トラモントの情報

2020/07/31 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルでダク、ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「この中間もウォーキングマシンでの運動を中心に進めてきましたが、先週のレントゲン検査の結果を踏まえて今週から一段階負荷を上げています。トレッドミルでのダクを行っていますが、その後も脚元は変わりませんね。来週からキャンターへ入れそうですし、体も絞れて順調そのものです。馬体重は522kgです」
     
2020/07/24 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「この中間は術後の経過確認のため、左前のレントゲン検査を行いました。獣医によると『まだ完全に回復とまではいきませんが、経過としては順調と言って良いでしょう。脚元の状態を見ながら、少しずつ負荷を掛けていっても大丈夫です』との事でした。もう少し今のメニューで進めて、トレッドミルでの運動に入っていきます。馬体重は530kgです」
     
2020/07/17 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「先週と調教内容に変化はありません。乗り運動を行っていませんから、緩さはすぐに解消されるものでは無いですが、運動時間を長めにとっていることで幾らか捌きは軽くなっています。ここまでは順調に進められていますよ。馬体重は530kgです」
     
2020/07/10 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「この中間もウォーキングマシンでの運動を行っています。体調面は変わらず良好ですし、今月中には次のメニューを行えるメドが立てられそうですね。体重が増えているように体の緩みは依然としてありますから、その点は気を付けて進めていきます。馬体重は532kgです」
     
2020/07/03 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「引き続きウォーキングマシンでの運動を行っています。運動時間を増やしながらじっくりと良化を図っていますので、ここまでは問題なく進められていますね。また、最近は精神的に成長を感じますから、日頃から落ち着きが有って良い状態ですよ。馬体重は526kgです」
     
2020/06/26 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「この中間は患部の状態を確認するため、レントゲン検査を行いました。獣医によると順調に回復しているようで、来月下旬には更に負荷を掛けた調教を行えそうだとのことです。ただ、1つ勝っていますから焦ることなく、馬のペースに合わせて進めていきます。馬体重は528kgです」
     
2020/06/19 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「予定通り、ウォーキングマシンでの運動時間を増やしています。余分な脂肪があるため、幾らか捌きに重たさは感じるものの、しっかりとした脚取りで運動を行えていますので、状態は悪くないですね。体調面も変わらず良好です。馬体重は530kgです」
     
2020/06/12 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「この中間もウォーキングマシンでの運動を行っています。先週から大きく変わった感じはありませんが、脚元の状態や体調は良好ですし、歩様にも安定感があって良い雰囲気で日々を過ごせています。この調子であれば、来週から少し運動時間を増やせるでしょう。馬体重は524kgです」
     
2020/06/05 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「引き続きウォーキングマシンでの運動を行っています。先週から良い意味で変わったところはありませんが、脚元も問題なく順調そのものですね。もう暫くはこのメニューで様子を見ることになっていますので、じっくりと良化を促していきます」
     
2020/05/29 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「この中間は運動時間を増やしたことで、しっかりと汗をかけており、それでいて馬房に戻ると飼い葉を残さず食べていますから、代謝が非常に良いですね。乗り運動を行っていませんが毛艶は良好で、良い雰囲気で日々を過ごしています。馬体重は521kgです」
     
2020/05/22 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「先週からウォーキングマシンでの運動を開始しましたが、この中間は良い意味で大きな変わりはありません。精神的にもこの馬なりに落ち着きを保てていますし、この調子であれば運動時間を増やしていけそうですね。引き続き脚元の状態も見ながら進めていきます」
     
2020/05/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:ウォーキングマシン、曳き運動
次走予定:未定
担当者「引き続き曳き運動を行っていましたが、歩様に改善が見られたことから、ウォーキングマシンでの運動を開始しています。術後1ヶ月が経過しましたが、ここまでは順調に来ていると思いますので、この波を崩さずに今後も進めていければと思います。馬体重は517kgです」
     
2020/05/08 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:曳き運動
次走予定:未定
担当者「この中間も曳き運動を行っています。少しずつ運動時間を増やすことが出来ていますし、立ち上げとしては順調そのものです。歩様に関しては、まだ重苦しさがありますので、そこが解消してくれば次のメニューに移れるでしょう。馬体重は520kgです」
     
2020/05/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:曳き運動
次走予定:未定
担当者「この中間から、予定通り曳き運動を開始しています。久々の運動となりますから、ややぎこちなさは残るものの、概ね問題ありません。患部を痛がる素振りは見せませんし、慣れてくれば更に運動時間を増やしたいと思います。馬体重は515kgです」
     
2020/04/24 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:舎飼
次走予定:未定
担当者「この中間も舎飼で様子を見ています。体調面は先週から良い意味で変わったところはありませんし、体重もほぼ変動はありません。また、馬房内で暴れたりすることも無く、精神状態も良好です。患部の回復次第では来週から曳き運動を行えそうです。馬体重は513kgです」
     
