ネイルドイットの情報

2018/07/12 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで11日に時計
次走予定:未定
田島俊明調教師「帰厩後も状態に問題なく順調に来ていましたので、11日に南Wコースで時計を出しました。併走馬をリードする形から、徐々に外に併せていき、最後は余力十分に先着しました。元々、調教の動きは良いので、競馬でももう少し走れるはずだと思っています。確かに一瞬の速い脚はないので、ダートで先行策を取るのが一番持ち味を活かせるのではないかと思いますし、脚の使いどころさえ間違わなければ、もう少しやれると思います。まずは今週末締め切りの盛岡の地方交流戦に申し込んでみようと思います」
     
2018/07/11 助 手 7.11南W良 68.6- 52.5- 39.6- 13.2[7]馬なり余力
 デルマサンブッカ(三未勝)強目の外0.9秒先行0.4秒先着
     
2018/07/06 在厩場所:6日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間も順調に調整されてきましたが、6日に美浦トレセンへ帰厩しました。大きな変わり身はなかったものの、この馬なりに動きはよかったですし、条件さえ合えば前進はあると思います」
     
2018/07/06 6日(金)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2018/06/29 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間も坂路調教を継続し、ハロン14秒から日によっては終い13秒まで伸ばしています。状態には特に問題はないので、田島調教師と打ち合わせ、再来週ぐらいに帰厩し、地方交流戦も含めて検討していくことになりました」馬体重450s
     
2018/06/22 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「入場後も目立ったダメージは見られなかったので、すぐに乗り運動を開始し、21日には坂路コースで15-15の調教を行いました。体調は良いですし、このまま進められそうですので、様子を見ながら徐々にペースアップしていきます」馬体重449s
     
2018/06/15 15日(金)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2018/06/13 在厩場所:美浦トレセン/15日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
田島俊明調教師「大外を回されたくなかったですし、切れる脚もないので、先行策を取りました。ペースは落ち着いてくれましたし、最後はもう少し粘ってほしかったですね。いくら何でも止まり過ぎですから、この条件は合わなかったのでしょう。ワンペースですし、今回は先行できましたから、もう一度ダートに戻し、先行して粘り込むレースをさせてみたいと思います。レース後も大きな疲れはありませんが、中間は放牧を挟んで調整していきます」
     
2018/06/13 15日(金)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出る予定です。
     
2018/06/11 6/10(日)東京4R 3歳未勝利〔芝2,400m・18頭〕17着[16人気]
大外枠から果敢に出して行くと、先手を奪って1,2コーナーに入ります。そのまま後続をリードしながら直線を向くと内で懸命に粘り込みを図りますが、残り400m付近で後続に飲み込まれ、その後も巻き返す脚はなく後方でゴールしています。
横山武史騎手「先行するように指示が出ていましたし、行けたら行くように言われていました。スタートよく行き脚が付きましたし、他に主張する馬もいなかったので楽にハナに立つことができました。途中から上手くスローペースに落とせたのですが、最後は脚が上がってしまいました。気持ちが前向き過ぎて、道中はやや抑える場面がありましたので、距離が少し長いように思いました」
田島俊明調教師「大外枠だったのに加えて、内の2頭もスッと行き脚が付いて前に付けようとしていましたから、先手を取り切るのに少し押していく形になってしまいました。それでも隊列が落ち着いてからは淡々としたペースで運べていましたし、上手くリカバリーはきいたと思います。ただそれにしても直線で思ったよりも粘り切れませんでしたね。前に行って粘れないからと言って後ろから運んで末脚勝負にかけたとしても、スパッとした脚を使えるタイプでもないので難しいところではあるのですが、相手関係を考慮すればまだダートの方がチャンスはあるのかもしれません。この後はレース後の状態を見てどうするか判断したいと思います」
     
2018/06/07 6/10(日)東京4R 3歳未勝利〔芝2,400m・18頭〕51 横山武史 発走11:40
     
2018/06/07 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで6日に時計
次走予定:6月10日の東京・芝2,400m〔横山武史〕
田島俊明調教師「6日に南Wコースで追い切りを行いました。前走からそれほど間隔が空いているわけではないですし、体調を整える程度にサッと終い流す感じで行いましたが、動きは悪くなかったですよ。除外の可能性もあったのですが、芝の長めの距離を試してみたかったので、無事に入ってくれて良かったです。今回は減量の横山武史騎手に乗ってもらいますが、他馬との斤量差を活かして前々で運んで終い粘り込むような競馬をしてもらえればと考えています」
     
2018/06/06 助 手 6. 6南W良 53.8- 38.9- 12.4[7]馬なり余力
     
2018/06/06 10日(日)東京4R・芝2,400m〔51 横山武史〕(除外の可能性があります)
     
