トラモントの情報

2024/07/19 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「この中間も週3回坂路コースでの乗り込みを行っており、全日14-14ペースで駆け上がっています。息遣いには荒さがあるものの、良い意味でいつも通りの走りが出来ています。暑さが厳しくなってきていますし、体調を崩さないよう気を付けつつ、調整していければと考えています。馬体重は510kgです」
     
2024/07/12 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週も週3回坂路コースでの乗り込みを行っており、全日14-14ペースで駆け上がるようにしています。ペースは先週と変わりありませんが、今週から1日2本登る日を設けたりと、中身の方は濃い調教を積むことが出来ています。この調子で馬体を緩めないように気を付けつつ、乗り進めていきたいですね。馬体重は510kgです」
     
2024/07/05 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週は登坂回数を週3回に増やしており、全日14-14ペースで駆け上がるようにしています。ハロン14秒での乗り込みへと移行し、全体的な負荷を一段階強めましたが、これと言った問題は無く対応できています。しばらくはこれくらいのところで乗り進めつつ、今後に向けたベース強化に努めていければと思います。馬体重は504kgです」
     
2024/06/28 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めてこれと言った異常は見られませんでした。先週一杯は軽めの運動で様子を見ていたものの、今週から乗り運動をスタートしており、現在は週2回15-15ペースで駆け上がっています。坂路での動きはまずまずですし、このままペースを上げていければと思います。馬体重は507kgです」
     
2024/06/19 在厩場所:ノーザンファーム天栄
新開幸一調教師「レース前日の夜は雨も降っていたようですが、当日になって晴れてしまったのは残念でした。こればかりは致し方ない部分はあるものの、もう少し脚抜きの良い馬場でレースがしたかったですね。また、直線では外からジワジワと脚を使ってくれているものの、前半の流れが緩かったですし、さすがにあのポジションからだと厳しかったですね。もう少し前半で位置を取っていれば、勝っていたとまでは言わないものの、もう少し上位には食い込めていたのではないかなと感じます。トレセンに戻った後は念の為に脚元をレントゲンでチェックしましたが、これと言った異常はありませんでした。昨日ノーザンファーム天栄へ放牧に出しており、今後は牧場での状態を見つつどうするか検討させていただきます」
     
2024/06/19 在厩場所:ノーザンファーム天栄
18日(火)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2024/06/16 6月16日(日) 京都10R 天橋立ステークス (混) ダート1800m 浜中俊(58.0kg) 11着 10人気
浜中俊騎手「厩舎サイドからは、『終いは着実に脚を使ってくれるから』と聞いていたので、道中は無理せずリズム重視で進めました。直線で外に持ち出してからはジワジワと脚を使ってくれているものの、ペースが緩かったので前も止まらなかったですし、その分最後は差が縮まらなかったですね。どうしても展開に左右される部分があるものの、嵌まればもっと上位に食い込めてもおかしくないかなと感じました。息遣いは返し馬から荒かったものの、初めて乗せていただきましたし、これがレースで影響しているのかは何とも言えないところです」
     
2024/06/13 6月16日(日) 京都10R 15:00 天橋立ステークス (混) ダート1800m 浜中俊(58.0kg)
     
2024/06/12 石田拓 美浦W良 83.9 - 67.4 - 52.8 - 38.5 - 11.5 位置[3] 末強め
ロジサビアーレ(三未勝)強めの内0.8秒追走0.1秒遅れ
     
2024/06/12 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「「12日にWコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが追走して、直線では内に進路を取って脚を伸ばすと、最後は半馬身ほど遅れてゴールしています。併せ馬では最後は少しだけ遅れてしまいましたが、僚馬を追走して最後までしっかりと走れており、動きは良かったと思います。ここまでしっかりと乗り込むことが出来ていますから、仕上がりに関しては特に心配する必要は無く、レースには良い状態で臨めそうです。今週の日曜日の京都は天候が崩れそうな予報が出ていますから、なんとか雨が降って空気が湿り、この馬の走りやすい条件が揃って欲しいと思います。また、以前水分を含んだ馬場で競馬をした時もしっかり馬場を捉えていて走りやすそうでしたから、その点にも期待しています。なお、鞍上は浜中俊騎手に依頼しています」
     
2024/06/09 助 手 美浦W良 72.2 - 56.7 - 41.4 - 13.1 位置[4] 馬ナリ
     
2024/06/05 助 手 美浦W良 85.9 - 69.5 - 54.4 - 39.6 - 12.0 位置[5] 馬ナリ
ロジプラヤ(古馬1勝)馬ナリの外0.9秒先行同入
     
2024/06/05 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「5日にWコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが先行して、直線では外に進路を取って脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。時計はそれほど速いものではありませんが、動きは悪くなかったですし、最後まで前向きに走る気持ちもあって雰囲気は良かったですから、特に心配する必要は無さそうです。以前からお伝えしているように次走は天候を見て判断したいと考えていましたが、来週であれば京都は天気が崩れそうな予報が出ていることから、6月16日の京都・天橋立ステークスに向かえればと思います。喉のことを考えると空気は湿っていた方が良いですし、過去に水分を含んだ馬場でレースをした際も走りやすそうにしていましたから、来週に期待したいと思います」
     
2024/06/02 助 手 美浦W重 71.1 - 55.1 - 40.7 - 13.2 位置[5] 馬ナリ
     
2024/05/30 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「29日にWコースで追い切りを行いました。今週は単走の形を採り、5ハロンから69.1秒のラスト1ハロンは12.2秒というタイムをマークしています。先週よりも全体の時計は遅いものの、前日の降雨の影響で力の要る馬場コンディションでもありましたから、大きく気にする必要はありません。動きの方は先週よりも馬に走る気が増して、全体的にしっかりとした身のこなしが出来ていますし、中身の方も段々と上向いてきています。先週お伝えした様に、最終的には天候を見つつ判断していきますが、来週の出走となっても良いように準備を整えていきたいと思います」
     
2024/05/29 助 手 美浦W稍 69.1 - 53.5 - 38.5 - 12.2 位置[4] 馬ナリ
     
2024/05/26 石田拓 美浦坂良 59.8 - 44.4 - 29.6 - 14.8 馬ナリ
     
2024/05/23 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「22日にWコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが先行して、直線では外に進路を取って脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。良い頃に比べるとまだ身のこなしにモタモタした部分が残るかなという印象ですが、ゴールまでの脚取り自体は悪くなかったと思います。それに少し湿気を含んでいたことも影響したのか、この中間は少し息の荒さが目立っていたものの、その点も幾分マシだったように思います。今週の様に空気に水分が含んだコンディションで走らせた方がトラモントにとっては良いでしょうし、6月9日の東京・夏至ステークス、もしくは6月16日の京都・天橋立ステークスを視野に入れつつ、天気の具合を見ながらどちらに向かうか決めていきたいと思います」
     
2024/05/22 助 手 美浦W良 84.7 - 67.7 - 52.1 - 37.4 - 11.6 位置[5] 馬ナリ
タイセイピューマ(三歳1勝)馬ナリの外0.8秒先行同入
     
2024/05/19 助 手 美浦W良 69.5 - 54.1 - 39.6 - 12.8 位置[5] 馬ナリ
     
2024/05/16 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「ノーザンファーム天栄で速めのところを交えつつ順調に乗り込みを積むことが出来ていたようですし、今日の検疫でトレセンに帰厩させていただきました。まずは脚元を含めてよく馬体を確認して、問題なければ明日から乗り運動をスタートしていきます。息遣いの部分からも、ある程度湿気を含んだ日に走らせたい気持ちがあるので、ここと具体的な番組は決めずに、天気予報を見ながら第3回東京開催や第4回京都開催での出走を目指していければと考えています」
     
2024/05/16 在厩場所:美浦トレセン
16日(木)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2024/05/10 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週も週3回坂路コースでの乗り込みを行っており、その内の2回は14-13ペースで、残りの1回は14-14ペースで動かしています。乗り込みは順調に積めていますし、来月の競馬を視野に入れることが出来そうですね。いつ帰厩の声が掛かっても良いように、この調子で緩めず乗り進めていきます。馬体重は517kgです」
     
2024/05/03 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「この中間も週3回坂路コースでの乗り込みを行っており、その内の2回は14-13ペースで、残りの1回は14-14ペースで駆け上がっています。息遣いには荒さがあるものの、脚色的には最後までしっかりしていますから、特に問題は無いでしょう。段々と暑さも増してきていますが、体調面にも問題はありませんね。馬体重は514kgです」
     
2024/04/26 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週も週3回坂路コースでの乗り込みを行っており、その内の2回は14-13ペースで、残りの1回は14-14ペースで動かしています。14-13でしっかりと動かせていることから、徐々に手応えは上向いてきていますね。次走の予定を検討できるように、この調子で緩めずに乗り込んでいきたいですね。馬体重は518kgです」
     
2024/04/19 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「この中間も坂路調教を週に3回行っています。週2回は14-13、週1回は15-14という時計で登坂しており、徐々にペースを上げているところです。最近は四肢の浮腫みも気にならなくなってきていて、徐々に体調面は戻ってきているように感じます。引き続き乗り込みながら、次走に向けて態勢を整えていきます。馬体重は513kgです」
     
2024/04/12 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週は登坂回数・ペース共に先週よりも負荷を強めており、週3回14-14ペースで駆け上がっています。まだ本調子ではないと思いますが、乗り進めつつも四肢の浮腫みは段々と取れて来ていますし、この感じであればこのまま緩めずに動かしていけそうですね。馬体重は514kgです」
     
2024/04/05 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「こちらに戻ってからの様子ですが、脚元などに問題はないですし、トレセンで熱発したと聞いていたものの、その後体温は安定しています。しかし、四肢が浮腫みやすいところを見ると、やはり体調面がもう一つのようですね。乗り運動を行えない状況ではないので、今週から坂路入りし、ここまで15-15の調教を2回こなしました。今後も状態を見ながら調整を続けていきます。馬体重は510kgです」
     
2024/03/27 在厩場所:ノーザンファーム天栄
新開幸一調教師「引き続きこちらで様子を見させていただいていましたが、熱が再び上がるようなことは無く、体調面はキープ出来ていました。ただ、時期的に日によって寒暖差が激しいこともあり、それに馬が少し堪えてしまっているのかなという印象です。昨日ノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきましたが、今後については牧場での状態を見ながらどうするか検討させていただきたいと思います」
     
2024/03/27 在厩場所:ノーザンファーム天栄
26日(火)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2024/03/20 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「スタートで挟まれてポジションを下げてしまったのが痛かったですね。しかし、道中はペースが流れてくれたため、却って良いポジションに収まったのかなとも思います。ただ、終いにあれだけの脚を使ってくれていますから、もう少し前のポジションで競馬が出来ていたら、また違う結果になっていたかもしれませんね。喉の状態も変わらずに維持できており、直線でも最後まで止まらずに頑張ってくれたように、レースへの影響は無かったと思います。レース後は脚元に問題は無かったものの、全休日明けの火曜日に熱発してしまいました。今日は平熱に治まっていたものの、目に見えない疲れが残っている可能性はありますし、この後は無理せず放牧に出す方向で考えています」
     
2024/03/16 3月16日(土) 中山10R 韓国馬事会杯 (混) ダート1800m 石川裕紀人(58.0kg) 5着 7人気
石川裕紀人騎手「スタート直後に挟まれるような格好になり、位置取りを下げてしまったのが痛かったですね。しかし、道中はペースが流れてくれましたし、勝ち馬を前に見る展開になりましたから、これなら結果的に良いポジションに収まったかなと思いました。直線でも良い脚で伸びてくれましたし、最後まで頑張ってくれました」
    
2024/03/14 3月16日(土) 中山10R 韓国馬事会杯 (混) ダート1800m 14頭 石川裕紀人(58.0kg) 発走15:10
     
2024/03/13 助 手 美浦W重 84.4 - 68.3 - 53.3 - 38.5 - 11.5 位置[4] 強め
ユナイテッドハーツ(古馬1勝)馬ナリの内1.7秒追走0.2秒遅れ
     
2024/03/13 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「13日にWコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが3頭縦列の最後方を追走して行き、直線では一番内に進路を取って脚を伸ばすと、最後は1馬身ほど遅れてゴールしています。遅れを取ったことに加えて、直線では強めに追われる格好となったものの、ゴーサインを出されてから機敏にギアを上げて行けるタイプでもありませんし、ラスト1ハロンは11.5秒でまとめることが出来ているように、脚取り自体は力強くて良かったですよ。今週の競馬に向けてコンスタントに時計は出していて、力を出せる態勢にはあると思いますし、あとは石川裕紀人騎手とは久々のコンビになりますから、その影響がどうかですね。それでも、この条件では崩れずに走ってくれますから、今回も良い競馬を期待しています」
     
2024/03/10 石 田 美浦W稍 71.6 - 56.5 - 41.2 - 12.9 位置[4] 馬ナリ
     
2024/03/07 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「6日にWコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが先行して、直線では外に進路を取って脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。終いは強めに促す格好となり、直線での脚色はやや見劣ってしまったものの、格上馬相手にしっかりとした走りが出来ていました。息遣いの方も先週よりは上向いてきており、それだけ中身の方が良化してきているということなのだと思います。順調に動ける態勢は整ってきていると思いますし、この調子で来週の韓国馬事会杯に良い形で向かえるように努めていきます。なお、鞍上は石川裕紀人騎手に依頼しています」
     
2024/03/06 助 手 美浦W重 68.4 - 53.1 - 38.5 - 11.9 位置[4] 強め
シルトホルン(古オープン)馬ナリの外0.6秒先行同入
     
2024/03/03 上野翔 美浦W良 71.8 - 56.9 - 41.4 - 12.6 位置[6] 馬ナリ
     
2024/02/28 助 手 美浦W良 85.3 - 68.6 - 53.5 - 38.9 - 12.3 位置[5] 馬ナリ
     
2024/02/28 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「28日にWコースで単走での追い切りを行いました。5ハロンから68.6秒のラスト1ハロンは12.3秒というタイムをマークしており、帰厩後本格的な追い切りはこれが初めてですし、馬なりのままゴールする格好でしたが、脚取りは悪くなかったですね。ただ、身のこなしや息遣いにはまだ良化の余地は残っていますし、予定している韓国馬事会杯に向けて徐々にピッチを上げていきながら、上手く態勢を整えていければと思います」
     
2024/02/25 助 手 美浦W稍 72.9 - 57.1 - 41.1 - 13.3 位置[3] 馬ナリ
     
2024/02/23 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「ノーザンファーム天栄で速めのところを交えながら乗り込むことが出来ていたようですし、今日の検疫でこちらに戻させていただきました。脚元を中心によく馬体を確認させていただき、問題なければ明日から乗り運動をスタートして、3月16日の中山・韓国馬事会杯を目標に調整していきたいと考えています」
     
2024/02/23 在厩場所:美浦トレセン
23日(金)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2024/02/16 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週は週3回の坂路入りの内、2回は14-13ペースで、残りの1回は14-14ペースで乗り込むようにしています。予定通り14-13中心の調教へ移行して鍛えていますが、前向きにトレーニングに取り組むことが出来ています。このまま中山での出走に向けて態勢を整えていく方針です。馬体重は520kgです」
     
2024/02/09 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「この中間は坂路コースのペースを上げており、週1回は14-13ペースで、週2回は14-14ペースで乗り込んでいます。今週から更に一歩踏み込んだ調教を課していますが、動きには良い意味で変わりありませんね。このまま14-13中心のメニューで動かしていければと思います。馬体重は523kgです」
     
2024/02/02 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週は週3回坂路コースでの乗り込みを行っており、全日14-14ペースで動かしています。ペースアップ後も脚取りは悪くありませんし、手応えもまずまずです。更にペースを上げても対応できそうですし、このまま馬体を緩めないように気を付けつつ乗り進めていきます。馬体重は516kgです」
     
2024/01/26 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「その後も坂路コースを無理のない程度で登坂していましたが、脚元の腫れは段々と落ち着いてきていますし、今週半ばから15-15へとピッチを上げています。ペースアップ後も脚元が悪い方に向くことはありませんし、状態に合わせて更に負荷を強めていきたいところです。馬体重は512kgです」
     
2024/01/19 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「こちらに戻ってから馬体チェックを行ったところ、左前球節が少し腫れているのが確認できました。レントゲン検査で異常は認められませんでしたので、一時的に疲れが出たのではないかと思いますし、歩様にも見せてはいないので、軽い乗り運動を開始しています。まずは坂路コースをハロン16〜17秒ほどのペースで上がりましたが、その後も脚元には良い意味で変化はありませんので、様子を見ながら徐々に立ち上げていきたいと思います。馬体重は507kgです」
     
2024/01/12 在厩場所:ノーザンファーム天栄
12日(金)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2024/01/10 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「昨年の12月のレースを使った後に、一旦ノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきましたが、トレセンに帰ってきた時の具合が良かったですから、調整しやすかったですし、良い状態でレースに向かうことが出来たと思います。ただ、外枠に当たってしまったことに加えて、レースでは途中で動いてくる馬がいたことで、厳しい競馬となってしまいました。それに馬場もパサパサでしたし、空気も乾いていて喉にあまり優しくないコンディションでしたが、最後までよく頑張ってくれましたね。トレセンに戻って状態を確認しましたが、脚元に問題は無かったものの、スタートからゴールまでしっかりと競馬をした影響から、全体的に疲れがありますね。この後は無理せず一旦放牧に出して、リフレッシュさせたいと思います」
     
2024/01/08 1月8日(月) 中山10R 招福ステークス (混) ダート1800m 北村宏司(56.0kg) 6着 5人気
北村宏司騎手「外枠でしたのでスタートから促してポジションを取りに行く競馬をしましたが、外4頭目にはなったものの1コーナーはタイトに回ることが出来ました。その後はうまく内目に寄せて行けたものの、向こう正面半ばからは早めに動いて来る馬がいて、この馬の脚質を考えてもあそこで引いて被されてしまってはいけないと思い、外目のポジションをキープすることにしました。結果的にスタートから余裕のない競馬になってしまいましたので最後はさすがに厳しくなりましたが、それでも最後まで踏ん張れたのは状態が良かったからだと思います。喉に関しても前走よりは気になりませんでしたし、得意ではない乾いた空気でパサパサの馬場でもよく頑張ってくれました」
     
2024/01/05 石 田 美浦W良 85.0 - 68.0 - 53.1 - 38.4 - 12.0 位置[4] 馬ナリ
ザレストノーウェア(障オープン)強めの内0.3秒追走同入
     
2024/01/04 1月8日(月) 中山10R 招福ステークス (混) ダート1800m 16頭 北村宏司(56.0kg) 発走15:10
     
2024/01/04 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「月曜日のレースを予定しているので、最終追い切りは金曜日に行う予定にしています。先週はWコースで長めから負荷を掛けて追い切っており、終いは強めに追う格好となったものの、ゴールまで力強いフットワークで走り切れており、動きに問題は無かったですね。前走後は牧場で少し疲れた様子を見せていたようですが、ノーザンファーム天栄で上手く調整してもらえたようで、こちらに帰厩してからは疲労が感じられず、むしろ調子の良さを実感しています。招福ステークスの鞍上は北村宏司騎手に依頼しており、トラモントとは手が合いますから、今回も良い走りを見せてくれると思っています」
     
2023/12/31 助 手 美浦W稍 71.3 - 55.7 - 40.6 - 12.8 位置[5] 直強め
     
2023/12/27 助 手 美浦W良 85.2 - 69.4 - 53.3 - 38.3 - 12.0 位置[6] 一杯
ザメイダン(障オープン)馬ナリの外0.2秒先行同入
     
2023/12/24 助 手 美浦W良 70.9 - 56.2 - 41.4 - 12.9 位置[6] 馬ナリ
     
2023/12/22 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「ノーザンファーム天栄で脚元に問題なく乗り込みを進めることが出来ているということでしたから、今日の検疫でこちらに戻させていただきました。馬体に問題が無ければ明日から乗り運動をスタートして、年明け1月8日の中山・招福ステークスに向けて進めていきたいと考えています」
     
2023/12/22 在厩場所:美浦トレセン
22日(金)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2023/12/20 在厩場所:ノーザンファーム天栄
22日(金)に美浦トレセンへ帰厩する予定です。
     
2023/12/15 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元には特に問題ありませんでした。早速乗り運動を行っていて、現在は週3回坂路コースを15-15ペースで乗り込んでいます。身のこなしには少しレースでの疲れを感じますが、年明けの第1回中山開催を視野に入れたいと厩舎サイドから言われていますから、上手く状態を整えていきたいですね。馬体重は511kgです」
     
2023/12/06 在厩場所:ノーザンファーム天栄
新開幸一調教師「追い切りの動きからも状態の良さを感じましたし、実際にレースに行っても発汗がいつもより少なかったですから、精神的にも良いコンディションで競馬に向かうことが出来たと思います。以前よりも呼吸音には荒さを感じましたし、念の為にゲート裏で口に水分を含ませて喉を湿らせておきましたが、それでも音は以前よりも大きくなっているようです。ただ、そういった中でも最後までよく走ってくれていますし、今後も自分の力をしっかり出せば上位争い出来そうですね。トレセンに戻ってから、脚元はレントゲンを撮る等して詳しく見させてもらいましたが、これと言った異常はありませんでした。今日ノーザンファーム天栄へ放牧に出しており、出来れば短期で戻して年明けの中山開催で使っていきたいところですが、最終的には牧場での状態を見て判断させていただきます」
     
2023/12/06 在厩場所:ノーザンファーム天栄
6日(水)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2023/12/03 12月3日(日) 中山10R 市川ステークス 3歳以上3勝クラス (混)[指定] ダート1800m 北村 宏司(56.0kg) 4着 5人気
北村宏司騎手「硬さのある馬ですから返し馬からしっかり解してレースに臨みました。スタートから1コーナーにかけてうまく運ぶことが出来ましたし、勝負どころでも勝ち馬の後ろからうまく立ち回ることが出来ました。4コーナーでもモタれることはなかったですし、手前をうまく替えてくれたのですが、最後に詰め切れなかったのは、道中で乾いた馬場を掴むのに少し苦労した分だと思います。喉の音は以前よりも大きくなっているのは確かなのですが、これだけ走れていますのであまり影響はないのだと思います」
     
2023/11/30 12月3日(日) 中山10R 市川ステークス (混) ダート1800m 16頭 北村宏司(56.0kg) 発走15:05
     
2023/11/29 上野翔 美浦W良 86.0 - 69.1 - 53.9 - 38.9 - 11.8 位置[6] 強め
フィッツジェラルド(新馬)馬ナリの内0.3秒追走同入
     
2023/11/29 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「29日にWコースで併せて追い切りを行いました。道中は2歳新馬を追走し、直線で内に進路を取って同入しています。先週しっかりと負荷を掛けた追い切りを課したことで、動きの素軽さは増してきていますし、状態的には良い形で送り出すことが出来そうだなという感触を持っています。心配な点とすればやはり息遣いで、普段の調教時からそうですが、以前に比べると段々と荒さが増してきてしまっている印象です。それでも、先週の追い切りが良い方に向いたこともあってか、今日の追い切りの息の感じはマシだったと跨ったスタッフは話していましたし、競馬でもその点がクリア出来れば、良い勝負を見せてくれると思っています」
     
