ラッキーモーの情報

2022/01/20 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:19日に坂路コースで時計
次走予定:2月5日の中京・D1,400m
松永幹夫調教師「帰厩後も問題なく進められていましたので、先週末に坂路で15-14程度の時計を出し、そして今週は19日に坂路で強め1本目となる追い切りを消化しています。14-13程度のイメージでサッと行いましたが、馬場が悪かった割には全体が54.2秒と、想定していたより速い時計をマークしてくれましたね。ラスト1ハロンは持ったままとは言え、もうひと伸びして欲しかったですが、騎乗者の話では、『強め1本目と言うことで、最後は無理をしなかったですが、まだ余力は残っていましたよ』とのことでしたので、内容としては悪くなかったと思います。調教ではそこまで気難しいところは見せていないものの、レースではもう一つ集中力に欠けるようなところが窺えることから、次走はブリンカーを着けてみることを考えています。前走の競馬を見る限り、芝の方が良さそうに見えますが、トップスピードがないことを考えると、ダート戦に戻してブリンカーの効果がどれだけあるか試してみるのも手だと思います。ですから、このまま順調に仕上がるようなら、2月5日の中京・D1,400m戦に向かわせていただきます」
     
2022/01/19 助 手 1/19(水)栗坂良 54.2- 39.7- 25.9- 12.9 馬なり余力
     
2022/01/17 助 手 1/16(日)栗坂良 59.3- 43.3- 28.2- 14.0 馬なり余力
     
2022/01/14 在厩場所:14日に栗東トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:第1回中京開催
松永幹夫調教師「放牧に出した後も順調に進められていたようなので、14日の検疫でトレセンに戻しています。明日から乗り運動を開始し、問題なければ来週から仕上げに入って行こうと思います。前走では、もう一つ集中し切れない感じでしたし、次走は馬具を着けてみることを考えています。なお、具体的な番組につきましては、追い切りの動きを確かめながら検討させていただきます」
     
2022/01/14 14日(金)に栗東トレセンへ帰厩しています。
     
2022/01/13 14日(金)に栗東トレセンへ帰厩する予定です。
     
2022/01/07 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:坂路コースでハロン15秒、トレッドミル
次走予定:未定
調教主任「この中間から坂路でハロン15秒の調教を開始しています。現在は週4回登坂していますが、負荷を強めた後も問題なく対応しており、動き・反応ともにまずまずですね。途中で気を抜くようなことはなく、そこまで気難しいところを見せていないですが、少し掴みづらい性格をしていますね。その辺りがレースにいって集中し切れないのかもしれません。このまま問題なければ、今月には帰厩させる方向で松永幹夫調教師と打ち合わせていますので、移動に備えて態勢を整えていきたいと思います。馬体重は469kgです」
     
2021/12/24 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:坂路コースでハロン16秒、トレッドミル
次走予定:未定
調教主任「今週は坂路のペースを少し上げて、週3回ハロン16秒のペースで登坂しています。ペースアップには問題なく対応していますし、この感じならより調教の強度を上げていけそうですね。飼い葉食い含めて良いコンディションを保っているので、この調子で更なる良化を図っていきたいと思います。馬体重は467kgです」
     
2021/12/17 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:坂路コースでハロン17秒、トレッドミル
次走予定:未定
調教主任「こちらで脚元含めて状態を確認しましたが、目立ったダメージはなく、体調も問題ありませんでした。トレッドミルでの運動を経て、今週から坂路で乗り出していますが、跨った感じも悪くないですし、これなら徐々に調教の強度を上げても問題ないですね。松永幹夫調教師から、『問題なければ来年の小倉開催で使いたい』と連絡を受けていますので、馬の状態を確かめながら負荷を強めていきたいと思います。馬体重は462kgです」
     
2021/12/08 在厩場所:8日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧
調教内容:
次走予定:未定
松永幹夫調教師「先週は最後の坂で脚色が鈍ってしまったものの、芝の走り自体は良かったですし、気難しさもそこまで見せていなかったですから、内容としては悪くなかったと思います。最後の坂を苦にしてしまったのか、もしくは久々で息が持たなかったのか掴みづらいですが、次走は平坦コースでもう一度芝を試してみたい気持ちがあります。レース後は気になるところは見られませんでしたが、脚元のこともありますし、無理せず一旦放牧に出してコンディションを整えてもらうことにしました。次走の予定につきましては、牧場で状態を確かめつつ、検討していく方針です」
     
2021/12/08 8日(水)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。
     
2021/12/06 12/4(土)中京9R 3歳上1勝クラス〔芝1,600m・16頭〕16着[12人気]
芝替わり。互角のスタートを決めると、道中は中団で流れに乗ります。勝負どころから追われますが、目立つほどの伸び脚は見られず、約4カ月半ぶりとなるレースは後方で流れ込んでいます。
松永幹夫調教師「7月の小倉以来のレースとなりましたが、追い切りではこれまでになくよく動けていましたし、体も太目感なく良い状態で競馬に向かうことが出来ましたので、芝で良い走りを見せてくれないかと期待していました。スッと流れに乗ることが出来たように、芝の走り自体は良かったですし、良い形で最後の直線コースに向くことが出来たものの、追い出してからが案外でしたね。レース後、荻野極騎手に確認したところ、『芝の走り自体は良かったですし、最後の坂の手前までは良い感じでした。ただ、追い出してからが案外でしたね。集中力が散漫にならないよう注意しながらレースを運びましたが、道中はそこまで集中力が切れることはなかったものの、所々そういう仕草は見せていました。でも、自分から突っ張って止めるようなところはなかったですし、最後の坂で甘くなってしまったのは久々の分が出てしまったように思います』とコメントしていました。ダート戦のように集中力を切らして、自分から止めるようなところはなかったですし、現状は芝の方が良いかもしれません。距離が少し長いのか、もしくは平坦の方が良いのか、今回だけでは決めつけられないですが、久々の影響で息が持たなかったことも考えられます。一度使ったことによって中身は良くなってくると思いますが、脚元のこともありますから、トレセンに戻って状態をよく確かめてから、今後の事について検討していきたいと思います」
     
2021/12/02 12/4(土)中京9R 3歳上1勝クラス〔芝1,600m・16頭〕56 荻野極 発走14:25
     
2021/12/02 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:1日に坂路コースで時計
次走予定:12月4日の中京・芝1,600m〔荻野極〕
松永幹夫調教師「1日に坂路で追い切りました。道中はラッキーモーが追走し、途中から2歳未勝利馬に併せて行きましたが、相手は目一杯に追っていなかったとはいえ、仕掛けてからの反応や動きが良く、大きく先着してくれました。自らハミを取っていくほどではないものの、前日の雨の影響で馬場が悪かったことを考えると、全体が54.3秒で、ラスト1ハロン12.7秒ですから、まずまずのタイムをマークしてくれました。脚元に負担が掛からないよう坂路主体で仕上げましたが、コンスタントに時計を出すことが出来ましたし、太目が残ることもなく、良い状態に仕上がっていますよ。デビュー戦から3戦続けてダートを使ってきましたが、初戦こそ勝ち上がってくれたものの、その後の2戦はもう一つ集中力が続かないのか、走り切っていない感じです。馬具を着けてみることも考えましたが、一度芝を試してからでも遅くはないと思いますし、この条件でどれだけ走れるか確かめたいと思います。前走は、勝負どころで付いていけなくなった割には、最後の直線でもう一度伸びてくるぐらいですから、力を発揮すればもっと良い走りを見せてくれるはずなので、ジョッキーには最後まで諦めずに追ってもらいたいと思っています」
     
2021/12/01 助 手 12/1(水)栗坂重 54.3- 38.8- 25.2- 12.7 一杯に追う
 ナンヨーピアニー(二未勝)馬なりを0.8秒追走0.7秒先着
     