2018/06/04 今週出馬投票する可能性があります。
     
2018/05/31 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで30日に時計
次走予定:未定
田島俊明調教師「30日に南Wコースで時計を出しました。半マイルから馬なりで流しましたが、感じは良かったですよ。体調面に問題はなく、いい状態を維持しています。節を見ながら来週ぐらいから出走を検討していきます」
     
2018/05/30 助 手 5.30南W良 55.2- 39.9- 13.6[6]馬なり余力
     
2018/05/23 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
田島俊明調教師「先週はいい結果を残すことが出来ず申し訳ありませんでした。レース後は脚元を含めて大きな問題は見られませんし、このまま次走に向けて進めていきたいと思います。次はもう少し距離を延ばしてみたいと考えていますが、優先出走権が獲れませんでしたし、具体的な番組については馬の状態と節の具合を見ながら決めていきたいと思っています」
     
2018/05/21 5/20(日)新潟3R 3歳未勝利〔D1,800m・15頭〕7着[5人気]
まずまずのスタートを切ると外から前を窺うも行き脚付かず、後方2番手で1,2コーナーを回ります。向こう正面から仕掛けて進出を開始し、3,4コーナーを中団の外目で回ると、直線で懸命に前を追いますが差は詰まらず、上位から離れた7着でゴールしています。
勝浦正樹騎手「もっと前に付けようと思っていたのですが、周りも出していっているから、あれが精一杯でしたし、あれ以上無理してしまうと脚がなくなってしまうでしょう。それでも向こう正面から上がっていけましたし、早めに動いている割には最後までバタッと止まることなく長く脚を使っていました。まだ非力ですから、脚抜きのいい馬場は向いていると思っていましたが、今日は勝ち時計が速すぎましたね。未勝利戦の時計ではないですし、ここまで速いとさすがに対応できないでしょう。砂を被って多少頭を上げていましたが、ダートの走り自体は悪くありませんでした。ただ芝・ダートどちらが最適かとなると今日の結果では判断がつきかねますね。馬体が増えていたのは良い傾向だと思いますし、もっと増えてもいいぐらいです。初戦よりはしっかりしていましたが、もっと良化の余地があると思います」
田島俊明調教師「1,2コーナーくらいまでは砂を被って嫌がっているような様子でしたが、向正面に入ってからはジョッキーが砂を被らないように誘導してくれたし、問題なく運ぶことが出来ていたと思います。ただ4コーナーを上がって行く時の手応えも渋い感じでしたし、直線も止まってはいないもののジリジリといった感じで、ダートに変わっても思ったほどの変わり身が見られなかったのは残念でした。芝・ダートどちらが良いかは言い切れませんが、次は距離延長を含めて検討していきたいと思います」
     
2018/05/17 5/20(日)新潟3R 3歳未勝利〔D1,800m・15頭〕54 勝浦正樹 発走10:40
     
2018/05/17 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで16日に時計
次走予定:5月20日の新潟・D1,800m(牝)〔勝浦正樹〕
田島俊明調教師「16日に勝浦騎手が騎乗し南Wコースで追い切り、併走馬の内に併せて半馬身ほど先着しました。終いの反応がよく、小気味いい動きを見せていました。馬体はいくらか増えているものの、大きな上積みはなく前回から見てそれほど変化はありません。今回は輸送もありますし、馬体重は前回とそれほど変わらないと思います。切れる脚はないのでダート替わりはいいかもしれませんし、レースでは早めに上がっていく形を取りたいですね」
     
2018/05/16 勝 浦 5.16 南W良 55.3- 40.2- 12.6[7]馬なり余力
 クラウンエンジニア(三500万)末一杯の内0.1秒先着
     
2018/05/16 20日(日)新潟3R・D1,800m〔54 勝浦正樹〕
     
2018/05/14 助 手 5.13南坂良 60.8- 44.3- 28.8- 13.0 馬なり余力
     
2018/05/14 20日(日)新潟3R・D1,800m〔勝浦正樹〕
     
2018/05/10 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで9日に時計
次走予定:5月20日の新潟・D1,800m(牝)〔勝浦正樹〕
田島俊明調教師「9日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はネイルドイットが追走し、直線で内に入れて追い出しに掛かると、最後はしっかりと脚を伸ばして先着してくれました。雨が降って重い馬場の中でも小気味いい動きを見せてくれて、いい追い切りを消化することが出来たと思いますよ。どちらかと言うと走り方がピッチ気味ですし、次はダートを使ってみたいと考えています。芝で瞬発力を求められるよりは、もしかするとダートの方が合う可能性もありますからね。来週の新潟に牝馬限定のD1,800mの番組が組まれていますので、そこを目標に進めていきたいと思います。鞍上は前走に続いて勝浦正樹騎手に依頼しています」
     
