クレッセントムーンの情報

2018/07/12 12日(木)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。
     
2018/07/11 在厩場所:栗東トレセン/12日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
高野友和調教師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、レースに出走したなりの疲れは見られますが、それ以外は特に問題ありません。飼い葉をよく食べていますし、このまま続戦してもいい状態にはありますが、ミルコ(M.デムーロ騎手)はダート1,400mが丁度良いと言っていましたし、同条件の番組は秋まで組まれていませんので、それまで放牧に出して成長を促そうと思います。12日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出す予定です」
     
2018/07/09 7/7(土)中京6R メイクデビュー中京〔D1,400m・16頭〕8着[2人気]
右へよれ気味にゲートを出た為に行き脚が付かず、その後も流れに乗り切れません。鞍上が果敢に気合いをつけて上がっていこうとしますが、最後の直線も大きく脚を伸ばすことなく、デビュー戦を8着で終えています。
M.デムーロ騎手「初めて競馬を経験したこともあってずっとフワフワした走りでしたし、なかなか手前を替えてくれませんでした。調教の動きからこんな馬ではないと思うし、経験を積んでいけばもっといい走りをしてくれるはずですよ。全く力を出し切っておらず、レース後はケロッとしていましたよ」
高野友和調教師「トレセンから中京競馬場までの輸送は問題なかったですし、パドックでの様子も堂々としていました。調教でも手前を替えないところがありますが、今回に限っては初めての実戦ということで最後まで訳が分からずレースを終えたような感じになってしまいました。調教の動きからこんな馬ではないですし、今回の反省点を活かして次走は良い走りをお見せできるように努めていきたいと思います。この後はトレセンに戻って状態を確認したうえで検討させていただきます」
     
2018/07/05 7/7(土)中京6R メイクデビュー中京〔D1,400m・16頭〕54 M.デムーロ 発走12:55
     
2018/07/05 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:4日に坂路コースで追い切り
次走予定:中京7月7日 メイクデビュー中京・ダート1,400m〔M.デムーロ〕
高野友和調教師「先週の追い切りでもかなりいい動きをするなと感じていましたが、今回はそれ以上の手ごたえを感じましたよ。最初はゆっくり入り、終いを伸ばすように指示を出していましたが、鞍上が仕掛けに入ると反応良くラスト1ハロン12.1秒で上がってきました。動きとしては申し分ないですし、素直で乗り易くセンスの良さを感じます。適性に関してはレースに行ってみないことにははっきりとしたことが言えませんが、走りっぷりから対応してくれると思います。先週ミルコ(M.デムーロ騎手)にゲート練習を行ってもらいましたが、スタンドから見ていた限り、出は普通のように感じたものの、ジョッキーは『大丈夫!心配ないよ』と言っていましたので、レースでも上手く出してくれるでしょう。良い競馬を期待しています」
     
2018/07/04 助 手 7. 4栗坂良 55.1- 39.3- 25.1- 12.1 末強目追う
 ラルムドランジュ(古500万)末一杯を0.1秒追走同入
     
2018/07/04 7日(土)中京6R・D1,400m〔54 M.デムーロ〕(除外の可能性があります)
     
2018/07/02 助 手 7.1栗坂良 56.6- 41.0- 26.0- 12.4 馬なり余力
 キラービューティ(古1000万)馬なりに0.1秒先行同入
     
2018/07/02 7日(土)中京6R・D1,400m〔M.デムーロ〕
     
2018/06/28 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:27日に坂路コースで追い切り
次走予定:中京7月7日 メイクデビュー中京・ダート1,400m
高野友和調教師「ゲート試験に合格後も疲れが出ることもなく良い状態を保っていたので、先週時計を出してみましたが、その後も飼い葉食いが悪くなることもなく元気いっぱいに過ごしていました。27日に坂路で強めのところを行ってみましたが、後方から追走した分、最後は捉えきれませんでしたが、ラスト1ハロン12.3秒で上がってきているのですから上出来だと思います。仕上がりは早そうですし、来週には態勢が整いそうです。いかにもダート馬という体付きではありませんが、血統配合からダート適性があるでしょうから、7月7日の中京・ダート1,400mでデビューさせたいと思います」
     
2018/06/27 助 手 6.27栗坂良 53.8- 39.0- 25.3- 12.3 一杯に追う
 アロハリリー(古500万)末強目を0.2秒追走0.2秒遅れ
     
2018/06/25 助 手 6.24栗坂重 57.0- 41.2- 26.6- 12.7 末強目追う
 グランソード(三未勝)馬なりと同入
     
2018/06/21 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:20日に坂路コースで追い切り
次走予定:未定
高野友和調教師「先週ゲート試験を1発で無事に合格し、その後も疲れが出ることもなく状態は維持しています。確認の為に20日に坂路で時計を出してみましたが、3歳馬相手に楽に先着しました。追い切った後にどれだけ反動が出るのか確認したうえで、このままデビューに向けて進めていくかリフレッシュ放牧を挟むか検討したいと思います」
     