2021/12/01 12月4日(土)中京9R・芝1,600m〔56 荻野極〕
     
2021/11/29 助 手 11/28(日)栗坂重 56.5- 41.1- 26.6- 13.0 馬なり余力
     
2021/11/29 12月4日(土)中京9R・芝1,600m〔荻野極〕
     
2021/11/24 助 手 11/24(水)栗坂良 55.0- 40.0- 25.6- 12.6 一杯に追う
     
2021/11/24 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:24日に坂路コースで時計
次走予定:12月4日の中京・芝1,600m〔荻野極〕
松永幹夫調教師「ゲート入りが少し悪いところがあるので、19日にゲート練習を行い、そのまま出すところまで進めてみましたが、枠入り駐立は概ねスムーズでしたし、出てからの反応も良かったですね。先週末に坂路で15-14程度の時計を出し、今週は24日に坂路で負荷を掛けて時計を出してみたところ、全体が55.0秒でラスト1ハロン12.6秒のタイムでゴールしています。ラスト2ハロン付近から軽く促して13.0-12.6と良い感じに加速していましたし、この馬なりによく動けていましたね。コースに入った後もムキになって進んで行くことはなかったですし、精神的に落ち着いているのは何よりです。来週は7月の小倉以来の競馬となるので、久々の影響が出ないように週末もある程度負荷を掛けて中身を整えておきたいと考えています。なお、鞍上は前走に引き続き荻野極騎手に依頼しています」
     
2021/11/22 助 手 11/21(日)栗坂良 57.6- 42.1- 27.7- 14.0 馬なり余力
     
2021/11/19 助 手 11/19(金)栗E良 13.8 ゲートなり
     
2021/11/17 助 手 11/17(水)栗坂良 53.3- 38.8- 25.3- 12.8 馬なり余力
     
2021/11/17 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:17日に坂路コースで時計
次走予定:12月4日の中京・芝1,600m
松永幹夫調教師「この中間も脚元を考慮して坂路主体で調教を継続しています。コンスタントに時計を出している中でも、左前脚の繋靭帯は良い意味で変わりないので、17日の追い切りはやや負荷を掛けて時計を出しました。全体は53.3秒でラスト1ハロン12.8秒と時計こそ目立たないものの、仕掛けてからの反応・動きともにまずまずと言ったところでしたから、この調子で本数を積み重ねていけば更に良くなってくるでしょう。このまま順調に仕上がるようなら、12月4日の中京・芝1,600m戦に向かいたいと考えているので、引き続き脚元には注意しながら進めていきたいと思います」
     
2021/11/15 助 手 11/13(土)栗坂良 61.2- 44.6- 29.2- 14.4 馬なり余力
助 手 11/14(日)栗坂良 56.6- 41.4- 27.2- 13.5 馬なり余力
     
2021/11/12 助 手 11/12(金)栗坂稍 62.6- 45.6- 29.6- 14.3 馬なり余力
     
2021/11/11 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:10日に坂路コースで時計
次走予定:第6回中京開催
松永幹夫調教師「帰厩翌日から乗り運動を開始していますが、順調に進められていましたので、10日に坂路で追い切りを行っています。強め1本目なので、騎乗者には目一杯に負荷を掛けずに、14-13ぐらいで終いの反応を確認するように指示を出していましたが、馬なりのままラスト1ハロン12.6秒で駆け上がってくれました。牧場では左前脚の繋靭帯に注意しながら進めてもらっていましたが、速い時計をコンスタントに出すことが出来ていたようですし、良い状態でこちらに戻してもらえました。デビューから3戦ともにダートを使ってきましたが、集中し切れていないところを見ると、砂を被って嫌がっていることが考えられます。調教で集中力を欠くようなところがあれば、馬具を試す価値がありますが、その前に芝を試してみるのも手だと思います。具体的な番組は追い切りの動きを確かめながら検討していくつもりですが、今のところ、第6回中京開催の芝1,600m戦を視野に入れています」
      
2021/11/10 助 手  11/9(火)栗坂稍 60.5- 43.8- 28.9- 14.4 馬なり余力
助 手 11/10(水)栗坂稍 54.2- 39.1- 25.3- 12.6 馬なり余力
     
2021/11/08 助 手 11/7(日)栗坂良 56.4- 41.4- 26.9- 13.4 馬なり余力
     
2021/11/05 在厩場所:5日に栗東トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:未定
松永幹夫調教師「放牧に出した後は、左前脚の繋靭帯を気にする素振りを見せたことから、焦らずじっくり立ち上げてもらっていましたが、態勢が整ったようなので、5日の検疫でトレセンに戻させていただきました。明日から乗り運動を開始していきますが、脚元の状態には注意しながら立ち上げて行こうと思います
     
2021/11/05 5日(金)に栗東トレセンへ帰厩しています。
     
2021/11/03 5日(金)に栗東トレセンへ帰厩する予定です
     
2021/10/29 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:坂路コースでハロン16秒、トレッドミル
次走予定:未定
調教主任「その後も順調に進めることが出来ていましたので、この中間はより負荷を強め、坂路でハロン16秒の調教を開始しています。ペースアップ後も脚元の状態は変わりないですし、これなら更に負荷を強めても問題なさそうですね。年内の競馬を目標に置いて進めていきたいと考えていますが、脚元には注意しながら態勢を整えていきたいと思います。馬体重は478kgです」
     
2021/10/22 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:坂路コースでハロン17秒、トレッドミル
次走予定:未定
調教主任「この中間も坂路でハロン17秒の調教を継続しています。左前脚の繋靭帯は良い意味で変わりないですし、順調に進められていますよ。緩んだ体は少しずつ引き締まってきましたので、このまま何事もないよう進めていきたいと思います。馬体重は476kgです」
     
2021/10/15 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:坂路コースでハロン17秒、トレッドミル
次走予定:未定
調教主任「左前脚の繋靭帯には注意していましたが、その後も変わりなく進められていましたので、この中間から坂路で乗り出しています。運動後も脚元に疲れが出ることはありませんし、ここまで順調に立ち上げられていますよ。今後も細心の注意を払いながら良化を図っていければと思います。馬体重は474kgです」
     
2021/10/08 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定
しがらき担当者「この中間もトレッドミルで動かしていますが、左前脚の繋靭帯には良い意味で変わりありません。今後も慎重に様子を見ていく方針に変わりはありませんが、身のこなしは少し重苦しい感じがしますし、その辺りの良化も促していきたいところです。馬体重は474kgです」
     
2021/10/01 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定
調教主任「左前脚の状態には注意しながら進めていますが、トレッドミルでの運動を開始後も順調に進められています。現在は軽めキャンターまで移行していますが、運動後も脚元に疲れを見せることはありません。引き続きぶり返すことのないように注意しながら進めていきたいと思います。馬体重は477kgです」
     
2021/09/24 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定
調教主任「先週いっぱいは軽めの調整に控えていましたが、左前脚の状態は少し落ち着いてきたことから、現在はトレッドミルでの運動を再開しています。運動後も良い意味で状態は変わりありませんが、ぶり返さないようにじっくりと立ち上げて行く方針です。馬体重は473kgです」
     
2021/09/17 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:坂路コースでハロン14〜15秒、トレッドミル
次走予定:未定
調教主任「帰厩に備えてコンスタントに時計を出していたのですが、この中間に以前痛めた左前脚の繋靭帯を気にする素振りを見せた為、現在は軽めの調整に控えています。ここまで順調に進められていただけに残念ですが、治療に専念して早期復帰を目指していきたいと思います。馬体重は470kgです」
     
2021/09/10 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:坂路コースでハロン14〜15秒、トレッドミル
次走予定:第5回新潟開催
調教主任「この中間も同様のメニューで乗り運動を行っています。コンスタントに速い時計を出しても、以前のように幼いところは見せていないですし、精神面の成長が窺えますよ。来週か再来週には帰厩することになっていますので、それまでしっかり乗り込んで中身を作っていきたいと思います。馬体重は471kgです」
     