2020/04/17 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:舎飼
次走予定:未定
担当者「手術を行ってから約1週間経過しましたが、体調面に大きな変化はありません。飼い葉もこの馬なりには食べてくれており、運動を制限している割には今のところ落ち着きがあります。ただ、煩くなる雰囲気はありますし、注意はしておいた方が良いですね。馬体重は514kgです」
     
2020/04/10 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:舎飼
次走予定:未定
担当者「獣医とも話し合った結果、帯広畜産大学にてCT検査をした方が良いだろうと言うことで、9日に検査及び関節鏡手術を行いました。骨折が確認されていました左前の第三手根骨は、遠位まで折れてはいませんでしたので、傷んでいる箇所をクリーニングする形で終えています。既にノーザンファーム空港に帰ってきており、今後の経過を見ながら、運動開始のタイミングを図っていければと思います。馬体重は515kgです」
     
2020/04/03 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:舎飼
次走予定:未定
担当者「3月26日にこちらへ帰場しました。こちらでもレントゲン検査を行ったところ、第3手根骨の骨折線が近位から中ほどまで伸びているように見えるものの、もしかすると遠位まで到達している可能性もあるとのことです。ただ、このレントゲン検査だけでは判断がつかないため、最新医療が揃っている、帯広畜産大学にてCT検査をする必要があるかもしれません。もう少し経過を見た上でどうするかを判断したいと思います。馬体重は507kgです」
     
2020/03/26 26日(木)に北海道・ノーザンファーム空港へ移動しています。
     
2020/03/25 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄/26日に北海道・ノーザンファーム空港へ移動予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「その後改めて獣医に詳しい検査を行ってもらったところ、左前脚の第3手根骨の骨折が確認されました。骨折してしまったのは残念ですが、歩様の乱れの原因がハッキリと分かったのは不幸中の幸いだと思います。26日にノーザンファーム空港へ移動する予定となっており、向こうの獣医に状態を確認してもらい、今後の方針を決めていく予定となっています」
     
2020/03/20 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:舎飼
次走予定:未定
天栄担当者「先週末に坂路コースで乗った後、再び左前の歩様が乱れてしまいました。膝が原因ではないかということで、レントゲン検査を行ったところ、確かに関節面に痛みが見られます。ただ、それにしても歩様に見せてしまっている状況ですし、時間の経過とともに何らかの症状が表に出てくる場合もあることから、一旦運動は休ませて、しばらくしてからもう一度検査を行う方針となっています。馬体重は513sです」
     
2020/03/13 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「その後は左前の歩様はまだ完全に綺麗になったわけではないものの、これくらいであれば次のステップに進んでも良いだろうという獣医の進言もあったので、今週から坂路コースでの運動を始めています。まだハロン15秒程度ですが、前回はこれくらいで歩様が乱れてしまいましたし、よく注意して進めていきます。馬体重は519sです」
     
2020/03/06 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター
次走予定:未定
天栄担当者「周回コースでの乗り運動を続けていても、左前の歩様に変わりはなかったので、今週初めに坂路コースをハロン15秒ペースで登坂しました。動きは大丈夫だったものの、再び歩様が今一つになってしまいました。現状はトレッドミルにペースを落として様子を見ており、日が経つに連れて歩様は良化してきていますが、今後も慎重に進めていきたいと思います。馬体重は516sです」
     
2020/02/28 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンター
次走予定:未定
天栄担当者「左前の歩様は徐々に良化傾向にあったことから、徐々に調教の負荷を強め、現在は周回コースで軽めのキャンターを行っています。まだ油断は出来ませんが、一つずつ前進できていますし、この調子で上手く軌道に乗せていきたいところです。馬体重は513sです」
     
2020/02/21 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:ウォーキングマシン
次走予定:未定
天栄担当者「こちらに戻ってきた後も状態に問題はなかったので、先週末から乗り出しを開始しました。ただ、今週初めに坂路コースを登坂後、左前の歩様が今一つで、どうやら膝に痛みがあるようでした。獣医に詳しく診てもらっても、骨には異常は見当たらず、現在はウォーキングマシンでの運動に止め、治療を行っています。馬体重は510sです」
     
2020/02/12 在厩場所:12日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧
調教内容:
次走予定:未定
新開幸一調教師「先週はありがとうございました。トレセンに戻って改めて状態を確認しましたが、大きな問題は見当たりませんでした。この後は予定通り一旦放牧に出させていただきますが、スタートに課題はあるものの、上のクラスでも通用する力は十分ありそうですし、これからの活躍が本当に楽しみですね」
     