2018/06/20 助 手 6.20 栗坂重 54.9- 40.2- 26.3- 13.2 一杯に追う
 ダノンアモーレ(三未勝)一杯に0.5秒先着
     
2018/06/15 14日(木)にゲート試験を受けて合格しています。
     
2018/06/13 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路コースでキャンター/ゲート練習
次走予定:未定
高野友和調教師「その後も牧場で腫れが見られた左前脚の状態に問題はなく、順調にゲート練習を中心に調教を行っています。まだ出の方は少し遅いものの、枠入りや駐立は特に嫌がる素振りを見せることなくこなしてくれているので、それほど時間を掛けずにゲート試験を受けることが出来そうです。馬房でも落ち着いた様子ですし、今のところ特にこれと言って問題になるようなところはなく、毎日お行儀よく過ごしてくれているので助かっていますよ」
     
2018/06/07 在厩場所:7日に栗東・高野友和厩舎へ入厩
調教内容:
次走予定:未定
高野友和調教師「左前肢に腫れが見られたことから、入厩の予定が少し遅れてしまいましたが、幸いにも症状はすぐ落ち着き、調教もすぐ再開されたことから、7日の検疫で入厩致しました。長距離輸送の疲れもあると思いますので、数日間は状態を見させていただき、環境に慣れさせながら調教を開始していきたいと思います」
     
2018/06/07 7日(木)に栗東・高野友和厩舎へ入厩しています。
     
2018/06/06 6日(水)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動しており、7日(木)に栗東・高野友和厩舎へ入厩する予定です。
     
2018/06/04 6日(水)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動し、7日(木)に栗東・高野友和厩舎へ入厩する予定です。
     
2018/06/02 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,300m
担当者「騎乗調教を再開し、坂路でのハロンペースを15秒まで上げた後も脚元の状態は変わりありません。移動を延期することになってしまいましたが、幸いにもすぐ調教を再開することが出来ましたので、今月の移動を目標に再び乗り込みを強化していきたいと思います。テンションはやや上がり易いので、その点には注意していますが、筋肉隆々の好馬体は本当に惚れ惚れしますね。完成度の高い馬だけに、無事にデビューまで進めることが出来れば、初戦から良い競馬をしてくれると思いますよ」馬体重475kg
     
2018/05/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,300m
担当者「この中間は移動に向けて調整が進められています。当初は11日にノーザンファームしがらきに移動する予定でしたが、左前肢に腫れが見られたため大事を取って移動を延期しました。既にトレッドミルでの運動を経て乗り運動を開始しているように、幸い症状も軽く済んでいます。元々移動予定があったくらい動きも良く、毛艶も良好で状態面でも気になるところが無かった馬ですから、患部の状態次第で再度移動予定をたてることになるでしょう」馬体重475s
     
2018/05/10 左前脚に軽い腫れが確認されたため、移動は延期になりました。
     
2018/05/07 10日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動し、11日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動する予定です。
     
2018/05/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,300m
担当者「この中間は週1回ハロン14秒までペースを上げています。前向きにしっかりと調教に臨めるだけでなく、最後まで脚色が衰えることなく坂路を登坂出来るようになりました。ただ、ハロン14、15秒のペースで上がってきた後の常歩は少しテンションが高いですからここは気をつけていかなくてはいけません。体調面や脚元にも現時点で問題なく順調に進められていますので、比較的に早めに移動出来そうです。今後も現在のペースで乗り込みを重ねて5月中の移動を視野に進めてまいります」馬体重474s
     
2018/04/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日はウォーキングマシン
担当者「この中間は坂路の登坂回数を週3日に増やしています。その分負荷が強まっていますが、飼い葉は問題なく食べていますし、馬体重も大きく減らさず調整できているのはいい傾向だと思います。見た目的にも馬体の張り・艶に問題は見られず、いいボディコンディションを保てていると思いますよ。現在の調教での動きからすると、早い時期から始動していけそうですし、それを見据えてゲート練習も並行して行っていますが、今のところ問題なく進めることが出来ています」馬体重477kg
     
2018/04/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日はウォーキングマシン
担当者「この中間も坂路でハロン15秒ペースの調教をメインに進めています。以前は乗り進めていくと馬体が減ってしまっていましたが、段々と体がしっかりとしてきているのでしょう、乗り込んでいても馬体重の減りがなくなり、逆に先月に比べて少し増えているくらいです。坂路での動きは相変わらず躍動感に溢れていてとても良く、自分からハミを取ってグイグイと進んで行ってくれます。この調子で乗り込みを進めていき、しっかりとした基礎作りに励んでいければと思っています」馬体重480kg
     