2021/09/03 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:坂路コースでハロン14〜15秒、トレッドミル
次走予定:第5回新潟開催
調教主任「引き続き、坂路でハロン14秒の調教を継続していますが、気持ちが逸れることもなく、順調に進められていますよ。当初は第5回中京開催を目標に帰厩させる予定でしたが、松永幹夫調教師と打ち合わせた結果、第5回新潟開催にスライドすることになりました。今月中には帰厩する予定ですので、いつ声が掛かっても良いように態勢を整えておきたいと思います。馬体重は466kgです」
     
2021/08/27 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:坂路コースでハロン14〜15秒、トレッドミル
次走予定:第5回中京開催
調教主任「この中間も同様のメニューで進めていますが、坂路では14-14のペースでも楽々駆け上がってくれますし、動きとしては申し分ないですよ。9月上旬には帰厩することになるでしょうから、良い状態で送り出せるように、態勢を整えておきたいと思います。馬体重は470kgです」
     
2021/08/20 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:坂路コースでハロン14〜15秒、トレッドミル
次走予定:第5回中京開催
調教主任「引き続き坂路でハロン14秒の調教を継続していますが、登坂回数を積み重ねていくにつれて、余裕を持って駆け上がってくれるようになってきましたよ。負荷を掛け続けていても気持ちが悪い方に向くことはないですし、心身ともに逞しくなってきましたね。この調子で移動の声が掛かるまで更に良化を図っていければと思っています。馬体重は455kgです」
     
2021/08/13 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:坂路コースでハロン14〜15秒、トレッドミル
次走予定:第5回中京開催
調教主任「この中間も同様のメニューで乗り運動を継続していますが、コンスタントに時計を出すことが出来ており、最後までしっかりとした脚取りで駆け上がっていますよ。以前は幼さから集中力を欠くところが目立っていましたが、ここ最近は真面目に調教に取り組めるようになりましたし、精神面の成長が感じられます。このまま問題なければ第5回中京開催を目標に帰厩させる方向で松永幹夫調教師と打ち合わせていますので、いつ声が掛かっても良いように態勢を整えておきたいと思います。馬体重は464kgです」
     
2021/08/06 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:坂路コースでハロン14〜15秒、トレッドミル
次走予定:未定
調教主任「その後も順調に進められていたことから、この中間は坂路でハロン15秒の調教を始めています。ペースアップには問題なく対応しており、今朝は自らハミを取っていくほどの前向きさを見せて、ハロン14秒台の時計で楽に駆け上がってくれましたよ。この調子でいつ声が掛かってもいいように、更に良化を図っていきたいと思います。馬体重は464kgです」
     
2021/07/30 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:坂路コースでハロン17秒、トレッドミル
次走予定:未定
調教主任「こちらに戻ってきた後も脚元含めて気になるところは見られなかったことから、現在はトレッドミルでの運動を経て、坂路で乗り出しています。坂路ではハロン17秒のペースで登坂していますが、最後まで余裕を持って駆け上がってくれますし、この調子なら更に負荷を強めても問題なさそうです。馬体重は463kgです」
     
2021/07/24 24日(土)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。
     
2021/07/23 24日(土)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出る予定です。
     
2021/07/21 在厩場所:栗東トレセン/近日中に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
松永幹夫調教師「小倉競馬場からトレセンに戻って状態を確認したところ、脚元含めて目立った疲労はなく、体調も問題ありませんでした。暑さの影響もなく元気いっぱいですが、優先出走権を獲ることが出来なかったことから、節を空けるために一旦放牧に出してコンディションを整えてもらうことにしました。調教では以前のように気難しいところを見せることはなかったものの、レースで集中できていないことを考えると、ブリンカーを試してみるのも手かもしれません。次走の予定につきましては、牧場で状態を確認し、秋の番組が発表された段階で具体的な予定を相談していきたいと思います」
     
2021/07/19 7/18(日)小倉12R 3歳上1勝クラス〔D1,700m・16頭〕8着[12人気]
まずまずのスタートから道中は中団外目を追走します。3コーナー手前でやや置かれ気味になりますが、最後の直線ではもう一度盛り返して8着に上がったところでゴールしています。
松永幹夫調教師「小倉競馬場に着いた後も問題なく、良い状態でレースに向かうことが出来ました。パドックから返し馬の雰囲気がとても良かったですし、これなら好勝負が期待できると思っていました。レースは入れ替わりの激しい展開だったとはいえ、勝負どころで置かれたと思えば、最後の直線ではまた盛り返してきたように、力の出し加減が分かっていないのか、集中力が散漫なのか掴みづらいですね。レース後、荻野極騎手に確認したところ、『返し馬の感触が抜群に良かった割には、レースではその走りが全く見られなかったですね。集中力がないのか、周りを気にしているのかはっきりとしたことは言えないですが、勝負どころで付いていけなくなった割には、最後の直線でもう一度伸びてくるのですから、走りに集中すればもっとやれる馬だと思います』とコメントしていました。調教では集中力が散漫になることもなく、真面目に取り組めていたことから、今回は馬具を着けずにレースに臨みましたが、実戦に行って力を出し切れていないことを考えると、ブリンカーなど試してみる価値がありそうです。優先出走権を獲ることが叶わなかったので、トレセンに戻って状態を確認した後は、一旦放牧に出して次走に備える方向で考えています」
     
2021/07/15 7/18(日)小倉12R 3歳上1勝クラス〔D1,700m・16頭〕54 荻野極 発走16:15
     
2021/07/15 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:14日に坂路コースで時計
次走予定:7月18日の小倉・D1,700m〔荻野極〕
松永幹夫調教師「先週、CWコースで長めからしっかり負荷を掛けて時計を出しているので、14日は小倉までの輸送を考慮して、坂路で行いました。終い重点でラスト2ハロンあたりから仕掛けていきましたが、時計こそ目立たないものの、反応・動きともに良かったですよ。元々坂路では動く馬ではないですし、時計はあまり気にしていません。帰厩してからここまで進めてきた中で、気難しいところを見せることはなかったですし、何より調教に前向きに取り組めていることは良いことだと思います。そして、良い意味で元気いっぱいで、活気に満ち溢れているので、良い状態でレースに向かえそうです。前走は2走目とはいえ、新馬戦から7か月ほど間隔が空いてしまいましたし、気難しさが出たというよりも、経験の浅さが出てしまったように思います。新馬戦のように集中して走れば、このクラスでも好勝負が期待できると思いますし、初コンビとなる荻野極騎手の手綱さばきにも期待したいところです」
     
2021/07/14 助 手 7/14(水)栗坂良 54.3- 39.7- 25.7- 12.6 末強め追う
     
2021/07/14 18日(日)小倉12R・D1,700m〔54 荻野極〕
     
2021/07/12 助 手 7/11(日)栗坂稍 54.2- 39.9- 26.1- 13.1 馬なり余力
     
2021/07/12 18日(日)小倉12R・D1,700m〔荻野極〕
     
2021/07/08 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:7日にCWコースで時計
次走予定:7月18日の小倉・D1,700m〔荻野極〕
松永幹夫調教師「この中間も気難しいところが出ないかよく見ていましたが、普段の調教では何事もなく、良い雰囲気で進められていました。ですから、実戦形式の形で、CWコースで長めから時計を出してみてどれだけ真面目に走ってくれるか、7日の追い切りで試してみました。2歳新馬と併せる形で走らせ、そのまま最後の直線コースでしっかり負荷を掛けていきましたが、道中は集中して走っていましたし、追い出してからも反応良くジリジリと伸びてくれました。ここまで進めてきている中では、気難しいところを見せることはないので、次走も馬具は着けずに臨むつもりです。なお、鞍上は荻野極騎手に依頼しています」
     