2018/05/09 助 手 5. 9南W重 70.8- 54.4- 40.0- 14.4[6]馬なり余力
 ディナミーデン(三未勝)一杯の内を0.8秒追走3F併0.4秒先着
     
2018/05/07 助 手 5. 6南坂良 62.6- 45.2- 29.6- 14.2 馬なり余力
     
2018/05/03 在厩場所:3日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容: 次走予定:第1回新潟開催
田島俊明調教師「3日に美浦トレセンへ帰厩しました。放牧先でもだいぶ乗り込みが進んでいたようですが、輸送後の状態に問題がなければ、こちらでも継続して進めていきたいと思います。順調に仕上がるようなら、新潟開催の後半で復帰させたいと思いますが、ダート戦も視野に入れて番組を検討したいと思います」
     
2018/05/03 3日(木)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2018/05/02 3日(木)に美浦トレセンへ帰厩する予定です。
     
2018/04/27 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回トレッドミル、残りの日は軽めの調整
次走予定:第2回東京開催、もしくは第1回新潟開催
天栄担当者「その後も順調に調整を続けています。毛艶など馬体の感じはだいぶ良くなりましたし、動きも上向いてきました。近日中に帰厩することになると思いますので、このまま良化を促していきます」馬体重461s
     
2018/04/20 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回トレッドミル、残りの日は軽めの調整
次走予定:第2回東京開催、もしくは第1回新潟開催
天栄担当者「この中間も坂路調教とトレッドミルを併用して負荷をかけています。状態が上がってきているので、田島調教師と相談し5月上旬ぐらいに帰厩させて、新潟後半か同じ頃の東京開催を目標にすることになりました」馬体重458s
     
2018/04/13 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回トレッドミル、残りの日は軽めの調整
次走予定:第1回新潟開催
天栄担当者「この中間は週2回の坂路調教と週1回のトレッドミルで負荷をかけています。暖かくなってきたことで、毛艶はだいぶ良化してきましたし、馬体に張りも出てきました。このまま順調に行けば新潟開催の後半ぐらいを目標にできると思います」馬体重454s
     
2018/04/06 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:第1回新潟開催
天栄担当者「この中間は坂路調教を週3回行い、その内2回は終い2ハロン13秒までペースを上げています。暖かくなってきたことで冬毛がだいぶ抜けてきましたし、体重も増えて状態は上がってきました。このまま順調に良化すれば、新潟開催の後半ぐらいには復帰できると思います」馬体重458s
     
2018/03/30 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間も坂路調教を継続しており、週1回は終い2ハロン13秒までペースを上げています。冬毛は抜けてきている最中ですし、体重もだいぶ増えてきましたので、状態は徐々に上がってきていると思います。新潟開催に何とか間に合わせたいですね」馬体重451s
     
2018/03/23 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間は坂路調教を週3回行い、その内週2回はハロン14秒までペースを上げています。状態は上向いてきていますが、もう少し馬体をフックラさせたいですね。春の新潟開催ぐらいを目標に進めていきます」馬体重440s
     
2018/03/16 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間から坂路調教を開始し、週2回ハロン15秒ペースで登坂しています。馬体重は順調に増えてきていますが、もう少し増えてほしいですね。冬毛は抜けはじめていますし、状態は上向いてきていると思います」馬体重437s
     
2018/03/09 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター
次走予定:未定
天栄担当者「入場時は馬体が寂しくなっており、それなりの疲れがありましたので、今はトレッドミルの運動を行い、馬体回復と疲労回復に努めています。馬体は徐々に増えてきていますし、不安のあった左前球節も落ち着いているので、様子を見ながら負荷を強めていきたいと思います」馬体重434s
     
2018/03/01 1日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2018/02/28 在厩場所:美浦トレセン/3月1日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
田島俊明調教師「先週は申し訳ありませんでした。幸い、競馬の後も脚元の状態に変化はありませんでした。脚部不安でデビューが遅れてしまったことを考えると、まずは無事に競馬を走り終えたことが何よりです。一度競馬を経験したことで、次はもう少しピリッとしてくるでしょう。3月1日にノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただき、その後の状態を見ながら今後の予定を立てたいと思います」
     