2023/11/26 助 手 美浦坂良 57.0 - 41.9 - 27.5 - 13.3 馬ナリ
フィッツジェラルド(新馬)馬ナリを0.3秒追走同入
     
2023/11/23 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「22日にWコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが3頭縦列の先頭を走り、直線では一番外に進路を取って脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。まだ良化の余地は残していますが、先週末にも坂路コースで時計を出していることもあり、身のこなしの重苦しさは段々と解消してきているのかなという印象です。息遣いに荒さはあるものの、スムーズなフットワークで最後まで走ることが出来ていましたし、追い切りのレベルでは影響があるようには見えません。もう少し馬体はフィットさせていきたいところですし、中身の方も上向かせていきたいですから、来週の競馬に向けてこのまましっかりと調整していければと思います。なお、市川ステークスの鞍上は北村宏司騎手に依頼しています」
     
2023/11/22 助 手 美浦W良 68.0 - 52.7 - 38.2 - 12.0 位置[5] 馬ナリ
フィッツジェラルド(新馬)馬ナリの外0.5秒先行同入
     
2023/11/19 助 手 美浦坂良 56.0 - 40.1 - 26.2 - 12.9 馬ナリ
     
2023/11/16 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「15日にWコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが先行して、直線では外に進路を取って脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。Wコースでの本格的な追い切りは帰厩後これが初めてだったこともあり、最後は乗り役の手が強めに動いていたように、身のこなしはモタモタしてしまっていましたね。ただ、いつもそういったところがある馬ですし、これから追い切りを消化していけば中身も含めて自然と良化してくるでしょう。脚元を含めた健康状態に問題はありませんし、目標のレースまでまだ時間はありますから、この調子で乗り込んでいき上手く態勢を整えていければと思います」
     
2023/11/15 助 手 美浦W良 68.7 - 52.8 - 38.1 - 12.2 位置[6] 一杯
ロジティナ(古馬3勝)馬ナリの外0.5秒先行同入
     
2023/11/11 助 手 美浦坂稍 55.3 - 40.7 - 26.1 - 12.9 馬ナリ
     
2023/11/09 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「ノーザンファーム天栄で速めのところを中心に乗り込むことが出来ていたようですし、今日の検疫でこちらに戻させていただきました。馬体面に問題が無ければ明日から乗り運動をスタートして、第5回中山開催1週目の市川ステークスを目標に調整していければと考えています」
     
2023/11/09 在厩場所:美浦トレセン
9日(木)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2023/11/03 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週は週3回の坂路入りの内、2回は14-13ペースで、残りの1回は14-14ペースで乗り進めています。この中間から14-13中心の調教に移りましたが、しっかりと対応できていますね。この感じであれば、来月の競馬を視野に入れることが出来るでしょう。馬体重は512kgです」
     
2023/10/27 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週は週3回の坂路入りの内、1回は14-13ペースで、残りの2回は14-14ペースで乗り込んでいます。今週から更にペースアップを図っていますが、まだ動きに良化の余地は残るものの、大きな問題なく対応できていますし、この調子で14-13中心の調教へ移行していければと考えています。馬体重は513kgです」
     
2023/10/20 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週も週3回坂路コースでの調教を行っていますが、ペースは14-14に上げて乗り進めています。徐々にペースアップ出来ているように、硬さが増すことなく調整自体は順調です。今後もこれくらいのところで動かしつつ、基礎強化に努めていければと思います。馬体重は512kgです」
     
2023/10/13 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週は坂路コースのピッチを上げており、週3回15-15ペースで乗り込んでいます。最後までしっかりとしたフットワークで駆け上がれており、脚元や背腰に疲れが出てくることもありませんから、今後は更にペースを上げていければと考えています。馬体重は515kgです」
     
2023/10/06 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「こちらに戻って来て状態を確認しましたが、脚元を含めて大きな問題はありませんでした。先週一杯は軽めのメニューで様子を見て、今週から乗り運動を開始し、現在は坂路コースで軽めのキャンターを行っています。調教師は喉の状態が少し気に掛かると話していたものの、こちらで乗っている分には特に悪化している印象はありません。馬体重は518kgです」
     
2023/09/28 在厩場所:ノーザンファーム天栄
28日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
       
2023/09/27 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「このレースに向けて見た目的には仕上がりましたし、パドックでの雰囲気も落ち着いていて良かったですね。ただ、返し馬での進みがややかったるい感じでしたし、道中も自らグッとハミを取って行く部分に欠けていました。息遣いの影響が多少はあったのかもしれませんが、直線ではズルズルと下がって行くことも無かったですし、それだけが原因だとは考え辛いところがあります。根本的に暑さに強い方ではありませんし、今回は坂路コースも使えない中での調整でしたから、そうした部分が影響してしまったのかもしれません。レース後は、念のため骨折経験のある左前膝のレントゲン検査を行ったものの、特に問題は無さそうでしたし、多少の硬さはありますが歩様も大丈夫ですね。明日ノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきます」
     
2023/09/27 在厩場所:美浦トレセン
28日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出る予定です。
     
2023/09/24 9月24日(日) 中山10R 内房ステークス (混) ダート1800m 丸山元気(58.0kg) 9着 4人気
丸山元気騎手「もっとハミを取って動くイメージがあったのですが、返し馬から進みがもう一つでした。道中も妙に落ち着いてしまっている感じで、もう少しハミを自ら取って行ってくれても良いのに、今日はそういった部分が全然なかったですね。勝負どころでは早々に手応えが怪しくなってしまい、確かに息遣いに荒さはあったものの、初めて乗せてもらったので比較は出来ませんが、それだけが走れなかった原因ではないように思います。久々のレースだったこともあり、まだ馬が本物では無かったのかもしれないですし、それにもしかするともっと馬を怒らして乗るくらいの方が良かったのかもしれません」
     
2023/09/21 9月24日(日) 中山10R 内房ステークス (混) ダート1800m 13頭 丸山元気(58.0kg) 発走15:10
     
2023/09/21 助 手 美南W稍 69.0 - 53.5 - 38.8 - 12.2 位置[7] 馬ナリ
トニトゥルス(古馬1勝)馬ナリの内0.2秒追走同入
     
2023/09/21 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「21日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが追走して、直線では内に進路を取って脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。少し乗り役がサポートする格好となったものの、先週よりも仕掛けてからの反応は上向いてきていましたね。良い頃に比べるとまだしっかりとフィットしてきていない部分はあるものの、体付きも段々と締まってきているので、道中の行きっぷりも良く、馬に活気が感じられました。週末は雨の予報が出ていますが、少し湿気を含んだくらいの方が息遣いのことを考えると良いと思いますし、渋った馬場になったとしてもだいぶ速い時計にも対応できるようになってきていますから、そこは上手く乗り越えてくれると思っています」
     
2023/09/18 助 手 美南W良 74.0 - 58.0 - 42.2 - 13.5 位置[5] 馬ナリ
     
2023/09/14 石 田 美南W良 66.9 - 52.6 - 38.3 - 12.2 一杯
シルトホルン(古オープン)馬ナリの外0.6秒先行0.6秒遅れ
     
2023/09/14 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「14日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが先行して、直線では外に進路を取って脚を伸ばしましたが、最後は遅れてゴールしています。今週は1週前追い切りになりますし、しっかりと負荷を掛ける形を採りましたが、5ハロンから66.9秒と良い時計をマークすることが出来たと思います。ラスト1ハロンは12.2秒掛かってしまっているように、終いの反応はジリジリとした感じでしたが、この追い切りで良化してきてくれると思います。今日は霧がかかっていて湿度も高かったためか、息遣いの方はトラモントとしてはスムーズな印象を受けました。馬体にはまだ幾分余裕がある感じがしますが、週末・来週と時計を消化していけばフィットしてくるでしょう。なお、内房ステークスの鞍上は元気(丸山元気騎手)に依頼しています」
     
2023/09/10 助 手 美南W稍 59.1 - 43.0 - 14.2 位置[4] 馬ナリ
     
2023/09/06 助 手 美南W良 67.4 - 52.9 - 38.6 - 12.8 位置[7] 一杯
タイセイピューマ(新馬)一杯の外0.5秒先行0.6秒遅れ
     
2023/09/06 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「6日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが先行して、直線では外に進路を取って脚を伸ばしましたが、最後は遅れてゴールしています。帰厩してまだそこまで本数を積んでいないこともあり、直線での動きはモタモタしてしまっていましたね。馬体も幾分立派に映りますし、息遣いにも荒さがあって、全体的に良化を促していく必要がありそうです。ただ、暑さに負けず飼い葉は食べており、コンディションに問題はありませんし、目標としている中山3週目の内房ステークスまで時間はありますから、上手く状態を整えていければと思っています」
     
2023/09/03 助 手 美南W良 71.9 - 56.2 - 41.5 - 12.7 位置[7] 馬ナリ
     
2023/09/02 在厩場所:ノーザンファーム天栄
2日(土)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2023/09/01 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週も週2回は14-13ペースで、残りの1回は14-14ペースで乗り込んでいます。14-13でもまずまずの脚取りで登坂できていますし、歩様に硬さが出たりせず順調に調整できています。明日トレセンに戻る予定となりましたが、悪くない形でバトンタッチすることが出来そうです。馬体重は521kgです」
     
2023/08/30 在厩場所:ノーザンファーム天栄
9月2日(土)に美浦トレセンへ帰厩する予定です。
     
2023/08/25 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「この中間も週2回は14-13ペースで、週1回は14-14ペースで乗り込んでいます。先週と良い意味で動きに変わりは無いですし、暑さに負けずコンスタントに乗り込むことが出来ています。いつ帰厩の声が掛かっても対応できるように、この調子で準備していきます。馬体重は517kgです」
     
2023/08/18 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週は週3回の坂路入りの内、2回は14-13ペースで、残りの1回は14-14ペースで乗り込んでいます。14-13の登坂回数を増やして更に全体的な負荷を強めましたが、疲れが出て来ることなくしっかりと対応できています。この感じで乗り進めていき、基礎強化に努めていければと思います。馬体重は520kgです」
     
2023/08/11 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週の登坂回数も週3回で、そのうち2回は14-14、残りの1回は14-13ペースで登坂しました。体調面は引き続き良好で、坂路コースではトラモントなりに良い動きを見せていますよ。第4回中山開催となると3週目のD1,800m戦が目標となりますから、そこに向けてしっかりと態勢を整えていきます。馬体重は515kgです」
     
2023/08/04 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週は登坂回数を週3回に戻し、そのうち2回は14-13、残りの1回は14-14で登坂しています。厳しい暑さが続いていますので、メリハリをつけた調教を行っていて、ここまでバテることなく順調に取り組めていますよ。中山開催まで待つ方針となり、こちらでもう少し調整を続けることになりますので、今後もしっかり体調管理に努めていきたいと思います。馬体重は520kgです」
     
2023/07/28 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週は週4回坂路入りするようにしており、その内の2回は14-14ペースで残りの2回は15-15ペースで乗り込むようにしています。先週よりもペースは落としていますが、登坂回数は増やしているので、運動量はしっかりと確保することが出来ています。今の感じだと、無理に夏開催へ向かうというよりは秋開催まで待つ方向になりそうです。馬体重は520kgです」
     
2023/07/21 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週も坂路調教を週3回行っており、その内1回は14-13までペースアップしました。この馬なりに良い手応えで駆け上がっていて、コンディションは良さそうですね。ここまで状態は安定していて、順調に立ち上げることができています。馬体重は522kgです」
     
2023/07/14 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「この中間も坂路コースでは週3回とも14-14ペースで駆け上がっています。良い意味で先週と変わりない身のこなしを見せてくれており、この感じであれば更なるペースアップを図っていくことが出来そうですね。飼い葉食いを含めた健康状態にも、特に問題はありません。馬体重は516kgです」
     
2023/07/07 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週は週3回とも坂路コースのペースを14-14に上げて乗り込んでいます。ペースアップ後も脚取りに問題は無く、まずまずの動きを見せています。歩様にはやや硬さがあるので注意していかないといけませんが、年齢的なこともあるので、大きな心配は要らないでしょう。馬体重は520kgです」
     
2023/06/30 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「予定通り今週から坂路コースでの調教をスタートしており、週3回15-15ペースで乗り込むようにしています。まずは今後に向けた脚慣らしといった具合ですが、悪くないフットワークで駆け上がれています。暑さが厳しくなってきていますし、体調を崩さないように気を付けつつ乗り進めていきます。馬体重は518kgです」
     
2023/06/23 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「こちらに戻って来て状態を確認しましたが、脚元を含めてこれと言ったダメージは見られませんでした。念の為に先週一杯は軽めのメニューに止めて、今週から乗り運動を開始しています。現在は周回コースで軽めのキャンターを行っており、今後は坂路入りのタイミングを計りつつ乗り進めていく方針です。馬体重は512kgです」
     
2023/06/15 在厩場所:ノーザンファーム天栄
15日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2023/06/14 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「東京のダートマイル戦は初めの条件でしたが、重馬場で前が有利な馬場状態になった中でも、よく頑張って走ってくれましたね。北村宏司騎手が話していたように、以前よりも前進気勢が出て来たことで、この条件で無理に促さなくても中団に付けることが出来たのは良かった点だと思います。それに、雨が降って乾燥した気候では無かったことで、トラモントにとっては息遣いの点でプラスに作用し、その点も良かったのかなと感じています。もう少し時計の掛かる馬場であればもっとやれていたと思いますし、だいぶコース条件に左右されず走ってくれるようになり、年齢の割にまだ馬は若い印象ですから、今後も頑張ってくれると思います。トレセンに戻って脚元をよく確認しましたが、これと言った異常は見られません。ただ、頑張って走ってくれて全体的に馬は疲れた様子ですから、明日ノーザンファーム天栄へ放牧に出す予定です」
     
2023/06/14 在厩場所:美浦トレセン
15日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出る予定です。
     
2023/06/11 6月11日(日) 東京10R 夏至ステークス (混) ダート1600m 北村宏司(58.0kg) 6着 6人気
北村宏司騎手「馬体を伸ばして走らせたくなかったので、道中はある程度抱えて走らせました。結果的にもう一つ前が取れれば良かったのかもしれませんが、程良い前進気勢があって、良い感じで進めることが出来ました。この馬の得意な馬場コンディションでは無かったものの、最後までしっかりと脚は使ってくれましたね。それに雨が降って適度に空気が湿っていたことで、息遣いという面ではプラスに働いていました。以前は促さないと進んで行けなかったのが、自らハミを取って走れるようになってきていますし、その点も良い傾向だと思います」
     
2023/06/08 6月11日(日) 東京10R 夏至ステークス(混)ダート1600m 16頭 北村宏司(58.0kg) 発走15:10
     
2023/06/07 助 手 美南W稍 86.5 - 69.6 - 54.6 - 39.8 - 12.3 位置[6] 直強め
プロトカルチャー(三未勝)馬ナリの内0.9秒追走0.1秒遅れ
     
2023/06/07 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「7日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが追走して、直線では内に進路を取って脚を伸ばすと、最後はほぼ同入する形で終えています。直線では長く良い脚を使って伸びてきましたし、この馬としては終いの反応も上々でした。先週末にもWコースで70-40のところをこなしていますし、本数はしっかりと積んできましたから、中身の方にも特に不安はありません。前走は雨の降る中、上がり最速の脚を使って差を詰めてきてくれましたし、天気が崩れてもしっかりと対応してくれると思います。だいぶ馬がしっかりしてきて、馬自身に不安が無いことが最近の安定感に繋がっているのだと思いますし、府中のマイル戦は初めてになるものの、今回も好勝負を期待しています」
     
2023/06/04 助 手 美南W重 70.2 - 54.3 - 39.9 - 13.1 位置[3] 馬ナリ
     
2023/06/01 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「5月31日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが追走して行き、直線では内に進路を取って脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。当初の予定よりも少し全体の時計は遅くなってしまったものの、先週よりも終いの反応は良化してきています。ラスト1ハロンは11.6秒をマーク出来ているように、直線での伸び脚は良かったですし、追い切りを重ねていることで段々と腹回りは締まってきていて、馬が良い方に変わってきている印象です。この調子で来週の競馬に向けて、しっかりと状態を整えていければと思います」
     
2023/05/31 助 手 美南W稍 69.1 - 52.8 - 37.6 - 11.6 位置[4] 馬ナリ
ゴールドフレーム(障オープン)馬ナリの内0.6秒追走同入
     
2023/05/28 助 手 美南坂良 57.2 - 42.4 - 28.1 - 14.1 馬ナリ
     
2023/05/24 上野翔 美南W重 85.3 - 68.8 - 53.7 - 38.7 - 11.7 位置[7] 馬ナリ
ゴールドフレーム(障オープン)馬ナリの内0.5秒追走同入
     
2023/05/24 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「24日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の2番手から進め、直線では真ん中に進路を取って脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。相手に比べると加速するのに少しモタモタした部分は見受けられましたが、Wコースでの速め1本目ということを考えれば、決して悪い動きではありません。むしろ、馬なりのまま走り切ることが出来ていて、トラモントにとっては良い方に入ると思いますし、気持ちの面でも走りに対して前向きで、調子の良さが窺える調教内容だったと思っています。この感じであれば、あと2週ほどで仕上がりそうですし、第3回東京開催2週目の夏至ステークスに北村宏司騎手で向かう予定です」
     
2023/05/21 助 手 美南坂稍 57.9 - 42.7 - 28.5 - 14.7 馬ナリ
     
2023/05/18 在厩場所:ノーザンファーム天栄
新開幸一調教師「前走後、牧場へ戻った後も順調に乗り込めていたようですし、18日にこちらへ帰厩させていただきました。まずは心身のコンディションをよく確かめた上で乗り出しを開始いたしますが、問題無ければ6月11日の東京・夏至ステークスへ向けて進めていきたいと思います」
     
2023/05/18 在厩場所:美浦トレセン
18日(木)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2023/05/12 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週は週3回の坂路入りの内、1回は14-13ペースで、残りの2回は14-14ペースで乗り込んでいます。更に一つステップアップした調教を課していますが、身のこなしに硬さが出て来ることなく、脚取りはまずまずです。この感じであれば、来月中の競馬を視野に入れることが出来そうです。馬体重は523kgです」
     
2023/05/05 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「今週は登坂回数を週3回に増やしており、ペースも14-14に上げて乗り込んでいます。全体的な負荷を強めましたが、良い脚取りで駆け上がることが出来ていますし、この感じであればさらなるペースアップも視野に入れることが出来そうですね。馬体重は519kgです」
     
2023/04/28 在厩場所:ノーザンファーム天栄
天栄担当者「こちらに戻って来て状態を確認しましたが、脚元を含めてこれと言った異常は見られませんでした。2走してきたものの、背腰を含めて大きな痛みも無かったので、早速坂路コースでの調教を始めています。現在は週2回ハロン15秒ペースで動かしていますが、状態に合わせて徐々に負荷を強めていきます。馬体重は515kgです」
     
2023/04/19 新開幸一調教師「他馬がゲート内で暴れて、その音に反応してしまい、スタートは遅れてしまいましたが、あの位置から上がり最速の脚でよく追い込んできてくれました。これまでは不良馬場よりはパサパサの良馬場の方が持ち味を活かせたものの、ここ最近は速い時計にも対応してくれていますし、大崩れすることが無くなりましたから、6歳ですが成長を感じますね。ただ、走りに大きく影響している感じは無いのですが、ジョッキーの話では『少し息遣いが荒かった』とのことでしたし、今後もその点は注意が必要でしょう。レース後は、念の為にレントゲン検査を行ったものの、これといった異常は見られませんでした。ただ、続けて使わせていただきましたし、昨日ノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきました」
     
2023/04/19 在厩場所:ノーザンファーム天栄
18日(火)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2023/04/15 4月15日(土) 中山10R 下総ステークス (混) ダート1800m 北村宏司(58.0kg) 4着 6人気
新開幸一調教師「ジョッキーは『スタートを切る前にゲートで暴れた馬がいまして、その音に驚いてしまい、発馬が遅れてしまいました。道中の行きっぷりが凄くて、最後もこれだけ切れたので、スタートが勿体無かったですね。それでも不良馬場で良い競馬が出来ましたし、力を付けていますよ』と話していました。だいぶ速い時計にも対応してくれるようになってきていますし、この年齢でもまだまだ成長してくれています」
     
2023/04/12 上野翔 美南W良 83.1 - 67.4 - 53.5 - 39.4 - 27.1 - 12.3 位置[6] 馬ナリ
 ヴィジョンオブラヴ(古馬3勝)馬ナリの内0.9秒追走同入
     
2023/04/12 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「12日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが追走して行き、直線では内に進路を取って脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。時計的には5ハロンから67.4秒のラスト1ハロンは12.3秒と、予定していたくらいのものを消化できましたし、動きもゴールまでしっかりとしていて良かったですね。先週末にもWコースで70-40くらいの追い切りを消化したことで、中身を含めてレースで力を出せる態勢は整ったと思います。予定していた韓国馬事会杯には出られなかった後も順調に調整することが出来ましたが、一つ心配なのは週末の天気が崩れそうなことですね。スタートして楽に好位に付けられるタイプでは無いですし、脚抜きの良い馬場になって行った行ったの決着になると良くないですから、出来るだけ乾いた良い馬場で走らせてあげたいところです」
     
2023/04/09 助 手 美南W良 70.3 - 54.5 - 39.4 - 26.9 - 12.5 位置[4] 馬ナリ
     
2023/04/05 助 手 美南坂良 54.6 - 40.0 - 25.6 - 13.0 - 12.6 強め
 ブルトンクール(古馬2勝)末強めに0.2秒先行同入
     
2023/04/05 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「5日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが先行する形を採り、最後は馬体を並べてゴールしています。先週と同様に55-40くらいを目安に時計を出しており、終いは乗り役の手が少し強めに動く格好となったものの、脚取り自体はゴールまでしっかりとしていて、良い動きを見せてくれましたね。前走後からここまで時計は坂路でしか出していませんが、馬体が緩んでしまった印象はありません。今後はフラットコースでの調教を取り入れつつ、来週の下総ステークスに向けて態勢を整えていければと思います。なお、鞍上は引き続き北村宏司騎手に依頼しています」
     
2023/04/02 助 手 美南坂良 56.9 - 41.4 - 27.1 - 13.7 - 13.4 馬ナリ
     
2023/03/30 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「引き続き軽めのメニューで様子を見ていましたが、脚元を含めて特に問題は無かったので、29日に坂路コースでの追い切りを行いました。1本脚慣らし程度に軽めのペースで登坂した後、2本目に55-40くらいのタイムをマークしています。道中はトラモントが先行して、最後は馬体を並べる形でゴールしていますが、終い強めに追った相手に対してこちらは馬なりのまま楽に駆けあがることが出来ていました。良馬場とは言え、水分を含んで力の要る馬場状態でしたが、それを苦にすることなく脚取りはしっかりとしていましたね。馬体も緩むことなく調整することが出来ており、再来週のレースに向けてこの調子で進めていければと思います」
     
2023/03/29 石 田 美南坂良 54.5 - 40.0 - 26.2 - 13.0 - 13.2 馬ナリ
ブルトンクール(古馬2勝)強めに0.5秒先行同入
     
2023/03/22 在厩場所:美浦トレセン
新開幸一調教師「目標の4月15日の下総ステークスまで少し時間がありますから、先週末は時計を出さずに軽めの運動に控えていました。22日は坂路コースを2本登坂させていますが、速いところは行っていません。ここまで除外になった影響は感じませんし、馬はとても元気で良い状態をキープすることが出来ていますね。先週は断続的な雨で不良馬場となり、予定していた韓国馬事会杯の勝ち時計は1.50.2とこの馬には速すぎましたから、使えなかったことはプラスに考えたいと思います」
     