2021/07/07 助 手 7/7(水)CW良 82.5- 66.5- 52.2- 39.0- 12.7[9]一杯に追う
 ジレトール(新馬)末一杯の外同入
     
2021/07/05 助 手 7/4(日)栗坂稍 57.1- 41.3- 26.8- 13.2 馬なり余力
     
2021/07/01 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:6月30日に坂路コースで時計
次走予定:7月18日の小倉・D1,700m
松永幹夫調教師「帰厩翌日から乗り運動を開始し、特に気になるところは見られなかったことから、先週末から時計を出し始めています。そして、6月30日の追い切りでは、2歳新馬のペースに合わせて時計を出したところ、馬なりのまま楽々駆け上がってくれましたよ。ここまで進めている中で、気難しいところは見られず、馬の雰囲気としてはとても良いですね。気の悪いところを見せるようなら、馬具を着けるなどして対策を考えていかないといけませんが、前走は2戦目で経験の浅いところが出てしまったように思いますし、新馬戦から間隔も開いていたことを考えると、もう少し経験を積み重ねて競馬を教えていく必要がありますね。脚元の状態も気に掛けていますが、ここまで進めている限り、疲れを見せることはないので、この調子でレースに向けて態勢を整えていければと思っています」
     
2021/06/30 助 手 6/30(水)栗坂良 54.5- 39.9- 25.8- 12.7 馬なり余力
 ジレトール(新馬)馬なりと同入
     
2021/06/28 助 手 6/27(日)栗坂良 61.4- 45.0- 29.2- 14.4 馬なり余力
     
2021/06/25 在厩場所:25日に栗東トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:7月18日の小倉・D1,700m
松永幹夫調教師「放牧に出した後も順調に進められていたようなので、25日の検疫でトレセンに戻しました。前走は集中力を欠くところがありましたので、次走は馬具を工夫したいと考えています。明日から乗り運動を開始し、その後も順調に仕上がるようなら、7月18日の小倉・D1,700mに向かいたいと考えています」
     
2021/06/25 25日(金)に栗東トレセンへ帰厩しています。
     
2021/06/23 25日(金)に栗東トレセンへ帰厩する予定です。
     
2021/06/18 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14〜15秒
次走予定:第3回小倉開催、もしくは第4回小倉開催
調教主任「その後も順調に進められていたことから、この中間はより負荷を強めたメニューに切り替え、現在は坂路でハロン14秒までペースを上げています。速いところに行けば、気難しいところを見せることなく集中して走ってくれていますし、動き・反応ともに良いですよ。ペースアップしたことで気持ちが悪い方に向くこともなく、この馬なりに集中力を保っているのは良いことですね。このまま順調に進められるようなら、第3回小倉開催、もしくは第4回小倉開催を目標に帰厩させる方向で松永幹夫調教師と打ち合わせていますので、いつ声が掛かってもいいように態勢を整えていければと思っています。馬体重は472kgです」
     
2021/06/11 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15〜17秒
次走予定:未定
調教主任「この中間も同様のメニューで進めていますが、コンスタントに速い時計を出した後も脚元含めて気になるところはありません。調教を開始した当初は集中力に欠けるところが窺えましたが、ここ最近は気難しいところが収まってきましたし、走りに対して前向きになりましたね。この調子でいつ声が掛かってもいいように態勢を整えていければと思います。馬体重は464kgです」
     
2021/06/04 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15〜17秒
次走予定:未定
調教主任「その後も順調に進められていたことから、この中間から坂路でハロン15秒の調教を始めています。負荷を強めた後も脚元の状態は良い意味で変わりありませんし、この馬なりに集中しているので、この調子で帰厩に向けて進めていければと思っています。馬体重は468kgです」
     
2021/05/28 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒
次走予定:未定
調教主任「脚元に疲れがないか確認しながら慎重に立ち上げていましたが、その後も順調に進められていたことから、この中間から坂路で乗り出しています。競馬を覚えて馬っ気の強いところがでてきているので、その点には気を付けながら進めるようにしています。もう暫く今のメニューでじっくり立ち上げていき、問題なければ徐々に負荷を強めていきたいと思っています。馬体重は462kgです」
     
2021/05/21 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定
調教主任「先週いっぱいは疲労回復に専念して軽めの調整に控えていましたが、脚元含めて気になるところは見られなかったので、トレッドミルで運動を開始しています。脚元のことを考えると、じっくり立ち上げていく方が良いと思うので、ある程度までペースを上げてから乗り運動に移行していければと思っています。体がしっかりとして動けるようになってきたことと、精神的に余裕が出てきたことから、段々と気難しいところが目立ってきましたね。その辺りを前走の競馬で見せていたのかもしれません。気持ちが悪い方に向かないように気を付けて進めていきます。馬体重は459kgです」
     
2021/05/14 14日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。
     
2021/05/12 在厩場所:栗東トレセン/14日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
松永幹夫調教師「トレセンに戻って状態を確認したところ、脚元含めて目立ったダメージはなく、体調も問題ありませんでした。レース直後はすぐ息が入ってケロッとしていたことを考えると、レースに集中し切れなかったことがすべてだと思います。返し馬の感じは成長が窺えたと福永祐一騎手が話していたように、集中して走ってくれるようになれば、もっと良いパフォーマンスを見せてくれるはずです。この後は脚元のこともありますので、一旦放牧に出してコンディションを整えてもらってから、次走の予定について検討していきたいと考えています」
     
2021/05/12 14日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出る予定です。
     
2021/05/10 5/9(日)東京5R 3歳1勝クラス〔D1,600m・16頭〕15着[9人気]
互角のスタートから無理せず中団やや後方を追走します。向正面を過ぎてから押し上げていこうとしますが進んで行かず、最後の直線も目立った脚は使えないまま、約7ヵ月ぶりとなるレースは後方で流れ込んでいます。
松永幹夫調教師「前走から約7か月ぶりのレースとなりましたが、体重は12kg増えていたものの、決して太目感はなく良い状態でレースに臨めたと思います。ただ、いざレースに行くと向正面あたりから流れについていけず、最後の直線では早々に脚が上がってしまったので、何かしらあったのかと心配しました。レース後、福永祐一騎手に聞いたところ、『返し馬の感じはとても良く、初戦よりも逞しくなっているなと感じました。ただ、レース前半は良い感じに追走していたものの、向正面あたりで周りを気にして集中力を欠いてしまい、その後も流れに乗り切れないまま走り終えてしまいました。馬具を試してみるのも手だと思いますが、まだ2戦目ですし、使いつつしっかり走ってくれるようになれば良いですね』と話していました。レース直後は目立ったダメージは見られず、ケロッとしていたので、ジョッキーが話しているように、経験の浅さから集中し切れなかったのかもしれません。この後はトレセンに戻って状態を確認してからになりますが、脚元のこともありますので、無理をさせるつもりはありません」
     
2021/05/06 5/9(日)東京5R 3歳1勝クラス〔D1,600m・16頭〕56 福永祐一 発走12:25
     
2021/05/06 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:5日に坂路コースで時計
次走予定:5月9日の東京・D1,600m〔福永祐一〕
松永幹夫調教師「東京競馬場までの輸送が控えていますので、5日の追い切りは坂路で終いだけしっかり伸ばすように行いました。追走し、途中から併せて行きましたが、反応良く伸びてきましたし、動きは良くなっていますね。道中の息づかいも先週よりも良くなっていますし、この一追いで態勢が整ったと言えるでしょう。体重は今週の計測で450kg台と前走よりも20kg程増えていますが、決して太くはなく成長分と捉えていただいて良いと思います。初戦はジョッキーが今後の為に控える競馬を教えてくれましたが、道中は砂を被って嫌がるところもなく、折り合いは問題なかったですね。それに仕掛けてからの反応も良く、新馬戦らしからぬレース振りで素質の高さを感じました。昨年10月以来のレースとなりますが、一回り逞しくなった姿をお見せできると思いますし、競馬でも好勝負を期待したいところです」
     