2018/02/28 3月1日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出る予定です。
     
2018/02/26 2/24(土)中山6R メイクデビュー中山〔芝2,000m・16頭〕 7着[6人気]
まずまずのスタートを切ると、道中は7番手あたりからの追走、3,4コーナー中間あたりから徐々に鞍上の手が動き始め、直線もジリジリと脚を使ったものの順位を上げられず、中団で流れ込んでいます。
勝浦正樹騎手「スタートは問題なかったですし、道中はリズム良くスムーズに運ぶことが出来ました。ただ抱えている内は良かったのですが、勝負どころでペースが上がるとスッと反応できなくて置かれてしまいました。直線も止まっているわけではないのですがグッとくる感じではなくて、最後までジリジリといった感じでしたね。勝負どころで反応できなかったのは、もしかすると周りを気にしてしまった部分があったのかもしれませんし、そういった意味ではレースに慣れてくれば変わってくる部分もあるかもしれません。それにこの条件でも悪くはないと思いますが、それほどパワータイプではないだけにダートがいいのかは分からないものの、もう少し距離を延ばしてみるだとか色々と試してみるのも一つの手だと思います」
田島俊明調教師「パドックでは落ち着いて周回できていましたし、返し馬も問題なくスムーズにレースへと向かえたと思います。スパッと切れる脚を使えるタイプではないですし、前半はある程度前目のポジションに付けられて、スムーズに追走できたのは良かったと思います。ただ勝負どころでペースが上がると、一緒に反応できずに置かれてしまいましたね。勝浦騎手の話だと少し周りに気を使った部分があったのかもということでしたが、調教でも周りに馬がいて良いタイプではないですし、そういった部分が出てしまったのかもしれません。最後までジリジリといった感じで、どこかでもう少しいい脚を使って欲しかったところではありますが、条件的には芝のこれくらいのところで悪くはなかったと思います。優先出走権も獲れませんでしたし、ゲート試験からここまで続けてやってきましたので、この後はいったん放牧に出させていただきたいと考えています」
     
2018/02/22 2/24(土)中山6R メイクデビュー中山〔芝2,000m・16頭〕54 勝浦正樹 発走13:00
     
2018/02/22 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで21日に時計
次走予定:今週土曜の中山・芝2,000m〔勝浦正樹〕
田島俊明調教師「21日に南Wコースで単走で追い切りを行いました。除外で1週延びましたが、その影響はなく順調に調整されています。ただ牝馬らしく食いが細いですし、馬体もスッキリ見せているので、これ以上は延ばしたくなかったのですが、今週入って良かったです。他の馬を気にするところがあり、調教中に抜かれたりすると逃避したり、カッと燃えたりするところもあるので、なるべく力みが出ないように気を付けて調教を行ってきました。切れる脚はなさそうなので、先行集団に付けて進めたいところですが、性格は真面目ですからスタートは普通に出てくれると思います。また折り合い面に心配はないので、この距離もこなせると思います」
     
2018/02/21 助 手 2.21 南W良 71.2- 54.5- 41.2- 13.5[8]馬なり余力
     
2018/02/21 24日(土)中山6R・芝2,000m〔54 勝浦正樹〕
     
2018/02/19 24日(土)中山6R・芝2,000m〔騎手未定〕
     
2018/02/15 助 手 2.15南W良 71.1- 55.1- 41.1- 13.5[8]馬なり余力
     
2018/02/15 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで15日に時計
次走予定:2月24日の中山・芝2,000m
田島俊明調教師「15日に南Wコースで追い切りを行いました。単走で行いましたが、気分良くスーッと走れていましたし、脚取りも最後までしっかりしていて悪くない動きだったと思います。牧場では脚元に不安が出たりしてなかなか順調にいかない部分があったようですが、こちらに移ってきてからはゲート試験からここまでとてもスムーズに進めることが出来ましたので、今週の競馬を楽しみにしていたものの非当選で除外となってしまいました。残念ですが来週の中山に芝2,000mの番組が組まれていますので、そちらに予定をスライドさせていただきたいと思います」
     
2018/02/15 2/18(日)東京5R・芝1,800m〔54 勝浦正樹〕に出馬投票しましたが、非当選で除外となったため、来週の中山・芝2,000mに回る予定です。
     
2018/02/14 18日(日)東京5R・芝1,800m〔54 勝浦正樹〕(除外の可能性があります)
     
2018/02/08 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで7日に時計
次走予定:2月18日の東京・芝1,800m〔勝浦正樹〕
田島俊明調教師「7日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。経験馬に胸を借りる形になったので、同じ新馬と併せた先週に比べると見劣りはしましたが、この馬なりにまずまず走れていましたし、悪い動きではなかったと思いますよ。ここまで順調に調教を積めていますし、徐々にデビューに向けて態勢が整いつつあります。調教の感じからすると芝の方が良さそうですし、ワークフォース産駒なので距離は短いよりも中距離あたりから使っていった方がいいでしょう。最近は頭数が多くなってきているので出走できるかどうか分かりませんが、来週の東京・芝1,800m戦を目標にしたいと考えています。鞍上は勝浦正樹騎手に依頼しています」
     
2018/02/07 助 手 2. 7南W良 69.1- 54.0- 39.9- 13.6[8]直強目追う
 コスモラフェット(三未勝)馬なりの内を1.1秒追走0.2秒遅れ
     