2020/02/12 12日(水)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2020/02/10 2/9(日)東京2R 3歳未勝利〔D2,100m・15頭〕優勝[1人気]
ブリンカー着用。スタートで後手を踏み、道中は後方からのレースとなります。4コーナーで外を回って徐々に押し上げて行き、直線では大外から力強く脚を伸ばして先団をまとめて差し切って、嬉しい初勝利を挙げています。
F.ミナリク騎手「スタートはこの馬なりに出ているものの、大きい馬ですしなかなかスピードに乗っていくことが出来ませんでした。返し馬ではしっかりとしたフットワークで走れていて良い感触を掴んでいたのですが、スタート後もその良い印象通りの走りをしてくれて、しっかりと力を発揮してくれましたね。まだ課題は残るものの、今日は2戦目のレースでしたし、まだまだ成長してくれそうで楽しみです」
新開幸一調教師「馬体重は16s減っていましたが、無駄なものが削がれた分で、現状はあれくらいで丁度良いと思います。スタートは遅かったですが、それ以外は調教で感じていた良さをその通りに発揮してくれました。他馬がどんどん動いてくれて展開が上手く味方した面はあったものの、今日は完勝だったと思います。この後はしっかりと結果を残してくれましたし、一旦放牧に出させていただきたいと考えています」
     
2020/02/06 2/9(日)東京2R 3歳未勝利〔D2,100m・15頭〕56 F.ミナリク 発走10:40
     
2020/02/05 助 手 2/5(水)南W良 67.9- 53.1- 39.1- 12.6[4]強めに追う
 ロジティナ(古馬3勝)馬なりの内0.4秒追走同入
     
2020/02/05 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:5日に南Wコースで時計
次走予定:2月9日の東京・D2,100m〔F.ミナリク〕
新開幸一調教師「5日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが2馬身追走して、直線で内目に進路を取ると、最後はほぼ同入で終えています。格上馬を相手に見劣ること無く、しっかり走れていましたね。1週待ったことで更に状態は良くなってきていますし、重苦しいところなくシャープな動きをしてくれています。今回はレースを1度使った上積みに加えて、デビュー戦以上の出来で臨めると思いますので、前走の内容からも当然勝ち負けを期待しています。また、鞍上はF.ミナリク騎手にお願いしています」
     
2020/02/05 9日(日)東京2R・D2,100m〔56 F.ミナリク〕
     
2020/02/03 助 手 2/2(日)南W良 58.1- 42.6- 14.0[5]馬なり余力
     
2020/02/03 9日(日)東京2R・D2,100m〔騎手未定〕
     
2020/01/30 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:29日に南Wコースで時計
次走予定:2月9日の東京・D2,100m
新開幸一調教師「29日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の2番手を進み、直線では真ん中に入れて脚を伸ばすと、最後は同入しています。今回はブリンカーを着けてみましたが、直線では他馬の間でプレッシャーが掛かる形の中、最後まで集中して走れていましたし、ブリンカーが悪い方に向いた感じはしませんでしたね。競馬を一度経験したことが良い方に向き、追い切りの動きは前走時よりも上向いてきているように思います。場合によっては今週の出走も視野に入れていましたが、来週まで待った方がより良い状態でレースに向かえそうですし、来週の東京・D2,100mに出走させたいと考えています」
     
2020/01/29 助 手 1/29(水)南W重 69.5- 53.8- 40.1- 12.4[6]一杯に追う
 インザバブル(古馬2勝)一杯の外1.6秒先行同入
     
2020/01/29 検討の結果、今週の出馬投票は見送り、来週の東京に回る予定です。
     
2020/01/27 助 手 1/26(日)南W良 55.7- 41.0- 13.4[6]馬なり余力
     
2020/01/27 今週出馬投票する可能性があります。
     
2020/01/23 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:22日に南Wコースで時計
次走予定:第1回東京開催
新開幸一調教師「22日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントがGT出走経験のあるメイクハッピーを誘導して、直線は外目から脚を伸ばすと、最後まで抜かされることなく同入しています。馬場が軽かったこともありますが、それ以上に1度レースを使ってかなり動けるようになっていますね。動きにキレが出てきており、初戦のようなモタモタする面は見せませんでした。あとは息が出来てくれば出走可能でしょうから、早ければ来週、もしくは再来週のD2,100m戦に出走させたいと考えています」
     
2020/01/22 助 手 1/22(水)南W良 68.3- 53.7- 39.9- 14.4[5]馬なり余力
 メイクハッピー(古馬3勝)馬なりの外0.4秒先行同入
     
2020/01/20 助 手 1/19(日)南W稍 54.5- 41.5- 13.1[5]馬なり余力
     
2020/01/17 在厩場所:17日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:第1回東京開催
新開幸一調教師「ノーザンファーム天栄では問題なく乗り運動を行えていたようですし、17日の検疫で戻させていただきました。東京開催での出走を予定していますが、具体的なレースはこちらでの調教の動きを見ながら検討していきたいと思います」
     
2020/01/17 17日(金)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2020/01/15 17日(金)に美浦トレセンへ帰厩する予定です。
     
2020/01/10 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しても、特に問題はありませんでした。現在は坂路コースでハロン14秒ペースで乗っていますが、その後も疲れは見られませんし、この調子で緩めないように乗り進めていきたいと思います。馬体重は524sです」
     