2021/05/05 助 手 5/5(水)栗坂良 54.0- 38.8- 25.3- 12.9 強めに追う
 グランメテオール(三未勝)強めを0.4秒追走0.1秒遅れ
     
2021/05/05 9日(日)東京5R・D1,600m〔56 福永祐一〕(除外の可能性があります)
     
2021/05/03 助 手 5/2(日)CW稍 74.0- 58.6- 43.6- 13.9[6]馬なり余力
     
2021/05/03 9日(日)東京5R・D1,600m〔福永祐一〕
     
2021/04/29 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:28日にCWコースで時計
次走予定:5月9日の東京・D1,600m〔福永祐一〕
松永幹夫調教師「レース1週前ですので、28日の追い切りはCWコースで長めからしっかり負荷を掛けて時計を出しました。道中は追走し、最後の直線で3歳未勝利馬の内側に併せて行きましたが、0.1秒遅れたものの、手応えとしては見劣っておらず、この馬なりに良い脚で伸びてくれましたよ。息づかい・反応ともに先週より良くなってきていますし、このひと追いで中身もしっかりしてくるでしょう。新馬戦の頃より一回り大きくなって成長が感じられるだけに、良い状態で来週の競馬に臨めるよう態勢を整えていきたいと思います」
     
2021/04/28 助 手 4/28(水)CW良 83.2- 67.0- 52.4- 38.8- 12.3[8]一杯に追う
 グランメテオール(三未勝)直強めの内0.7秒追走0.1秒遅れ
     
2021/04/26 助 手 4/25(日)CW良 75.4- 60.3- 45.2- 13.5[7]馬なり余力
     
2021/04/22 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:21日に坂路コースで時計
次走予定:5月9日の東京・D1,600m〔福永祐一〕
松永幹夫調教師「21日に坂路で追い切りました。道中は3歳未勝利馬を追い掛ける形で行いましたが、最後は無理に並び掛けずに馬なりのままゴールしています。まだ息づかいの感じや反応はもう一つと言ったところですが、先週より良化が窺えますし、このひと追いで更に良くなってくるでしょう。来週しっかり負荷を掛ければ再来週には十分態勢が整うでしょうから、後は脚元の状態には気を付けながら進めていければと思っています」
     
2021/04/21 助 手 4/21(水)栗坂良 54.3- 39.6- 25.6- 13.0 馬なり余力
 プリンスゼンナン(三未勝)末強めを0.4秒追走0.4秒遅れ
     
2021/04/19 助 手 4/18(日)栗坂稍 62.0- 44.8- 29.1- 14.2 馬なり余力
     
2021/04/15 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:14日に坂路コースで時計
次走予定:5月9日の東京・D1,600m〔福永祐一〕
松永幹夫調教師「先週末に帰厩し、翌日に坂路を15-14ぐらいの時計で駆け上がりました。そして14日には14-13のイメージで行ったところ、時計の掛かる馬場だった割には、想定していたより自然と時計が出ました。ただ、前走から間隔が空いているために、息づかいの感じや仕掛けてからの反応はまだまだと言った感じですから、もう少し本数を積み重ねてピリッとさせていかないといけませんね。左前脚の繋靭帯を痛めた経緯から、右回りコースより、左回りコースの方が負担も軽く済むでしょうから、このまま順調に仕上がれば5月9日の東京・D1,600mに向かう予定です。なお、鞍上はデビュー戦で勝利へ導いてくれた福永祐一騎手に引き続き依頼しています」
     
2021/04/14 助 手 4/14(水)栗坂稍 54.1- 39.7- 25.9- 13.1 馬なり余力
     
2021/04/12 助 手 4/11(日)栗坂良 61.5- 44.5- 28.5- 14.4 馬なり余力
     
2021/04/10 10日(土)に栗東トレセンへ帰厩しています。
     
2021/04/09 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき/10日に栗東トレセンへ帰厩予定
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14〜15秒
次走予定:未定
調教主任「10日の検疫でトレセンへ帰厩することが決まりました。左前脚の状態に合わせてじっくり時間を掛けて立ち上げてきましたが、負荷を掛け続けても問題なく進めることが出来ました。この放牧期間に体は一回り大きくなり、成長が感じられるだけに、良い休養になったと捉えています。馬体重は482kgです」
     
2021/04/09 10日(土)に栗東トレセンへ帰厩する予定です。
     
2021/04/02 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14〜15秒
次走予定:未定
調教主任「この中間も同様のメニューで進めていますが、脚元含めて問題ないですし、すこぶる順調ですよ。このまま問題なければ今月中に帰厩させる方向で松永幹夫調教師と打ち合わせています。今後も脚元の状態には細心の注意を払いながら、良い状態で送り出せるよう努めていきます。馬体重は477kgです」
     
2021/03/26 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14〜15秒
次走予定:未定
調教主任「その後も問題なく進められており、現在も坂路でハロン14秒のペースで登坂しています。動き・反応ともに更に良くなってきましたし、体つきも迫力が増してきましたよ。脚元の状態は落ち着いていますし、今の状態を維持しながら、中身をしっかり整えていきたいと思います。馬体重は477kgです」
     
2021/03/19 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14〜15秒
次走予定:未定
調教主任「この中間も同様のメニューで進めていますが、脚元に疲れが出ることもなく、順調ですよ。このまま問題なければ4月中に帰厩させる方向で松永幹夫調教師と打ち合わせしていますので、いつ声が掛かっても良いよう態勢を整えていきたいと思います。馬体重は472kgです」
     
2021/03/12 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14〜15秒
次走予定:未定
調教主任「この中間も同じメニューで進めていますが、登坂回数を積み重ねていくにつれて動きが素軽くなってきましたし、良いフットワークで駆け上がっていますよ。脚元の状態も良い意味で変わりないですし、それ以外にも気になるところは見られません。体に張りも出て見映えが良くなってきましたので、この調子で更に動きを良くしていきたいですね。馬体重は477kgです」
     
2021/03/05 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14〜15秒
次走予定:未定
調教主任「その後も順調に進められていましたので、この中間はより負荷を強めたメニューに切り替え、現在は坂路でハロン14秒まで脚を伸ばしています。定期的に脚元の状態を診てもらっていますが、良い意味で変わりないとのことですし、それ以外にも気になるところは見られません。緩んだ体も締まって、動きも登坂回数を重ねていくにつれて力強さが増してきましたよ。4月の競馬を目標に帰厩させる方向で松永幹夫調教師と打ち合わせしていますので、このまま無事に送り出せるよう努めていきたいと思います。馬体重は477kgです」
     
2021/02/26 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒
次走予定:未定
厩舎長「脚元の状態に合わせながらここまでじっくり立ち上げてきましたが、坂路のペースを上げた後も順調に進められていましたので、この中間はより負荷を強め、現在はハロン15秒の調教を始めています。体にまだ緩さが感じられますが、乗り運動を再開した時と比較すると引き締まってきましたよ。引き続き脚元の状態には気を配りながら、この調子で帰厩に備えていければと思っています。馬体重は477kgです」
     
2021/02/19 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15〜16秒
次走予定:未定
調教主任「脚元の状態には気を配りながら進めてきましたが、その後も順調に立ち上げることが出来ていたことから、この中間から坂路でラスト1ハロン15秒まで脚を伸ばすようにしています。負荷を掛けた後もこれまでと変わらず脚元の状態は変わりありません。体も徐々に締まってきましたし、この調子で本数を積み重ねつつ、更にペースアップしていければと思っています。馬体重は475kgです」
     
