくれましたし、直線の長い新潟競馬場ならこの馬の持ち味を活かせると思うので、前走以上の走りを期待したいところです」
     
2021/10/06 9日(土)新潟6R・芝1,600m〔55 横山和生〕
     
2021/10/04 助 手 10/3(日)栗坂良 59.8- 43.6- 28.6- 14.2 馬なり余力
     
2021/10/04 9日(土)新潟6R・芝1,600m〔横山和生〕
     
2021/09/30 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路コースでキャンター
次走予定:10月9日の新潟・芝1,600m
担当助手「先週いっぱいはレースの反動が出ないか軽めの調整で様子を見ていましたが、疲れが表面に出ることはなく、体調も問題ありませんでした。この中間から乗り運動を再開していますが、むしろ使った上積みが感じられますし、これならこのまま続戦しても問題なさそうです。調教では動けそうでまだ動けない感じでしたが、レースではあれだけ出遅れたにもかかわらず、最後はしぶとく伸びていましたから、実戦に行って力を発揮してくれるタイプだと確信しました。ゲートは扉の音に過敏に驚くところがあるので、次走までに少しでも対策を練っていかないといけませんが、競馬を経験して慣れていけば普通に出てくれるようになると思うので、あまり精神的に追い込み過ぎないように進めて参ります。初戦の内容から、直線の長いコースで持ち味を発揮してくれる馬だと思いますので、このまま問題なければ10月9日の新潟・芝1,600m戦を本線として進めていきたいと考えています」
     
2021/09/22 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
安田隆行調教師「トレセンに戻って状態を確認したところ、走ったなりの疲労こそ見られたものの、脚元含めて目立ったダメージはなく、体調も問題ありませんでした。少しでも疲れがあるようなら、無理をさせるつもりはないと考えていましたが、飼い葉はいつも通り食べており、馬房では穏やかに過ごしています。今週いっぱい様子を見させていただき、それでも問題なければこのまま続戦させたいと考えています。ゲートは練習でももう一つ速くないので、次走までに練習しておかないといけませんが、競馬を経験していけばピリッとして自分から出てくれるようになるでしょう。それまではもう少しゆったりとした距離でリズムよく走らせてあげる方が良さそうですし、その点も踏まえながら次走の予定を検討していきたいと思います」
     
2021/09/21 9/20(月)中京5R メイクデビュー中京〔芝1,600m・14頭〕7着[5人気]
モッサリとしたスタートから、そのまま後方を追走します。3〜4コーナーから押し上げていき、最後の直線コースで追われるとしぶとく伸びて、上位馬には及ばなかったものの7着入線しています。
安田隆行調教師「中京競馬場に到着後は、トレセンと同様に落ち着いていましたし、初めての競馬としては、良い雰囲気のままレースに向かうことが出来ました。ただ、ゲートの扉が開くと驚いて頭を上げてしまった為に、スムーズに出ることが出来なかったですね。レース後、吉田隼人騎手は『落ち着いていたものの、扉が開くと同時に頭を上げてしまい、モッサリとゲートを出てしまいましたね。全体的に緩さがあることから、前半は慌てずにリズムよく走らせましたが、最後の直線ではジリジリ伸びてくれましたから、ゲートをスムーズに出て、良いポジションで流れに乗っていれば、もっと良い競馬になっていたと思います。道中は特に息づかいは気にならなかったですよ』とコメントしていました。出遅れた後は、無理せず馬のリズムに合わせてレースを運んでくれましたし、致命的な位置からよく7着まできてくれました。勝ち馬から0.6秒とそこまで負けていないことを考えると、悲観する内容ではないと思いますし、経験を積んで五分にスタートを決められるようになれば、すぐチャンスがあるはずです。この後はトレセンに戻って状態をよく確かめてから相談させていただきたいと思います」
     