2019/12/26 26日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2019/12/25 在厩場所:美浦トレセン/26日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
新開幸一調教師「レース後は元々弱さのあるトモに疲れが溜まっていますね。少し休ませた方が良さそうですから、いったん牧場にお返しさせていただきます。良いエンジンを持っている馬ですし、これから成長してくればもっと走ってきそうな馬ですから、早めに1つ勝っておきたいですね」
     
2019/12/25 26日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出る予定です。
     
2019/12/23 12/21(土)中山6R メイクデビュー中山〔D1,800m・15頭〕5着[4人気]
チークピーシズ着用。もっさりしたスタートからで後方になります。向こう正面で好位まで上がると、直線でもジリジリ伸びてデビュー戦は5着で終えています。
三浦皇成騎手「ゲートを出るときに反応はしてくれているのですが、トモが緩くて突っ張ったように出てしまいます。そして、キックバックを嫌がってブレーキを掛けようとしており、促さないと後方へズルズル下がっていきそうな感じでしたし、精神面の幼さが出ていましたね。それでも、ペースが遅いと思い2コーナー過ぎから位置を上げていきましたが、終いは止まらずにジリジリと伸びてくれており、良い心肺機能を持っていますね。今日の内容であれば未勝利を勝てる力は十分にあるものの、少し息遣いの悪いところがありますので、今後はそこが悪化しないと良いですね。距離に関してはもっと延びても問題なさそうですよ」
新開幸一調教師「トモが緩いのでゲートはそこまで速くないだろうなとは思っていましたが、この馬なりには出てくれました。ただ、砂を被ると怯むようで、一気に下がりそうな雰囲気でしたね。でも、途中で動いていって手応えが悪くなりながらも、最後までしっかりと脚を使えていますし、心臓の強い馬だと改めて感じました。調教でチークピーシズを着けてみると反応が良くなりましたが、レースを見るとまだまだ幼いところが出ていましたから、次はブリンカーを着けてみるのも良いかもしれません。まずはトレセンに戻って馬体を確認させていただいて、今後の予定を決めたいと思います」
     
2019/12/20 12/21(土)中山6R メイクデビュー中山〔D1,800m・15頭〕55 三浦皇成 発走12:35
     
2019/12/18 助 手 12/18(水)南W稍 キリ キリ不明
 クレヴァージャッジ(新馬)の内同入
     
2019/12/18 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:18日に南Wコースで時計
次走予定:12月21日の中山・D1,800m〔三浦皇成〕
新開幸一調教師「18日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。霧の影響で詳細な動きは見えませんでしたが、道中はトラモントが追走して、直線では3頭併せの最内に入れて同入といった内容でした。先週まではなかなかエンジンの掛かりが良くない部分がありましたが、試しにチークピーシズを着けたところ反応が上向きましたし、レースでも着用する方向で考えています。まだ新馬なのでビッシリと仕上げたわけではありませんが、追い切りをこなす毎に動きは良くなってきていますし、良い走りを見せてくれると思うので楽しみにしています」
     
2019/12/18 21日(土)中山6R・D1,800m〔55 三浦皇成〕
     
2019/12/16 助 手 12/15(日)南W良 57.8- 41.6- 14.6[4]馬なり余力
     
2019/12/16 21日(土)中山6R・D1,800m〔騎手未定〕
     
2019/12/12 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:11日に南Wコースで時計
次走予定:12月21日の中山・D1,800m
新開幸一調教師「11日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。先週はPコースで時計を出しましたが、今週はより負荷を掛けるためにもWコースでしっかり追っています。エンジンが掛かってからは、思っていた以上にかなり良い脚を使いますね。力の要る馬場でも全く苦にしないですし、この馬場で終いが12.0秒出るのですから、十分でしょう。まだとぼけたところが先週はありましたが、今週の調教でようやく目覚めてくれたのではないでしょうか。来週のデビュー戦に向けて順調に仕上がってきていますので、より良い状態で向かえるよう努めます」
     
2019/12/11 助 手 12/11(水)南W稍 66.6- 51.6- 37.3- 12.0[5]一杯に追う
 トキノヒト(新馬)一杯の外0.9秒先行1.0秒先着
     
2019/12/09 助 手 12/8(日)南W稍 56.1- −- 13.5[6]馬なり余力
 クレヴァージャッジ(新馬)馬なりの内同入
     
2019/12/05 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:4日に南Pコースで時計
次走予定:12月21日の中山・D1,800m
新開幸一調教師「4日にポリトラックコースで併せて追い切りを行いました。道中はトラモントが追走し、直線で内に入れて脚を伸ばすと、最後はしっかりと同入しています。5ハロンから70-40くらいで、時計的にはそれほど速くはありませんが、動きはまだモタモタしていましたね。ただ、血統的にはポリトラックのような軽い馬場よりは、ダートの方が良いでしょうし、実戦になればまた変わってきてくれるでしょう。今のところ中山4週目のD1,800m戦を目標に進めていきたいと考えています」
     