2021/02/12 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン16〜17秒
次走予定:未定
調教主任「定期的に脚元の状態を診てもらっていますが、良い意味で変わりありません。調教もここまで順調に進められていましたので、この中間は坂路のペースをハロン16秒まで上げていますが、問題なく対応しています。この調子で徐々に負荷を掛けて行ければと思っています。馬体重は473kgです」
     
2021/02/05 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒
次走予定:未定
調教主任「この中間もトレッドミルで運動時間をしっかり取るようにして、週2回坂路ではハロン17秒のペースで登坂しています。運動後も脚元の状態は変わりありませんし、経過としては順調です。引き続き脚元には気を付けながら、徐々に坂路に入れる日を増やしていきたいと考えています。馬体重は474kgです」
     
2021/01/29 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒
次走予定:未定
調教主任「この中間も坂路でハロン17秒のペースで登坂していますが、脚元の状態は問題ないです。また、獣医師にも定期的に脚元の状態を診てもらっていますが、経過は順調とのことですので、もう少し今のメニューを継続して、緩んだ体を引き締めていきたいと思います。馬体重は470kgです」
     
2021/01/22 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒
次走予定:未定
調教主任「坂路で乗り出した後も左前脚の繋靭帯の状態は変わりないですし、緩んでいた体も少しずつ締まってきましたよ。成長分もあるとはいえ、まだ体に余裕があるのは確かですので、脚元に負担が掛からないよう、気を配りながら進めていきたいと思います。馬体重は465kgです」
     
2021/01/15 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒
次走予定:未定
厩舎長「この中間もトレッドミルと乗り運動を1日おきに行っていますが、その後も脚元の状態は変わりありません。現在も坂路でハロン17秒のペースで登坂していますが、このまま問題なければ、徐々に負荷を高めたメニューに切り替えていきたいと思っています。馬体重は462kgです」
     
2021/01/08 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒
次走予定:未定
厩舎長「トレッドミルで運動を続けていましたが、脚元の状態は変わりなく、獣医師から乗り出しても良いと許可をいただきましたので、この中間から坂路で乗り出しています。外で乗るのが久々とあって、馬道を歩いている段階から元気が良過ぎるので、脚に負担が掛からないように気を配りながら進めています。時間を掛けて行けば落ち着いてくれると思うので、焦らず馬の雰囲気を見ながら運動量を増やして行きます。馬体重は462kgです」
     
2020/12/25 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定
厩舎長「この中間もトレッドミルでキャンターの調整を行っていますが、脚元の状態は変わりありません。少しずつ運動量を増やしていますが、経過としては順調に進められているので、引き続き脚元のケアを行いながら調整していきたいと思います。馬体重は461kgです」
     
2020/12/18 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定
厩舎長「引き続き左前脚の状態には気を付けながら、トレッドミルで運動を行っています。現在はキャンターのペースを少しずつ上げていますが、運動後も脚元の状態は変わりありません。寒暖差の影響もなく体調は良いので、今後も獣医師に診てもらいながら、少しずつ負荷を高めていければと思っています。馬体重は459kgです」
     
2020/12/11 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定
厩舎長「この中間もトレッドミルで軽めのキャンターを行っていますが、左前脚の繋靭帯の状態は変わらず落ち着いています。順調に進められているとはいえ、繋部は負荷が掛かり易いところでもありますので、定期的に獣医師に診てもらいながら、運動を続けていきたいと思います。馬体重は459kgです」
     
2020/12/04 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定
厩舎長「脚元のケアを施しながら、トレッドミルで軽めの運動を行っていましたが、その後も状態は変わりないことから、この中間から軽めのキャンターを開始しています。引き続き細心の注意を払いながら進めていくことになりますが、経過としては順調に来ていますので、今後も獣医にチェックしてもらいながら運動を続けていきたいと思います。馬体重は454kgです」
     
2020/11/27 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定
厩舎長「この中間も脚元の状態を見ながらトレッドミルでの運動を行っています。運動後はケアを施していますが、経過としては順調です。飼い葉食いを含めて体調面は良好ですので、脚元の状態に合わせながら進めていきたいと思います。馬体重は454kgです」
     
2020/11/20 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定
厩舎長「繋靭帯に治療を施しながら軽めの運動で様子を見ていましたが、少しずつ落ち着いてきましたので、この中間からトレッドミルで軽めの運動を開始しています。運動後も状態は変わりないですし、引き続き脚元の状態に合わせながら進めていければと思っています。馬体重は453kgです
     
2020/11/13 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
しがらき担当者「この中間も無理せずウォーキングマシンで動かしています。繋靭帯については良い意味で変わりがないものの、もう少し落ち着くまではこのままの感じで進めていった方が良さそうです。運動量は少ないものの、精神的には落ち着いて調教に取り組むことが出来ていますよ。馬体重は453kgです」
     
2020/11/06 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
厩舎長「引き続き脚元の張りが落ち着くまで様子を見ていましたが、右前脚はスッキリしてきたものの、左前脚の良化が遅いことから、獣医師に診てもらったところ、左前脚の繋靭帯に炎症が見られるとのことでした。徐々に治まってきていますが、一つ勝ち上がっていることですし、ここで無理をさせるより、しっかり治まってから乗り出していく方が良いと思うので、暫く治療に専念したいと思います。馬体重は449kgです」
     
2020/10/30 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
厩舎長「戻ってきた当初はテンションが高く、疲労も見られましたが、気持ちの面は徐々に落ち着いてきましたし、体調も安定してきました。ただ、両前肢にまだ張りが残っているので、もう暫くは軽めの運動でコンディションを整えようと思います。馬体重は439kgです」
     
2020/10/21 在厩場所:21日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧
調教内容:
次走予定:未定
松永幹夫調教師「トレセンに戻って状態を確認したところ、大きなダメージはなく体調も問題ありませんでしたが、21日に放牧へ出させていただきました。テンションはやや高めでしたが、すぐ落ち着いてくれましたし、これから成長とともにレースでも落ち着いてくれるようになるでしょう。ただ、レースでゲート入りをゴネたように、練習をしておく方が良いと思うので、次走までに行うつもりです」
     
2020/10/21 21日(水)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。
     
2020/10/19 10/17(土)京都4R メイクデビュー京都〔D1,400m・16頭〕優勝[1人気]
やや枠入りに時間が掛かったものの、まずまずのスタートを決めると促しながら中団を追走します。3〜4コーナーから押し上げて行き、最後の直線で外に出して追われるとグイグイ伸びてゴール手前で交わし、デビュー戦を見事に勝利で飾っています。
松永幹夫調教師「おめでとうございました。追い切り時計が目立つほど出なかったので、どうかなと思っていましたが、とても良い走りを見せてくれましたね。レース後、福永祐一騎手にどうだったか聞いたところ、『スタートはまずまず出てくれましたが、返し馬で少し左側に行こうとするところがあったので、ポジションを取りに行くより、今後の為にレースを教えていく方が良いと思い、無理せず中団でリズムを整えながら競馬をしました。道中は折り合いを欠くこともなく、砂を被っても怯むことはありませんでした。3コーナーを過ぎて促していくとスッと反応してくれましたし、最後もしっかり伸びてくれました。枠入りに時間が掛かったようにまだ幼さがありますが、今回ぐらい落ち着いて走れるなら距離は1,800mぐらいまで持ちそうですね』と話していました。レース運びが上手なうえに鞍上の指示にもしっかり応えてくれるので、どのような展開になっても対応してくれそうですね。心身ともに成長すれば先々が楽しみですから、しっかりするまで大事に使っていきたいと思います。この後はトレセンに戻って状態を確認してから検討したいと思います」
     