2021/09/17 助 手 9/17(金)栗E良 14.7 ゲートなり
     
2021/09/16 9/20(月)中京5R メイクデビュー中京〔芝1,600m・14頭〕54 吉田隼人 発走12:15
     
2021/09/16 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:15日に坂路コースで時計
次走予定:9月20日の中京・芝1,600m〔吉田隼人〕
安田隆行調教師「15日に坂路で追い切りました。同じ2歳新馬と併せたところ、最後は0.2秒遅れたものの、全体が53.7秒で、ラスト1ハロン12.5秒と、雨の影響で馬場が悪かった割には、最後まで力強く駆け上がってくれましたよ。DDSPの症状は舌を縛っている限り、走りに影響しているようなところはないですし、先週もCWコースで長めから時計を出しても、しっかり伸びていたことを考えると、レースに行っても心配ないと思っています。ただ、道中の感じからもっと瞬発力を活かした走りを見せてくれるのではないかと考えていたものの、その点はモーリス産駒らしく、追ってからがワンペースな感じですね。それでも、仕掛けてからの反応は良くなっていますし、モタモタするところもないですから、競馬ではこの馬の特徴を活かしたレース運びを吉田隼人騎手にはしてもらいたいですね。本格化するのはもう少し先だと思いますが、水準以上に動けていますし、実戦でどのような走りを見せてくれるか楽しみにしています」
     
2021/09/15 助 手 9/15(水)栗坂稍 53.7- 39.5- 25.3- 12.5 一杯に追う
 ザッキング(新馬)一杯に0.2秒遅れ
     
2021/09/15 20日(月)中京5R・芝1,600m〔54 吉田隼人〕(除外の可能性があります)
     
2021/09/13 20日(月)中京5R・芝1,600m〔吉田隼人〕
     
2021/09/09 斎 藤 9/9(木)CW不 82.3- 67.4- 53.0- 39.6- 12.2[7]一杯に追う
 ザッキング(新馬)直強めの内同入
     
2021/09/09 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:9日にCWコースで時計
次走予定:9月20日の中京・芝1,600m〔吉田隼人〕
安田隆行調教師「帰厩後は坂路主体で仕上げていましたが、レース1週前ですから、9日はCWコースで長めからしっかり負荷を掛けて時計を出しました。ジョッキーが騎乗していたとはいえ、ラスト1ハロン12.2秒のタイムでしぶとく伸びてくれましたし、反応・動きともに良かったですよ。先週と同様に追ってからワンペースなものの、身のこなしやフットワークは良いものを持っていますし、長めからしっかり追ったことで、もう一段階良くなってくるでしょう。止め際や、ラスト1ハロンあたりからゴロゴロと若駒によくあるDDSPの症状が窺えたので、この中間から舌を縛るようにしていますが、追い切りでは最後までしっかり動けていますし、走っている間は影響ないことから、成長と共に治まってくるでしょう。週末にも時計を出して、来週の競馬に備えたいと思います」
     
2021/09/06 助 手 9/5(日)栗坂稍 59.1- 43.1- 28.0- 13.6 馬なり余力
     
2021/09/02 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:1日に坂路コースで時計
次走予定:9月20日の中京・芝1,600m〔吉田隼人〕
安田隆行調教師「1日に坂路で追い切りました。道中は2歳未勝利馬を目標に、前半から意識的にスピードを上げていき、途中で併せて行きましたが、最後までしぶとく伸びてくれました。全体が52.3秒とまずまず出たのに対し、終い1ハロンは12.9秒と少し時計が掛かってしまいました。普段の調教の感じならもう少し弾けそうなイメージだったものの、いざ追い出しに掛かるとワンペースなところが窺えましたね。その辺りはモーリス産駒特有なものかもしれませんが、全体的に負荷を掛けたのは今回が初めてですから、これから本数を積み重ねて、どのように変化していくのか確かめたいと思います」
     
2021/09/01 助 手 9/1(水)栗坂良 52.3- 38.1- 25.1- 12.9 叩き一杯
 ロードジャスティス(二未勝)叩一杯を0.3秒追走0.2秒遅れ
     
2021/08/30 助 手 8/29(日)栗坂良 57.6- 42.2- 28.3- 14.3 馬なり余力
     
2021/08/26 助 手 8/26(木)栗坂良 55.4- 39.3- 24.8- 12.2 一杯に追う
 ロードジャスティス(二未勝)一杯に0.2秒先行0.2秒遅れ
     
2021/08/26 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:26日に坂路コースで時計
次走予定:9月20日の中京・芝1,600m〔吉田隼人〕
安田隆行調教師「帰厩後も問題なく進められていたことから、先週末に坂路で15-14程度の時計を出しています。そして、26日には坂路で併せて追い切りを行ったところ、2歳未勝利馬に最後は0.2秒遅れてしまったものの、強め1本目としては既走馬相手に対して最後までよく走ってくれましたし、ラスト1ハロン12.2秒なら言うことないですね。良いフットワークで綺麗な走りをしてくれますし、これから本数を積み重ねていけばもっと良い動きを見せてくれそうです。また、この調子なら、予定通り9月20日の中京・芝1,600mには態勢が整いそうですね。なお。鞍上は吉田隼人騎手に依頼しています」
     