2019/12/04 助 手 12/4(水)南P良 70.4- 54.4- 39.8- 12.6[6]直強め追う
 ロードザナドゥ(古馬1勝)馬なりの内0.6秒追走同入
     
2019/12/02 助 手 12/1(日)南W良 56.5- 40.9- 13.2[4]馬なり余力
 トキノヒト(新馬)馬なりの外0.4秒先行同入
     
2019/11/29 在厩場所:29日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:第5回中山開催
新開幸一調教師「29日の検疫が回ってきましたので、こちらへ戻させていただきました。第5回中山開催でのデビューを考えていますが、具体的なレースについては、明日からの調教の動きを見ながら検討していきたいと思います」
     
2019/11/29 29日(金)に美浦トレセンへ帰厩しています。
     
2019/11/27 29日(金)に美浦トレセンへ帰厩する予定です。
     
2019/11/22 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:第5回中山開催
天栄担当者「この中間は日によって終いハロン13秒まで坂路調教のペースを上げました。まだ良化途上ではあるものの、こちらへ来た当初よりもだいぶしっかりしてきた印象がありますね。デビューに向けて態勢が整ってきていますので、来週ぐらいには帰厩することになると思います。馬体重は530sです」
     
2019/11/15 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:第5回中山開催
天栄担当者「今週は登坂回数を週3回に増やして乗り込んでいます。乗り込みを継続していることで、14-14ペースでもだいぶ動けるようになってきましたね。新開調教師と相談し、第5回中山開催でのデビューを目標に、早ければ来週にも帰厩する予定となっています。馬体重は531sです」
     
2019/11/08 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週も週2回の坂路コースでの乗り込みを中心に調教を行っています。まだ良化の余地を残していますが、この馬なりに徐々に力強いフットワークで駆け上がれるようになってきています。早くデビューの予定を立てられるようこのまま乗り込み、状態アップを図っていきたいと思います。馬体重は524sです」
     
2019/11/01 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「この中間も先週と同様のメニューで進めています。引き続き体力作りに励んでいますが、徐々にしっかりしてきていますよ。パンとすれば走ってきそうですし、年内デビューを目指して進めていきます。馬体重は525sです」
     
2019/10/25 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週は坂路コースのペースを少し上げて、ハロン14秒まで脚を伸ばしています。ペースアップ後も大きく戸惑うことなく対応できていますが、まだ終いは促さないと進んで行けない感じはありますし、引き続きしっかりと乗り込んでいきたいと思います。馬体重は525sです」
     
2019/10/18 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「今週は週2回ではありますが、坂路コースでの乗り込みを中心に調教を進めることが出来ています。動きを見るとまだ全体的に緩さが目立ちますし、じっくりと乗り込んで鍛えていきたいと思います。馬体重は514sです」
     
2019/10/11 在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週3回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「トレセンで長くゲート練習を行っていたこともあって、こちらに帰ってきた当初は結構トモに疲れが見られましたね。それでも、ケアを続けていたことで、徐々に回復してきましたから、現在は週3回坂路コースで15-15ペースで乗っています。今後もよくケアしながら、状態に合わせて進めていきます。馬体重は521sです」
     
2019/10/04 4日(金)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
     
2019/10/02 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:2日にゲート試験に合格
次走予定:未定
新開幸一調教師「引き続きゲート練習を進めてきました。あまり精神的に追い詰めても良くないと思っていましたから、無理せずにこの馬の状態に合わせて練習を行ってきましたが、出の方もまずまず安定してきたことから、2日に再度ゲート試験を受けました。前回時よりもしっかり出てくれて、その後のダッシュもついたことで無事に合格いたしました。決してゲートが下手なタイプではありませんし、体が使えるようになればレースでもある程度出てくれると思いますよ。ここまで辛抱強く頑張ってくれましたから、まずは牧場へお戻ししてリフレッシュを挟んだ方が良いでしょうね」
     
2019/10/02 2日(水)にゲート試験を受けて合格しています。
     
2019/09/26 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースで軽めのキャンター/ゲート練習
新開幸一調教師「先週末は精神面を考えて練習を行わず、軽めの運動で様子を見ていました。坂路を中心にキャンターを行っていますが、走りは悪くないですね。まだトモを中心に緩さはありますが、スピードの乗りは悪くありません。今週よりゲート試験に向けて、再度練習を重ねており、1歩目の出も良くなってきたことから、26日に試験を受けたところ、ゲートを出てからヨレてしまったことで、不合格になってしまいました。ここまで少し長引いてしまっていますが、トラモントも根気強く頑張ってくれていますから、何とか受からせてあげたいですね」
     
2019/09/19 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースで軽めのキャンター/ゲート練習
新開幸一調教師「その後もゲート練習を行っており、発馬を中心に練習を積めたことから19日に再度ゲート試験を受けたものの、不合格となってしまいました。1歩目が遅かったのですが、二の脚は以前よりもついてきたと思いますし、スピードに乗ってからは良い走りをしていました。週末には試験を受けずに、精神的にも楽をさせてから、来週再度試験を受けさせていただこうと思います。あと少しのところまで来ているので、何とか早い内に合格させてあげたいですね」
     
