トラモントの情報

2019/07/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター1〜2本、週1回周回コースで軽めのキャンター1,200m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も坂路での運動を継続していますが、ここ数日間やや疲れているのを感じます。良い頃と比べると覇気がなく、馬体もやや萎んで見えますね。また、精神的にも少しピリピリしているように感じられます。登坂するだけならば、余裕をもってハロン15秒でも対応できていますが、目指しているところはもう一段、質の高い動きですから、まだ対応できていないうちに求め過ぎるとオーバーワークとなってしまいますので、馬の体調を良く観察しながら状態に添った調教メニューで進めていきます。今後は、リフレッシュ目的でマシンのみの運動にする予定です」馬体重514kg
     
2019/07/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間トモに疲れが出たので、短期ですが休養を取り入れました。現在は、坂路のみにて乗り運動を行っています。すぐに乗り運動を再開できましたが、動きにまだ緩さを感じますね。この春まで順調に基礎体力をつけるトレーニングを行い、これから仕上げの段階を残すのみと考えていましたが、こちらの思っていた程、ベースが出来ていなかったようです。この過程を踏まえて、今後は本質的な筋力が備わるよう時間をかけて鍛え上げていこうと思います。脚元や飼い食いは変わらず問題ないので、しっかりと鍛えていける状態にはあります」馬体重507kg
     
2019/06/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン13〜16秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「徐々に体の使い方が良化してきたことから、この中間はハロン13秒ペースに近いところまで進められています。継続的に坂路で乗り込んでいますので、トモを中心に筋力が付いてきており、体重こそ大きく変動はありませんが、馬体も一段とボリュームが出てきましたよ。太めに映っていた体も引き締まってきたように見えますから、このまま競走馬らしい体つきになってくれると良いですね。あとはもう少しバランス良く走れるようになれば、より動きが良くなってくるでしょうから、その点も意識して進めていく方針です。体調面はすこぶる良好で、暖かくなってきたことで毛艶も良いですよ。じっくりとこちらで乗り込んでからの移動になりますが、この調子で進められればそこまで時間はかからないと思います」馬体重507kg
     
2019/06/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「元々体の使い方は上手い方だったのですが、ハロン14秒をこなすようになり、腰からトモの筋力不足からあまり綺麗なキャンターが出来ていません。動けていないわけでは無いのですが、この状態で更に負荷を掛けてしまうと、今後の走りに影響しそうですからもう少しこちらでじっくり進めていきたいと思います。馬体は見た目にも分かるくらい余裕を残していますね。飼い葉をしっかり食べてくれているのは良いのですが、欲を言えばもう少し絞れてきて欲しいです。また、脚元には疲れは溜まっていませんし、今後も継続的に乗り込んでいき、このペースでも動きが良くなれば更にペースを上げたいと思います」馬体重501kg
     
2019/05/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「今週はトモに負担が掛かり過ぎないように週2日に登坂回数をセーブし、その分の運動量の確保と体力強化を目的に週1日は周回コースでの運動を行っています。坂路・周回ともに自らハミを取って前向きに動けていますし、左右のバランスも良好でいいリズムで走れていますね。もう少し体を使えるようになると、走りがより良い方に変わってくると思いますので、その点は今後も継続して取り組み良化を図っていきたいですね。引き続き、リフレッシュを挟みつつ状態に合わせて進めていければと思います」馬体重498kg
     
2019/05/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整
担当者「4月下旬から登坂回数を週3日に増やしたので、あまり負担が掛かり過ぎないよう周回コースでの運動は行わず、全体の調教量のバランスを取っています。ペースもハロン14秒まで上げていますが、まだやり始めたばかりで仕方がないものの、終いの手応えに甘さが残りますね。キャンターのバランス自体は良いですし、脚元や体調面に問題はありませんから、このまま乗り込みを継続して良化を図っていきたいと思います。飼い葉はよく食べてくれていますし、毛艶や馬体の張りは良好ですよ」馬体重502kg
     
2019/04/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「坂路中心の調教でスピードは強化されたのですが、スタミナが不足している印象でしたので、その点を補うために周回コースでの調教を再度取り入れています。動きに関してはこの中間で変わった印象はありませんが、少しずつ力がついてきて終いの手応えは良くなりましたね。こちらが促すとスッと反応してくれるようになり、以前のような乗り難しいところを見せず、精神面の成長が窺えます。今後は体力が強化されて、最後までしっかりと脚を伸ばせるようになってくればペースを上げる予定ですが、無理に進めて精神的に追い詰めても良くないので、馬の走りや状態に合わせて進めていきたいと思います」馬体重494kg
     
2019/04/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も順調に調教を行っています。坂路主体の調教メニューに変えたことにより、トモにしっかり力が入るようになり、スピードがかなり強化されましたね。兄弟の活躍を見ても、スピードに長けた馬たちが多いですし、この血統の良い部分が出てきたと思います。自分の思い通りにならないとイライラする面がありましたが、最近はこちらの指示に素直に応えてくれるようになり、気性面の成長が窺えますね。体重に比例して、ひと回り大きくなったように感じますし、更に見映えのする体になりました。脚元も問題無く進めることが出来ていますから、春先あたりの移動を目標に進めていきたいと思います」馬体重492kg
     