2018/03/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めの1,800mのキャンター、残りの日はウォーキングマシン
担当者「騎乗調教を連続して行うと馬体重が減りやすいので、乗り運動を週3回に止め残りの日はマシンのみにして強弱をつけた調教を行っています。ここ数週間は、目に見えて体重が減ることはなくなりましたので、少しずつ体力がついてきているのを感じます。体重が思うように増えてこない理由の一つとしては、前向き過ぎる気性面が考えられますが、坂路ではその前向きさが、胸のすくような躍動感のある走りを生んでいるのも事実です。焦らず、よく状態を見極めて体調に合った調教していけば、見栄えのする馬体に成長してくれることでしょう。体調面や脚元にも現時点では問題はなく、このまま順調であれば秋頃のデビューを視野にいれられるかもしれません」馬体重473kg
     
2018/02/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めの1,800mのキャンター、残りの日は軽めの調整
担当者「休まず調教を行っていますが、若干馬体が減り気味でしたので、この中間は少し負荷を下げて調整しています。前向きに走る割には、そこまでムキになって抑えが利かないわけではありませんし、程良いテンションで運動できていると思います。真面目なタイプなのでやろうと思えばオーバーペースでも対応してしまうところがあるので、その点には気を付けながら進めていきたいと思います。素質は高いものを持っている馬なので、成長を促しつつ、この馬の良さを上手く引き出していきたいと思います」馬体重468kg
     
2018/01/19 競走馬名:クレッセントムーン
欧字表記:Crescent Moon
意味由来:三日月。
本馬の額にある流星の形と母名より連想
     
2018/01/04 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16〜18秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間からはハロン16秒までペースアップしています。細くは映りませんが、体重があまり増えてこない点が気になりましたので、少し休ませながら調整しています。坂路では自分から進んでいく姿勢がみえますので、頼もしい限りです。ただ、現状はまだまだ非力ですから、今後調教を重ねることでパワーアップして欲しいですね。気性面に関しては以前よりもいくらか改善されて少しずつではありますが成長の兆しが見えます。今後もリフレッシュ期間を設けるなどして体重に気をつけながら進めていきます」馬体重468s
     
2017/12/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17〜18秒のキャンター1本、週1回は周回コースで軽めのキャンター1,800m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間は坂路調教のペースを17〜18秒まで上げて乗り込んでいます。調教では体全体を使って走る姿が印象的ですね。気性面ではまだ子供っぽさが残っており、集中力が続かないところがありますので、その辺りが現状の課題と言えるでしょう。11月中頃には475sまで体重が増えたのですが、現在は468sまで減ってしまいました。でも特に細くなった印象は受けませんし、馬体は順調に成長していますよ。脚元・体調面に問題はないので、この調子でしっかり乗り込みを続け体力強化を図っていきたいと思います」
     
2017/11/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
担当者「その後も順調に進められており、この中間から坂路での調教も取り入れています。現在はウォーキングマシン60分の運動に加えて、週3回は屋内坂路コースでハロン19〜20秒のキャンター1本、残りの日は周回コースでハッキング1,800mを行っています。馬体はまだまだ子供でしぼみやすいので、その点にはよく注意しながら調教を進めています。でも、走ることに対しては前向きですし、そういったところは父産駒のいいところを受け継いでいるように思いますね。まだトモに力がないので、調教を積んで後肢のパワーアップを図っていきたいですし、ここまで順調にステップアップ出来ているので、さらに坂路での時計を詰めていければと考えています」馬体重462kg
     
2017/10/02 在厩場所:9月4日北海道・ノーザンファーム早来へ移動
担当者「こちらに入場後も環境の変化に戸惑うことがなく、ロンギ場の馴致も無事に終え、現在はインドアでの運動に移行しています。馬体は成長途上とあって、幼いところがあるものの、これから調教を進めていくにつれて筋肉がついてくるようになるでしょう。性格は素直で扱い易いですし、ヘニーヒューズ産駒らしい大柄な馬体の持ち主なので、今後どのように育ってくれるかとても楽しみですね。今後は坂路調教も取り入れて徐々にペースアップしていきたいと考えています」馬体重451kg
     
2017/09/01 在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling
Yearling担当者「引き続き夜間放牧を行っております。また、週3回のウォーキングマシンと週2回程の追い運動を行うことによって、身体も緩むこと無く筋肉にメリハリが出てきました。精神面も相変わらず安定していて、特にこちらの手を煩わせることもなく馴致の方もスムーズに進んでいます。9月4日にノーザンファーム早来へ移動する予定ですが、鞍付け、背馴らし等の馴致も一通り経験しており、今後は回数をこなしながら、鞍を着けた状態でのウォーキングマシンをやっていく予定です」馬体重461s
     
2017/08/10 在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling Yearlin
担当者「現在は順調に夜間放牧を行っています。脚長でスラっとした馬体の持ち主ですが、ここへ来てしっかりとした筋肉が付いてきて、非常に見映えのする馬体へと成長してきました。性格もとても大人しく、無駄なことは一切しないタイプで賢そうな馬です。馴致もこの性格なので、人の手を煩わせることなく順調に進んでいますから、育成厩舎移動後も問題なく調教を進められると思います」馬体重452s
     
2017/07/18 測尺(2017年7月上旬)
体 高:158.0cm 胸 囲:171.0cm 管 囲:21.1cm 馬体重:448kg