2018/02/01 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで31日に時計
次走予定:未定
田島俊明調教師「26日にゲート試験に合格しました。まだそれほど練習を積んでいたわけではないので、出る反応がすごく速かったわけではないですが、元々ピリッとしている方なので普通に出てくれました。31日の追い切りでは3頭併せの真ん中に入れて行いましたが、外は同じ新馬、内は古馬でも攻め駆けしないタイプとは言え、3頭の中で一番手応えがよく、先着してくれました。初めてでこれだけ動けるのですからセンスが良いのでしょう。今のところ脚元に変化はありません。馬体は太くも細くもなく、ちょうどいい感じですから、これぐらいを維持しながら調整していきたいですね」
     
2018/01/31 助 手 1.31 南W良 69.6- 53.7- 39.9- 13.7[7]G前仕掛け
グラスアクト(古500万)一杯の外に0.8秒先行0.2秒先着
     
2018/01/26 26日(金)にゲート試験を受けて合格しています。
     
2018/01/25 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースでキャンター/ゲート練習
次走予定:未定
田島俊明調教師「無事に入厩し、その翌日から環境に慣らしながら調教を行っています。今週に入り本格的なゲート練習を開始しましたが、枠入り・駐立とも問題ありません。これから少しずつスタートダッシュの練習も行っていきます。最近、また成長したのか、以前見た時よりも胴が伸びたように感じます。育成中に不安の出た左前の球節は今のところ落ち着いていますが、こちらでも十分に注意して進めていきます。まずはゲート試験合格を目指します」
     
2018/01/19 在厩場所:18日に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動/19日に美浦・田島俊明厩舎へ入厩
調教内容:
次走予定:未定
天栄担当者「18日に無事に到着しました。到着後は熱発もなく体調面は安定していることから、予定通り美浦トレセンへ送り出しました。入厩が遅れてしまいましたが、まだ挽回する時間は十分残っていますので、まずはレースまで無事に行ってほしいですね」
     
2018/01/19 19日(金)に美浦・田島俊明厩舎へ入厩しています。
     
2018/01/18 8日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動しており、19日(金)に美浦・田島俊明厩舎へ入厩する予定です。
     
2018/01/17 18日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動し、19日(金)に美浦・田島俊明厩舎へ入厩する予定です。
     
2018/01/12 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
担当者「この中間も坂路での乗り込みを中心に調教を行っています。ショックウェーブをあてる等のケアを行いながらではありますが、ここまで15-15ペースを中心に本数を重ねてこられていることから、田島調教師と相談し近く入厩させる方向で進めていくことになりました。早ければ来週にでも入厩の声が掛かるかもしれませんので、いつでも移動できるよう態勢を整えていきたいと思います」
     
2018/01/05 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1〜2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
担当者「この中間も特に問題なく運動を続けられており、登坂回数を週3日に増やし、周回コースでの乗り込みを追加する等、より負荷の強いメニューへと移行しています。坂路での動きを見てもまだ乗り込みを継続して体力を付けていく必要はありますので、脚元の状態にはよく気を付けながら進めていきたいと思います」
     
2017/12/22 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1〜2本、残りの日はウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「この中間も坂路での調教を中心に進めていますが、左前脚に少し疲れが見られたのでウォーキングマシンでの運動を挟みながら進めています。ショックウェーブをあててケアを行っており徐々に回復してきていますが、今後もよく状態を見ながら調教メニューを組んでいきたいと思います」
     
2017/12/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1〜2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日はトレッドミルでハロン25秒のキャンター3分
次走予定:未定
担当者「この中間も坂路での乗り込みを中心に調教を行っています。体質的に疲れが蓄積しやすいタイプですから、坂路を登った次の日はトレッドミルを挟むなど、メニューに強弱を付けて進めています。飼い葉もまずまず食べており、体調面もいい意味で変わらず維持できていると思います」
     
2017/12/08 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1〜2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,500m
次走予定:未定
担当者「ハロン16秒ペースでもだいぶ安定した脚取りで登坂できるようになってきましたので、この中間からハロン15秒まで脚を伸ばしています。ペースを上げたことで負担も大きくなり、疲れも溜まりやすくなるでしょうから、よくケアしながら進めていきたいと思います」
     
2017/12/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター1〜2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,500m
次走予定:未定
担当者「この中間も坂路コースでの運動を中心に調教を行っています。さすがに年内は厳しいですが、このまま乗り込みを継続していけば、年明けにでも移動が視野に入ってくるかもしれませんので、この調子で進めていきたいところです」
     