2020/10/15 10/17(土)京都4R メイクデビュー京都〔D1,400m・16頭〕55 福永祐一 発走11:35
     
2020/10/15 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:14日に坂路コースで時計
次走予定:10月17日の京都・D1,400m〔福永祐一〕
松永幹夫調教師「先週除外になった後も特に変わりはなく、むしろまだ体に余裕があったぐらいですので、14日の追い切りもしっかり負荷を掛けて時計を出しました。追走し、古馬1勝クラスの馬に途中から併せて行きましたが、時計の掛かる馬場でも仕掛けてからしっかり伸びてくれましたし、先週よりも動けるようになっていますよ。まだ時計が詰まってこないですが、走りづらい馬場でも最後までバテることはなかったですし、気持ちは前向きなので実戦に行けばもっと良い走りを見せてくれると思います。スイッチが入りやすいことから、もっと折り合いが難しいかなと思って進めてきましたが、逆に収まり過ぎるところがあるぐらいですし、距離は1,400mの方がレースはし易いのではないかと思っています。福永祐一騎手が引き続き騎乗したいと言ってくれただけに、今の雰囲気を維持しながらレースに臨めるよう努めて行きたいと思います」
     
2020/10/14 助 手 10/14(水)栗坂良 54.9- 40.1- 26.0- 13.1 一杯に追う
 ヤマニンマヒア(古馬1勝)強めを0.3秒追走0.5秒先着
     
2020/10/14 17日(土)京都4R・D1,400m〔55 福永祐一〕
     
2020/10/12 助 手 10/11(日)栗坂稍 61.3- 44.4- 29.1- 14.7 馬なり余力
 マテンロウエール(新馬)馬なりと同入
     
2020/10/12 17日(土)京都4R・D1,400m〔騎手未定〕
     
2020/10/08 10日(土)京都4R・D1,200m〔55 福永祐一〕に出馬投票しましたが、非当選で除外となったため、来週以降に回る予定です。
     
2020/10/08 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:7日に坂路コースで時計
次走予定:10月17日の京都・D1,400m
松永幹夫調教師「10月10日の京都・D1,200mに投票しましたが、残念ながら非当選となってしまいましたので、10月17日の京都・D1,400mに向かう方向で考えています。7日の追い切りで福永祐一騎手に感触を確かめてもらいました。追走し、途中から古馬3勝クラスの馬と併せて行きましたが、格上馬相手に対して最後まで引けを取らない動きでした。騎乗した福永祐一騎手は『決して走りやすい馬場ではなかったけど、道中はムキになることもなく乗り易く、最後までしっかり動けていました。実戦に行けばもっと良い走りを見せてくれそうです』と話していただけに、除外になってしまったのが残念で仕方ありません。こればかりは気持ちを切り替えていくしかありませんので、今の状態を維持しながら来週の競馬に備えていきたいと思います」
     
2020/10/07 福 永 10/7(水)栗坂良 54.4- 39.9- 26.3- 13.3 一杯に追う
 クレマンダルザス(古馬3勝)一杯を0.2秒追走同入
     
2020/10/07 10日(土)京都4R・D1,200m〔55 福永祐一〕(除外の可能性があります)
     
2020/10/05 助 手 10/4(日)栗坂良 57.4- 41.8- 27.4- 13.5 馬なり余力
 トレデマンド(二未勝)馬なりと同入
     
2020/10/05 10日(土)京都4R・D1,200m〔福永祐一〕
     
2020/10/01 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:9月30日にCWコースで時計
次走予定:10月10日の京都・D1,200m〔福永祐一〕
松永幹夫調教師「9月30日の追い切りではCWコースで長めから時計を出してみました。先行し、最後の直線で併せて行きましたが、結果的に0.4秒遅れたものの、ラッキーモーは外を回って余計に距離を走っていたこともありますし、併せた相手にジョッキーが騎乗していたこともあるので、それらを考慮すると最後までしっかり伸びていたと思います。普段の調教ではそこまで力まなくなっていたので、追い切りでも辛抱してくれるか確かめてみましたが、鞍上の話ではむしろゆったり過ぎてムキになるところはなかったと話していました。距離についても1,200mだと忙しいかもしれないと言っていましたが、いざレースに行って闘争心が出る場合もありますし、新馬戦だとそこまでペースが上がらないことを考えると初戦は予定通り向かう方が良いでしょう。調整としてはここまで順調に進められているので、来週の競馬に備えてコンディションを整えておきたいと思います」
     
2020/09/30 助 手 9/30(水)CW良 84.4- 68.8- 54.7- 40.9- 13.3[7]一杯に追う
 トレデマンド(二未勝)一杯の外0.9秒先行0.4秒遅れ
     
2020/09/28 助 手 9/27(日)栗坂良 60.4- 43.9- 28.4- 14.2 馬なり余力
 トレデマンド(二未勝)馬なりを0.1秒追走同入
     
2020/09/24 助 手 9/24(木)栗坂良 55.7- 40.2- 26.1- 13.2 一杯に追う
 トレデマンド(二未勝)馬なりと同入
     
2020/09/24 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:24日に坂路コースで時計
次走予定:10月10日の京都・D1,200m〔福永祐一〕
松永幹夫調教師「24日の追い切りでは、坂路で併せて負荷を掛けてみましたが、良い手応えで駆け上がっている割に仕掛けてからの伸び脚がジリジリでしたね。ただ、強めに追ったのは今回が初めてでしたし、これでピリッとしてもっと良い脚が使えるようになるでしょう。前向き過ぎるところがありながらも、普段の調教から我慢させるよう努めていることで、必要以上に力むこともなく、ここまで順調に進められていますし、この調子で追い切りを重ねながら動きを更に良くしていきたいと思います」
     
2020/09/22 助 手 9/20(日)栗坂良 60.4- 43.7- 28.5- 14.3 馬なり余力
 トレデマンド(二未勝)馬なりと同入
     
2020/09/17 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:16日に坂路コースで時計
次走予定:10月10日の京都・D1,200m〔福永祐一〕
松永幹夫調教師「こちらに戻ってきた後も問題なく、翌日から乗り運動を開始しました。気が良すぎるところがあるので、その点には気を付けて進めていますが、周回コースで乗っていても折り合いを欠くこともなく鞍上の指示に従ってくれますし、16日に坂路で時計を出してみたところ、我慢が利いて想定していた時計で上がってきました。牧場でじっくり鍛えてもらっていたことがこちらで感じられますし、今の雰囲気のまま仕上げていければと思っています」
     
2020/09/16 助 手 9/16(水)栗坂良 57.1- 41.9- 27.5- 13.9 馬なり余力
 ゴッドシエル(新馬)馬なりを0.1秒追走0.1秒先着
     
2020/09/12 12日(土)に栗東トレセンへ帰厩しています。
     
2020/09/11 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき/12日に栗東トレセンへ帰厩予定
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒
次走予定:第4回京都開催
厩舎長「12日の検疫でトレセンに戻ることが決まりました。この中間もコンスタントに速い時計を出すことが出来ましたし、我慢するところは我慢できるようになってきましたよ。後はレースに行って周りに影響されずに走ってくれるかがカギになってきますが、理解力がある馬なので、対応してくれると思います。馬体重は449kgです」
     
2020/09/09 12日(土)に栗東トレセンへ帰厩する予定です。
     
2020/09/04 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒
次走予定:第4回京都開催
厩舎長「この中間も時計を出さない日はムキにならないよう、馬の少ない時間帯を狙って調教を行うようにしています。坂路に入ると行きたがる素振りを見せますが、周回コースではリラックスして走ってくれるようになっているので、帰厩の声が掛かるまで今の感じで進めていければと思っています。馬体重は444kgです」
     