2019/09/12 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースで軽めのキャンター/ゲート練習
新開幸一調教師「先週の金曜日に試しにゲート試験を受けましたが、入りや駐立に問題はなかったものの、発馬が遅くて不合格になってしまいました。今週も引き続きゲート練習を中心に進めていますが、まだ出のダッシュがつかないので、もう少し練習していく必要がありそうですね。ただ、精神的には引き続き落ち着いた様子ですし、飼い葉もしっかりと食べていて体調面に問題はありません」
     
2019/09/05 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースで軽めのキャンター/ゲート練習
新開幸一調教師「この中間もゲート練習を中心に調教を行っています。入り・駐立には特に問題はなく、現在は発馬の練習を行っていますが、まだ慣れていないせいもあり、音を出しての発馬だと遅れてしまいますね。もう少し練習を積みながらゲート試験の目途を立てていきたいと思いますが、気性的に素直なのはトラモントの良いところですね。練習を進めていても変にイライラしたところは見せませんし、馬房の中でもおっとりとしていて、手が掛かることなく助かっていますよ」
     
2019/08/29 在厩場所:美浦トレセン
調教内容:ゲート練習
新開幸一調教師「23日にこちらへ入厩させていただきました。まずはトレセン内の環境に慣らしていたのですが、思ったよりも早く馴染めてくれましたし、良い雰囲気を保てています。牧場で聞いていたよりも落ち着きがあって、ゲート練習でも今のところ気になる点はありませんから、とても優秀です。強いて言うのであれば、まだ体のバランスが整っていないような感じですから、しっかりと中身を鍛えていきたいですね」
     
2019/08/23 在厩場所:23日に美浦・新開幸一厩舎へ入厩
調教内容:
空港担当者「じっくり乗り込みを重ねてきたことで、最近は体力が付いてきましたね。馬体も一段とパワーアップしたように感じますし、毛艶も良好です。予定通り今月に移動することが出来ましたので、後は長距離輸送をこなしてくれれば良いですね」
     
2019/08/23 23日(金)に美浦・新開幸一厩舎へ入厩しています。
     
2019/08/22 22日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動しており、23日(金)に美浦・新開幸一厩舎へ入厩する予定です。
     
2019/08/19 22日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動し、23日(金)に美浦・新開幸一厩舎へ入厩する予定です。
     
2019/08/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン13〜16秒のキャンター1〜2本、週1回周回コースで軽めのキャンター1,200m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間もハロン13秒で坂路調教を行っています。少し終いの甘さはありますが、トモを中心に筋肉がついてバランスが良くなってきたことで、綺麗なフォームで走ることが出来ていますね。以前よりストライドが大きくて、伸び伸びとした走りに見えますから、その部分はレースに行っても武器になりそうです。血統的に少しテンションの上がりやすい部分はありますが、今の時点では問題ありませんし、調教に対しては非常に前向きに取り組めています。今月中に移動の声が掛かると思いますので、その日まで更に状態を上げていきます」馬体重516kg
     
2019/08/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン13〜16秒のキャンター1〜2本、週1回周回コースで軽めのキャンター1,200m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間はリフレッシュを挟んだ後、再度坂路調教を行っています。肉体面や精神面の疲れが一気に取れて、元気が戻ってきたようですね。この休みで毛艶も一段と良化してきましたし、状態面はぐんぐん上昇中です。それに伴い、ハロン14秒ペースを楽にこなせており、週1回はラスト1ハロン13秒ペースまで進めています。今後も継続的に坂路に入れつつ、疲れを溜めないようリフレッシュを適度に入れていきたいと思います」馬体重510kg
     
2019/07/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター1〜2本、週1回周回コースで軽めのキャンター1,200m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も坂路での運動を継続していますが、ここ数日間やや疲れているのを感じます。良い頃と比べると覇気がなく、馬体もやや萎んで見えますね。また、精神的にも少しピリピリしているように感じられます。登坂するだけならば、余裕をもってハロン15秒でも対応できていますが、目指しているところはもう一段、質の高い動きですから、まだ対応できていないうちに求め過ぎるとオーバーワークとなってしまいますので、馬の体調を良く観察しながら状態に添った調教メニューで進めていきます。今後は、リフレッシュ目的でマシンのみの運動にする予定です」馬体重514kg
     
2019/07/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間トモに疲れが出たので、短期ですが休養を取り入れました。現在は、坂路のみにて乗り運動を行っています。すぐに乗り運動を再開できましたが、動きにまだ緩さを感じますね。この春まで順調に基礎体力をつけるトレーニングを行い、これから仕上げの段階を残すのみと考えていましたが、こちらの思っていた程、ベースが出来ていなかったようです。この過程を踏まえて、今後は本質的な筋力が備わるよう時間をかけて鍛え上げていこうと思います。脚元や飼い食いは変わらず問題ないので、しっかりと鍛えていける状態にはあります」馬体重507kg
     