2017/11/24 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週4回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター1〜2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
担当者「疲れの方は楽をさせたことでだいぶ回復してきていましたし、この中間から坂路入りを再開していますが、まずまずの手応えで登坂することが出来ています。左前脚に関してはショックウェーブをあてる等のケアを行っていますが、定期的に行っているエコー検査でも経過は良好と確認できていますので、この調子で進めていければと思います」
     
2017/11/17 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「ここまでコンスタントに乗り込んできていましたし、その疲れが少し窺えたことから、この中間はウォーキングマシンでの運動に留めてリフレッシュを図っています。少し飼い葉の食いも落ち気味でしたから、この機会にそういった面も含めて良化を促していければと考えています」
     
2017/11/10 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
担当者「この中間も坂路でハロン16秒ペースの乗り込みを中心に調教を行っています。手応え的にはまだ甘いところはあるものの、本数を重ねるに連れてこの馬なりに上向いてはきています。馬体重は479sと乗り込む毎に余分な脂肪も取れて、少し絞れてきています」
     
2017/11/03 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
担当者「ハロン17秒ペースでもまずまず安定して登坂できるようになってきましたので、この中間からハロン16秒まで脚を伸ばしています。日々しっかりとケアを行っているので、今のところ大きな疲れが出ることなく調整できていますし、少し毛が伸びてきているものの、体調面は安定しています」
     
2017/10/27 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1〜2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
担当者「引き続き先週と同様のメニューで乗り込んでいます。飼い葉も食べていますし、今のところ体調面にはこれといった問題はありません。ただ少し脚元に疲れが見られるのでショックウェーブをあてる等してケアしていますが、状態次第ではリフレッシュも図りつつ進めていきたいですね」
     
2017/10/20 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1〜2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
担当者「この中間も坂路での調教を中心に進めています。休まず乗り込んでいますが、馬体重は487sと前回計測時に比べて大きな増減なく調整できていますし、ボディコンディションも良好です。この調子で次の段階に向けての基礎体力強化に励んでいきたいと思います」
     
2017/10/13 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17〜18秒のキャンター1〜2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
担当者「この中間も順調に調教を行えています。今週から坂路の登坂本数を増やしましたので、徐々に体力が強化されてきています。基本的には人に従順なので乗りやすいのですが、時折り臆病な部分を見せていますね。今後はその点に注意しながら、坂路での乗り込みを強化していきたいと思います」
     
2017/10/06 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16〜18秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整。
次走予定:未定
担当者「この中間はハロン16秒までペースアップしています。以前に比べてバランスが良くなりましたし、柔らかさも有りますよ。脚元も今のところ問題ありませんので、これから更に負荷を掛けていきたいと思います」
     
2017/09/29 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
担当者「坂路入り後も脚元の状態にはいい意味で変化がありませんので、この中間から登坂回数を週3日に増やしています。負荷を強めたことでより脚元に掛かってくる負担が大きくなりますし、今後も状態を見ながら慎重に進めていきたいと思います」
     
2017/09/22 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2,000〜2,500m、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
担当者「この中間に左前球節の検査を行いましたが、状態に問題は見られないということでしたので、坂路での乗り込みをスタートしています。まだ軽めのところですが、一つステップアップ出来たのは何よりですし、今後もよく状態を確認しながら進めていきたいと思います」
     
2017/09/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日はトレッドミルでハロン22秒のキャンター2〜3分
次走予定:未定
担当者「この中間も周回コースでの乗り込みを中心に調教を進めています。左前脚の球節の状態は変わらず落ち着いていますし、馬体重も486sと前回計測時に比べて大きな増減なく調整することが出来ています」
     
2017/09/08 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回周回コースで軽めのキャンター2,400m、残りの日はトレッドミルでハロン25〜30秒のキャンター3〜5分
次走予定:未定
担当者「周回コースでの運動再開後も脚元の状態はいい意味で変わりないので、周回コースでの乗り込み回数を増やし、また距離も延ばしています。負荷を強めてからも、今のところ状態に問題はありませんが、今後もよくケアしながら慎重に進めていきたいと思います」
     
2017/09/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週1回周回コースで軽めのキャンター1,600m、週1回ロンギ場で軽めの運動、週3回トレッドミルでハロン25秒のキャンター3分、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
担当者「トレッドミルでのキャンターを始めてからも、左前脚の球節の状態に変化はありませんので、この中間から乗り運動をスタートしています。まだ軽めのところとはいえ、一つステップアップ出来たのは良かったですし、今後もじっくりと進めていきたいと思います。馬体重は487sです」
     
2017/08/16 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルでキャンター
担当者「ここまで人を乗せずにダクで様子を見てきましたが、歩様にも問題は見られませんでしたので、この中間からトレッドミルでのキャンターを始めています。運動再開当初は休んでいた分、気性面で少しピリッとした面を見せていましたが、運動をこなす毎に段々と体の張りも取れてきて、精神的にも落ち着きが見られます。飼い葉もよく食べていますし、脚元にも問題はなさそうですので、この感じで馬の様子を見ながら慎重に進めていきたいと思います」馬体重471s
     