2021/08/23 助 手 8/22(日)栗坂稍 58.3- 42.8- 28.4- 14.2 馬なり余力
 ザッキング(新馬)馬なりを0.2秒追走同入
     
2021/08/18 在厩場所:18日に栗東トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:9月20日の中京・芝1,600m
安田隆行調教師「放牧に出した後も順調に進められていたようなので、18日の検疫でトレセンに戻させていただきました。まずはこちらで状態をよく確かめさせていただき、問題なければ明日から乗り運動を開始いたします。そして週末から時計を出して来週から本格的に仕上げに入っていきたいと思います。まずはマイル戦でデビューさせる方向で考えており、順調に仕上がるようなら、9月20日の中京・芝1,600m戦でデビューさせる方針です」
     
2021/08/18 18日(水)に栗東トレセンへ帰厩しています。
     
2021/08/13 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14〜15秒
次走予定:第5回中京開催
調教主任「その後も順調に進められていたことから、この中間から坂路でハロン14秒の調教を開始しています。ペースアップには問題なく対応しており、最後まで軽快なフットワークで駆け上がっていますよ。体も締まって更に良くなってきましたし、態勢が整いつつあります。このまま問題なければ第5回中京開催を目標に帰厩させる方向で安田隆行調教師と打ち合わせましたので、いつ声が掛かっても良いように態勢を整えておきたいと思います。馬体重は503kgです」
     
2021/08/06 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15〜17秒
次走予定:未定
調教主任「この中間も同様のメニューで負荷を掛け続けていますが、コンスタントに時計を出した後も疲れを見せることはなく、良い状態を保っています。今のところ、暑さの影響を受けることもなく、体調は変わりありませんが、引き続き注意しながら進めていきたいと思います。具体的なデビュー時期につきましては、もう少し進めたうえで相談することになっています。体重は503kgです」
     
2021/07/30 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15〜17秒
次走予定:未定
調教主任「この中間から坂路でハロン15秒の調教を開始しています。負荷を強めた後も問題なく対応しており、運動後も疲れを見せることなく、良い雰囲気を保っています。飼い葉をよく食べて良い状態を維持していますし、この調子で更に負荷を強めながら良化を図っていきたいと思います。馬体重は499kgです」
     
2021/07/23 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒
次走予定:未定
調教主任「その後も順調に進められていたことから、この中間から坂路にも入れています。乗り込み量を増やした後も、馬の雰囲気は変わりなく、元気いっぱいに調教に取り組めていますよ。暑さの影響を受けることもなく、飼い葉をよく食べていますので、今後はより負荷を強めたメニューに切り替えていきたいと思います。馬体重は497kgです」
     
2021/07/16 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター
次走予定:未定
調教主任「こちらで状態を確認したところ、ゲート試験まで進めた疲労は軽く、飼い葉もよく食べていたことから、今週から乗り運動を開始しています。現在は周回コース主体のメニューで進めていますが、週末から坂路にも入れて乗り込みを強化していきます。まだ全体的に幼いところがあるので、帰厩の声が掛かるまでしっかり乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は498kgです」
     
2021/07/09 9日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。
     
2021/07/08 9日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出る予定です。
     
2021/07/08 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:7日にゲート試験合格
次走予定:未定
安田隆行調教師「ゲート練習を開始してからここまで順調に進められていたことから、エーデルブルーメと一緒に試験を受けたところ、無事合格しました。この後はデビューに向けて進めていくことになりますが、馬房ではようやく落ち着いて過ごしてくれるようになったものの、環境の変化に対応するまで少し時間が掛かったことを考えると、一旦放牧に出してコンディションを整えてあげる方が良いでしょう。まずは心身ともにリフレッシュしてもらい、デビュー戦の予定につきましては、牧場で状態を確認しながら相談していきたいと考えています」
     