2019/06/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン13〜16秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「徐々に体の使い方が良化してきたことから、この中間はハロン13秒ペースに近いところまで進められています。継続的に坂路で乗り込んでいますので、トモを中心に筋力が付いてきており、体重こそ大きく変動はありませんが、馬体も一段とボリュームが出てきましたよ。太めに映っていた体も引き締まってきたように見えますから、このまま競走馬らしい体つきになってくれると良いですね。あとはもう少しバランス良く走れるようになれば、より動きが良くなってくるでしょうから、その点も意識して進めていく方針です。体調面はすこぶる良好で、暖かくなってきたことで毛艶も良いですよ。じっくりとこちらで乗り込んでからの移動になりますが、この調子で進められればそこまで時間はかからないと思います」馬体重507kg
     
2019/06/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「元々体の使い方は上手い方だったのですが、ハロン14秒をこなすようになり、腰からトモの筋力不足からあまり綺麗なキャンターが出来ていません。動けていないわけでは無いのですが、この状態で更に負荷を掛けてしまうと、今後の走りに影響しそうですからもう少しこちらでじっくり進めていきたいと思います。馬体は見た目にも分かるくらい余裕を残していますね。飼い葉をしっかり食べてくれているのは良いのですが、欲を言えばもう少し絞れてきて欲しいです。また、脚元には疲れは溜まっていませんし、今後も継続的に乗り込んでいき、このペースでも動きが良くなれば更にペースを上げたいと思います」馬体重501kg
     
2019/05/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「今週はトモに負担が掛かり過ぎないように週2日に登坂回数をセーブし、その分の運動量の確保と体力強化を目的に週1日は周回コースでの運動を行っています。坂路・周回ともに自らハミを取って前向きに動けていますし、左右のバランスも良好でいいリズムで走れていますね。もう少し体を使えるようになると、走りがより良い方に変わってくると思いますので、その点は今後も継続して取り組み良化を図っていきたいですね。引き続き、リフレッシュを挟みつつ状態に合わせて進めていければと思います」馬体重498kg
     
2019/05/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整
担当者「4月下旬から登坂回数を週3日に増やしたので、あまり負担が掛かり過ぎないよう周回コースでの運動は行わず、全体の調教量のバランスを取っています。ペースもハロン14秒まで上げていますが、まだやり始めたばかりで仕方がないものの、終いの手応えに甘さが残りますね。キャンターのバランス自体は良いですし、脚元や体調面に問題はありませんから、このまま乗り込みを継続して良化を図っていきたいと思います。飼い葉はよく食べてくれていますし、毛艶や馬体の張りは良好ですよ」馬体重502kg
     
2019/04/15 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「坂路中心の調教でスピードは強化されたのですが、スタミナが不足している印象でしたので、その点を補うために周回コースでの調教を再度取り入れています。動きに関してはこの中間で変わった印象はありませんが、少しずつ力がついてきて終いの手応えは良くなりましたね。こちらが促すとスッと反応してくれるようになり、以前のような乗り難しいところを見せず、精神面の成長が窺えます。今後は体力が強化されて、最後までしっかりと脚を伸ばせるようになってくればペースを上げる予定ですが、無理に進めて精神的に追い詰めても良くないので、馬の走りや状態に合わせて進めていきたいと思います」馬体重494kg
     
2019/04/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も順調に調教を行っています。坂路主体の調教メニューに変えたことにより、トモにしっかり力が入るようになり、スピードがかなり強化されましたね。兄弟の活躍を見ても、スピードに長けた馬たちが多いですし、この血統の良い部分が出てきたと思います。自分の思い通りにならないとイライラする面がありましたが、最近はこちらの指示に素直に応えてくれるようになり、気性面の成長が窺えますね。体重に比例して、ひと回り大きくなったように感じますし、更に見映えのする体になりました。脚元も問題無く進めることが出来ていますから、春先あたりの移動を目標に進めていきたいと思います」馬体重492kg
     
2019/03/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間は適度にリフレッシュを挟みながら調教を継続していますが、疲れが溜まることもなく、フレッシュな状態で調教に取り組んでいます。現在も週に2回坂路でハロン15秒の乗り込みを行っていますが、登坂回数を重ねていくにつれて体を上手く使えて良い走りが出来るようになってきましたよ。ワガママな性格の持ち主ではありますが、人の指示に対して従順ですし、調教で手を煩わせることはありません。体調面に関しては飼い葉食いが良く、この時期としては毛艶も見映えがいいですし、馬体に気になるところはありません。全体的に筋肉が付くようになれば更に力強い走りが見られるようになるでしょうから、しっかり乗り込みながら鍛えていきたいと思います」馬体重480kg
     