2023/03/16 18日(土)中山10R・韓国馬事会杯〔北村宏司〕に出馬投票しましたが、非抽選で除外となったため、来週以降に回る予定です。
     
2023/03/16 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:4月15日の中山・下総ステークス
新開幸一調教師「この中間は軽めに騎乗運動を行いつつ、状態維持に努めています。乗り始めは少し身のこなしに硬さを感じたものの、それも時間の経過と共に段々と和らいできていました。ですので、今週の韓国馬事会杯での出走を予定していましたが、特別登録の段階で頭数が多く、除外になる可能性が高かったことから、まだ時計は出さずに普通キャンターで乗るようにしています。残念ですが、やはり韓国馬事会杯は除外となってしまったことから、第3回中山開催最終週の下総ステークスに目標を切り替えて調整していきたいと考えています」
     
2023/03/15 18日(土)中山10R・韓国馬事会杯〔58 北村宏司〕(除外の可能性があります)
     
2023/03/13 18日(土)中山10R・韓国馬事会杯〔北村宏司〕
     
2023/03/08 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:3月18日の中山・韓国馬事会杯〔北村宏司〕
新開幸一調教師「先週はタイトな競馬にも関わらず最後まで諦めることはありませんでしたし、着順以上に良い走りでしたね。レース後は念のため膝を中心にレントゲン検査を行いましたが、大きな問題はありませんでした。ですから、このまま馬体に異常が無ければ来週の中山・韓国馬事会杯へ向かいたいと考えているものの、明日から乗り出して硬さが出てくるなど疲れが出てくるようであれば、無理せず一旦牧場へお返しする予定です」
     
2023/03/06 3/4(土)中山10R 上総ステークス〔D1,800m・16頭〕6着[4人気]
互角のスタートから押して行きますが、中団からの競馬になります。4コーナー手前から鞍上の手が動きますが、直線ではジリジリと脚を使って3着馬と同タイムの6着で終えています。
新開幸一調教師「今日のレースを見ているとダート戦はある程度前に付けた方が良いと思いましたので、北村宏司騎手には意識的にポジションを取りに行ってもらいましたが、他馬の出脚もそれなりに良かったですし、あの位置が限界でしたね。実際に勝った馬はハナを切りましたし、2着馬も好位に付けていた馬ですから、その読みは合っていたと思いますが、位置を取りにいった分だけ最後は甘くなってしまいました。ただ、道中は狭いところを通っていて、特に3,4コーナーではかなりタイトな形だったと思いますが、この馬なりに我慢することが出来ていましたし、着順以上に良い内容でした。北村宏司騎手の話では『今日は乾燥していたこともあって若干息遣いが荒めでしたから、キックバックを受けるにしても前の馬と間隔を空けすぎないようにして、砂を気管に取り込まないように注意して乗りました。窮屈な競馬をしても諦めずに最後まで伸びていますし、頑張ってくれていますよ』との事でした。帰厩してからフレグモーネを発症した経緯がありますので、まずはよく脚元を中心に馬体を確認いたしまして、それから今後の事を相談させてください」
     
2023/03/02 3/4(土)中山10R 上総ステークス〔D1,800m・16頭〕56 北村宏司 発走15:10
     
2023/03/01 上野翔 3/1(水)南W良 68.1- 53.0- 38.5- 11.9[7]一杯に追う
 ワタシダケドナニカ(三歳1勝)馬なりの内0.5秒追走0.2秒遅れ
     
2023/03/01 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:1日に南Wコースで時計
次走予定:3月4日の中山・上総ステークス〔北村宏司〕
新開幸一調教師「先週末には坂路コースで55-40を行っており、その後も脚元を含めて特に問題は無かったので、1日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが追走して、直線では内に進路を取って脚を伸ばしましたが、最後は1馬身ほど遅れてゴールしています。稽古ではそれほど前向きさを表に出すタイプでもないので、直線では一杯に追う形になったものの、ラスト1ハロンは11秒台を計時できていますし、脚取りは最後までしっかりとしていましたね。相手に比べると動きは見劣ってしまいましたが、トラモントなりにしっかりと走れていましたし、息の感じは悪くなく、力を出せる態勢にあると思います。今の中山のダートはこの馬に合いそうですし、ここ最近は安定したパフォーマンスを発揮してくれていますから、今回も勝ち負けを期待しています」
     
2023/03/01 3月4日(土)中山10R・上総ステークス〔56 北村宏司〕
     
2023/02/27 3月4日(土)中山10R・上総ステークス〔北村宏司〕
     
2023/02/26 上野翔 2/26(日)美坂良 55.0- 40.0- 25.9- 12.7 馬なり余力
     
2023/02/23 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:22日に南Wコースで時計
次走予定:3月4日の中山・上総ステークス〔北村宏司〕
新開幸一調教師「左トモのフレグモーネは時間の経過と共に段々と治まってきていましたし、先週末には坂路コースで55-40くらいのところを消化しました。その後も脚元の状態には良い意味で変わりが無かったため、22日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが先行する形で進め、直線では外に進路を取って脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。後ろから突かれる格好だったこともあってか、道中は前向きに走ることが出来ていましたね。直線でのフットワークはしっかりとしていましたし、どちらかと言うと息遣いはあまり綺麗なタイプでは無いものの、調教中や上がって来た時の息の感じもまずまずで、先週追い切れなかった影響はそこまで感じませんから、予定通り来週の競馬に向かいたいと思います。なお、鞍上は引き続き北村宏司騎手に依頼しています」
     
2023/02/22 助 手 2/22(水)南W良 67.8- 52.9- 38.6- 12.0[7]馬なり余力
 セブンハイ(三未勝)末強めの外0.3秒先行同入
      
2023/02/19 見 習 2/19(日)美坂良 55.2- 40.5- 26.5- 13.3 馬なり余力
     
2023/02/15 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:3月4日の中山・上総ステークス
新開幸一調教師「先週末には南Wコースで時計を出しましたが、5ハロンから69秒を切るくらいのところでも軽快なフットワークで走ることが出来ていましたね。ただ、全休日明けの昨日に馬体チェックを行ったところ、左トモに腫れが見つかりました。すぐに獣医師に診てもらったところ、フレグモーネとの診断で、おそらくウッドチップが擦れて出来た細かい傷口から細菌が入ってしまったのではないかということです。体温は落ち着いていますし、今日の方が幾分腫れは引いてきており、今日は軽めの運動を行うことが出来ています。会員の皆様にはご心配をお掛けしてしまい申し訳ありませんが、もうしばらくは軽めに動かしつつ様子を見ていき、このままこちらで調整できそうか判断していきたいと思います」
     
2023/02/12 助 手 2/12(日)南W稍 68.9- 53.7- 39.8- 12.9[4]馬なり余力
     
2023/02/09 在厩場所:9日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:3月4日の中山・上総ステークス
新開幸一調教師「ノーザンファーム天栄で順調に乗り込みを積めていたようですし、9日の検疫でこちらへ戻させていただきました。馬体に問題なければ明日から乗り運動を開始して、第2回中山開催2週目に組まれている、D1,800m戦を目標に調整していきたいと考えています」
     
2023/02/09 9日(木)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2023/02/03 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:第2回中山開催
天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。良い頃に比べるとまだ動きに良化の余地を残していますが、集中して調教に取り組むことが出来ています。このまましっかりとしたベースが整ってくれば、第2回中山開催での出走を目標に出来そうです。馬体重は524kgです」
     
2023/01/27 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週は週3回とも坂路コースのペースをハロン14秒に上げています。良い頃に比べると動きは少しモタモタしていますが、焦らずにこのまま乗り進めつつ上向かせていければと思います。負荷を強めた後も、脚元の状態には良い意味で変わりありません。馬体重は519kgです」
     
2023/01/20 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週から坂路コースでの調教へと移行しており、週3回ハロン15秒ペースで動かすようにしています。左前はよくケアしていく必要があるものの、坂路入り後も歩様に見せることはありませんし、このまま徐々にピッチを上げていければと思います。馬体重は519kgです」
     
2023/01/13 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースでハッキング
次走予定:未定
天栄担当者「先週末にこちらへ戻って来ましたが、左前に少し疲れがある様子だったので、治療しています。時間の経過と共に段々と歩様は良化してきていたことから、今週半ばから周回コースで軽めに動かすようにしており、今後も脚元の状態に合わせて進めていければと思います。馬体重は505kgです」
     
2023/01/07 7日(土)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2023/01/06 1/5(木)中山9R 招福ステークス〔D1,800m・12頭〕3着[5人気]
若干スタートで遅れますが、先団グループの一角でレースを進めます。道中は経済コースを回り、手応え良く直線へ向くと、ジリジリと脚を伸ばして3着に上がったところでゴールしています。
新開幸一調教師「追い切り後に馬体重を計った際は前走時と変わらなかったのですが、レースではプラス6kgでの出走となりました。ただ、今回は中山競馬場に到着後もピリピリしたところを見せず、前走時よりも落ち着いた様子で過ごしていて、その分体重が増えてしまっただけで、悪い方には捉えていません。むしろ神経質な部分がだいぶ薄れてきて、そういった精神面での成長が今の成績の安定感に繋がっているのかなと思います。レースではスタートをまずまず出られましたし、その後も無理のない程度に促して良いポジションを確保してくれましたね。道中は勝った馬をマークしながら進めることが出来ましたし、直線でも最後まで諦めずに脚を伸ばしてきてくれました。勝った馬は強かったものの、前走より斤量が増えた中でもしっかりと3着を確保できましたし、この馬の力は示してくれたのかなと思います。北村宏司騎手は、『馬体の感じは前走時と良い意味で変わりありませんでした。ただ、前走時よりも今日の方が馬場がパサパサしていて、もう少し水分を含んだ馬場の方が走りやすいのかなと感じました』と話していたものの、あまり脚抜きの良い馬場になってもそれはそれで厳しいと思いますし、何よりも今日の馬場でも安定して走れていますから、大きく気にする必要は無いのかなと思います。この後は中1週で同じ条件が組まれていますが、続けて使ってきた後ですし、無理をさせるつもりはありません」
     
2023/01/04 助 手 12/31(土)南W良 69.8- 54.2- 39.0- 11.8[6]G前仕掛け
 ゴールドフレーム(古馬2勝)馬なりの内0.6秒追走同入
助 手 1/2(月)南W良 55.0- 39.8- 13.0[7]馬なり余力
     
2023/01/04 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:2日に南Wコースで時計
次走予定:1月5日の中山・招福ステークス〔北村宏司〕
新開幸一調教師「5日の中山・招福ステークスに北村宏司騎手で出馬投票させていただき、無事に出走が確定しています。この中間は昨年末に南Wコースで、そして年明けにも同じく南Wコースで時計を出しています。昨年末の追い切りは併せてしっかりと負荷を掛けようと考えていたので、道中はトラモントが追走する形を採り、直線では内に進路を取って最後は同入といった格好で終えています。ゴール前ではやや乗り役の手が動く格好となったものの、脚取り自体は最後までしっかりとしていましたし、ラスト1ハロンは11秒台をマークでき、こちらが思った通りの調教を消化することが出来ました。年明けは微調整程度で終いサッと脚を伸ばすくらいで十分でしたから、半マイルから55-40くらいを目安にリズム良く走り終える格好となっています。前走と良い意味で変わりない状態で出走させることが出来そうですし、この条件であれば安定して自分の力を出せるようになってきていますから、今回も良い走りを期待しています」
     
2023/01/03 1/5(木)中山9R 招福ステークス〔D1,800m・12頭〕58 北村宏司 発走14:25
     
2022/12/29 2023年1月5日(木)中山9R・招福ステークス〔北村宏司〕
     
2022/12/28 助 手 12/28(水)南W良 71.2- 54.5- 40.1- 13.1[9]馬なり余力
     
2022/12/25 助 手 12/25(日)南W良 71.3- 55.5- 40.3- 13.1[9]馬なり余力
     
2022/12/21 助 手 12/21(水)南W良 68.7- 53.6- 39.4- 12.3[4]馬なり余力
 ビッグゲイン(新馬)末強めの外0.5秒先行同入
 プロトカルチャー(二未勝)馬なりの外0.9秒先行0.1秒先着
     
2022/12/21 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:21日に南Wコースで時計
次走予定:2023年1月5日の中山・招福ステークス〔北村宏司〕
新開幸一調教師「21日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の先頭を走る形で進め、直線では外に進路を取って脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。5ハロンから68.7秒と、コースの真ん中より内目を通ったことを考えると、決して目立つ時計では無かったものの、荒れた馬場の中でも脚取り自体はしっかりとしていましたね。年齢的なこともあってか、レースの疲れが取れるまで少し時間は掛かったものの、今日の身のこなしを見ると、もう状態面での大きな心配は要らないでしょう。レースを使っていることで中身の方にも問題はありませんし、今のところ年明けの中山開催1週目のD1.800m戦に北村宏司騎手で向かいたいと考えています」
     
2022/12/15 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:2023年第1回中山開催
新開幸一調教師「この中間も時計は出さずに軽めのメニューで様子を見ています。先週一杯はさすがに疲労が残っている印象でしたが、時間の経過と共に段々と疲れは取れてきていますね。この感じであれば来週くらいから時計を出していくことが出来そうですし、年明けの中山開催のD1,800mの番組を目標に調整していきたいと考えています」
     
2022/12/07 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
新開幸一調教師「トレセンに戻ってからはよく馬体を確認させていただきましたが、今のところこれと言った異常は見られません。脚元については念の為にレントゲンでチェックし、こちらも特に問題は見当たりませんでした。これから乗り運動を開始して疲れが出て来るようであれば無理はさせませんが、大丈夫そうならこのままこちらで次走に向けて調整していきたいと考えています」
     
2022/12/05 12/4(日)中山10R 市川ステークス〔D1,800m・16頭〕3着[9人気]
まずまずのスタートを切ると、道中は中団馬群の中で脚を溜めつつ進めます。直線入り口で外に持ち出されると、上がり3ハロン最速の脚を使って、3着まで追い上げています。
新開幸一調教師「このレースに向けてじっくりと調整させていただきましたし、良い状態で送り出すことが出来たと思います。今のトラモントにはこの条件が合うと思っていましたが、その通りの走りを見せてくれましたね。全体的に良い走りが出来ましたが、勢いを付けて直線に向いた方が良いタイプですから、4コーナーで前が壁になってしまい外に進路を取るのにモタついてしまった部分だけは、少し勿体なかったですね。そこがスムーズであれば、勝っていたとまでは言えないものの、2着に上がっていた可能性はあったと思います。北村宏司騎手は、『今回は前走以上に跨った際の雰囲気や走りのバランスが良かったですね。道中は結構前が流れていたので、自分のリズムで運んで行きましたが、4コーナーで前が壁になってスムーズに加速して行くことが出来ず、少し待たされてしまいました。そこは悔やまれますが、直線ではしっかりと脚を使ってよく頑張ってくれました』と話していました。54kgのハンデが向いた部分もあると思いますが、良い内容の競馬が出来たと思います。この後はトレセンに戻ってからの状態をよく見ながら、どうするか検討させていただきます」
     
2022/12/01 12/4(日)中山10R 市川ステークス〔D1,800m・16頭〕54 北村宏司 発走14:40
     
2022/11/30 助 手 11/30(水)南W重 70.2- 54.4- 40.4- 12.4[3]馬なり余力
     
2022/11/30 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:30日に南Wコースで時計
次走予定:12月4日の中山・市川ステークス〔北村宏司〕
新開幸一調教師「30日に南Wコースで追い切りを行いました。単走で70-40を目安に時計を出しましたが、ここまでコンスタントにWコースでの追い切りは積めていますし、元々レース当該週はサッと脚を伸ばす程度でと考えていましたから、予定通りの調教を消化することが出来ました。動きの方もゴールまで手応え良く走ることが出来ていて良かったですし、力を出すためのベースはこれで整ったのかなと感じています。年齢的にも大きな上積みがあるわけでは無いものの、現状は中山・D1,800mというこの条件が1番力を発揮できる印象ですし、今回も良い走りを見せてくれるのではないかと期待しています」
     
2022/11/30 12月4日(日)中山10R・市川ステークス〔54 北村宏司〕
     
2022/11/28 12月4日(日)中山10R・市川ステークス〔北村宏司〕
     
2022/11/27 上野翔 11/27(日)南W良 89.8- 73.0- 57.7- 42.1- 12.5 キリ不明
     
2022/11/23 上野翔 11/23(水)南W重 66.7- 51.6- 37.5- 12.0[7]G前仕掛け
 グランデボスコ(二未勝)強めの外0.5秒追走同入
 ミラーオブマインド(二歳1勝)馬なりの外0.3秒追走同入
     
2022/11/23 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:23日に南Wコースで時計
次走予定:12月4日の中山・市川ステークス〔北村宏司〕
新開幸一調教師「23日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の先頭から進め、直線では1番外に進路を取って脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。1週前追い切りになるので、今日はしっかりと負荷を掛けたいと考えていましたが、重馬場の中5ハロンから66.7秒と良い時計でまとめてくれたかなと思います。ゴール前は強めに促す格好になったものの、バテてしまった感じでは無いですし、脚取りは最後までしっかりとしていて良かったです。追い切りをこなすに連れて着実に状態は上向いてきていると感じますし、このまま来週に向けてしっかりと仕上げていきたいですね。なお、鞍上は前走に続いて北村宏司騎手に依頼しています」
     
2022/11/20 助 手 11/20(日)美坂良 58.3- 42.5- 27.8- 13.6 馬なり余力
     
2022/11/17 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:16日に南Wコースで時計
次走予定:12月4日の中山・市川ステークス
新開幸一調教師「16日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが先行して行き、直線では外に進路を取って脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。先週より1秒ほど時計を詰めたことや、今週のWコースの馬場が少し重かったこともあり、終いは乗り役が強めに促す格好となりましたね。若い頃のように一追い毎にグンと馬が良くなってくるわけではないものの、身のこなし・中身共に先週よりも着実に上向いてきている印象です。まだ予定のレースまで十分時間はありますから、この調子でしっかりと態勢を整えていければと思います」
     
2022/11/16 助 手 11/16(水)南W稍 68.6- 53.2- 38.6- 12.0[5]強めに追う
 ミラーオブマインド(二歳1勝)馬なりの外0.4秒先行同入
     
2022/11/13 助 手 11/13(日)南W良 71.7- 55.9- 40.9- 12.9[3]馬なり余力
     
2022/11/10 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:9日に南Wコースで時計
次走予定:12月4日の中山・市川ステークス
新開幸一調教師「9日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが先行して、直線では外に進路を取って脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。先週末に坂路コースを15-15くらいで登坂していますが、実質的に本格的な追い切りはこれが初めてだったので、70-40くらいを目安に無理のない程度で動かしています。手応え的には特に問題はありませんが、身のこなしはまだモタモタしてしまっていますし、中身の方もまだ乗り込みは必要かなという印象です。最近は年を重ねてきたからか、以前よりも仕上がりに少し時間を要する感じになっているものの、その分も計算に入れてこちらへ戻してもらっていますから、予定している第5回中山開催1週目には上手く態勢を整えることが出来ると思っています」
     
2022/11/09 助 手 11/9(水)南W良 69.5- 54.4- 39.4- 12.0[6]馬なり余力
 ワタシダケドナニカ(二歳1勝)馬なりの外0.7秒先行同入
     
2022/11/06 助 手 11/6(日)美坂良 60.0- 44.1- 29.2- 14.2 馬なり余力
     
2022/11/04 在厩場所:4日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:12月4日の中山・市川ステークス
新開幸一調教師「ノーザンファーム天栄で大きな問題なく乗り込めていたようですし、4日の検疫でこちらへ戻させていただきました。体調面に問題が無ければ、明日から乗り運動を開始していきたいと思います。第5回中山開催1週目にD1,800m戦が組まれているので、そこに向けて調整していきたいと考えています」
     
2022/11/04 4日(金)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2022/10/28 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:第5回中山開催
天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。動きに大きな上積みは見られないものの、悪くない手応えで走ることが出来ていますね。厩舎サイドとは第5回中山開催に向けて進めていく方向で打ち合わせているので、このまま14-13中心に動かして鍛えていければと思います。馬体重は520kgです」
     
2022/10/21 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週から週3回の坂路入りの内、1回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。脚取りはまだ良化途上なものの、ペースを上げてからも特に戸惑うことはありません。この調子で乗り込みながら、馬体の張り・艶の良化も図っていきたいですね。馬体重は520kgです」
     
2022/10/14 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「ハロン15秒ペースの動きに問題は無かったので、今週は登坂回数を週3回に増やし、ペースもハロン14秒に上げています。全体的な負荷を強めましたが、脚元に疲れが出て来ることは無いですし、動きもまずまずですから、さらなるペースアップも検討していきたいですね。馬体重は517kgです」
     
2022/10/07 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「こちらに戻って来て状態を確認しましたが、脚元を含めて特に問題はありませんでした。先週一杯は軽めのメニューに止めて、今週から坂路コースでの調教へと移行しています。まずは15-15で様子を見ていますが、脚取りに問題は無いですし、さらなるペースアップを図っていきたいですね。馬体重は514kgです」
     
2022/09/29 29日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2022/09/28 在厩場所:美浦トレセン/29日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
新開幸一調教師「トレセンに戻ってからよく馬体を確認しましたが、特に異常は見つかりませんでした。昨日は念のためにレントゲンを撮って脚元の状態を確認したものの、これと言った問題は見られず良かったです。明日ノーザンファーム天栄へ放牧に出す予定にしており、牧場での状態を見ながら判断させていただきたいと思いますが、今のところまた中山で走らせたい気持ちを持っています」
     
2022/09/28 29日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出る予定です。
     
2022/09/26 9/25(日)中山10R 内房ステークス〔D1,800m・16頭〕5着[11人気]
まずまずのスタートを切ると、道中は中団からレースを進めます。4コーナーから徐々に押し上げて行くと、直線ではゴールまでジワジワと脚を使って、掲示板を確保しています。
新開幸一調教師「5月の東京以来の競馬でしたが、パドックや返し馬で入れ込むことは無かったですし、良い雰囲気でレースに入って行くことが出来ましたね。レース当日は晴れて段々と馬場状態が回復していたとは言え、稍重発表だったように前日の雨の影響がまだ残っていましたし、あまり後ろからの競馬になると辛いなと思っていましたが、宏司(北村宏司騎手)もある程度スタート後に出して行ってくれて、道中は中団の良い位置から運ぶことが出来ました。4コーナーで追い上げて行く際にやや馬体が伸び気味になってしまった部分があったようで、そこでもっと楽に追走できていればより脚を伸ばせていたのかもしれませんが、直線ではよく頑張って掲示板を確保してくれました。久々のレースで何とか態勢が整ったかなという感じだったことに加え、湿った馬場で時計も速かったことを考えると、この馬の力は示してくれたと思いますし、中山のこの条件が今のトラモントにはベターなのかなという印象を受けました。この後はトレセンに戻ってからの状態を見て考えますが、これまで通り一旦リフレッシュさせる方向で検討しています」
     
2022/09/22 9/25(日)中山10R 内房ステークス〔D1,800m・16頭〕57 北村宏司 発走15:10
     
2022/09/22 上野翔 9/22(木)南W稍 87.2- 70.3- 54.0- 38.7- 11.9[6]強めに追う
 ゴールドフレーム(古馬2勝)馬なりの内0.1秒追走同入
     