2020/08/28 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15〜17秒
次走予定:第4回京都開催
厩舎長「気持ちが先行し過ぎないよう周回コースでじっくり時間を掛けて乗るようにしていますが、少しずつ収まってくれるようになっています。ただ、スイッチが入ると抑えが利かないところがあるので、距離はあまり持たないかもしれませんね。このまま順調に進められるようなら、第4回京都開催を目標にトレセンへ帰厩させることになっています。馬の雰囲気は良いだけに、気持ちの面がうまく噛み合えば楽しみな1頭だと思うので、いい方に向かうよう努めていきたいと思います。馬体重は442kgです」
     
2020/08/21 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒
次走予定:未定
調教主任「この中間も同じメニューで乗り運動を続けていますが、まだ成長途上とあって気持ちが先行し、それに体がついてこない印象を受けます。周回コースで走っていても終盤は苦しがって逃げようとしているので、もう少し成長を促していく方が良いかもしれません。精神的に悪い方に向いてしまうといけないので、リラックスさせながら調教を進めていきたいと思います。馬体重は455kgです」
     
2020/08/14 在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒
次走予定:未定
厩舎長「先週一杯は軽めの運動でゲート試験の疲れを取っていましたが、こちらに移動した後も特に気になるところは見られなかったので、今週からコースで乗り出しています。まだ全体的に幼いところがありますが、馬の雰囲気は良いので、徐々に負荷を掛けながら鍛えていきたいと思います。馬体重は439kgです」
     
2020/08/07 7日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。
     
2020/08/06 在厩場所:栗東トレセン/7日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:軽めの運動
次走予定:未定
松永幹夫調教師「ゲート試験を受ける前は、そのままデビューに向けて進めていけるだけの雰囲気でしたが、先週末あたりからこれまでの疲れが表面に見られるようになりました。暑さも日々増してきましたし、さすがにこのまま進めていくのは馬にとっても厳しいと思うので、一旦ノーザンファームしがらきへ戻してコンディションを整えてもらおうと思います」
     
2020/08/05 7日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出る予定です。
     
2020/07/31 31日(金)にゲート試験を受けて合格しています。
     
2020/07/30 在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路コースでキャンター、ゲート練習
松永幹夫調教師「寂しがりやなところがある以外は、環境の変化に戸惑うこともなく、乗り運動も問題なく行えています。ゲート練習も始めていますが、枠入り・駐立はスムーズで出の反応も良いので、これならすぐ試験の目処が立ちそうです。ゲート試験に合格した際は、まだ心身ともに幼いところが目立つので再調整を挟むことも考えています。走りっぷりや背中の感触が良く、先々は走ってくる馬だと思っているので、大事に育てていきたいですね」
     
2020/07/23 在厩場所:23日に栗東・松永幹夫厩舎へ入厩
調教内容:
松永幹夫調教師「態勢が整ったことから、23日の検疫で栗東トレセンへ入厩いたしました。数日は軽めの運動でコンディションを整え、こちらの環境に慣れさせながら乗り運動を開始していきたいと思います」
     
2020/07/23 23日(木)に栗東・松永幹夫厩舎へ入厩しています。
     
2020/07/22 22日(水)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動しており、23日(木)に栗東・松永幹夫厩舎へ入厩する予定です。
     
2020/07/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン13〜16秒のキャンター1本に角馬場での運動、週3回トレッドミル、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も変わらず本馬なりの調教を継続することが出来ています。移動に向けて最終調整の段階ですから、調教メニューは変えずに運動しています。馬体は引き締まりつつも程よい余裕があり、移動するのに理想的な状態です。登坂時も最後まで手応えがしっかりしていて、持ったままでも13秒台を計時しているように、基礎体力をしっかりとつけることができました。精神的には落ち着きすぎず、といって敏感過ぎず、程よい精神状態です。来週中には栗東トレセンへ入厩する予定です」馬体重451kg
     
2020/07/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター1本、週3回トレッドミル、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も順調に調教を行っています。ここまで馬の状態に合わせた調教を行ってきたことが、身になってきたことを感じます。速い時計の調教をした日でも飼い葉食いは落ちませんし、肩や腰に筋肉がついて馬体に厚みが出てきました。動きも軽快ですし、背中も安定していて乗り味がいいので、騎乗していて気持ちが良いほどです。精神的には負荷が高まってきていますから、ピリピリしたところが出てきていますが、何か対処しなくてはならない程ではありません。馬体も増加傾向にありますし、代謝も良く見映えのする馬体に成長しています。7月中旬くらいの移動を予定しています」馬体重452kg
     
2020/06/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター1本、週3回トレッドミル、残りの日は軽めの調整
担当者「引き続き週3回坂路で15-15のペースから、速い日はラスト1ハロン14秒台まで脚を伸ばすようにしていますが、道中は良いキャンターをしていますし、最後まで軽快な動きで駆け上がっていますよ。坂路調教以外の日はトレッドミルで時間を掛けて運動を行っていますが、徐々に体力が付いてきましたし、ここまでじっくり成長を促してきた成果が感じられます。元々動きは良かったので、それに体力が付けばより良い走りが見られると思っていましたが、その通り逞しく育っていますよ。運動後も疲れを見せることはなく、この馬なりに飼い葉を食べていますので、この調子で更に良化を促して行きたいですね。」馬体重448kg
     
2020/06/08 競走馬名が決定しました。
競走馬名:ラッキーモー
欧字表記:Lucky Mo
意味由来:母名の一部+父名の一部
     
2020/06/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター1本、週3回トレッドミル、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も馬体の成長に合わせながら調教を進めていますが、ここに来て乗り込みを継続していても体が減らなくなり、体力が付いてきたように感じます。この中間も週3回トレッドミルでの運動を継続し、坂路では週3回15〜16秒のペースで登坂していますが、ラスト1ハロンは自然と14秒台を出すことが出来ており、ストライドが大きく良い動きを見せていますし、更に力強さが出てきています。入厩の声が掛かるまでは引き続き馬体の成長を促すとともに、より動きの質を高めていきたいと思います」馬体重448kg
     
2020/05/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター1本、週3回トレッドミル、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間の状態が良く、ペースアップして登坂しています。ですが、まだ馬体の成長を促している段階ですから、週3回トレッドミルでの運動を取り入れてあまり追い詰めないような調教メニューにて調整しています。体を大きく使って登坂しているものの、あまり時計が出ていないように見えるタイプですが、ハロン14秒台を計測することで出来ていますよ。まだ線の細さが目立つ馬体であるにもかかわらず、この動きができるのが本馬の素質の高さを感じるところですね。若干ですがペースを上げても馬体重は増加傾向にあり、継続した鍛錬で馬体に厚みが増した時のキャンターがいまから楽しみです。ペースアップしましたが、扱いやすい性格は変わりませんし、運動中の集中力は先月よりも増してきているように感じます。現時点で脚元に問題はなく負荷をしっかり高めていける状況です。今後も馬体の成長を促しながら現在の運動を継続していきます」馬体重453kg
     
2020/04/27 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週4回周回コースで軽めのキャンター2,250m、残りの日は軽めの調整
担当者「1月生まれにしては、まだ馬体や性格に幼さが残りますが、その状態で騎乗したスタッフ全員が動きの軽さや背中の感触の良さを絶賛していることから、今後の変わり身がとても楽しみです。時折、我の強さを見せますが、基本的には扱いやすく、運動中は人への集中力を絶やさない性格でとても乗りやすいですね。スピードもあり、鞍上が指示を出せばスッと加速してくれる反応の良さも持ち合わせています。暖かくなってきて、毛艶も良くなりボディコンディションも良好で脚元にも不安はありません。いままさに馬体が成長してきていますし、負荷が高まると体を減らしてしまうところもありますから、ペースとしてはハロン15秒前後を数ヶ月は乗り込んでいくつもりです。今後は馬体の変化に対応しつつ基礎体力を鍛えて、7月頃に移動を考えていくスケジュールにて進めていきます」馬体重450kg