2019/03/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間は適度にリフレッシュを挟みながら調教を継続していますが、疲れが溜まることもなく、フレッシュな状態で調教に取り組んでいます。現在も週に2回坂路でハロン15秒の乗り込みを行っていますが、登坂回数を重ねていくにつれて体を上手く使えて良い走りが出来るようになってきましたよ。ワガママな性格の持ち主ではありますが、人の指示に対して従順ですし、調教で手を煩わせることはありません。体調面に関しては飼い葉食いが良く、この時期としては毛艶も見映えがいいですし、馬体に気になるところはありません。全体的に筋肉が付くようになれば更に力強い走りが見られるようになるでしょうから、しっかり乗り込みながら鍛えていきたいと思います」馬体重480kg
     
2019/02/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター1〜2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も坂路コースでの乗り込みをメインに調教を進めています。坂路ではバネのある良いキャンターで登坂できており、脚捌きも良好ですね。継続したトレーニングで徐々にトモに力が付いてきていることから、走りにも力強さが増してきています。寒さが厳しいものの、相変わらず毛艶は良好で馬体にも張りがあり、良い見た目を維持できています。飼い葉食いも良好そのもので、体調面に不安は見られませんよ。人の指示に従順で軽い扶助で動いてくれるのは良い点ですが、少しワガママなところがあるので、精神面での成長も図りつつ進めていきたいと思っています」馬体重474s
     
2019/01/24 競走馬名:トラモント
欧字表記:Tramonto
意味由来:夕焼け(伊)。母名と毛色より連想
     
2018/12/31 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター2本、週3回周回コースで軽めのキャンター1,600m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間、すこぶる順調でしたので坂路調教を2本に増やし、ペースも1本目はハロン17秒、2本目は15〜16秒と負荷を高めています。すでにハロン15秒ペースに周回コースでも調教していますから、2歳のこの時期としては一番進んだ組に属していますよ。トモの甘さは乗り込みつつ力を付けてきているのを感じますね。今はステップアップして坂路コースのスタートから最後までトモを使って走れるように意識して運動しています。まだ始めたばかりですから、しっかりハミを取り、トモを使って最後まで走ることはできていませんが、この運動を継続していくことにより地力がしっかりとついてくれると考えています。負荷は高まっていますが、体重は増加傾向にあり、変わらず前向きで落ち着きもあります。毛ヅヤも冬場にしてはいいので体調面に問題は感じていません。脚元も綺麗ですから、今後も同じメニューを継続して馬体がしっかりするよう鍛錬していきます」馬体重466s
     
2018/12/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17〜18秒のキャンター1〜2本、週2回周回コースで軽めのキャンター1,600m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間は坂路調教のペースをハロン18秒から17秒まで上げ、引き続き周回コースでの乗り運動も取り入れて調整を行っています。ペースを上げるにつれてトモの甘さが気になっていましたが、乗り込みつつ徐々に力を付けてきていますし、何より走りに前向きなタイプで非常に好感が持てますね。常歩での運動では身体をしっかり使っているので他馬よりもスピードがあって、そういうところからもセンスを感じますよ。引き続き脚元・飼い葉食いに問題はないですし、馬体には徐々に幅が出てしっかりしてきました。ここまで大きな問題もなく順調に進んでいますが、欲を言えばもう少しトモに力が付いてほしいところですね。でも、まだ1歳馬ですし、今後の成長とともにそれも解消されてくるでしょう」馬体重459s
     
2018/11/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
担当者「現在は軽めの坂路調教と周回コースで調整を進めています。周回コースではバランスの良いキャンターを見せてくれていますし、坂路ではグッと気持ちが入ったキャンターでいい走りを見せていますよ。飼い葉食いも非常に良好ですし、脚元も問題なく着実に馬体重を増やしています。好馬体をキープできていますね。調教を進めていくにつれて少しチャカつくことがあるので、注意して調整していきますが、成長するにつれ改善されるでしょう。この馬のペースに合わせ体力の増強と馬体のバランスを見ながら徐々に負荷を掛けていく予定です。鞍上が促すとスッと反応してくれますし、乗り味がよくセンスのある馬ですので良い部分をさらに引き出していきます」馬体重442kg
     
2018/10/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
担当者「現在はロンギ場で馴らしを行っているところです。ダク、ハッキング共に脚取りが軽く、人の指示にも従順で扱い易いですね。しかし、右回りは若干ぎこちないですので修正していく必要がありそうです。厩舎内でも手の掛かる様子はなく、飼い葉もしっかり食べてくれています。走りも良いところがありそうで、いかにもセンスが有りそうですね。血統的にはダート適性の方がありそうですが、走りを見ると芝でも活躍してくれそうですよ」431kg
     
2018/09/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
Yearling担当者「8月27日にノーザンファーム空港へ移動しています。こちらでは夜間放牧を行っていました。時間にすると16時間ほどですが、運度量としては十分だったと思います。馴致に関しては馬体洗いを行なっていましたが、特に煩いところを見せたりせず、大人しく洗えることが出来ていましたよ。横見の写真では馬体が少し寂しく映るかもしれませんが、どちらかと言うと脂肪が乗りにくい体質ですので、この馬としてはとても順調な状態で送り出すことが出来たと思います」馬体重433s
     
2018/08/27 8月27日に北海道・ノーザンファーム空港へ移動しています。
     
2018/08/10 在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling Yearlin
担当者「順調に夜間放牧を行い、馴致はウォーキングマシンと馬体洗い馴致まで進めています。始めの頃は洗い場への入りがあまり良くありませんでしたが、段々と慣れてきましたので問題はありません。飼い葉も残さず食べて春から夏にかけて一気に体重が増加しました。見た目にも分かるくらい体つきもしっかりしてきましたね。このまま順調に進めていき、育成厩舎へ移動できればと思っています」429kg