2022/09/22 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:22日に南Wコースで時計
次走予定:9月25日の中山・内房ステークス〔北村宏司〕
新開幸一調教師「22日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが追走して行き、直線では内に進路を取って脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。時計的には5ハロンから70秒くらいとそこまで目立ちませんが、馬場の真ん中よりも外目を通ったことに加え、今日のWコースはクッションが利いて負荷が掛かる状態でしたから、良い内容の追い切りを消化できたと思います。上がって来た時の息遣いも悪くなかったですし、19日には坂路コースで55-40くらいを消化していることもあり、馬体の緩さも段々と解消してきている印象です。態勢的には特に不安な点は無いものの、心配なのは馬場状態ですね。今週末は雨予報になっていますし、その点だけが気掛かりですが、何とか状態の良さでカバーしてくれないかと思っています。なお、鞍上は北村宏司騎手で出馬投票させていただきました」
     
2022/09/21 25日(日)中山10R・内房ステークス〔57 北村宏司〕
     
2022/09/20 25日(日)中山10R・内房ステークス〔騎手未定〕
     
2022/09/19 助 手 9/19(月)美坂重 54.6- 40.4- 26.3- 13.1 馬なり余力
     
2022/09/14 助 手 9/14(水)南W良 69.0- 54.0- 39.8- 12.3[4]直強め追う
 ブルトンクール(古馬2勝)馬なりの外0.5秒先行同入
     
2022/09/14 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:14日に南Wコースで時計
次走予定:9月25日の中山・内房ステークス
新開幸一調教師「14日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが先行して、直線では外に進路を取って脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。直線ではまだスッと反応できないところはありますが、5ハロンから69.0秒と先週より少し時計を詰めた中でも、全体的な動きの印象は良化してきています。馬体には少し緩さが残るものの、見た目にはシャキッとした感じが増して、良い意味で気持ちの方がピリッとしてきた印象です。まだ予定しているレースまで1週間余りあることを考えれば、中身を含めて大きな問題なく態勢を整えることが出来そうです」
     
2022/09/11 上野翔 9/11(日)美坂良 57.6- 42.0- 27.4- 13.4 馬なり余力
     
2022/09/08 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:7日に南Wコースで時計
次走予定:9月25日の中山・内房ステークス
新開幸一調教師「こちらに帰厩後は馬体面に問題は無かったので、先週末には南Wコースで71-40くらいのところでサッと脚を伸ばしています。そして、今週は7日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが先行して、直線では外に進路を取って脚を伸ばしましたが、最後は2馬身ほど遅れてゴールしています。見た目には余裕がある印象ですから、今週は長めから時計を出すようにしたものの、直線では乗り役の手が強めに動いていたように、身のこなしはまだモタモタしてしまっていましたね。上がってきてからも息が戻るまでいつもより時間が掛かっていましたし、見た目・中身共に良化を図っていく必要が有ります。しっかりと負荷を掛けた調教を行えているように、脚元を含めて馬体に問題はありませんし、まだ目標のレースまで時間はありますから、この調子で乗り込みつつ状態を上向かせていきたいですね」
     
2022/09/07 助 手 9/7(水)南W稍 86.0- 70.8- 55.5- 40.7- 13.0[6]直強め追う
 ザメイダン(障オープン)直一杯の外0.5秒先行0.4秒遅れ
     
2022/09/04 助 手 9/4(日)美W良 71.4- 55.4- 40.4- 12.9 馬なり余力
     
2022/09/02 在厩場所:2日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:9月25日の中山・内房ステークス
新開幸一調教師「ノーザンファーム天栄でコンスタントに速めのところをこなしつつ進めることが出来ていたようですし、2日の検疫で帰厩させていただきました。よく馬体をチェックして問題なければ、明日から乗り運動を開始していきたいと思います。今のところ、第4回中山開催3週目の内房ステークスに向けて調整していければと考えています」
     
2022/09/02 2日(金)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2022/08/29 9月2日(金)に美浦トレセンへ帰厩する予定です。
     
2022/08/26 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週も週3回坂路コースで速めのところを行っています。速めを行った後はよくケアするようにしているので、歩様はキープしつつ進めることが出来ています。今の感じであれば、9月中の競馬を視野に入れることが出来そうですし、このまま状態を整えていきたいですね。馬体重は524kgです」
     
2022/08/19 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。動きには良くも悪くも変化は無いものの、暑さに負けずに中身の濃い調教をしっかりと積めているのは良い点ですね。精神的に煮詰まってしまわないように気を付けつつ、運動を続けていければと思います。馬体重は526kgです」
     
2022/08/12 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週から週3回の坂路入りの内、2回は終いハロン13秒まで脚を伸ばすようにしています。全体的な負荷を一段階上げましたが、馬体には張りがあって健康状態に問題はありません。このまま順調に乗り込むことが出来れば、9月後半から10月にかけての競馬が視野に入ってくるのかなと考えています。馬体重は527kgです」
     
2022/08/05 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。速めのペースを交えてまずまずの負荷を掛けていますが、歩様に硬さが出て来たり、飼い葉食いが落ちてしまうようなことはありません。このまま14-13中心に乗り進めつつ、中身の方を整えていければと思います。馬体重は520kgです」
     
2022/07/29 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週は再び坂路コースでは14-13ペースを交えつつ乗り込みを行っています。ここまでコンスタントに乗り進めていますが、脚元を含めて疲れが出て来ることはありませんね。この調子でしっかりとしたベースを築いていけるように努めていきます。馬体重は522kgです」
     
2022/07/22 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週も坂路入りする回数は週3回で変わりありませんが、ペースはハロン14秒に止めています。先週よりは少し全体的な負荷を落としているものの、脚元に異常はありませんし、運動量自体もそれなりに積めていますから、特に心配する必要はありません。馬体重は520kgです」
     
2022/07/15 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り進めています。継続的に乗り込んでいることで、体力面が少しずつ高まってきている印象ですし、さらに全体的な負荷を強めていくことが出来そうです。今後も脚元はよくケアしつつ調整していければと思います。馬体重は521kgです」
     
2022/07/08 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週も週3回しっかりと乗り込みを積むことが出来ています。脚元を含めて大きな問題は無いものの、昇級後の2戦はあまり良い結果が出ていませんし、今回はしっかりとこちらで乗り込んでから次走に向けて進めていく方針となっています。馬体重は524kgです」
     
2022/07/01 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。坂路での脚取り自体は先週と良くも悪くも変わりありません。ただ、暑さもあってか上がって来た後の息の戻りはまだ遅いので、この調子で乗り込んで鍛えていく必要がありそうです。馬体重は530kgです」
     
2022/06/24 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週から週3回の坂路入りの内、1回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。この馬なりに順調に乗れていますし、今週はさらに全体的な負荷を強めています。まだベースの部分は整っていないものの、これくらいで継続して動かしていくことは出来そうです。馬体重は524kgです」
     
2022/06/17 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週の登坂回数は週3回に減っていますが、ペースはハロン14秒に上げています。ペースアップ後も脚取り自体は悪くなく、大きな問題なく対応することが出来ています。ただ、中身や体調面については良化途上ですし、今後も時間を掛けながら上向かせていきたいと思います。馬体重は527kgです」
     
2022/06/10 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週4回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週から坂路コースでの調教へと移行しており、現在はハロン15秒ペースで乗っています。手応えには特に問題はなく、さらにペースを上げていくことが出来そうですね。ただ、ここまでコンスタントに使ってきていることもあり、競馬の疲れがまだ残っていて体調面はもう一つに映りますし、焦らずに調整していきたいと思います。馬体重は528kgです」
     
2022/06/03 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンター
次走予定:未定
天栄担当者「こちらに戻って来て状態を確認しましたが、脚元を含めて大きな問題はありませんでした。念のために先週一杯は軽めの運動で様子を見ていたものの、特に異常は無さそうだったので、今週から周回コースで軽めのキャンターを行っています。馬体重は524kgです」
     
2022/05/26 26日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2022/05/25 在厩場所:美浦トレセン/26日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
新開幸一調教師「こちらに戻って来てからは、念のためにレントゲンを撮って脚元の状態を確認しましたが、これと言った問題は見られませんでした。放牧を挟みながらもここまでコンスタントに競馬を使ってきていますし、この後は予定通り放牧に出させていただき、心身のリフレッシュを図りたいと思います」
     
2022/05/25 26日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出る予定です。
     
2022/05/23 5/22(日)東京12R 丹沢ステークス〔D2,100m・16頭〕8着[3人気]
まずまずのスタートから促して行き、道中は中団前目からレースを進めます。4コーナーから鞍上の手が動き始めると、直線ではジリジリとした脚色で伸び切れず、中団で流れ込んでいます。
新開幸一調教師「以前に比べるとパドックでも落ち着いて周回できていました。ただ、発走時間が後ろにずれたことで、鞍を着けた後にいつもより待たされる格好になり、扇風機のある馬房内で待機させていました。ずっとそこで待っていられれば良かったのですが、段々と馬がイライラし出してきてしまったので、馬房から出して日陰を歩かせながらパドック入りまでの時間を待っていました。この時期としては暑さが厳しかったですし、そうしたこともあって、周りと比べると発汗が目に付いていました。それにレースでも向正面で流れが落ち着きそうなタイミングで、外から上がって行った他馬に反応してハミを噛む場面があり、一つひとつのロスとしてはそう大きくは無かったものの、そういったことが積み重なってしまったことで、最後はスタミナ切れのような格好になってしまいましたね。ロスなく運べればこの条件でも対応は出来ると思いますが、今日のように安定したスタートを切れるのであれば、もう少し距離は詰めた方が良いのかもしれません。この中間に息遣いが気になったので、その点について石川裕紀人騎手に確認したところ、『返し馬やレース中にも特に気になりませんでした。ゴール板を過ぎた後にやや気になるかなと言ったくらいで、特に問題はないと思います』と話していました。トレセンに戻って脚元の状態を確認した後は、いつも通りリフレッシュさせる方向で考えています」
     
2022/05/19 5/22(日)東京12R 丹沢ステークス〔D2,100m・16頭〕54 石川裕紀人 発走16:25
     
2022/05/19 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:18日に南Wコースで時計
次走予定:5月22日の東京・丹沢ステークス〔石川裕紀人〕
新開幸一調教師「18日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが追走する形で進めて、直線では内に進路を取って脚を伸ばして、最後は同入しています。先週は直線でモタつくところが見られたものの、その先週の追い切りでしっかりと負荷を掛けることが出来たため、今週は馬なりのままスッと脚を伸ばすことが出来ていましたね。動き・中身共に着実に良化してきているなと実感できますし、状態的には良い形で送り出すことが出来そうです。天気予報を見ると日曜日に少し雨が降りそうなものの、それまでは雨が降ることは無さそうです。多少馬場が渋った程度なら対応してくれると思いますし、来週末に天気が崩れる可能性もありますから、今週の丹沢ステークスに出馬投票させていただきました。昨年にこの条件を使った際にはレース前から発汗が目立ち、力を発揮できませんでしたが、去勢した今では落ち着いて競馬が出来るようになっていますから、改めて良い走りを期待しています」
     
2022/05/18 見 習 5/18(水)南W良 83.6- 67.1- 52.1- 37.2- 11.6[4]馬なり余力
 タスマンハイウェイ(古馬1勝)末強めの内1.0秒追走同入
     
2022/05/18 22日(日)東京12R・丹沢ステークス〔54 石川裕紀人〕
     
2022/05/16 今週出馬投票する可能性があります。
     
2022/05/15 助 手 5/15(日)南W稍 71.6- 55.7- 40.8- 13.1[5]馬なり余力
     
2022/05/12 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:11日に南Wコースで時計
次走予定:5月22日の東京・丹沢ステークス〔石川裕紀人〕、もしくは5月28日の中京・伊勢ステークス
新開幸一調教師「11日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが追走して、直線では内に進路を取って脚を伸ばすと、最後は同入しています。来週の競馬も視野に入れているので、今週はしっかりと負荷を掛けるようにしました。直線では強めに追う格好となったものの、先週末にもWコースで70-40くらいのところをこなしているので、全体的な動きや中身共に大きな問題はありませんでした。ただ、以前よりも普段の運動時での呼吸音が大きくなってきている印象だったことから、念のために獣医師に内視鏡で喉の状態を診てもらいましたが、特に疾患は見当たりませんでした。追い切りでも苦しくてパフォーマンスが落ちてしまうような感じは見られませんし、大きな心配は要らないと思いますが、引き続きよく注意して進めていきたいと思います。なお、来週の丹沢ステークスに向かう場合は石川裕紀人騎手に乗ってもらう予定です」
     
2022/05/11 上野翔 5/11(水)南W良 66.3- 51.4- 37.5- 11.8[6]一杯に追う
 トゥーフェイス(古馬3勝)馬なりの内0.4秒追走同入
     
2022/05/09 見 習 5/8(日)南W稍 86.2- 69.9- 54.7- 39.6- 12.6[5]馬なり余力
     
2022/05/05 在厩場所:5日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:5月22日の東京・丹沢ステークス、もしくは5月28日の中京・伊勢ステークス
新開幸一調教師「ノーザンファーム天栄でもよく状態を確認してもらいましたが、大きな問題なく乗り運動を行えていたということですし、5日の検疫でこちらへ戻させていただきました。体調面に問題なければ明日から調教を開始していく予定ですが、今のところ5月22日の東京・丹沢ステークス、もしくは翌週の中京・伊勢ステークスでの出走を考えており、追い切りでの動きはもちろん天候も確認しながら、どちらに向かうか検討していきたいと思います」
     
2022/05/05 5日(木)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2022/04/29 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「こちらに戻って来て状態を確認しましたが、脚元を含めて異常はありませんでした。先週一杯は軽めのところで様子を見ていましたが、大きな問題はなさそうだったので、今週から坂路入りしています。ハロン15秒を経て、現在はハロン14秒で乗っており、この調子で徐々に負荷を強めていければと思います。馬体重は523kgです」
     
2022/04/20 在厩場所:20日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧
調教内容:
次走予定:未定
新開幸一調教師「繊細な部分がある馬ですし、馬場状態を含めてこの馬に適した条件にならず、良い結果を残すことが出来ませんでした。トレセンに戻ってからは、念のためにレントゲン検査を行いましたが、骨折経験のある左前脚を含めて異常はありませんでした。前走からあまり間隔を空けずに使わせていただきましたし、この後は一旦ノーザンファーム天栄へ放牧に出してリフレッシュを図りたいと思います」
     
2022/04/20 20日(水)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2022/04/18 4/16(土)中山10R 下総ステークス〔D1,800m・12頭〕6着[1人気]
スタートで躓いてしまい、中団外目からの競馬になります。3コーナーから押っつけ気味の追走となり、直線でも末脚は活かせずに昇級初戦は6着で終えています。
新開幸一調教師「前走の勝ち方が非常に強かったので、昇級初戦でも好勝負になると思っていましたが、スタートのタイミングが合わなかったことから、1歩目で躓くような形となってしまい、それが最後まで響きましたね。加えて、湿ったダートで時計もかなり速かったですし、今日のような条件ですとこの馬の良さが活きません。騎乗した明良(菅原明良騎手)も『今日はハミを取ってくれなかったことで、行きっぷりが良くなかったですね。前走はむしろ引っ張るくらい抜群の手応えだっただけに、軽い馬場が合わなかったのでしょうか。終いは何とか差を詰めてくれてはいるのですが…』と話していましたし、その点に関してはお互い同じ認識を持っていました。これまでよりも短い間隔で使わせてもらいましたので、その影響もあるのかもしれませんから、トレセンへ戻って脚元をよく確認させていただいた後、一旦牧場へお返しする方向で考えています」
     
2022/04/14 4/16(土)中山10R 下総ステークス〔D1,800m・12頭〕57 菅原明良 発走15:00
     
2022/04/13 助 手 4/12(火)美坂良 62.6- 46.1- 30.1- 14.9 馬なり余力
上野翔 4/13(水)南W良 85.7- 68.7- 53.3- 38.3- 11.3[6]強めに追う
 ゴールドフレーム(古馬2勝)強めの内0.4秒追走0.1秒先着
     
2022/04/13 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:13日に南Wコースで時計
次走予定:4月16日の中山・下総ステークス〔菅原明良〕
新開幸一調教師「13日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが追走して、直線では内に進路を取って脚を伸ばすと、最後は少し先着する形でゴールしています。先週は追い付けず単走になってしまったので、今回はしっかりと併せて行きましたが、最後まで力強いフットワークで走ることが出来ていましたね。先週末にも南Wコースで70-40を切るくらいのところを消化していますし、今日の走りを見ても先週分のリカバリーは上手く出来たのかなと感じています。先週末・今週と上野翔騎手に調教を手伝ってもらいましたが、『自分からグングンと進んで行く感じではなかったですが、その中でもしっかりとした動きが出来ていたと思います』と話していました。去勢の効果でここ最近は安定して走れるようになっていますし、力を出せる仕上がりで出走させることが出来そうですから、昇級初戦でも良い勝負になると感じています」
     
2022/04/13 16日(土)中山10R・下総ステークス〔57 菅原明良〕
     
2022/04/11 上野翔 4/10(日)南W良 69.6- 54.8- 40.0- 12.3[4]馬なり余力
     
2022/04/11 16日(土)中山10R・下総ステークス〔菅原明良〕
     
2022/04/07 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:6日に南Wコースで時計
次走予定:4月16日の中山・下総ステークス〔菅原明良〕
新開幸一調教師「6日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが追走して、直線では内に進路を取って脚を伸ばしましたが、最後まで追い付くことが出来ませんでした。1週前追い切りになるので、直線では馬体を並べてある程度気合いを入れておこうと考えていたものの、前半で前の馬と離れ過ぎてしまったので思ったような形にならず、単走の扱いになってしまっているかもしれません。内容的にはスムーズさを欠いてしまったものの、時計的には5ハロンから69.0秒とそこまで悪くは無かったですし、息遣いにも特に問題はありませんでした。まだ今週末と来週で時計を出せますし、来週の競馬に向けて上手くリカバリーしながら調整していきたいと思います。なお、鞍上は引き続き明良(菅原明良騎手)に依頼しています」
     
2022/04/06 見 習 4/6(水)南W稍 85.8- 69.0- 53.8- 39.6- 12.3[4]一杯に追う
     
2022/04/04 見 習 4/3(日)南W良 72.5- 57.1- 42.1- 13.8[5]馬なり余力
     
2022/04/01 在厩場所:1日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:4月16日の中山・下総ステークス
新開幸一調教師「ノーザンファーム天栄で大きな問題は見られなかったということですし、1日の検疫でこちらへ戻させていただきました。脚元を中心にチェックさせていただき、問題なければ明日から調教を開始していきたいと思います。今のところ、第3回中山開催最終週のD1,800m戦に向けて進めていきたいと考えています」
     
2022/04/01 1日(金)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2022/03/25 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週から登坂回数を週3回に増やしており、その内の1回は終いハロン13秒に脚を伸ばしています。ペースアップ後も良い意味で脚取りに変わりはなく、前走の疲れが出て来ることはありませんね。いつ帰厩の声が掛かっても良いように、このまま準備しておきたいと思います。馬体重は522sです」
     
2022/03/18 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「こちらに戻って来て状態を確認しましたが、脚元を含めて特に問題はありませんでした。早速今週から坂路入りしており、現在はハロン14秒ペースで乗っています。厩舎サイドからは短期で戻すことも検討していると言われていますので、その点も頭に入れて調整していきます。馬体重は523sです」
     
2022/03/10 10日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2022/03/09 在厩場所:美浦トレセン/10日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
新開幸一調教師「先週は改めておめでとうございました。調教時から成長を感じていましたし、それをこうして結果に繋げることが出来て良かったです。トレセンに戻って状態を確認しましたが、脚元を含めて大きな問題は見られませんでした。この後はこれまで通り一旦リフレッシュさせていただき、牧場での状態を見ながら今後について検討していきます。相性の良い中山開催ももちろん選択肢の一つですが、精神面に成長が見られる今なら、そこに拘らず広い選択肢を持って考えていきたいですね」
     
2022/03/09 10日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出る予定です。
     
2022/03/07 3/5(土)中山12R 4歳上2勝クラス〔D1,800m・14頭〕優勝[1人気]
大外枠から互角のスタートを切ると、流れに乗って中団前からの競馬になります。早めに進出を開始しますが、脚色は最後まで衰えず、後続に3馬身半差つけて圧倒的人気に応えています。
新開幸一調教師「ここ最近も去勢の効果で落ち着きがあったものの、特にこの中間はその効果が如実に表れていて、非常にどっしりと構えてくれるようになりましたね。これまではテンションが上がってしまい、パドックでは口から泡を吹いたり発汗が出るなど、レース前にかなり体力を消耗してしまう馬だったのですが、今回はそれも無かったですし、ジョッキーが跨った時に適度な気合が入って競馬へ臨めました。明良(菅原明良騎手)も『一連の流れで何も言うことが無い』と褒めていたように、ようやく本物になってきた感じがしますね。競馬の内容も捲ってきた馬につられて早めに仕掛ける形となったものの、後続の目標にされてからもこちらは最後まで脚を使えていましたし、見た目以上に強い勝ち方が出来たと思います。明良は『大外枠なので、どのような競馬でも出来るなと考えていました。とにかく力の有る馬なので、リズムだけは崩さずに進めましたが、向こう正面で動いていっても最後は後ろを突き放すくらいの快勝でしたね。勝ちに行く競馬をしてこのパフォーマンスですし、これなら上のクラスでも十分通用すると思います。心身ともに成長してきて確実に力を付けていますね』と話していました。いつも通りこの後は一度牧場へお戻ししてリフレッシュを図るつもりですが、牧場へ戻ってからコンディションが落ちないようであれば、もう一度中山開催で使いたい気持ちがあります」
     
2022/03/03 3/5(土)中山12R 4歳上2勝クラス〔D1,800m・14頭〕57 菅原明良 発走16:25
     
2022/03/02 見 習 3/2(水)南W良 85.4- 68.5- 53.6- 39.5- 12.8[4]馬なり余力
 ポップパフォーマー(三未勝)馬なりの外0.5秒先行同入
     
2022/03/02 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:2日に南Wコースで時計
次走予定:3月5日の中山・D1,800m〔菅原明良〕
新開幸一調教師「2日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが先行して、直線では外に進路を取って脚を伸ばすと、最後は同入しています。先週末にも南Wコースで70-40くらいの時計を出せており、ここまでコンスタントに調教を積めていますから、当該週はサッと脚を流す感じに止めましたが、動きはしっかりとしていて良かったですね。中身の方にもこれと言った問題はなく、良い状態で今週の競馬に向かうことが出来そうです。今回の調整時はこれまでと比べても、良い意味で馬がドッシリとしていて、上のクラスでも通用しそうな風格が出て来たように感じますから、良い結果を出して欲しいと期待しています」
     
2022/03/02 5日(土)中山12R・D1,800m〔57 菅原明良〕
2022/02/28 助 手 2/27(日)南W良 87.5- 70.6- 55.0- 39.9- 12.9[4]馬なり余力
     