2021/07/07 助 手 7/7(水)栗E良 14.4 ゲートなり
     
2021/07/07 7日(水)にゲート試験を受けて合格しています。
     
2021/07/01 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路コースでキャンター、ゲート練習
安田隆行調教師「入厩後は環境の変化に少し戸惑ったような感じで、落ち着きのないところを見せていましたが、翌日から乗り運動を開始したところ、段々と落ち着いてくれるようになりました。今週からゲート練習を始めていますが、枠入りで少しごねたり駐立の際も少し落ち着きのないところを見せているので、追い込み過ぎないように進めていく方が良いですね。でも、普段はどっしりとして良い性格の持ち主ですから、慣れていけば問題なく対応してくれるようになるでしょう」
     
2021/06/25 在厩場所:25日に栗東・安田隆行厩舎へ入厩
調教内容:
安田隆行調教師「25日の検疫で入厩させました。今週いっぱいはこちらの環境に慣れてもらうために、様々な施設を見せておきたいと思います。その後も問題なければ来週からゲート練習を開始していく予定です」
     
2021/06/25 25日(金)に栗東・安田隆行厩舎へ入厩しています。
     
2021/06/23 25日(金)に栗東・安田隆行厩舎へ入厩する予定です。
     
2021/06/18 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、トレッドミル
調教主任「先週いっぱいは軽めの調整に控えていましたが、その後も気になるところは見られなかったことから、今週から乗り運動を開始しています。輸送で減った体重はすぐ戻り、ノーザンファーム空港時の頃より増えているぐらいですから、それだけ元気の良い証拠だと思います。近いうちには入厩させる方向で安田隆行調教師と打ち合わせしていますので、いつ声が掛かってもいいように態勢を整えていければと思っています。馬体重は503kgです」
     
2021/06/11 在厩場所:11日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動
調教内容:
早来担当者「こちらを無事に送り出すことが出来ました。この中間も坂路で速い日はハロン14秒まで負荷を掛けていましたが、登坂回数を積み重ねていくにつれて余裕を持って駆け上がってくれるようになっていました。コンスタントに速い時計を出しても、運動後は元気いっぱいでしたし、飼い葉をよく食べて良い体つきをキープしていました。前向き過ぎる性格なので、気持ちが逸れないように気を付けていかないといけませんが、ストロングポイントになるのは間違いないですから、デビュー戦を心待ちにしています。こちらでの馬体重は502kgでした」
しがらき担当者「今朝、無事こちらに到着しています。輸送熱もなく体調は安定していますし、飼い葉もまずまず食べてくれました。ただ、目に見えない疲れがあるでしょうから、数日間は軽めの調整に控えて、その後も問題なければ、来週から入厩に備えて乗り出していこうと思っています」
     
2021/06/11 11日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動しています。
     
2021/06/10 10日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動しており、11日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動する予定です。
     
2021/06/09 10日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動し、11日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動する予定です。
     
2021/06/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14〜18秒のキャンター1〜2本、残りの日は周回コースでハッキング2,700m
担当者「この中間も同様のメニューで調教を続けており、コンスタントに速い時計を出した後も疲れを見せることなく順調に進められています。週3回のうちの2回は坂路でハロン14秒まで負荷を掛けるようにしていますが、登坂回数を積み重ねていくにつれて動きが素軽くなり、自らハミを取って進んで行くほどです。それに伴って体つきも良くなり、芯が入って乗り易くなってきました。今後の課題を上げるとすれば、力み易いところがあり、前向き過ぎる性格なので、いかに落ち着いて調教に取り組めるかがカギになりますね。でも、ここまで気持ちが悪い方に向くことなく、前向きに調教に取り組めているのは良いことだと思いますし、心身ともに逞しく成長していますよ。このまま問題なければ、今月中には入厩に備えて本州へ移動させる方針なので、この調子で態勢を整えていければと思っています」馬体重496kg
     
2021/05/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14〜18秒のキャンター1〜2本、残りの日は周回コースでハッキング2,700m
担当者「この中間も順調に調教を消化しており、日によって坂路コースではハロン14秒まで脚を伸ばすようにしています。基本的に走ることに対しては前向きに取り組んでくれるタイプですし、ペースアップ後も自らハミを取って走ることが出来ていますね。ここまでのトレーニングの成果もあり、馬体に幅が出て一回りパワーアップしてきていることで、動きにも力強さが増して、一段階走りの質が良化してきている感じがします。引き続き精神面には課題を残すものの、良い感じで日々成長してくれていますし、出来れば6月中に移動の目途を立てることが出来るように、このまま調整を進めていきたいと考えています」馬体重493kg
     