2017/08/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週1回トレッドミルでダク、残りの日はウォーキングマシン
担当者「この中間に左前球節の検査を行い、獣医に状態を確認してもらいましたが、経過は良好なことからトレッドミルでの運動を再開しました。まだ運動を始めたばかりですので多少の硬さは見られますが、続けて動かしていけば改善されてくるでしょうから大きな心配はしていません。今後はもう少しダクで様子を見ていき、キャンターを始めるタイミングを図っていきたいと考えています」馬体重471s
     
2017/07/18 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
担当者「この中間も引き続きウォーキングマシンの運動を行っています。その後も左前球節は落ち着いた状態を維持していますが、よく注意しながら立ち上げていく必要があるでしょう。今後も獣医と相談しながら、次の段階に進めるタイミングを図っていきたいと思います。飼い葉食いはよく、元気もありますし、体調面に何ら問題はありません」馬体重469s
     
2017/07/03 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシンの運動を30分
担当者「この中間もウォーキングマシンの運動に留めています。左前球節の状態は以前と比較するとだいぶすっきりした印象ですが、ぶり返さないためにも、もうしばらく我慢してウォーキングマシンの運動だけで様子を見たいと思います。体調面には何の問題もありません。今のところ7月中頃からトレッドミルの運動を開始し徐々に調教メニューを戻していく予定です」
     
2017/06/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
担当者「この中間も軽めの調整で様子を見ています。左前球節の状態はまだスッキリしてこないので、ケアをしつつ良化を図っているところです。休養前は、馬体がしっかりしてきたことでキャンターの動きがパワフルになり、気持ちの面でも普段の様子と打って変わって、とても前向きなところを見せていました。いい方に変わってきたと感じていた矢先だけに残念ですが、まだ慌てる必要はないので、ここはよくなるまでしっかり休ませる時だと思います。楽をしているのでさすがに馬体の張り・艶は落ちていますが、飼い食いは良好ですし、元気もあり体調面に問題はありません」馬体重457kg
     
2017/06/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
担当者「この中間に左前球節が腫れたことから、調教を控え軽めの運動で様子を見ています。ここで無理をさせると悪化する恐れがあるので、しばらくは調教を休んで様子を見たいと思います。それまでは体をしっかり使って勢いのある走りを見せていましたし、常歩時も一歩一歩を大きく踏み込むようになり、いい雰囲気が出てきたところでした。元々落ち着きのある馬ですが、少しピリッとした面も見せ始め、それはいい意味で走りに表われていました。今は脚元のケアをしっかり行っていきたいと思います」馬体重448kg
     
2017/05/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14〜15秒のキャンター2本、週2回周回コースでハロン24秒のキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間から少しペースを上げて、速い日は坂路でハロン15秒から終い14秒の調教を開始していますが、前向きな姿勢で登坂してくれています。順調に乗り込んでいることで、トモの張りが良くなってきましたし、腹回りも締まってきた印象を受けます。前向きさがあり、トモを使えるようになったことで、バランスのいい走りになってきましたし、芯の入った走りが出来るようになりました。まだ馬体に緩さはありますが、継続的に乗り込んでいけばしっかりしてくるでしょう」馬体重441kg
     
2017/05/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター2本、週2回周回コースでハロン24秒のキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「ハロンペースを15秒に上げた後も十分対応できていますし、気持ちも更に乗ってきましたよ。トモの緩さが目立っていましたが、だいぶトモを使って運動できるようになってきたことで、徐々に筋肉がついて少しずつ緩さも解消されてきました。まだ少しコンディションは安定していませんが、これから暖かくなるにつれて毛艶等も良くなってくると思いますので、引き続き良化を促しながら乗り込んでいきたいと思います」馬体重436kg
     
2017/04/17 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本、週2回周回コースでハロン24秒のキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「1週間程度のリフレッシュ期間を設けて再び乗り込んでいますが、ハロンペースをあげてもスムーズに対応してくれていますね。毛艶も良化一途ですし動きも体を大きく使って動けています。特に心配な点もないのでこのまま継続して乗り込んでいきたいと思います」馬体重452kg
     
2017/04/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター2本、週1回周回コースでハロン24秒のキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「以前は常歩をしていると頼りなさを感じていたのですが、ここにきて大きく動けるようになり、馬体とともに上昇カーブを描いています。調教に対する前向きな気持ちも継続しており、坂路コースでは以前よりも楽に登坂できるようになり、力強さも出てきました。あとは周回コースなどでもう少しトモを使って走れるようになれば言うことなしだと思います」馬体重442kg
     