2022/02/28 3月5日(土)中山12R・D1,800m〔菅原明良〕
     
2022/02/24 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:23日に南Wコースで時計
次走予定:3月5日の中山・D1,800m〔菅原明良〕
新開幸一調教師「23日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが追走する形で進めて、直線では内に進路を取って脚を伸ばすと、先着する形でゴールしています。真ん中よりも内目を通る形でしたが、最後まで持ったままの手応えで走り切ることが出来ており、動きはしっかりとしていて良かったですね。上がって来た時の息遣いを聞いても、先週より中身も整ってきている印象ですし、レースが近づくと自然とピリッとしてくるタイプですから、来週の競馬には十分態勢を整えることが出来るでしょう。何よりも馬がドッシリしていて、良い意味で落ち着きが出てきたように感じますし、今の雰囲気を維持しながら進めていければと思います。鞍上は前走に続いて明良(菅原明良騎手)に依頼しています」
     
2022/02/23 助 手 2/23(水)南W良 83.5- 68.0- 53.0- 38.1- 12.0[4]馬なり余力
 セブンパワー(古馬1勝)馬なりの内2.1秒追走0.4秒先着
     
2022/02/21 見 習 2/20(日)南W重 73.2- 56.7- 40.9- 13.2[3]馬なり余力
     
2022/02/17 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:16日に南Wコースで時計
次走予定:3月5日の中山・D1,800m
新開幸一調教師「先週末には南Wコースで時計を出せているように、帰厩後は大きなトラブル無く調整を進めることが出来ています。16日には南Wコースで併せて追い切りを行い、道中はトラモントが先行する形で進め、直線では外に進路を取って脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。ハロー明けで走りやすい馬場状態ではあったものの、以前は先行する形だと注意力に散漫なところを見せて、自らスッと動けない部分がありましたが、今回は最後まで気を抜かずにしっかりと走れており、改めて去勢の効果を実感しますね。まだ体付きや息遣いには余裕が残るものの、あと2週ほどあれば態勢が整ってきそうですし、第2回中山開催2週目のD1,800m戦を目標に進めていく方針です」
     
2022/02/16 見 習 2/16(水)南W稍 85.8- 68.9- 53.6- 38.6- 11.6[5]馬なり余力
 ロジティナ(古馬3勝)馬なりの外0.7秒先行同入
     
2022/02/14 見 習 2/13(日)南W稍 69.2- 53.3- 39.0- 12.4[5]強めに追う
     
2022/02/10 在厩場所:10日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:第2回中山開催
新開幸一調教師「10日の検疫が回ってきましたので、こちらへ戻させていただきました。馬体をよく確認させていただき問題なければ明日から調教を開始して、第2回中山開催での出走を目指して調整していきます」
     
2022/02/10 10日(木)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2022/02/04 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:第2回中山開催
天栄担当者「ハロン14秒ペースでの動きに問題はなかったですし、今週から週1回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。徐々に負荷を強めながらも、脚元や息遣い等に問題が出て来ることは無いですし、今のところ第2回中山開催を目指して調整していく方針です。馬体重は522sです」
     
2022/01/28 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいますが、動きの方は良い意味でこれまで通りといった印象です。ただ、吸入のケアはまだ必要な状況ですから、その辺りのことも考慮しつつ、今後について検討していければと考えています。馬体重は526sです」
     
2022/01/21 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週から登坂回数を週3回に増やしており、ペースもハロン14秒に上げています。全体的な負荷を強めていますが、脚元・歩様共に問題なく調整できています。ただ、時期的なこともあってか、たまに咳をしているので、この中間から吸入を行ってケアしています。馬体重は523sです」
     
2022/01/14 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「こちらに戻って来て状態を確認しましたが、脚元を含めて特に問題はなかったので、今週から坂路コースでの乗り運動を開始しています。ただ、馬体は幾らか寂しく映りますし、その辺りの回復具合を見ながら調整を進めていきたいと思います。馬体重は512sです」
     
2022/01/08 8日(土)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2022/01/06 1/5(水)中山7R 4歳上2勝クラス〔D1,800m・16頭〕2着[5人気]
少しスタートで後手を踏むも、巻き返して道中は中団での競馬になります。ペースが速くなったところでも我慢して、4コーナーから満を持して追い出されると、直線では前との差を徐々に詰めてきますが、惜しくも勝ち馬と同タイムの2着で終えています。
新開幸一調教師「スタートしてから1コーナーに入るところで前をカットされる形となり、そして向こう正面では捲っていく馬につられそうになって折り合いを欠きました。更に3コーナーでは両サイドに挟まれて明良(菅原明良騎手)が落ちてしまいそうになっていましたし、随分とガチャガチャとした競馬だったものの、これだけスムーズさを欠いた中でよく2着と頑張ってくれましたね。以前のトラモントなら、気難しさを見せてどこかすっ飛んで行ってもおかしく無かったですし、そう考えると去勢した効果は抜群だったと思います。ただ、本音を言えばあそこまで行けば勝って欲しかったのですが・・・。根気強く最後まで伸びてくれたことは収穫ですが、それだけでなくレースへ向かうまでの過程も非常に良くなっていますので、もうそろそろこのクラスでも出番が来て良いでしょう。この後に関しては、トレセンへ戻って馬体をよく確認してから決める方針ではあるものの、骨折経験のある馬ですから、基本的には一度牧場へお戻しさせていただく方向で考えています」
     
2022/01/03 1/5(水)中山7R 4歳上2勝クラス〔D1,800m・16頭〕57 菅原明良 発走13:15
     
2022/01/03 助 手 12/31(金)南W良 69.3- 53.3- 38.2- 11.8[4]一杯に追う
 タイセイアンシェル(古馬2勝)馬なりの内0.6秒追走0.2秒遅れ
助 手 1/2(日)美坂良 56.1- 41.4- 27.5- 13.8 馬なり余力
     
2022/01/03 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:2日に坂路コースで時計
次走予定:1月5日の中山・D1,800m〔菅原明良〕
新開幸一調教師「変則日程での調整になっていますが、特に問題なく調教を進めることが出来ています。南Wコースでの追い切りは昨年の31日に併せる形で実施しており、道中はトラモントが追走して、直線では内に進路を取って脚を伸ばしたものの、最後は少し遅れてゴールしています。前の馬に追い付くことは出来なかったですが、直線での脚取りは力強かったですし、しっかり負荷を掛けることは出来ましたから、これで状態が上向いてきそうな感触を持つことが出来ましたね。年が明けて2日には坂路コースで時計を出しており、単走でサッと脚を伸ばす程度に止めていますが、最後まで余裕があるフットワークで駆け上がることが出来ていました。前走は軽い馬場になってしまい、4着まで差を詰めるので精一杯でしたが、今の時期の力を要する中山の馬場は“トラ”モントに合うと思いますから、“寅”年に幸先良いスタートを切れるよう頑張ってもらいたいですね」
     
2021/12/29 助 手 12/28(火)美坂良 56.3- 41.6- 27.4- 13.7 馬なり余力
     
2021/12/29 2022年1月5日(水)中山7R・D1,800m〔菅原明良〕
     
2021/12/27 助 手 12/26(日)南W良 85.4- 68.8- 53.5- 38.8- 12.3[5]直強め追う
 タイセイアンシェル(古馬2勝)馬なりの内0.5秒追走同入
     
2021/12/23 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:22日に南Wコースで時計
次走予定:2022年1月5日の中山・D1,800m〔菅原明良〕
新開幸一調教師「先週末に帰厩した後も体調面にこれと言った問題は見られなかったので、22日に南Wコースで追い切りを行いました。帰厩後初時計ということもあり、無理せず単走の形を採っており、全体で69秒を切るくらいのところでサッと脚を伸ばしています。コースの内目を通ったとは言え、手応えには最後まで余裕がありましたし、脚取りもしっかりとしていましたから、合格点を与えられる動きだったと思います。中身の方はもう少し整えていく必要はあるものの、今のところ年明けの中山開催1週目に組まれているD1,800m戦に菅原明良騎手で挑む予定にしています」
     
2021/12/22 助 手 12/22(水)南W良 68.9- 53.8- 39.7- 12.9[2]馬なり余力
     
2021/12/18 18日(土)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2021/12/17 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄/18日に美浦トレセンへ帰厩予定
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:2022年第1回中山開催
天栄担当者「今週も週3回坂路コースで速めのところをコンスタントにこなしていますが、手応えは良好です。厩舎サイドから明日の検疫が回ってきたので帰厩させたいと連絡がありましたが、良い状態でバトンタッチすることが出来そうです。馬体重は530sです」
     
2021/12/17 18日(土)に美浦トレセンへ帰厩する予定です。
     
2021/12/10 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:2022年第1回中山開催
天栄担当者「この中間も坂路コースでの週3回の乗り込みを中心に進めています。まだ息遣いには良化の余地を残すものの、動きの方は段々としっかりしてきていますね。今のところ、年明けの第1回中山開催に向けて調整していく方針です。馬体重は523sです」
     
2021/12/03 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週から週3回の内2回は、14-13ペースで登坂するようにしています。本格的に14-13中心のメニューへ移行しましたが、疲れが出て来ることなく、脚取りもまずまずですね。この調子で乗り込んでいき、中身をもっと整えていきたいですね。馬体重は525sです」
     
2021/11/26 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週は登坂回数を週3回に増やして乗り込んでいます。動きの方はまずまずですが、まだ14-13ペースを始めてそれほど時間が経っていませんし、これから寒さが厳しくなってくることを考えると、無理せず年明けでの出走を目指して態勢を整えていく方が良いのかなと考えています。馬体重は523sです」
     
2021/11/19 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週の登坂回数は週2回だけですが、その内の1回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。ペースアップ後もまずまずの脚取りで駆け上がっているものの、中身の方はもう少し乗り込んだ方が良いのかなという印象です。馬体重は523sです」
     
2021/11/12 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週は登坂回数を週3回に増やし、ペースもハロン14秒に上げています。全体的な負荷を強めましたが、今のところ歩様には良い意味で変わりありません。ただ、骨折経験のある左前脚を含めて注意していくことに変わりはないので、今後もよくケアしつつ調整していきます。馬体重は521sです」
     
2021/11/05 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、左前の歩様にはやや硬さが見られるものの、レース前と比べて大きく悪化している印象はありません。膝の状態も落ち着いていることから、今週から坂路コースでの乗り込みを開始しており、今後は徐々にペースを上げていく方針です。馬体重は520sです」
     
2021/10/27 在厩場所:27日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧
調教内容:
次走予定:未定
新開幸一調教師「全く煩いところが無くなったわけではなかったですが、去勢前と比べると入れ込み具合はマシになっていましたし、復帰初戦としてはまずまずの内容で終えることが出来たのではないかなと思います。トレセンに戻ってきて状態を確認し、念のために脚元はレントゲンを撮ってもらったものの、これといった問題は見られず安心しました。優先出走権を獲ってくれましたが、これまでの経緯を考えると一旦放牧に出して心身ともにリフレッシュさせてから次に向かった方が良いと思いますから、本日ノーザンファーム天栄へ移動させていただきました」
     
2021/10/27 27日(水)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2021/10/25 10/24(日)新潟12R 鳥屋野特別〔D1,800m・14頭〕4着[4人気]
マイナス10kg。スタートは若干ゆったりと出てしまったものの、馬のリズムに合わせて後方からの競馬になります。それでも上がり3ハロン最速の脚を使って末脚を伸ばすと、去勢明け初戦は人気通りの4着で終えています。
新開幸一調教師「他馬が多い時間帯で運動を行ってもピリピリすることは無かったですし、中間の攻め馬からは気持ちの面は多少なりとも成長しているかなと感じていました。実際に装鞍やパドックでテンションが上がることは無く、以前のようにレース前に発汗したり、メンタル面が煮詰まることはありませんでしたからね。それらを踏まえると去勢の効果はかなり有ったのではないでしょうか。また、スタートしてから馬のリズムは良くて、変に気負ったりすることも無かったですし、この点も今までよりスムーズでしたから、気性面はやはり成長したと言えるでしょう。体は二桁減ってはいたものの、調教をしっかりと積んでのもので、決してガレている様子もありませんでしたし、これまでは中間の調教でテンションが上がり過ぎないように加減していた部分も多少なりともありましたから、それが無くなって去勢明け初戦ということを考えれば、これくらいで丁度良かったと思いますよ。乾いた馬場であればひと捲り出来たのでしょうが、今日の馬場では難しいので、それを考えれば良く伸びてきていますから、この走りが自信に繋がってくれれば今度はもっと良い競馬になってくるでしょう。骨折経験のある馬なので、ここは無理せずに一旦牧場へお戻しして心身をリフレッシュさせたいと思います」
     
2021/10/21 10/24(日)新潟12R 鳥屋野特別〔D1,800m・14頭〕55 富田暁 発走16:00
     
2021/10/20 助 手 10/20(水)南W稍 68.1- 53.5- 38.9- 12.3[5]一杯に追う
 ロジティナ(古馬3勝)一杯の内0.4秒追走同入
     
2021/10/20 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:20日に南Wコースで時計
次走予定:10月24日の新潟・鳥屋野特別〔富田暁〕
新開幸一調教師「20日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが追走して、直線では内に進路を取って脚を伸ばすと、最後は同入しています。今週も直線ではしっかり追う形になりましたが、一杯に追ったのは相手も同じでしたし、それに格上馬相手に遅れを取らなかったことは評価できると思います。先週末にも南Wコースで長めのところをこなしていることもあり、先週よりも全体的な動きは良化してきているように感じますし、少し間が空いていることを考えると、まずまずの状態で送り出すことが出来そうですね。実際にレースへ行ってどうなるか未知数なところはあるものの、普段の感じからは去勢の効果が見られますし、持っている力をフルに発揮できれば、勝ち負けを期待できるのではないかと思っています」
     
2021/10/20 24日(日)新潟12R・鳥屋野特別〔55 富田暁〕
     
2021/10/18 助 手 10/17(日)南W稍 87.4- 71.6- 56.1- 40.3- 12.8[4]馬なり余力
     
2021/10/18 24日(日)新潟12R・鳥屋野特別〔富田暁〕
     
2021/10/14 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:13日に南Wコースで時計
次走予定:10月24日の新潟・鳥屋野特別〔富田暁〕
新開幸一調教師「13日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが追走して、直線では内に進路を取って脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。併せたのが同クラスで今週の競馬を予定している馬だったので、相手に比べると強めに追う格好となり、直線での動きは正直見劣ってしまいましたね。降雨の影響で時計の掛かる馬場状態ではあったものの、追い出されてからも少しモタモタした感じがあったので、まだ休み明けの分の余裕があるのかなという印象です。それでも、今週は長めからしっかりと負荷を掛けることが出来ましたから、これで上向いてきてくれると思います。ここまでコンスタントに追い切りをこなしても、気持ちの方は変にカリカリしていないのは良い印象ですし、今の雰囲気を保ったまま、より馬体をフィットさせられるように努めていきます。なお、来週の鞍上は富田暁騎手に依頼しています」
     
2021/10/13 助 手 10/13(水)南W稍 86.9- 69.9- 54.0- 39.0- 12.4[6]強めに追う
 ゴールドフレーム(古馬2勝)馬なりの内0.6秒追走同入
     
2021/10/11 助 手 10/10(日)南W良 70.2- 55.0- 39.7- 12.3[5]馬なり余力
     
2021/10/07 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:6日に南Wコースで時計
次走予定:10月24日の新潟・鳥屋野特別
新開幸一調教師「6日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが先行する形で進め、最後は馬体を並べてゴールしています。終始相手のペースに合わせる感じで進めましたが、競馬に向かって少しずつ気持ちを乗せて行きたい思惑もあったので、直線ではやや促す格好となっています。無理はさせていないものの、動きはゴールまでしっかりとしていて良かったですし、時計的にも5ハロンから67秒台の中、ラスト1ハロンは12.1秒でまとめることが出来て、まずまずだったと思います。太目感はそれほど感じられず、中身の方も段々と整ってきている印象ですが、無理のない範囲で仕上げていきたい気持ちはあるので、今のところ新潟3週目の鳥屋野特別を本線に進めていく方針です」
     
2021/10/06 助 手 10/6(水)南W良 82.6- 67.6- 53.4- 39.2- 12.1[7]強めに追う
 サンランシング(古馬1勝)馬なりの外1.5秒先行同入
     
2021/10/04 助 手 10/3(日)南W良 87.0- 71.4- 56.5- 41.7- 14.1[6]馬なり余力
     
2021/09/30 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:29日に南Wコースで時計
次走予定:10月17日の新潟・菅名岳特別、もしくは10月24日の新潟・鳥屋野特別
新開幸一調教師「先週末には坂路コースをハロン15秒くらいで登坂しましたが、その後も特に問題は見られなかったので、29日に南Wコースで追い切りを行いました。帰厩後に本格的な時計を出すのは初めてでしたし、単走で70-40くらいを目安に追い切っています。そこまで目立つ時計ではなかったですし、ハロー明けで走りやすい馬場状態でもあったので、最後まで余裕のある手応えで走り切ることが出来ていましたね。また、以前だと気が入って来るまで単走だとフワフワしていたのですが、今日はゴールまで集中して走れていました。他馬が多い時間帯で運動を行っても変にピリピリしたりせず、ここまでは去勢した効果が窺えますね。去勢明けということもありじっくり進めていった方が良いでしょうし、今のところ10月24日の新潟・鳥屋野特別での出走を本線に考えていますが、仕上がり具合によっては10月17日の新潟・菅名岳特別も検討していければと思っています」
     
2021/09/29 助 手 9/29(水)南W良 69.2- 54.0- 39.5- 12.7[4]馬なり余力
     
2021/09/27 助 手 9/26(日)美坂良 59.6- 45.1- 30.0- 15.5 馬なり余力
     
2021/09/23 在厩場所:23日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:第5回新潟開催
新開幸一調教師「ノーザンファーム天栄で順調に乗り込みを積めているということだったので、23日の検疫でこちらへ戻させていただきました。明日から乗り運動を開始していく予定ですが、去勢したことで落ち着いて調教をこなせるようになっていれば良いですね。第5回新潟開催の2週目と3週目にD1,800m戦が組まれていますし、その辺りを見据えて進めていく方針です」
     
2021/09/23 23日(木)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2021/09/17 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:第5回新潟開催
天栄担当者「先週から状態に変化はなく、坂路コースでしっかりと乗り込まれています。新開調教師と打ち合わせ、新潟開催を目指すことになりました。そろそろ帰厩すると思いますので、それまで体調管理に努めてまいります。馬体重は530sです」
     
2021/09/10 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週から週3回の坂路入りの内、2回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。坂路では単走だと少し気持ちが乗っていないような走りをしていますが、併せるとしっかりとハミを取って走れていますから、特に心配は要らないでしょう。この調子で10月中の競馬を視野に進めていきたいと思います。馬体重は529sです」
     
2021/09/03 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「引き続き週3回の坂路コースでの乗り込みを中心に進めています。歩様に違和感が出ることなく調整できていますし、徐々にではありますが緩んでいた馬体も締まってきている印象です。この感じだと、東京開催や新潟開催辺りでの復帰が目標になってくるのかなと考えています。馬体重は527sです」
     
2021/08/27 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間も先週と同様のメニューで乗り込みを行っています。まだ馬体には緩さを残しますし、息遣いも良化途上の印象ですが、速めのペースでも脚取り自体に問題はありません。この調子で乗り込んでいき、しっかりとした基礎を築いていきたいですね。馬体重は530sです」
     
2021/08/20 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週から週3回の坂路入りの内、1回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。少しずつ負荷を強めていますが、一時疲れが出た左前膝の状態に問題はありません。まだ中身の方はこれから整えていく必要があるので、徐々に良化を図っていければと思います。馬体重は534sです」
     
2021/08/13 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「ハロン15秒ペースでの動きに問題はなかったので、今週からハロン14秒に脚を伸ばしています。さすがに身のこなしには重さがあるものの、脚取りは最後までしっかりとしていますね。ここまで体調を崩したりせず、去勢後の立ち上げとして順調と言えると思います。馬体重は532sです」
     
2021/08/06 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週から坂路コースでの乗り込みを再開しており、現在はハロン15秒ペースで乗っています。これくらいのペースであれば楽な感じで駆け上がれていますし、さらに負荷を強めていくことが出来そうですが、引き続き脚元のケアはよく行いながら進めていきます。馬体重は534sです」
     
2021/07/30 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンター
次走予定:未定
天栄担当者「先週末に坂路コースを登坂後に、左前の歩様に少し違和感が見られました。獣医師に詳しく診てもらっても問題はなかったですが、膝に原因がありそうということで治療を行ってもらっています。周回コースで乗れているように、大きな心配は要らないものの、今後もよくケアしつつ進めていきたいと思います。馬体重は537sです」
     
2021/07/23 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週は坂路コースでハロン14秒ペースの乗り込みをこなすのは週2回だけですが、脚元を含めて特に問題はありません。現在は、楽をさせていたことで緩んでしまった馬体を少しずつ引き締めていっている段階です。暑さもあるので、今後も無理のない範囲で動かしていきたいと思います。馬体重は537sです」
     
2021/07/16 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週の登坂回数は週3回だけですが、ペースはハロン14秒まで上げています。息遣いには良化の余地は残すものの、段々とステップアップ出来ているように、状態面には問題ありません。しばらくはこれくらいで乗り込んで、基礎強化に努めていきたいですね。馬体重は536sです」
     
2021/07/09 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週4回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週から坂路コースでの乗り込みに移行しており、週4回はハロン15秒ペースで乗っています。楽をさせていたことでさすがに馬体に緩みはあるものの、これくらいであれば楽な感じで駆け上がることが出来ていますし、さらなるペースアップも視野に入れつつ進めていければと思います。馬体重は536sです」
     
2021/07/02 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンター
次走予定:未定
天栄担当者「その後も体調面に問題はなかったので徐々に負荷を強めており、トレッドミルでの運動を経て、現在は周回コースで軽めの運動を行っています。乗り出しを開始できているように、ここまでの立ち上げは順調ですし、今後は坂路入りするタイミングを計りつつ進めていければと考えています。馬体重は536sです」
     
2021/06/25 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
天栄担当者「こちらへ戻ってきた状態に問題はなかったですし、22日に去勢手術を行い、無事に終了しています。その後はウォーキングマシンで負担の掛からない程度に動かしており、今のところ体調面に問題はありませんが、しばらくはよく注意を払って進めていきたいですね。馬体重は536sです」
     
2021/06/23 22日(火)に去勢手術を行い、無事終了しています。
     
2021/06/17 17日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2021/06/16 在厩場所:美浦トレセン/17日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
新開幸一調教師「トレセンに戻って念のため獣医師にレントゲンを撮ってもらいましたが、脚元に異常は見られませんでした。レース当日は蒸し暑さに加えて、装鞍所ではずっと馬っ気を出していて気負っていた分、レースに行くまでの間に余計な体力を消耗してしまったのでしょう。普段から立ち上がったり煩いところを見せていますし、素質は感じていますが上のクラスで戦っていくためには精神面の改善を図る必要があると思いますから、牧場サイドと相談した結果、去勢することにしました。明日ノーザンファーム天栄へ放牧に出して、タイミングを見てオペしてもらいたいと考えています」
     