2021/05/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本と周回コースでハッキング2,700m、週1回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、残りの日は周回コースでハッキング2,700m
担当者「先月、外傷を負った右前膝の状態は乗り運動再開後も落ち着いていましたし、この中間は週を追うごとに調教の負荷を強めています。現在は坂路コースではハロン15秒まで脚を伸ばしており、それに加えてハッキングではありますが、周回コースでも長めのところをこなせています。以前腫れが見られた右トモ飛節の状態にも問題は見られませんし、このメニューを継続していきながら、さらなる体力強化に努めていきたいですね。気性面では相変わらず気の小さいところは目に付きますが、この馬なりに落ち着きが出て来ているように思いますし、段々と子供っぽいところも抜けてきていますよ」馬体重489kg
     
2021/04/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週3回周回コースでハッキング2,700m、週2回トレッドミル
担当者「この中間、右膝を外傷してしまい先週はマシンのみの運動に止めていましたが、幸い傷も浅く、すでに乗り運動を再開しています。外傷の具合に注意しながら立ち上げている現状ですので、現在は屋内坂路を週1回にして、徐々に負荷を高めているところです。休んだといっても1週間ですから馬体重に変化はありませんし、馬体にも張りがあり先月と比べてだいぶしっかりしてきた印象です。精神的には臆病な面をまだ残しているので、引き続き注意していく必要はありますが、悪いことをするわけではないので、運動をしていて問題になることはありません。今後はまず元のペースに戻して、速めの調教を積み重ねていきます」馬体重489kg
     
2021/04/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本に周回コースでハッキング2,700m、週2回周回コースでハッキング2,700m
担当者「この中間も右トモ飛節の状態に変わりはなく、順調に坂路調教のペースを上げて運動量も増やして乗り込むことが出来ています。現在は馬の状態に合わせて週3回の周回コースでハッキング2,700m、坂路コースではハロン15〜16秒のペースで1本の登坂を中心に行っていますが、脚元にいまのところ問題はなく負荷を高められる状態にあります。馬体も腹回りが引き締まって徐々にメリハリのある体つきになってきました。馬体が引き締まるとともに坂路でも素軽い動きが戻ってきましたし、動きに力強さも出てきているので、これから更に良くなってくると思います。今後もこの調子を維持するとともに更なる良化を促していきます」馬体重489kg
     
2021/03/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター2本、週3回周回コースでハッキング2,700m、残りの日は軽めの調整
担当者「周回コースで乗り出した後は右トモ飛節の状態も変わりなく進められていましたので、この中間から坂路調教を再開しています。現在は週3回周回コースでハッキング2,700m、坂路コースではハロン16〜17秒のペースで2本登坂するようにしていますが、運動後も脚元の状態は変わりありません。休んだことによる体の緩みも少しずつ引き締まって良い体つきになってきました。ただ、一息入る前は素軽い動きをしていましたし、体ももっとメリハリがありましたから、遅れを取り戻せるよう運動時間をしっかり取って、元の状態に戻していきたいですね。精神面はまだ幼く臆病なところを見せていますが、調教には真面目に取り組むことが出来ていますし、鞍上とのコミュニケーションも取れています。脚元の状態には気を配りながら進めていきますが、背中の感触や動きも良い馬ですから、この調子で更に良化を促していきます」馬体重502kg
     
2021/02/05 競走馬名:クラシックステップ
欧字表記:Classic Step
意味由来:華麗な脚捌きを願って。母名より連想
     
2021/02/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週1回周回コースでハッキング2,700m、週5回トレッドミル
担当者「この中間はトレッドミル中心の運動を行っておりましたが、右トモ飛節の状態が落ち着いてきたので、先週より周回コースにて乗り運動を再開しています。気性面はマシンだけの運動の時は煩くなっていましたが、トレッドミルをしっかりと行えていたので、余計な怪我もしませんでしたし、負荷が高まるとともに落ち着きも出てきて運動を継続することができました。馬体重も500kgを切ってきたように、休んで緩んでしまった分も徐々に元の体型に戻りつつあります。もともと気の入り易い性格ですから、乗り運動を再開しても注意していくことに変わりはありませんが、いまのところはコースへの移動時も調教中でも乗り手とのコンタクトに問題はありません。今後も脚元のケアを行いながら、状態に合った負荷で運動をしてきます」馬体重493kg
     