2017/03/02 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター2本、週1回周回コースでハロン24秒のキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も順調で坂路でのペースを上げて調教しています。ペースを上げても、苦しくなったり動きが硬くなったりすることなく、柔軟性のある走りを見せてくれています。常歩の時は少し頼りない感じで歩きますが、いざ走り出すと背中がしっかりとしていて動きに余裕があるので、更なるペースアップにも対応できそうです。先月と大きく変ったこととしては、気性面がピリッとして前進気勢が出てきたことですね。まだ緩さはあるものの動きの質は高くなってきているので、調教を続けていけば力がついて緩さも良くなっていくことでしょう。今後も坂路を中心に馬体の成長に見合った調教を継続していきます」馬体重450s
     
2017/02/13 競走馬名:ネイルドイット
欧字表記:Nailed It
意味由来:ばっちりだね
     
2017/02/02 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港 \
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本、週1回周回コースでハロン22〜24秒のキャンター3,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「ここまで特に問題なく順調にペースを上げてきたので、この中間はリフレッシュのため少し抜きましたが、現在は坂路調教を再開しペースを戻しています。リフレッシュ効果か、馬体が一回り大きくなった印象を受けますし、力強さも出てきました。それに伴い、以前はボテッとしていた腹回りがずいぶん引き締まってきましたよ。調教中は少しピリッとした面を見せるようになりましたが、それは気持ちが乗ってきた証拠で、いい傾向だと思いますが、悪い方向に行かないように注意する必要があるでしょう。冬場なので毛が少し長めなのは仕方のないことですが、脚元には特に不安はなく、飼い葉食いも良好で健康状態に問題はありません。基本的に大人しく、とても扱いやすいですが、気持ちにしっかりとした芯を持っている馬という印象があります。調教もとても真面目に取り組んでいますが、課題を上げるとするならば、一生懸命になり過ぎて、勢いだけになってしまうところが見受けられます。そうなると前重心になってしまい、体全体をしっかりと使えなくなるので、今後もそこには十分に気を付けて調整していきたいと思っています」馬体重454s
     
2017/01/05 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本、週1回周回コースでハロン25秒のキャンター3,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間から坂路のペースをハロン17秒まで上げて乗り込んでいますが、ペースアップ後も特に問題なく対応できていますね。まだハミに向かって出てくる感じが足りないので、今後はそういった面を課題に鍛えていきたいと思っていますが、走ること自体には前向きですし、時計が出なくて困るというわけでもありません。また以前に比べて動きに柔らか味が出てきて、トモの踏み込みも良くなってきています。変わらず脚元やカイバ食いに問題はなく、この時期なので毛艶はピカピカとは言えないものの、少しずつ良化してきています。普段からとても落ち着いていて乗りやすいのも、この馬の長所ですね」馬体重444s
     
2016/12/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター2本、週1回周回コースでハロン25秒のキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「まだ緩さがあって幼さを残す馬体ですが、調教を積み重ねるごとに少しずつ体をうまく使った走りを身につけてきてくれています。脚元は特に問題なく、手入れや調教時も大人しく非常に扱いやすいタイプですね。こちらに移動してきてからいったん減った馬体重も徐々に増えてきたように、全体的にバランスよく成長しているのを感じます。少しずつ負荷を強くしながら、さらにしっかりとした体になるよう調教を進めていきたいと思います」馬体重437s
     
2016/11/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
担当者「ひと通りの騎乗馴致を完了し、リフレッシュのために現在はトレッドミルで調教を行っています。騎乗を始めた当初は体の使い方が上手ではなく硬さもありましたが、日に日に良化しだいぶ体を使って動けるようになってきました。飼い葉食いが良く素直で扱いやすいですし、動き出すと自分から前へ前へと進んで行く気持ちも持ち合わせています。今週からまた騎乗調教を開始する予定にしていますが、しっかりと基礎体力を養っていきたいと思います」馬体重422kg
     
2016/10/07 在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling
Yearling担当者「現在は育成厩舎への移動に備え、日中放牧とウォーキングマシンでの運動を行っています。放牧地での運動量は豊富で、皮膚の薄いキリリと締まった馬体へ成長してきました。初期馴致はスムーズに進めることができており、学習能力の高さを持ち合わせていることは間違いありません。初仔にしては貧弱な印象は皆無で、今後の坂路でのハードトレーニングもへこたれずにこなしてくれるでしょう」馬体重447s
     
2016/10/03 3日(月)に北海道・ノーザンファーム空港へ移動しています。
     
2016/09/16 測尺(2016年9月中旬)
体 高:150.5cm 胸 囲:172.0cm 管 囲:19.4cm 馬体重:439kg