2021/06/16 17日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出る予定です。
     
2021/06/14 6/13(日)東京9R 八王子特別〔D2,100m・16頭〕6着[2人気]
ブリンカー外す。半馬身弱スタートで後手に回るも、巻き返して中団に構えます。縦長の隊列で勝負所からジリジリと詰め寄りますが、昇級初戦は1番人気の5着馬と同タイムの6着で終えています。
新開幸一調教師「前走後に川田騎手が『ブリンカーは必要ないかもしれない』と言っていましたから、今回は着用せずにレースへ臨みました。それで馬はフワフワした感じはありませんでしたし、調教時にもブリンカーを外して良いキャンターをしていましたからね。ただ、今日の東京競馬場は蒸し暑くて装鞍から発汗が目立っており、その影響でテンションも高かったです。最後は地力で懸命に前との差を詰めているものの、恐らく心身共に苦しい部分があったのではないかと思います。レース当日にベストコンディションではなかったにも関わらず、昇級初戦で良い競馬をすることが出来たので、改めてこの馬の能力の高さを感じさせられましたし、今後も中距離路線では安定して走ってくれそうです。川田騎手は『道中の走りが小さくて苦しそうな感じでしたし、勝負所では思ったよりも進んでいきませんでした。前走は一生懸命に走ってくれたので、次は改めて期待したいですね』と話していました。骨折経験のある馬なので、まずはトレセンへ戻って脚元を中心によく馬体を確認しておきます」
     
2021/06/10 6/13(日)東京9R 八王子特別〔D2,100m・16頭〕57 川田将雅 発走14:35
     
2021/06/10 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:9日に南Wコースで時計
次走予定:6月13日の東京・八王子特別〔川田将雅〕
新開幸一調教師「9日に南Wコースで追い切りを行いました。単走だったので終いは少し促す感じにはなったものの、力強いフットワークで最後まで走れていて良かったですね。先週末にも南Wコースで長めのところを行っていることもあり、中身の方も順調に整ってきていて、今週のレースに向けて力を出せる態勢は整ったと思います。運動中に時折立ち上がるところはありますが、気持ちの方も変に昂り過ぎることなく調整できていますよ。前走は狭いところを割ってくるのに躊躇した部分があった中で、しっかりと差し切って結果を残してくれました。1勝クラスだとしても、能力がないとダートでなかなかあのような勝ち方は出来ないものですし、昇級初戦にはなりますが、ここでも良い勝負になると見ています。なお、前走で川田騎手からブリンカーは必要ないかもしれないとアドバイスがありましたし、今回は着用せずに挑む予定です」
     
2021/06/09 助 手 6/9(水)南W稍 67.1- 52.3- 39.4- 12.5[6]強めに追う
     
2021/06/09 13日(日)東京9R・八王子特別〔57 川田将雅〕(除外の可能性があります)
     
2021/06/07 助 手 6/6(日)南W稍 85.2- 68.8- 55.0- 40.9- 13.3[4]G前仕掛け
 トラキチ(三未勝)馬なりの外を0.3秒追走4F併0.1秒遅れ
     
2021/06/07 13日(日)東京9R・八王子特別〔川田将雅〕
     
2021/06/03 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:2日に南Wコースで時計
次走予定:6月13日の東京・八王子特別〔川田将雅〕
新開幸一調教師「先週末には南Wコースでハロン15秒を切るくらいのところで時計を出しましたが、その後も問題はなかったので、2日に同じく南Wコースで追い切りを行いました。単走で行いましたが、脚取りはしっかりとしていましたし、最後まで余裕のある感じで走れていましたね。前走から大きく間隔が空いているわけではないので、息遣いの方も悪くありませんし、この感じなら来週のレースにはしっかりと態勢を整えることが出来そうです。引き続き川田将雅騎手に手綱を取ってもらえることになりましたし、良い状態でバトンタッチ出来るように努めていきます」
     
2021/06/02 助 手 6/2(水)南W良 68.2- 54.2- 40.9- 13.9[6]馬なり余力
     
2021/05/31 助 手 5/29(土)美坂良 60.7- 43.4- 28.2- 14.3 馬なり余力
助 手 5/30(日)南W良 70.0- 54.5- 39.5- 14.3[3] 馬なり余力
     
2021/05/28 在厩場所:28日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:6月13日の東京・八王子特別
新開幸一調教師「ノーザンファーム天栄サイドからそれほど間隔を空けずにレースに向けて進めていけそうだと連絡があったので、28日の検疫でこちらに戻させていただきました。明日から調教を開始して、順調に仕上がりそうなら、6月13日の東京・八王子特別に出走させたいと考えています」
     
2021/05/28 28日(金)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2021/05/26 28日(金)に美浦トレセンへ帰厩する予定です。
     
2021/05/21 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週は登坂回数を週3回に増やしており、その内の2回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。負荷を強めてからも、息遣いの方は良い意味で変わりありません。これから更に14-13ペースを乗り込んでいきますが、この感じならそこまで間を空けずに次走に向けて進めていけるかもしれませんね。馬体重は545sです」
     
2021/05/14 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「坂路入り後も特に問題はなかったので、今週からハロン14秒にペースアップを図っています。変わらずしっかりとした脚取りで登坂できていますし、このまま緩めずに乗り込みを積んでいけそうです。吸入の方は変わらず続けていますが、息遣いが悪化することはありませんよ。馬体重は542sです」
     
2021/05/07 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元に大きな問題はありませんでした。ただ、少し歩様は硬めに映りますし、背腰にも疲れがあるようですので、そこはよくケアするようにしています。また、今週から坂路コースで乗り出していますが、少し息遣いが荒く感じたため、吸入を行うようにしています。馬体重は532sです」
     
2021/04/29 29日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2021/04/28 在厩場所:美浦トレセン/29日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
新開幸一調教師「先週はおめでとうございました。トレセンに戻って、念のためにレントゲンを撮りましたが、骨には特に異常は見当たらずホッとしました。ただ、左右を比べると、骨折経験のある左前膝の熱感がやや強めに感じますし、この後は無理せず一旦ノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきます。競馬場到着時からかなり煩いところを見せていましたし、レースを終えて厩舎に戻ってからもしばらくは落ち着かない様子でしたから、やはりメンタル面が今後の課題になってきますね」
     
2021/04/28 29日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出る予定です。
     
2021/04/26 4/24(土)新潟9R 4歳上1勝クラス〔D1,800m・9頭〕優勝[1人気]
ブリンカー着用。ゆったりとゲートを出ると、道中は好位集団のすぐ後ろを追走します。直線では他馬の間を割って伸びて来て、余裕を持って2着馬を差し切り、単勝1倍台の人気に応え、見事に2勝目を挙げています。
新開幸一調教師「おめでとうございます。ジョッキーも返し馬から丁寧な騎乗を心掛けてくれて、レースでも上手く乗ってくれましたね。これまではあまり狭いところを割ってくるようなシチュエーションはなかったですし、直線では少し怯むような感じも見られましたが、よく頑張って差し切ってくれました。今回はいつもに比べて浅めのブリンカーを着用したのですが、川田将雅騎手は『ブリンカーは必要ないかもしれません』と話していました。ただ、やはりテンションの高さは目立っていましたね。パドックでは2人曳きにして対応したのですが、それでもかなり気が入っていましたし、発汗も目立っていました。それでも、今回は男馬だけしかいなかったので、何とか耐えてくれたものの、もし牝馬が混じっていたらもっと気持ちが悪い方に向いてしまっていた恐れがありますし、その点は今後の課題になってくると思います。この後は結果もしっかり残してくれましたし、脚元のこともありますから、無理せずに放牧に出させていただきたいと考えています」
     
2021/04/22 4/24(土)新潟9R 4歳上1勝クラス〔D1,800m・9頭〕57 川田将雅 発走14:15
     
2021/04/21 助 手 4/21(水)南W良 65.2- 50.8- 38.1- 13.0[7]一杯に追う
 トゥーフェイス(三歳1勝)一杯の外0.4秒先行同入
     
2021/04/21 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:21日に南Wコースで時計
次走予定:4月24日の新潟・D1,800m〔川田将雅〕
新開幸一調教師「21日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが先行して、直線で外に進路を取って脚を伸ばすと、最後は同入しています。先週の追い切りで少し動きに重さを感じたので、今週もラスト1ハロンはしっかりと追って負荷を掛けておきました。全体で65.2秒と良い時計でまとめることが出来ましたし、出来ればもう少しスッと動いて欲しいところはあったものの、先週よりもフットワークには力強さが出て来ているように感じますね。先週末にも南Wコースで5ハロンから時計を出せていることから、息遣いの方も順調に良化してきているように思いますし、悪くない状態で今週の競馬に出走させることが出来そうです。あとは、普段から結構テンションの高いところが見られますから、本番でも入れ込まずに落ち着いてレースに挑めればと思います」
     
2021/04/21 24日(土)新潟9R・D1,800m〔57 川田将雅〕
     
2021/04/19 助 手 4/18(日)南W重 73.3- 57.0- 42.5- 14.3[6]馬なり余力
 トゥーフェイス(三歳1勝)馬なりの外0.4秒先行同入
     
2021/04/19 24日(土)新潟9R・D1,800m〔川田将雅〕
     
2021/04/15 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:14日に南Wコースで時計
次走予定:4月24日の新潟・D1,800m〔川田将雅〕
新開幸一調教師「14日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが先行して行き、直線では外に進路を取って脚を伸ばすと、最後は同入しています。そこまで強く追うことなくゴールすることが出来ましたが、良い時と比べれば終いはまだ少しモタモタする感じはありましたね。ただ、調教ではブリンカーを着けていませんから、その影響も少なからずあったと思いますし、相手に比べて見劣っているわけではないので、大きな心配は要りませんよ。上がって来た時の息遣いを聞くと、まだ中身の方は良化途上なのかなという印象ですが、先週末にも南Wコースで5ハロンから時計を出していることから、少しずつ良くなってきています。それに、今週こうして併せてある程度の負荷を掛けられましたし、これでさらに上向いてくると思いますから、今のところ来週の新潟・D1,800m戦に向かいたいと考えています。なお、鞍上は川田将雅騎手に依頼しています」
     
2021/04/14 助 手 4/14(水)南W稍 69.1- 54.2- 39.6- 13.0[5]馬なり余力
 トゥーフェイス(三歳1勝)馬なりの外0.6秒先行同入
     
2021/04/12 助 手 4/11(日)南W良 70.5- 55.1- 40.1- 13.6[2]馬なり余力
     
2021/04/08 助 手 4/8(木)南W良 69.2- 53.5- 39.5- 12.4[2]強めに追う
     
2021/04/08 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:8日に南Wコースで時計
次走予定:第1回新潟開催
新開幸一調教師「8日に南Wコースで追い切りを行いました。単走で行い、終いは強めに追う形で終えています。先週末にも南Wコースで5ハロンから時計を出しており、その時も動きは少しモタモタして、いかにも休み明けだなという感じでしたが、今日の追い切りもまだそういったところが残っていましたね。息遣いにも幾らか重さが感じられましたし、体付きを見ても少し余裕があるのかなという印象です。それでも、今回強めに追ったことで動き・中身ともに段々と上向いてくると思いますし、第1回新潟開催での出走を目指して調整していきたいと考えています」
     
2021/04/05 助 手 4/4(日)南W良 72.8- 56.7- 41.9- 13.9[6]馬なり余力
     
2021/04/02 在厩場所:2日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:未定
新開幸一調教師「ノーザンファーム天栄で段々と負荷を強めつつ乗り込みを積めていたということだったので、2日の検疫でこちらに戻させていただきました。脚元を含めてよく状態を確認させていただき、問題なければ明日から調教を開始していきたいと思います。次走の予定については、こちらでの調教の動きを見ながら検討していきます」
     
2021/04/02 2日(金)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2021/03/26 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回15-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週は坂路コースで14-13ペースの運動を行う日を週2回に増やし、少し全体的な負荷を強めています。先週よりは幾らか動きの方も上向いてきている印象ですし、この調子で乗り込みながら次走の予定を検討していけるよう態勢を整えていきたいですね。馬体重は534sです」
     
2021/03/19 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「ハロン14秒での動きは悪くなかったので、今週から週1回は終いハロン13秒まで脚を伸ばすようにしています。14-13だとまだ動き切れず、息の方にも少し甘さが残るので、しばらくはこれくらいのところで乗り込んで鍛えていきたいと思います。馬体重は534sです」
     
2021/03/12 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週は週3回の坂路入りの内、2回はハロン14秒まで脚を伸ばしています。徐々に調教の負荷を強めていますが、脚元の状態は維持しながら進めていくことが出来ています。この感じで乗り込んでいき、動きの質を高めていければと考えています。馬体重は529sです」
     
2021/03/05 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週は予定通り坂路コースでの調教をスタートしており、現在はハロン15秒まで脚を伸ばしています。坂路入り後も戸惑うことなく、前向きな走りを見せてくれていますし、この感じでさらなるペースアップを図っていきたいと考えています。馬体重は527sです」
     
2021/02/26 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンター
次走予定:未定
天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めて特に問題はありません。念のため先週一杯は軽めのところで様子を見て、今週から乗り運動を開始しています。現在は周回コースで乗っていますが、動きはしっかりとしていますし、今後は坂路コースへと移行していく予定です。馬体重は520sです」
     
2021/02/19 19日(金)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2021/02/17 在厩場所:美浦トレセン/近日中に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
新開幸一調教師「トレセンに戻って改めて状態を確認しましたが、脚元を含めて特に問題はありませんでした。ただ、骨折経験があるだけに無理はしたくないですし、この後はノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきたいと考えています。牧場での状態を見ながら、今後の方針を検討していきます」
     
2021/02/15 2/14(日)東京6R 4歳上1勝クラス〔D2,100m・14頭〕2着[1人気]
ブリンカー着用。まずまずのスタートを切ると、抑えきれない勢いで外に膨らみながら最初のコーナーを回って行きます。向正面半ばで先頭を奪い、残り400m付近から追い出して粘り込みを図ったものの、2着でゴールしています。
新開幸一調教師「前回は装鞍からかなり煩いところを見せていたので、今回は厩舎装鞍にしたところ、まだ大人しくしていましたね。パドックでは少し気負う様なところが見られたものの、競馬に向かっていくまでの雰囲気は悪くなかったと思います。スタートもこの馬としては悪くなかったのですが、その後は馬が必要以上にやる気になってしまって、折り合いを欠いてしまいましたね。あれ以上馬と喧嘩しても仕方がないと思って、ルメール騎手も向正面で先手を奪う形を選択したのでしょうが、そこからはまずまずのリズムで走れていたのかなと思います。レース序盤で体力を使ってしまった割には、直線でもう一踏ん張りしてくれて、力のあるところを見せてくれました。デビュー当初と比べると、馬に前向きさが出て来ているのは良い傾向だと思いますし、まだキャリアも浅いですから、上手く歯車が噛み合えばもっと良い走りを見せてくれるはずです。この後については、脚元の状態を第一にどうするか考えていきます」
     
2021/02/11 2/14(日)東京6R 4歳上1勝クラス〔D2,100m・14頭〕56 C.ルメール 発走13:00
     
2021/02/10 助 手  2/9(火)美坂良 63.4- 46.3- 30.2- 14.5 馬なり余力
助 手 2/10(水)南W良 68.0- 52.3- 38.3- 13.0[3]馬なり余力
 ゴールドフレーム(古馬2勝)馬なりの内0.6秒追走同入
     
2021/02/10 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:10日に南Wコースで時計
次走予定:2月14日の東京・D2,100m〔C.ルメール〕
新開幸一調教師「10日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが追走して行く形から、直線では内に進路を取って脚を伸ばして、最後は同入しています。コースのやや内目を通った分はあるものの、全体で68.0秒のところを最後まで馬なりのまま楽な感じで走れており、フットワーク自体も力強くて良い動きでしたね。ここまで順調に調整することが出来ましたし、良い仕上がりでレースに挑むことが出来そうですよ。久々だった前走でも見所のある走りをしてくれましたし、今回はルメール騎手が乗ってくれることを考えると、さらに前進した姿を見せてくれるのではないかと期待しています」
     
2021/02/08 助 手 2/7(日)南W良 71.1- 54.8- 39.7- 13.4[5]馬なり余力
     
2021/02/08 14日(日)東京6R・D2,100m〔C.ルメール〕
     
2021/02/04 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:3日に南Wコースで時計
次走予定:2月14日の東京・D2,100m〔C.ルメール〕
新開幸一調教師「3日に南Wコースで追い切りを行いました。単走でしたが、1週前追い切りになりますし、長めから時計を出してしっかりと負荷を掛けました。ラスト1ハロンは強めに追う形になりましたが、フットワークは最後までしっかりとしていましたし、相変わらず良い動きを見せてくれましたね。跨ったスタッフに聞いても、息遣いも悪くないということでしたし、ここまでは思った通りに調整することが出来ていますよ。来週の競馬に良い状態で向かえるよう、この調子で進めていければと思います」
     
2021/02/03 助 手 2/3(水)南W稍 68.3- 54.2- 40.3- 13.1[5]一杯に追う
     
2021/01/28 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:27日に南Wコースで時計
次走予定:2月14日の東京・D2,100m〔C.ルメール〕
新開幸一調教師「27日に南Wコースで追い切りを行いました。道中は3歳未勝利馬の2馬身ほど前を走り、そのリードを保ったままゴールしており、実質は単走の形で終えています。まだレースまで時間がありますし、今週は終始馬なりのままで馬のリズムを重視して走らせましたが、フットワークには素軽さがあって、良い動きだったと思いますよ。段々と下地も整ってきていると思いますし、今後は徐々にピッチを上げていきしっかりと状態を整えていきたいですね」
     
2021/01/27 助 手 1/27(水)南W稍 68.4- 53.4- 39.9- 13.6[4]馬なり余力
 タスマンハイウェイ(三未勝)馬なりの外0.4秒先行0.4秒先着
     
2021/01/25 助 手 1/24(日)南W重 56.2- 41.0- 13.0[5]馬なり余力
     
2021/01/21 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:20日に南Wコースで時計
次走予定:2月14日の東京・D2,100m〔C.ルメール〕
新開幸一調教師「20日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが先行する形で進め、最後は馬体を並べてゴールしています。まだ5ハロンから70-40くらいとそこまで強い時計ではないものの、長期休養明けを一叩きしたことで、全体的な身のこなしには軽快感が出て来ているように思いますね。最後まで馬なりで走れていたように、手応えにも余裕があって良かったですよ。次走について検討したところ、東京3週目であればルメール騎手が騎乗可能ということなので、そちらに向かいたいと思います。1週目の出走も検討していましたが、脚元のことを考えるとあまり詰めて使うのは良くないタイプですし、3週目に照準を定めて調整していきたいと思います」
     
2021/01/20 助 手 1/20(水)南W良 70.3- 54.3- 40.0- 13.0[5]馬なり余力
 ブルーグリッター(三未勝)馬なりの外0.6秒先行同入
     
2021/01/18 助 手 1/17(日)南W良 69.3- 54.8- 39.6- 13.1[5]馬なり余力
 サンランシング(三未勝)馬なりの外1.7秒先行0.4秒先着
     
2021/01/14 在厩場所:14日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:第1回東京開催
新開幸一調教師「ノーザンファーム天栄へ放牧後も特に問題なく乗り進められていたようなので、14日に帰厩させていただきました。次走としては未勝利を勝った舞台の東京・D2,100m戦を考えていて、1週目と3週目に番組が組まれていますが、どちらに向かうかは今後の調教の動きを見ながら検討していきます」
     
2021/01/14 14日(木)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2021/01/08 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-14、週2回15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「こちらに戻ってきて馬体をよく確認しましたが、脚元を含めて特に問題は見られませんでした。少し楽をさせて様子を見ていましたが、競馬の疲れも取れてきている感じだったので、現在は坂路コースでの調教を中心に進めていて、この調子で乗り込んでいければと思います。馬体重は528sです」
     
2020/12/26 26日(土)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動しています。
     
2020/12/25 26日(土)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動する予定です。
     
2020/12/24 在厩場所:23日に茨城県・セグチレーシングステーブルへ放牧
調教内容:
次走予定:未定
新開幸一調教師「トレセンに戻ってよく状態を確認させていただきましたが、脚元を含めて特に問題は見られず、その点では一安心しましたね。優先出走権は獲ってくれたものの、長期休養明けで頑張って走った疲れは全体的に見られますし、ここで無理する必要はありませんから、リフレッシュを挟むことにしました。美浦近郊のセグチレーシングステーブルへ一旦放牧に出させていただいており、数日そちらで様子を見た後に、ノーザンファーム天栄へ移動する予定となっています」
     
2020/12/23 23日(水)に茨城県・セグチレーシングステーブルへ放牧に出ています。
     
2020/12/21 12/20(日)中京2R 3歳上1勝クラス〔D1,900m・16頭〕3着[2人気]
約10ヶ月ぶりの出走。ブリンカー着用。スタートで後手を踏み、序盤は後方からのレースとなります。向正面で外を通って位置を上げて行き、直線ではジワジワと脚を使って、3着に入線しています。
新開幸一調教師「馬体重は18s増えての出走でしたが、調教量はしっかりと積んでいましたし、太め残りという感じではなく、成長分がほとんどだったと思います。スタートではやや後手を踏む格好になりましたが、元々それほど速いタイプではありませんし、この馬なりには出てくれたのかなといった印象です。それよりも、今日は久々ということもあって、装鞍からかなり煩いところを見せてしまっていて、それが影響して道中も結構抑えるのに苦労した部分があったようです。勝った馬は抜けていましたが、そこがスムーズであれば2着には来られたかなという感じでしたから、その点は少し悔やまれますね。ただ、長期休養明けに加えて昇級初戦だったことを考えれば、悪くないレースだったと思いますよ。この後は、まずはトレセンに戻ってからよく脚元を確認させていただきたいと思います」
     
2020/12/17 12/20(日)中京2R 3歳上1勝クラス〔D1,900m・16頭〕55 菅原明良 発走10:25
     
2020/12/17 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:16日に南Wコースで時計
次走予定:12月20日の中京・D1,900m〔菅原明良〕
新開幸一調教師「16日に南Wコースで追い切りを行いました。2歳の未勝利馬と最後は馬体を併せる形で終えていますが、想定していたよりもテンが少し速くなってしまったので、ラスト1ハロンは13.7秒とやや時計が掛かってしまいましたね。それでも動き自体はしっかりとしていて良かったと思いますし、調教をこなすに連れて息遣いも順調に上向いてきていますよ。まだ2戦しかしておらずレース経験が少ない馬ですし、久々がどう影響するか心配な部分はありますが、仕上がり自体は良いと思いますし、恥ずかしくない走りは見せられるのではないかと考えています」
     
2020/12/16 助 手 12/16(水)南W良 64.7- 50.7- 37.4- 13.7[3]馬なり余力
 タスマンハイウェイ(二未勝)一杯の内同入
    
2020/12/16 20日(日)中京2R・D1,900m〔55 菅原明良〕
     
2020/12/14 助 手 12/13(日)南W良 71.7- 56.6- 42.4- 13.4[7]馬なり余力
     
2020/12/14 20日(日)中京2R・D1,900m〔菅原明良〕
     
2020/12/10 助 手 12/10(木)南W稍 68.7- 53.9- 40.2- 13.8[4]馬なり余力
     
2020/12/10 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:10日に南Wコースで時計
次走予定:12月20日の中京・D1,900m〔菅原明良〕
新開幸一調教師「10日に南Wコースで追い切りを行いました。単走で行いましたが、雨が降って馬場が少し重くなっていた影響で、所々脚を取られるような場面が見られましたね。ただ、先週末にもWコースで70-40くらいのところを消化していて、本数を積むに連れて段々とトモの動きや息の感じ等は良化してきているように思いますし、このまま来週の中京・D1,900m戦での出走を目標に進めていければと考えています。脚元の状態には良い意味で変わりがありませんが、まだ馬体には幾分余裕がある印象ですし、この調子で時計を出しつつ引き締めていければと思っています。なお、鞍上は菅原明良騎手に依頼しています」
     