2020/12/31 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:ウォーキングマシン
担当者「コースで乗り出した後は、坂路でハロン16秒まで脚を伸ばすところまで進めていたのですが、この中間右トモ飛節に腫れが見られたことから、現在はウォーキングマシンで軽めの調整に控えています。休む前までは前向きさがあって、良い手応えで坂路を駆け上がっていましたし、ブレもなくしっかりとした走りで背中の感触がとても良かったですよ。気の入り易いところには気を配りながら進めていましたが、その心配はなく落ち着いて調教に取り組めていました。馬体も乗り込んで行くにつれて筋肉がつき、メリハリのある体つきになりました。乗り運動を始めてから順調に進められていただけに一頓挫したのは残念ですが、まずは脚元の治療に専念しながら、調教再開のタイミングを見計らっていきたいと思います」馬体重504kg
     
2020/12/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17〜19秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,700m
担当者「その後も順調に進められており、現在は坂路コースと周回コースに入れて乗り運動を行っています。少し敏感で力みやすいところがありますが、走りには芯があってしっかりしていますよ。乗り役の動きに反応し過ぎる部分はあるものの、基本的には無駄なことをしないですし、とても乗りやすいです。また、先月から体重が大幅に増えているように、順調な成長ぶりを見せてくれていますね。やや気が入りやすそうなところはありますが、乗り込んで行ってもへこたれないタイプのように思いますので、これから坂路の時計を徐々に詰めていこうと思います」馬体重497s
     
2020/11/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
担当者「こちらへ移動した後は環境の変化に戸惑いを見せることもなく、体調は変わりありませんでした。馴致は特に問題なく進められましたので、現在はロンギ場で運動を開始しています。週5回ロンギ場でキャンターを行っていますが、騎乗者の指示にしっかり応えて動いてくれます。運動後も疲れを見せることはなく、飼い葉を良く食べており、良いコンディションを保っていますし、性格が素直で扱いやすく、現時点でとても優秀な馬ですよ。この調子ならすぐコースへ乗り出して行けるでしょうから、この感じで進めていければと思っています」馬体重471kg
     
2020/10/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
Yearling担当者「9月28日にノーザンファーム早来へ移動しました。この中間は日中8時間放牧と毎日ウォーキングマシン60分といったメニューを行っていました。9月に入ってからは馬にとっても過ごしやすい気候となり、放牧地では活気漲る動きが垣間見え、躍動感が増した本馬への期待値は日に日に向上していましたよ。先月からの体重増以上に大きく感じさせる馬体は、肩・トモの筋肉の発達が目立ち、父モーリスの遺伝子を強く感じます。少し気の強い面も父譲りですが問題なく、各馴致も無事に完了しており、育成厩舎への移動後も順調に調教を進めることが出来ると思いますよ」馬体重465s
     
2020/09/01 在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling
Yearling担当者「この中間も昼夜放牧を継続して行っていますが、暑さと虫の発生により、放牧地での運動量過多が見受けられましたので、強制運動は控えて疲労の蓄積がないよう管理しています。ただ、体力面でのタフさがあり、疲れは見られないですし、餌量を増やしても飼い葉食いが落ちることはなく、また馬体の張り艶が良く健康そのものです。馴致の方は洗い・鞍付けともに順調に進められており、気の強い面を見せつつも素直に行えていますし、物怖じしない性格なので、スムーズに進められています。今の状態を保ちつつ、馴致の質を上げながら次のステージへと送り出せるよう努めていきたいと思います」馬体重450kg
     
2020/08/15 在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling
Yearling担当者「現在は20時間に及ぶ昼夜放牧を順調に継続しています。また、育成厩舎への移動を見据えてウォーキングマシンと追い運動による強制運動を行い、基礎体力強化に努めています。放牧地での自発的な運動量が増したことで、各パーツの筋肉がボリュームアップし、本馬の恵まれた馬体バランスを崩すことなく素晴らしい成長を遂げてくれています。気性面は程良い気持ちの強さを備えつつも人への従順性が高く、洗い馴致・鞍付け馴致ともに問題なく終えることができるでしょう。今後も移動へ向けて、しっかりと準備を整えてまいります」馬体重445kg