2019/02/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター1〜2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も坂路コースでの乗り込みをメインに調教を進めています。坂路ではバネのある良いキャンターで登坂できており、脚捌きも良好ですね。継続したトレーニングで徐々にトモに力が付いてきていることから、走りにも力強さが増してきています。寒さが厳しいものの、相変わらず毛艶は良好で馬体にも張りがあり、良い見た目を維持できています。飼い葉食いも良好そのもので、体調面に不安は見られませんよ。人の指示に従順で軽い扶助で動いてくれるのは良い点ですが、少しワガママなところがあるので、精神面での成長も図りつつ進めていきたいと思っています」馬体重474s
     
2019/01/24 競走馬名:トラモント
欧字表記:Tramonto
意味由来:夕焼け(伊)。母名と毛色より連想
     
2018/12/31 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター2本、週3回周回コースで軽めのキャンター1,600m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間、すこぶる順調でしたので坂路調教を2本に増やし、ペースも1本目はハロン17秒、2本目は15〜16秒と負荷を高めています。すでにハロン15秒ペースに周回コースでも調教していますから、2歳のこの時期としては一番進んだ組に属していますよ。トモの甘さは乗り込みつつ力を付けてきているのを感じますね。今はステップアップして坂路コースのスタートから最後までトモを使って走れるように意識して運動しています。まだ始めたばかりですから、しっかりハミを取り、トモを使って最後まで走ることはできていませんが、この運動を継続していくことにより地力がしっかりとついてくれると考えています。負荷は高まっていますが、体重は増加傾向にあり、変わらず前向きで落ち着きもあります。毛ヅヤも冬場にしてはいいので体調面に問題は感じていません。脚元も綺麗ですから、今後も同じメニューを継続して馬体がしっかりするよう鍛錬していきます」馬体重466s
     
2018/12/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17〜18秒のキャンター1〜2本、週2回周回コースで軽めのキャンター1,600m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間は坂路調教のペースをハロン18秒から17秒まで上げ、引き続き周回コースでの乗り運動も取り入れて調整を行っています。ペースを上げるにつれてトモの甘さが気になっていましたが、乗り込みつつ徐々に力を付けてきていますし、何より走りに前向きなタイプで非常に好感が持てますね。常歩での運動では身体をしっかり使っているので他馬よりもスピードがあって、そういうところからもセンスを感じますよ。引き続き脚元・飼い葉食いに問題はないですし、馬体には徐々に幅が出てしっかりしてきました。ここまで大きな問題もなく順調に進んでいますが、欲を言えばもう少しトモに力が付いてほしいところですね。でも、まだ1歳馬ですし、今後の成長とともにそれも解消されてくるでしょう」馬体重459s
     
2018/11/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
担当者「現在は軽めの坂路調教と周回コースで調整を進めています。周回コースではバランスの良いキャンターを見せてくれていますし、坂路ではグッと気持ちが入ったキャンターでいい走りを見せていますよ。飼い葉食いも非常に良好ですし、脚元も問題なく着実に馬体重を増やしています。好馬体をキープできていますね。調教を進めていくにつれて少しチャカつくことがあるので、注意して調整していきますが、成長するにつれ改善されるでしょう。この馬のペースに合わせ体力の増強と馬体のバランスを見ながら徐々に負荷を掛けていく予定です。鞍上が促すとスッと反応してくれますし、乗り味がよくセンスのある馬ですので良い部分をさらに引き出していきます」馬体重442kg
     
2018/10/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
担当者「現在はロンギ場で馴らしを行っているところです。ダク、ハッキング共に脚取りが軽く、人の指示にも従順で扱い易いですね。しかし、右回りは若干ぎこちないですので修正していく必要がありそうです。厩舎内でも手の掛かる様子はなく、飼い葉もしっかり食べてくれています。走りも良いところがありそうで、いかにもセンスが有りそうですね。血統的にはダート適性の方がありそうですが、走りを見ると芝でも活躍してくれそうですよ」431kg
     
2018/09/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
Yearling担当者「8月27日にノーザンファーム空港へ移動しています。こちらでは夜間放牧を行っていました。時間にすると16時間ほどですが、運度量としては十分だったと思います。馴致に関しては馬体洗いを行なっていましたが、特に煩いところを見せたりせず、大人しく洗えることが出来ていましたよ。横見の写真では馬体が少し寂しく映るかもしれませんが、どちらかと言うと脂肪が乗りにくい体質ですので、この馬としてはとても順調な状態で送り出すことが出来たと思います」馬体重433s
     
2018/08/27 8月27日に北海道・ノーザンファーム空港へ移動しています。
     
2018/08/10 在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling Yearlin
担当者「順調に夜間放牧を行い、馴致はウォーキングマシンと馬体洗い馴致まで進めています。始めの頃は洗い場への入りがあまり良くありませんでしたが、段々と慣れてきましたので問題はありません。飼い葉も残さず食べて春から夏にかけて一気に体重が増加しました。見た目にも分かるくらい体つきもしっかりしてきましたね。このまま順調に進めていき、育成厩舎へ移動できればと思っています」429kg