2020/12/07 助 手 12/6(日)南W稍 69.8- 54.9- 39.8- 13.2[3]馬なり余力
     
2020/12/03 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:2日に南Wコースで時計
次走予定:未定
新開幸一調教師「2日に南Wコースで追い切りを行いました。形的には併せ馬になっているかもしれませんが、ほぼ単走のような形で併せる意図はありませんでした。慎重に立ち上げていますから、馬なりで69-39くらいの時計でしたが、まだ走りは幾らか重たい感じがありました。時期的になかなか絞りにくいことも相まって、体付きには余裕がありますし、もう少し乗り込みを重ねて引き締めていきたいですね。それでも骨折した左前脚は熱を持つことはありませんし、脚元の状態は引き続き良好ですよ。具体的な番組については、もう少し動きが良くなったタイミングで検討させていただきたいと思います」
     
2020/12/02 助 手 12/2(水)南W良 68.5- 53.4- 39.2- 13.4[2]馬なり余力
 サンランシング(二未勝)一杯の外0.8秒先行0.4秒遅れ
     
2020/11/30 助 手 11/29(日)美坂良 57.9- 42.7- 27.7- 13.8 馬なり余力
     
2020/11/26 助 手 11/26(木)南W稍 71.3- 56.4- 42.0- 14.2[4]馬なり余力
 ドゥラヴィータ(新馬)一杯の外0.8秒先行0.4秒先着
     
2020/11/26 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:26日に南Wコースで時計
次走予定:未定
新開幸一調教師「23日に坂路コースで15-15を切る程度の時計を出しましたが、脚元の状態は良い意味で変わりがなかったですし、26日に南Wコースで追い切りを行いました。まだ1本目ですし、ハロン15秒を少し切るくらいのところで最後まで無理はさせませんでしたが、雨の影響でやや重めの馬場だったものの、フットワークは軽快で悪い動きではなかったですよ。そうは言っても、一気に負荷を上げて脚元にダメージが出てもいけませんし、今後も慎重に立ち上げていきたいと思います」
     
2020/11/24 助 手 11/23(月)美坂良 58.4- 42.6- 28.2- 14.1 馬なり余力
     
2020/11/20 在厩場所:20日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:未定
空港担当者「先週よりもしっかり動けていたこと、そして骨折した左前脚の第3手根骨部分の状態が良好なことから今週半ばに移動しました。まだトモの甘いところは感じますが、14-14ペースを切るくらいのところまでは継続的に進めてきましたし、乗り込み量は十分だと思います。能力だけ見れば1勝クラスでも通用するはずですので、また良い走りを見せて欲しいですね」
     
2020/11/20 20日(金)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2020/11/19 19日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動しており、20日(金)に美浦トレセンへ帰厩する予定です。
     
2020/11/18 19日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動し、20日(金)に美浦トレセンへ帰厩する予定です。
     
2020/11/13 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,400m、残りの日は軽めの運動
次走予定:未定
担当者「この中間からは坂路と周回コースの調教回数を増やしており、体の緩みが解消されてきました。それに伴い動きにも素軽さが出てきましたし、この馬にしては脚取りが軽やかですね。それでもトモの甘さは残しますから、引き続き速めのところを取り入れながら進めていきたいと思います。馬体重は532kgです」
     
2020/11/06 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,400m、残りの日は軽めの運動
次走予定:未定
担当者「引き続きハロン14秒ペースを中心に進めています。なかなか体が絞れてこないのでトモを中心に緩さは感じるものの、体力はありますから終いまで良い手応えで走ることが出来ています。脚元に関しても特に異常は見られません。馬体重は536kgです」
     
2020/10/30 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,400m、残りの日は軽めの運動
次走予定:未定
担当者「この中間もハロン14秒ペースを中心に進めています。この馬なりには良化を感じますが、トモの緩さがまだ残っていることでワンペースな走りになってしまいますね。来月もコンスタントに速めのところを乗っていきますが、脚元には気を付けて進めていきます。馬体重は536kgです」
     
2020/10/23 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,400m、残りの日は軽めの運動
次走予定:未定
担当者「先週から大きく調教メニューに変わったところはありません。体を見ると余裕はありますが、走りにはこの馬なりに素軽さが出てきました。ただ、速いペースですと一息で走ろうとする面がありますし、もう少し馬体・動きにメリハリが出てくると良いですね。馬体重は532kgです」
     
2020/10/16 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2,400m
次走予定:未定
担当者「この中間はハロン14秒までペースを上げています。スッと切れるタイプではありませんが、動きに素軽さが出てきましたね。さすがに14-14くらいですと息の戻りはまだ遅いものの、乗り込んでいけば問題ありません。順調にペースアップ出来ていますので、脚元を見ながらこの調子で進めていければと思います。馬体重は536kgです」
     
2020/10/09 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2,400m
次走予定:未定
担当者「この中間は乗り運動のみのメニューで進めています。馬体が段々と絞りにくくなってきていることから、負荷を掛けても思うように体重が減ってくれません。かと言って動き自体は悪くないですし、トモの緩さを感じるものの、この馬なりにはしっかり走れていると思います。馬体重は535kgです」
     
2020/10/02 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,400m、残りの日は軽めの運動
次走予定:未定
担当者「今週からは坂路の登坂回数を1日2本に増やしており、ペースも15-15まで上げています。先週から動き自体は悪くないですし、脚取りもしっかりとしていますね。ただ、体重が先々週と同じまで戻ってしまいましたので、飼養を工夫しながら進めていきたいと思います。馬体重は530kgです」
     
2020/09/25 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,400m、残りの日は軽めの運動
次走予定:未定
担当者「この中間は左前膝のレントゲン検査を行いましたが、順調に回復しているようですね。獣医からも更に負荷を掛けて良いと許可が下りましたので、現在ラスト1ハロン15秒まで脚を伸ばしています。体も絞れてきて捌きも軽くなってきましたから、来月からは15-15を開始します。馬体重は524kgです」
     
2020/09/18 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,400m、残りの日は軽めの運動
次走予定:未定
担当者「この中間からは坂路調教を開始しています。ペース的にはそれほど速くはありませんが、久々の坂路で物見をしており、フォームはあまり良く無いですね。それでも慣れてくれば変わってくるでしょうし、動き自体は悪くありませんよ。馬体重は530kgです」
     
2020/09/11 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週4回周回コースで軽めのキャンター2,500m、週2回ロンギ場で軽めのキャンター
次走予定:未定
担当者「先週末からロンギ場での乗り運動を行いましたが、その後も問題無かったため、周回コースでの調教を開始しています。少しずつ絞れてきたとは言え、動きに重苦しさが残りますし、出かけにはやや硬さを感じます。これから坂路にも入れていくことになりますから、その辺りを気を付けて進めていければと思います。馬体重は534kgです」
     
2020/09/04 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルでキャンター、ダク
次走予定:未定
担当者「この中間から一番速いスピードでトレッドミルを動かしています。硬さが無くて脚捌きは軽快ですので、このまま問題無ければ週末より乗り運動を行えそうですね。まずはロンギ場で軽めのキャンターで様子を見た後、坂路や周回コースでの調教に入っていきます」
     
2020/08/28 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルでキャンター、ダク
次走予定:未定
担当者「この中間もトレッドミルでの運動を続けています。ペースを上げたことで良い汗をかけていますね。馬体重も変わらず538kgとキープすることが出来ていますし、良い傾向だと思います。脚元の状態次第にはなりますが、来月にはフルスピードで動かして、その後は乗り運動を行えればと思います」
     
2020/08/21 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルでキャンター、ダク
次走予定:未定
担当者「引き続きトレッドミルでの運動を続けています。まだキャンターとダクを日毎に行っている段階ですが、患部に痛みは出ていませんし、状態は悪くないですね。精神的にもそれほど手が掛からないですので、この雰囲気で進めていければと思います。馬体重は538kgです」
     
2020/08/14 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルでキャンター、ダク
次走予定:未定
担当者「この中間もトレッドミルでの運動を続けています。じっくりと良化を図っている段階ですから、ペースは上げてはいないものの、運動時間は増やしています。ただ、先週から体重は変わりませんし、もう少し絞れてきてくれると良いですね。馬体重は536kgです」
     
2020/08/07 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルでキャンター、ダク
次走予定:未定
担当者「予定通り今週からトレッドミルでキャンターを行っています。日毎に捌きは良化してきているものの、まだ脚元への負担を考慮して週3回はダクでの運動に止めています。このまま順調に進められるのであれば、これからはキャンター中心になっていくでしょう。また、体重が一気に増えてきましたので、その点も注意していきます。馬体重は536kgです」
     
2020/07/31 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルでダク、ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「この中間もウォーキングマシンでの運動を中心に進めてきましたが、先週のレントゲン検査の結果を踏まえて今週から一段階負荷を上げています。トレッドミルでのダクを行っていますが、その後も脚元は変わりませんね。来週からキャンターへ入れそうですし、体も絞れて順調そのものです。馬体重は522kgです」
      
2020/07/24 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「この中間は術後の経過確認のため、左前のレントゲン検査を行いました。獣医によると『まだ完全に回復とまではいきませんが、経過としては順調と言って良いでしょう。脚元の状態を見ながら、少しずつ負荷を掛けていっても大丈夫です』との事でした。もう少し今のメニューで進めて、トレッドミルでの運動に入っていきます。馬体重は530kgです」
     
2020/07/17 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「先週と調教内容に変化はありません。乗り運動を行っていませんから、緩さはすぐに解消されるものでは無いですが、運動時間を長めにとっていることで幾らか捌きは軽くなっています。ここまでは順調に進められていますよ。馬体重は530kgです」
     
2020/07/10 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「この中間もウォーキングマシンでの運動を行っています。体調面は変わらず良好ですし、今月中には次のメニューを行えるメドが立てられそうですね。体重が増えているように体の緩みは依然としてありますから、その点は気を付けて進めていきます。馬体重は532kgです」
     
2020/07/03 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「引き続きウォーキングマシンでの運動を行っています。運動時間を増やしながらじっくりと良化を図っていますので、ここまでは問題なく進められていますね。また、最近は精神的に成長を感じますから、日頃から落ち着きが有って良い状態ですよ。馬体重は526kgです」
     
2020/06/26 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「この中間は患部の状態を確認するため、レントゲン検査を行いました。獣医によると順調に回復しているようで、来月下旬には更に負荷を掛けた調教を行えそうだとのことです。ただ、1つ勝っていますから焦ることなく、馬のペースに合わせて進めていきます。馬体重は528kgです」
     
2020/06/19 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「予定通り、ウォーキングマシンでの運動時間を増やしています。余分な脂肪があるため、幾らか捌きに重たさは感じるものの、しっかりとした脚取りで運動を行えていますので、状態は悪くないですね。体調面も変わらず良好です。馬体重は530kgです」
     
2020/06/12 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「この中間もウォーキングマシンでの運動を行っています。先週から大きく変わった感じはありませんが、脚元の状態や体調は良好ですし、歩様にも安定感があって良い雰囲気で日々を過ごせています。この調子であれば、来週から少し運動時間を増やせるでしょう。馬体重は524kgです」
     
2020/06/05 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「引き続きウォーキングマシンでの運動を行っています。先週から良い意味で変わったところはありませんが、脚元も問題なく順調そのものですね。もう暫くはこのメニューで様子を見ることになっていますので、じっくりと良化を促していきます」
     
2020/05/29 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「この中間は運動時間を増やしたことで、しっかりと汗をかけており、それでいて馬房に戻ると飼い葉を残さず食べていますから、代謝が非常に良いですね。乗り運動を行っていませんが毛艶は良好で、良い雰囲気で日々を過ごしています。馬体重は521kgです」
     
2020/05/22 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「先週からウォーキングマシンでの運動を開始しましたが、この中間は良い意味で大きな変わりはありません。精神的にもこの馬なりに落ち着きを保てていますし、この調子であれば運動時間を増やしていけそうですね。引き続き脚元の状態も見ながら進めていきます」
     
2020/05/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン、曳き運動
次走予定:未定
担当者「引き続き曳き運動を行っていましたが、歩様に改善が見られたことから、ウォーキングマシンでの運動を開始しています。術後1ヶ月が経過しましたが、ここまでは順調に来ていると思いますので、この波を崩さずに今後も進めていければと思います。馬体重は517kgです」
     
2020/05/08 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:曳き運動
次走予定:未定
担当者「この中間も曳き運動を行っています。少しずつ運動時間を増やすことが出来ていますし、立ち上げとしては順調そのものです。歩様に関しては、まだ重苦しさがありますので、そこが解消してくれば次のメニューに移れるでしょう。馬体重は520kgです」
     
2020/05/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:曳き運動
次走予定:未定
担当者「この中間から、予定通り曳き運動を開始しています。久々の運動となりますから、ややぎこちなさは残るものの、概ね問題ありません。患部を痛がる素振りは見せませんし、慣れてくれば更に運動時間を増やしたいと思います。馬体重は515kgです」
     
2020/04/24 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:舎飼
次走予定:未定
担当者「この中間も舎飼で様子を見ています。体調面は先週から良い意味で変わったところはありませんし、体重もほぼ変動はありません。また、馬房内で暴れたりすることも無く、精神状態も良好です。患部の回復次第では来週から曳き運動を行えそうです。馬体重は513kgです」
     
2020/04/17 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:舎飼
次走予定:未定
担当者「手術を行ってから約1週間経過しましたが、体調面に大きな変化はありません。飼い葉もこの馬なりには食べてくれており、運動を制限している割には今のところ落ち着きがあります。ただ、煩くなる雰囲気はありますし、注意はしておいた方が良いですね。馬体重は514kgです」
     
2020/04/10 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:舎飼
次走予定:未定
担当者「獣医とも話し合った結果、帯広畜産大学にてCT検査をした方が良いだろうと言うことで、9日に検査及び関節鏡手術を行いました。骨折が確認されていました左前の第三手根骨は、遠位まで折れてはいませんでしたので、傷んでいる箇所をクリーニングする形で終えています。既にノーザンファーム空港に帰ってきており、今後の経過を見ながら、運動開始のタイミングを図っていければと思います。馬体重は515kgです」
     
2020/04/03 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:舎飼
次走予定:未定
担当者「3月26日にこちらへ帰場しました。こちらでもレントゲン検査を行ったところ、第3手根骨の骨折線が近位から中ほどまで伸びているように見えるものの、もしかすると遠位まで到達している可能性もあるとのことです。ただ、このレントゲン検査だけでは判断がつかないため、最新医療が揃っている、帯広畜産大学にてCT検査をする必要があるかもしれません。もう少し経過を見た上でどうするかを判断したいと思います。馬体重は507kgです」
     
2020/03/26 26日(木)に北海道・ノーザンファーム空港へ移動しています。
     
2020/03/25 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄/26日に北海道・ノーザンファーム空港へ移動予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「その後改めて獣医に詳しい検査を行ってもらったところ、左前脚の第3手根骨の骨折が確認されました。骨折してしまったのは残念ですが、歩様の乱れの原因がハッキリと分かったのは不幸中の幸いだと思います。26日にノーザンファーム空港へ移動する予定となっており、向こうの獣医に状態を確認してもらい、今後の方針を決めていく予定となっています」
     
2020/03/20 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:舎飼
次走予定:未定
天栄担当者「先週末に坂路コースで乗った後、再び左前の歩様が乱れてしまいました。膝が原因ではないかということで、レントゲン検査を行ったところ、確かに関節面に痛みが見られます。ただ、それにしても歩様に見せてしまっている状況ですし、時間の経過とともに何らかの症状が表に出てくる場合もあることから、一旦運動は休ませて、しばらくしてからもう一度検査を行う方針となっています。馬体重は513sです」
     
2020/03/13 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「その後は左前の歩様はまだ完全に綺麗になったわけではないものの、これくらいであれば次のステップに進んでも良いだろうという獣医の進言もあったので、今週から坂路コースでの運動を始めています。まだハロン15秒程度ですが、前回はこれくらいで歩様が乱れてしまいましたし、よく注意して進めていきます。馬体重は519sです」
     
2020/03/06 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター
次走予定:未定
天栄担当者「周回コースでの乗り運動を続けていても、左前の歩様に変わりはなかったので、今週初めに坂路コースをハロン15秒ペースで登坂しました。動きは大丈夫だったものの、再び歩様が今一つになってしまいました。現状はトレッドミルにペースを落として様子を見ており、日が経つに連れて歩様は良化してきていますが、今後も慎重に進めていきたいと思います。馬体重は516sです」
     
2020/02/28 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンター
次走予定:未定
天栄担当者「左前の歩様は徐々に良化傾向にあったことから、徐々に調教の負荷を強め、現在は周回コースで軽めのキャンターを行っています。まだ油断は出来ませんが、一つずつ前進できていますし、この調子で上手く軌道に乗せていきたいところです。馬体重は513sです」
     
2020/02/21 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
天栄担当者「こちらに戻ってきた後も状態に問題はなかったので、先週末から乗り出しを開始しました。ただ、今週初めに坂路コースを登坂後、左前の歩様が今一つで、どうやら膝に痛みがあるようでした。獣医に詳しく診てもらっても、骨には異常は見当たらず、現在はウォーキングマシンでの運動に止め、治療を行っています。馬体重は510sです」
     
2020/02/12 在厩場所:12日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧
調教内容:
次走予定:未定
新開幸一調教師「先週はありがとうございました。トレセンに戻って改めて状態を確認しましたが、大きな問題は見当たりませんでした。この後は予定通り一旦放牧に出させていただきますが、スタートに課題はあるものの、上のクラスでも通用する力は十分ありそうですし、これからの活躍が本当に楽しみですね」
     
2020/02/12 12日(水)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2020/02/10 2/9(日)東京2R 3歳未勝利〔D2,100m・15頭〕優勝[1人気]
ブリンカー着用。スタートで後手を踏み、道中は後方からのレースとなります。4コーナーで外を回って徐々に押し上げて行き、直線では大外から力強く脚を伸ばして先団をまとめて差し切って、嬉しい初勝利を挙げています。
F.ミナリク騎手「スタートはこの馬なりに出ているものの、大きい馬ですしなかなかスピードに乗っていくことが出来ませんでした。返し馬ではしっかりとしたフットワークで走れていて良い感触を掴んでいたのですが、スタート後もその良い印象通りの走りをしてくれて、しっかりと力を発揮してくれましたね。まだ課題は残るものの、今日は2戦目のレースでしたし、まだまだ成長してくれそうで楽しみです」
新開幸一調教師「馬体重は16s減っていましたが、無駄なものが削がれた分で、現状はあれくらいで丁度良いと思います。スタートは遅かったですが、それ以外は調教で感じていた良さをその通りに発揮してくれました。他馬がどんどん動いてくれて展開が上手く味方した面はあったものの、今日は完勝だったと思います。この後はしっかりと結果を残してくれましたし、一旦放牧に出させていただきたいと考えています」
     
2020/02/06 2/9(日)東京2R 3歳未勝利〔D2,100m・15頭〕56 F.ミナリク 発走10:40
     
2020/02/05 助 手 2/5(水)南W良 67.9- 53.1- 39.1- 12.6[4]強めに追う
 ロジティナ(古馬3勝)馬なりの内0.4秒追走同入
     
2020/02/05 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:5日に南Wコースで時計
次走予定:2月9日の東京・D2,100m〔F.ミナリク〕
新開幸一調教師「5日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが2馬身追走して、直線で内目に進路を取ると、最後はほぼ同入で終えています。格上馬を相手に見劣ること無く、しっかり走れていましたね。1週待ったことで更に状態は良くなってきていますし、重苦しいところなくシャープな動きをしてくれています。今回はレースを1度使った上積みに加えて、デビュー戦以上の出来で臨めると思いますので、前走の内容からも当然勝ち負けを期待しています。また、鞍上はF.ミナリク騎手にお願いしています」
     
2020/02/05 9日(日)東京2R・D2,100m〔56 F.ミナリク〕
     
2020/02/03 助 手 2/2(日)南W良 58.1- 42.6- 14.0[5]馬なり余力
     
2020/02/03 9日(日)東京2R・D2,100m〔騎手未定〕
     
2020/01/30 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:29日に南Wコースで時計
次走予定:2月9日の東京・D2,100m
新開幸一調教師「29日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の2番手を進み、直線では真ん中に入れて脚を伸ばすと、最後は同入しています。今回はブリンカーを着けてみましたが、直線では他馬の間でプレッシャーが掛かる形の中、最後まで集中して走れていましたし、ブリンカーが悪い方に向いた感じはしませんでしたね。競馬を一度経験したことが良い方に向き、追い切りの動きは前走時よりも上向いてきているように思います。場合によっては今週の出走も視野に入れていましたが、来週まで待った方がより良い状態でレースに向かえそうですし、来週の東京・D2,100mに出走させたいと考えています」
     
2020/01/29 助 手 1/29(水)南W重 69.5- 53.8- 40.1- 12.4[6]一杯に追う
 インザバブル(古馬2勝)一杯の外1.6秒先行同入
     
2020/01/29 検討の結果、今週の出馬投票は見送り、来週の東京に回る予定です。
     
2020/01/27 助 手 1/26(日)南W良 55.7- 41.0- 13.4[6]馬なり余力
     
2020/01/27 今週出馬投票する可能性があります。
     
2020/01/23 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:22日に南Wコースで時計
次走予定:第1回東京開催
新開幸一調教師「22日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントがGT出走経験のあるメイクハッピーを誘導して、直線は外目から脚を伸ばすと、最後まで抜かされることなく同入しています。馬場が軽かったこともありますが、それ以上に1度レースを使ってかなり動けるようになっていますね。動きにキレが出てきており、初戦のようなモタモタする面は見せませんでした。あとは息が出来てくれば出走可能でしょうから、早ければ来週、もしくは再来週のD2,100m戦に出走させたいと考えています」
     
2020/01/22 助 手 1/22(水)南W良 68.3- 53.7- 39.9- 14.4[5]馬なり余力
 メイクハッピー(古馬3勝)馬なりの外0.4秒先行同入
     
2020/01/20 助 手 1/19(日)南W稍 54.5- 41.5- 13.1[5]馬なり余力
     
2020/01/17 在厩場所:17日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:第1回東京開催
新開幸一調教師「ノーザンファーム天栄では問題なく乗り運動を行えていたようですし、17日の検疫で戻させていただきました。東京開催での出走を予定していますが、具体的なレースはこちらでの調教の動きを見ながら検討していきたいと思います」
     
2020/01/17 17日(金)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2020/01/15 17日(金)に美浦トレセンへ帰厩する予定です。
     
2020/01/10 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しても、特に問題はありませんでした。現在は坂路コースでハロン14秒ペースで乗っていますが、その後も疲れは見られませんし、この調子で緩めないように乗り進めていきたいと思います。馬体重は524sです」
     
2019/12/26 26日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2019/12/25 在厩場所:美浦トレセン/26日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
新開幸一調教師「レース後は元々弱さのあるトモに疲れが溜まっていますね。少し休ませた方が良さそうですから、いったん牧場にお返しさせていただきます。良いエンジンを持っている馬ですし、これから成長してくればもっと走ってきそうな馬ですから、早めに1つ勝っておきたいですね」
     
2019/12/25 26日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出る予定です。
     
2019/12/23 12/21(土)中山6R メイクデビュー中山〔D1,800m・15頭〕5着[4人気]
チークピーシズ着用。もっさりしたスタートからで後方になります。向こう正面で好位まで上がると、直線でもジリジリ伸びてデビュー戦は5着で終えています。
三浦皇成騎手「ゲートを出るときに反応はしてくれているのですが、トモが緩くて突っ張ったように出てしまいます。そして、キックバックを嫌がってブレーキを掛けようとしており、促さないと後方へズルズル下がっていきそうな感じでしたし、精神面の幼さが出ていましたね。それでも、ペースが遅いと思い2コーナー過ぎから位置を上げていきましたが、終いは止まらずにジリジリと伸びてくれており、良い心肺機能を持っていますね。今日の内容であれば未勝利を勝てる力は十分にあるものの、少し息遣いの悪いところがありますので、今後はそこが悪化しないと良いですね。距離に関してはもっと延びても問題なさそうですよ」
新開幸一調教師「トモが緩いのでゲートはそこまで速くないだろうなとは思っていましたが、この馬なりには出てくれました。ただ、砂を被ると怯むようで、一気に下がりそうな雰囲気でしたね。でも、途中で動いていって手応えが悪くなりながらも、最後までしっかりと脚を使えていますし、心臓の強い馬だと改めて感じました。調教でチークピーシズを着けてみると反応が良くなりましたが、レースを見るとまだまだ幼いところが出ていましたから、次はブリンカーを着けてみるのも良いかもしれません。まずはトレセンに戻って馬体を確認させていただいて、今後の予定を決めたいと思います」
     
2019/12/20 12/21(土)中山6R メイクデビュー中山〔D1,800m・15頭〕55 三浦皇成 発走12:35
     
2019/12/18 助 手 12/18(水)南W稍 キリ キリ不明
 クレヴァージャッジ(新馬)の内同入
     
2019/12/18 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:18日に南Wコースで時計
次走予定:12月21日の中山・D1,800m〔三浦皇成〕
新開幸一調教師「18日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。霧の影響で詳細な動きは見えませんでしたが、道中はトラモントが追走して、直線では3頭併せの最内に入れて同入といった内容でした。先週まではなかなかエンジンの掛かりが良くない部分がありましたが、試しにチークピーシズを着けたところ反応が上向きましたし、レースでも着用する方向で考えています。まだ新馬なのでビッシリと仕上げたわけではありませんが、追い切りをこなす毎に動きは良くなってきていますし、良い走りを見せてくれると思うので楽しみにしています」
     
2019/12/18 21日(土)中山6R・D1,800m〔55 三浦皇成〕
     
2019/12/16 助 手 12/15(日)南W良 57.8- 41.6- 14.6[4]馬なり余力
     
2019/12/16 21日(土)中山6R・D1,800m〔騎手未定〕
     
2019/12/12 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:11日に南Wコースで時計
次走予定:12月21日の中山・D1,800m
新開幸一調教師「11日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。先週はPコースで時計を出しましたが、今週はより負荷を掛けるためにもWコースでしっかり追っています。エンジンが掛かってからは、思っていた以上にかなり良い脚を使いますね。力の要る馬場でも全く苦にしないですし、この馬場で終いが12.0秒出るのですから、十分でしょう。まだとぼけたところが先週はありましたが、今週の調教でようやく目覚めてくれたのではないでしょうか。来週のデビュー戦に向けて順調に仕上がってきていますので、より良い状態で向かえるよう努めます」
     
2019/12/11 助 手 12/11(水)南W稍 66.6- 51.6- 37.3- 12.0[5]一杯に追う
 トキノヒト(新馬)一杯の外0.9秒先行1.0秒先着
     
2019/12/09 助 手 12/8(日)南W稍 56.1- −- 13.5[6]馬なり余力
 クレヴァージャッジ(新馬)馬なりの内同入
     
2019/12/05 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:4日に南Pコースで時計
次走予定:12月21日の中山・D1,800m
新開幸一調教師「4日にポリトラックコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが追走し、直線で内に入れて脚を伸ばすと、最後はしっかりと同入しています。5ハロンから70-40くらいで、時計的にはそれほど速くはありませんが、動きはまだモタモタしていましたね。ただ、血統的にはポリトラックのような軽い馬場よりは、ダートの方が良いでしょうし、実戦になればまた変わってきてくれるでしょう。今のところ中山4週目のD1,800m戦を目標に進めていきたいと考えています」
     
2019/12/04 助 手 12/4(水)南P良 70.4- 54.4- 39.8- 12.6[6]直強め追う
 ロードザナドゥ(古馬1勝)馬なりの内0.6秒追走同入
     
2019/12/02 助 手 12/1(日)南W良 56.5- 40.9- 13.2[4]馬なり余力
 トキノヒト(新馬)馬なりの外0.4秒先行同入
     
2019/11/29 在厩場所:29日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:第5回中山開催
新開幸一調教師「29日の検疫が回ってきましたので、こちらへ戻させていただきました。第5回中山開催でのデビューを考えていますが、具体的なレースについては、明日からの調教の動きを見ながら検討していきたいと思います」
     
2019/11/29 29日(金)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2019/11/27 29日(金)に美浦トレセンへ帰厩する予定です。
     
2019/11/22 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:第5回中山開催
天栄担当者「この中間は日によって終いハロン13秒まで坂路調教のペースを上げました。まだ良化途上ではあるものの、こちらへ来た当初よりもだいぶしっかりしてきた印象がありますね。デビューに向けて態勢が整ってきていますので、来週ぐらいには帰厩することになると思います。馬体重は530sです」
     
2019/11/15 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:第5回中山開催
天栄担当者「今週は登坂回数を週3回に増やして乗り込んでいます。乗り込みを継続していることで、14-14ペースでもだいぶ動けるようになってきましたね。新開調教師と相談し、第5回中山開催でのデビューを目標に、早ければ来週にも帰厩する予定となっています。馬体重は531sです」
     
2019/11/08 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週も週2回の坂路コースでの乗り込みを中心に調教を行っています。まだ良化の余地を残していますが、この馬なりに徐々に力強いフットワークで駆け上がれるようになってきています。早くデビューの予定を立てられるようこのまま乗り込み、状態アップを図っていきたいと思います。馬体重は524sです」
     
2019/11/01 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間も先週と同様のメニューで進めています。引き続き体力作りに励んでいますが、徐々にしっかりしてきていますよ。パンとすれば走ってきそうですし、年内デビューを目指して進めていきます。馬体重は525sです」
     
2019/10/25 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週は坂路コースのペースを少し上げて、ハロン14秒まで脚を伸ばしています。ペースアップ後も大きく戸惑うことなく対応できていますが、まだ終いは促さないと進んで行けない感じはありますし、引き続きしっかりと乗り込んでいきたいと思います。馬体重は525sです」
     
2019/10/18 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週は週2回ではありますが、坂路コースでの乗り込みを中心に調教を進めることが出来ています。動きを見るとまだ全体的に緩さが目立ちますし、じっくりと乗り込んで鍛えていきたいと思います。馬体重は514sです」
     
2019/10/11 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「トレセンで長くゲート練習を行っていたこともあって、こちらに帰ってきた当初は結構トモに疲れが見られましたね。それでも、ケアを続けていたことで、徐々に回復してきましたから、現在は週3回坂路コースで15-15ペースで乗っています。今後もよくケアしながら、状態に合わせて進めていきます。馬体重は521sです」
     
2019/10/04 4日(金)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2019/10/02 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:2日にゲート試験に合格
次走予定:未定
新開幸一調教師「引き続きゲート練習を進めてきました。あまり精神的に追い詰めても良くないと思っていましたから、無理せずにこの馬の状態に合わせて練習を行ってきましたが、出の方もまずまず安定してきたことから、2日に再度ゲート試験を受けました。前回時よりもしっかり出てくれて、その後のダッシュもついたことで無事に合格いたしました。決してゲートが下手なタイプではありませんし、体が使えるようになればレースでもある程度出てくれると思いますよ。ここまで辛抱強く頑張ってくれましたから、まずは牧場へお戻ししてリフレッシュを挟んだ方が良いでしょうね」
     
2019/10/02 2日(水)にゲート試験を受けて合格しています。
     
2019/09/26 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースで軽めのキャンター/ゲート練習
新開幸一調教師「先週末は精神面を考えて練習を行わず、軽めの運動で様子を見ていました。坂路を中心にキャンターを行っていますが、走りは悪くないですね。まだトモを中心に緩さはありますが、スピードの乗りは悪くありません。今週よりゲート試験に向けて、再度練習を重ねており、1歩目の出も良くなってきたことから、26日に試験を受けたところ、ゲートを出てからヨレてしまったことで、不合格になってしまいました。ここまで少し長引いてしまっていますが、トラモントも根気強く頑張ってくれていますから、何とか受からせてあげたいですね」
     
2019/09/19 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースで軽めのキャンター/ゲート練習
新開幸一調教師「その後もゲート練習を行っており、発馬を中心に練習を積めたことから19日に再度ゲート試験を受けたものの、不合格となってしまいました。1歩目が遅かったのですが、二の脚は以前よりもついてきたと思いますし、スピードに乗ってからは良い走りをしていました。週末には試験を受けずに、精神的にも楽をさせてから、来週再度試験を受けさせていただこうと思います。あと少しのところまで来ているので、何とか早い内に合格させてあげたいですね」
     
2019/09/12 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースで軽めのキャンター/ゲート練習
新開幸一調教師「先週の金曜日に試しにゲート試験を受けましたが、入りや駐立に問題はなかったものの、発馬が遅くて不合格になってしまいました。今週も引き続きゲート練習を中心に進めていますが、まだ出のダッシュがつかないので、もう少し練習していく必要がありそうですね。ただ、精神的には引き続き落ち着いた様子ですし、飼い葉もしっかりと食べていて体調面に問題はありません」
     
2019/09/05 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースで軽めのキャンター/ゲート練習
新開幸一調教師「この中間もゲート練習を中心に調教を行っています。入り・駐立には特に問題はなく、現在は発馬の練習を行っていますが、まだ慣れていないせいもあり、音を出しての発馬だと遅れてしまいますね。もう少し練習を積みながらゲート試験の目途を立てていきたいと思いますが、気性的に素直なのはトラモントの良いところですね。練習を進めていても変にイライラしたところは見せませんし、馬房の中でもおっとりとしていて、手が掛かることなく助かっていますよ」
     
2019/08/29 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:ゲート練習
新開幸一調教師「23日にこちらへ入厩させていただきました。まずはトレセン内の環境に慣らしていたのですが、思ったよりも早く馴染めてくれましたし、良い雰囲気を保てています。牧場で聞いていたよりも落ち着きがあって、ゲート練習でも今のところ気になる点はありませんから、とても優秀です。強いて言うのであれば、まだ体のバランスが整っていないような感じですから、しっかりと中身を鍛えていきたいですね」
     
2019/08/23 在厩場所:23日に美浦・新開幸一厩舎へ入厩
調教内容:
空港担当者「じっくり乗り込みを重ねてきたことで、最近は体力が付いてきましたね。馬体も一段とパワーアップしたように感じますし、毛艶も良好です。予定通り今月に移動することが出来ましたので、後は長距離輸送をこなしてくれれば良いですね」
     
2019/08/23 23日(金)に美浦・新開幸一厩舎へ入厩しています。
     
2019/08/22 22日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動しており、23日(金)に美浦・新開幸一厩舎へ入厩する予定です。
     
2019/08/19 22日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動し、23日(金)に美浦・新開幸一厩舎へ入厩する予定です。
     
2019/08/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン13〜16秒のキャンター1〜2本、週1回周回コースで軽めのキャンター1,200m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間もハロン13秒で坂路調教を行っています。少し終いの甘さはありますが、トモを中心に筋肉がついてバランスが良くなってきたことで、綺麗なフォームで走ることが出来ていますね。以前よりストライドが大きくて、伸び伸びとした走りに見えますから、その部分はレースに行っても武器になりそうです。血統的に少しテンションの上がりやすい部分はありますが、今の時点では問題ありませんし、調教に対しては非常に前向きに取り組めています。今月中に移動の声が掛かると思いますので、その日まで更に状態を上げていきます」馬体重516kg
     
2019/08/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン13〜16秒のキャンター1〜2本、週1回周回コースで軽めのキャンター1,200m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間はリフレッシュを挟んだ後、再度坂路調教を行っています。肉体面や精神面の疲れが一気に取れて、元気が戻ってきたようですね。この休みで毛艶も一段と良化してきましたし、状態面はぐんぐん上昇中です。それに伴い、ハロン14秒ペースを楽にこなせており、週1回はラスト1ハロン13秒ペースまで進めています。今後も継続的に坂路に入れつつ、疲れを溜めないようリフレッシュを適度に入れていきたいと思います」馬体重510kg
     
2019/07/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター1〜2本、週1回周回コースで軽めのキャンター1,200m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も坂路での運動を継続していますが、ここ数日間やや疲れているのを感じます。良い頃と比べると覇気がなく、馬体もやや萎んで見えますね。また、精神的にも少しピリピリしているように感じられます。登坂するだけならば、余裕をもってハロン15秒でも対応できていますが、目指しているところはもう一段、質の高い動きですから、まだ対応できていないうちに求め過ぎるとオーバーワークとなってしまいますので、馬の体調を良く観察しながら状態に添った調教メニューで進めていきます。今後は、リフレッシュ目的でマシンのみの運動にする予定です」馬体重514kg
     
2019/07/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間トモに疲れが出たので、短期ですが休養を取り入れました。現在は、坂路のみにて乗り運動を行っています。すぐに乗り運動を再開できましたが、動きにまだ緩さを感じますね。この春まで順調に基礎体力をつけるトレーニングを行い、これから仕上げの段階を残すのみと考えていましたが、こちらの思っていた程、ベースが出来ていなかったようです。この過程を踏まえて、今後は本質的な筋力が備わるよう時間をかけて鍛え上げていこうと思います。脚元や飼い食いは変わらず問題ないので、しっかりと鍛えていける状態にはあります」馬体重507kg
     
2019/06/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン13〜16秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「徐々に体の使い方が良化してきたことから、この中間はハロン13秒ペースに近いところまで進められています。継続的に坂路で乗り込んでいますので、トモを中心に筋力が付いてきており、体重こそ大きく変動はありませんが、馬体も一段とボリュームが出てきましたよ。太めに映っていた体も引き締まってきたように見えますから、このまま競走馬らしい体つきになってくれると良いですね。あとはもう少しバランス良く走れるようになれば、より動きが良くなってくるでしょうから、その点も意識して進めていく方針です。体調面はすこぶる良好で、暖かくなってきたことで毛艶も良いですよ。じっくりとこちらで乗り込んでからの移動になりますが、この調子で進められればそこまで時間はかからないと思います」馬体重507kg
     
2019/06/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「元々体の使い方は上手い方だったのですが、ハロン14秒をこなすようになり、腰からトモの筋力不足からあまり綺麗なキャンターが出来ていません。動けていないわけでは無いのですが、この状態で更に負荷を掛けてしまうと、今後の走りに影響しそうですからもう少しこちらでじっくり進めていきたいと思います。馬体は見た目にも分かるくらい余裕を残していますね。飼い葉をしっかり食べてくれているのは良いのですが、欲を言えばもう少し絞れてきて欲しいです。また、脚元には疲れは溜まっていませんし、今後も継続的に乗り込んでいき、このペースでも動きが良くなれば更にペースを上げたいと思います」馬体重501kg
     
2019/05/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「今週はトモに負担が掛かり過ぎないように週2日に登坂回数をセーブし、その分の運動量の確保と体力強化を目的に週1日は周回コースでの運動を行っています。坂路・周回ともに自らハミを取って前向きに動けていますし、左右のバランスも良好でいいリズムで走れていますね。もう少し体を使えるようになると、走りがより良い方に変わってくると思いますので、その点は今後も継続して取り組み良化を図っていきたいですね。引き続き、リフレッシュを挟みつつ状態に合わせて進めていければと思います」馬体重498kg
     
2019/05/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整
担当者「4月下旬から登坂回数を週3日に増やしたので、あまり負担が掛かり過ぎないよう周回コースでの運動は行わず、全体の調教量のバランスを取っています。ペースもハロン14秒まで上げていますが、まだやり始めたばかりで仕方がないものの、終いの手応えに甘さが残りますね。キャンターのバランス自体は良いですし、脚元や体調面に問題はありませんから、このまま乗り込みを継続して良化を図っていきたいと思います。飼い葉はよく食べてくれていますし、毛艶や馬体の張りは良好ですよ」馬体重502kg
     
2019/04/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「坂路中心の調教でスピードは強化されたのですが、スタミナが不足している印象でしたので、その点を補うために周回コースでの調教を再度取り入れています。動きに関してはこの中間で変わった印象はありませんが、少しずつ力がついてきて終いの手応えは良くなりましたね。こちらが促すとスッと反応してくれるようになり、以前のような乗り難しいところを見せず、精神面の成長が窺えます。今後は体力が強化されて、最後までしっかりと脚を伸ばせるようになってくればペースを上げる予定ですが、無理に進めて精神的に追い詰めても良くないので、馬の走りや状態に合わせて進めていきたいと思います」馬体重494kg
     
2019/04/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も順調に調教を行っています。坂路主体の調教メニューに変えたことにより、トモにしっかり力が入るようになり、スピードがかなり強化されましたね。兄弟の活躍を見ても、スピードに長けた馬たちが多いですし、この血統の良い部分が出てきたと思います。自分の思い通りにならないとイライラする面がありましたが、最近はこちらの指示に素直に応えてくれるようになり、気性面の成長が窺えますね。体重に比例して、ひと回り大きくなったように感じますし、更に見映えのする体になりました。脚元も問題無く進めることが出来ていますから、春先あたりの移動を目標に進めていきたいと思います」馬体重492kg
     
2019/03/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間は適度にリフレッシュを挟みながら調教を継続していますが、疲れが溜まることもなく、フレッシュな状態で調教に取り組んでいます。現在も週に2回坂路でハロン15秒の乗り込みを行っていますが、登坂回数を重ねていくにつれて体を上手く使えて良い走りが出来るようになってきましたよ。ワガママな性格の持ち主ではありますが、人の指示に対して従順ですし、調教で手を煩わせることはありません。体調面に関しては飼い葉食いが良く、この時期としては毛艶も見映えがいいですし、馬体に気になるところはありません。全体的に筋肉が付くようになれば更に力強い走りが見られるようになるでしょうから、しっかり乗り込みながら鍛えていきたいと思います」馬体重480kg
     
2019/02/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター1〜2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も坂路コースでの乗り込みをメインに調教を進めています。坂路ではバネのある良いキャンターで登坂できており、脚捌きも良好ですね。継続したトレーニングで徐々にトモに力が付いてきていることから、走りにも力強さが増してきています。寒さが厳しいものの、相変わらず毛艶は良好で馬体にも張りがあり、良い見た目を維持できています。飼い葉食いも良好そのもので、体調面に不安は見られませんよ。人の指示に従順で軽い扶助で動いてくれるのは良い点ですが、少しワガママなところがあるので、精神面での成長も図りつつ進めていきたいと思っています」馬体重474s
     
2019/01/24 競走馬名:トラモント
欧字表記:Tramonto
意味由来:夕焼け(伊)。母名と毛色より連想
     
2018/12/31 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター2本、週3回周回コースで軽めのキャンター1,600m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間、すこぶる順調でしたので坂路調教を2本に増やし、ペースも1本目はハロン17秒、2本目は15〜16秒と負荷を高めています。すでにハロン15秒ペースに周回コースでも調教していますから、2歳のこの時期としては一番進んだ組に属していますよ。トモの甘さは乗り込みつつ力を付けてきているのを感じますね。今はステップアップして坂路コースのスタートから最後までトモを使って走れるように意識して運動しています。まだ始めたばかりですから、しっかりハミを取り、トモを使って最後まで走ることはできていませんが、この運動を継続していくことにより地力がしっかりとついてくれると考えています。負荷は高まっていますが、体重は増加傾向にあり、変わらず前向きで落ち着きもあります。毛ヅヤも冬場にしてはいいので体調面に問題は感じていません。脚元も綺麗ですから、今後も同じメニューを継続して馬体がしっかりするよう鍛錬していきます」馬体重466s
     
2018/12/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17〜18秒のキャンター1〜2本、週2回周回コースで軽めのキャンター1,600m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間は坂路調教のペースをハロン18秒から17秒まで上げ、引き続き周回コースでの乗り運動も取り入れて調整を行っています。ペースを上げるにつれてトモの甘さが気になっていましたが、乗り込みつつ徐々に力を付けてきていますし、何より走りに前向きなタイプで非常に好感が持てますね。常歩での運動では身体をしっかり使っているので他馬よりもスピードがあって、そういうところからもセンスを感じますよ。引き続き脚元・飼い葉食いに問題はないですし、馬体には徐々に幅が出てしっかりしてきました。ここまで大きな問題もなく順調に進んでいますが、欲を言えばもう少しトモに力が付いてほしいところですね。でも、まだ1歳馬ですし、今後の成長とともにそれも解消されてくるでしょう」馬体重459s
     
2018/11/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
担当者「現在は軽めの坂路調教と周回コースで調整を進めています。周回コースではバランスの良いキャンターを見せてくれていますし、坂路ではグッと気持ちが入ったキャンターでいい走りを見せていますよ。飼い葉食いも非常に良好ですし、脚元も問題なく着実に馬体重を増やしています。好馬体をキープできていますね。調教を進めていくにつれて少しチャカつくことがあるので、注意して調整していきますが、成長するにつれ改善されるでしょう。この馬のペースに合わせ体力の増強と馬体のバランスを見ながら徐々に負荷を掛けていく予定です。鞍上が促すとスッと反応してくれますし、乗り味がよくセンスのある馬ですので良い部分をさらに引き出していきます」馬体重442kg
     
2018/10/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
担当者「現在はロンギ場で馴らしを行っているところです。ダク、ハッキング共に脚取りが軽く、人の指示にも従順で扱い易いですね。しかし、右回りは若干ぎこちないですので修正していく必要がありそうです。厩舎内でも手の掛かる様子はなく、飼い葉もしっかり食べてくれています。走りも良いところがありそうで、いかにもセンスが有りそうですね。血統的にはダート適性の方がありそうですが、走りを見ると芝でも活躍してくれそうですよ」431kg
     
2018/09/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
Yearling担当者「8月27日にノーザンファーム空港へ移動しています。こちらでは夜間放牧を行っていました。時間にすると16時間ほどですが、運度量としては十分だったと思います。馴致に関しては馬体洗いを行なっていましたが、特に煩いところを見せたりせず、大人しく洗えることが出来ていましたよ。横見の写真では馬体が少し寂しく映るかもしれませんが、どちらかと言うと脂肪が乗りにくい体質ですので、この馬としてはとても順調な状態で送り出すことが出来たと思います」馬体重433s
     
2018/08/27 8月27日に北海道・ノーザンファーム空港へ移動しています。
     
2018/08/10 在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling Yearlin
担当者「順調に夜間放牧を行い、馴致はウォーキングマシンと馬体洗い馴致まで進めています。始めの頃は洗い場への入りがあまり良くありませんでしたが、段々と慣れてきましたので問題はありません。飼い葉も残さず食べて春から夏にかけて一気に体重が増加しました。見た目にも分かるくらい体つきもしっかりしてきましたね。このまま順調に進めていき、育成厩舎へ移動できればと思っています」429kg