クレッセントムーンの情報

2018/04/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日はウォーキングマシン
担当者「この中間も坂路でハロン15秒ペースの調教をメインに進めています。以前は乗り進めていくと馬体が減ってしまっていましたが、段々と体がしっかりとしてきているのでしょう、乗り込んでいても馬体重の減りがなくなり、逆に先月に比べて少し増えているくらいです。坂路での動きは相変わらず躍動感に溢れていてとても良く、自分からハミを取ってグイグイと進んで行ってくれます。この調子で乗り込みを進めていき、しっかりとした基礎作りに励んでいければと思っています」馬体重480kg
     
2018/03/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めの1,800mのキャンター、残りの日はウォーキングマシン
担当者「騎乗調教を連続して行うと馬体重が減りやすいので、乗り運動を週3回に止め残りの日はマシンのみにして強弱をつけた調教を行っています。ここ数週間は、目に見えて体重が減ることはなくなりましたので、少しずつ体力がついてきているのを感じます。体重が思うように増えてこない理由の一つとしては、前向き過ぎる気性面が考えられますが、坂路ではその前向きさが、胸のすくような躍動感のある走りを生んでいるのも事実です。焦らず、よく状態を見極めて体調に合った調教していけば、見栄えのする馬体に成長してくれることでしょう。体調面や脚元にも現時点では問題はなく、このまま順調であれば秋頃のデビューを視野にいれられるかもしれません」馬体重473kg
     
2018/02/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めの1,800mのキャンター、残りの日は軽めの調整
担当者「休まず調教を行っていますが、若干馬体が減り気味でしたので、この中間は少し負荷を下げて調整しています。前向きに走る割には、そこまでムキになって抑えが利かないわけではありませんし、程良いテンションで運動できていると思います。真面目なタイプなのでやろうと思えばオーバーペースでも対応してしまうところがあるので、その点には気を付けながら進めていきたいと思います。素質は高いものを持っている馬なので、成長を促しつつ、この馬の良さを上手く引き出していきたいと思います」馬体重468kg
     
2018/01/19 競走馬名:クレッセントムーン
欧字表記:Crescent Moon
意味由来:三日月。
本馬の額にある流星の形と母名より連想
     
2018/01/04 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16〜18秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間からはハロン16秒までペースアップしています。細くは映りませんが、体重があまり増えてこない点が気になりましたので、少し休ませながら調整しています。坂路では自分から進んでいく姿勢がみえますので、頼もしい限りです。ただ、現状はまだまだ非力ですから、今後調教を重ねることでパワーアップして欲しいですね。気性面に関しては以前よりもいくらか改善されて少しずつではありますが成長の兆しが見えます。今後もリフレッシュ期間を設けるなどして体重に気をつけながら進めていきます」馬体重468s
     
2017/12/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17〜18秒のキャンター1本、週1回は周回コースで軽めのキャンター1,800m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間は坂路調教のペースを17〜18秒まで上げて乗り込んでいます。調教では体全体を使って走る姿が印象的ですね。気性面ではまだ子供っぽさが残っており、集中力が続かないところがありますので、その辺りが現状の課題と言えるでしょう。11月中頃には475sまで体重が増えたのですが、現在は468sまで減ってしまいました。でも特に細くなった印象は受けませんし、馬体は順調に成長していますよ。脚元・体調面に問題はないので、この調子でしっかり乗り込みを続け体力強化を図っていきたいと思います」
     
2017/11/01 在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
担当者「その後も順調に進められており、この中間から坂路での調教も取り入れています。現在はウォーキングマシン60分の運動に加えて、週3回は屋内坂路コースでハロン19〜20秒のキャンター1本、残りの日は周回コースでハッキング1,800mを行っています。馬体はまだまだ子供でしぼみやすいので、その点にはよく注意しながら調教を進めています。でも、走ることに対しては前向きですし、そういったところは父産駒のいいところを受け継いでいるように思いますね。まだトモに力がないので、調教を積んで後肢のパワーアップを図っていきたいですし、ここまで順調にステップアップ出来ているので、さらに坂路での時計を詰めていければと考えています」馬体重462kg
     
2017/10/02 在厩場所:9月4日北海道・ノーザンファーム早来へ移動
担当者「こちらに入場後も環境の変化に戸惑うことがなく、ロンギ場の馴致も無事に終え、現在はインドアでの運動に移行しています。馬体は成長途上とあって、幼いところがあるものの、これから調教を進めていくにつれて筋肉がついてくるようになるでしょう。性格は素直で扱い易いですし、ヘニーヒューズ産駒らしい大柄な馬体の持ち主なので、今後どのように育ってくれるかとても楽しみですね。今後は坂路調教も取り入れて徐々にペースアップしていきたいと考えています」馬体重451kg
     
2017/09/01 在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling
Yearling担当者「引き続き夜間放牧を行っております。また、週3回のウォーキングマシンと週2回程の追い運動を行うことによって、身体も緩むこと無く筋肉にメリハリが出てきました。精神面も相変わらず安定していて、特にこちらの手を煩わせることもなく馴致の方もスムーズに進んでいます。9月4日にノーザンファーム早来へ移動する予定ですが、鞍付け、背馴らし等の馴致も一通り経験しており、今後は回数をこなしながら、鞍を着けた状態でのウォーキングマシンをやっていく予定です」馬体重461s
     
2017/08/10 在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling Yearlin
担当者「現在は順調に夜間放牧を行っています。脚長でスラっとした馬体の持ち主ですが、ここへ来てしっかりとした筋肉が付いてきて、非常に見映えのする馬体へと成長してきました。性格もとても大人しく、無駄なことは一切しないタイプで賢そうな馬です。馴致もこの性格なので、人の手を煩わせることなく順調に進んでいますから、育成厩舎移動後も問題なく調教を進められると思います」馬体重452s
     
2017/07/18 測尺(2017年7月上旬)
体 高:158.0cm 胸 囲:171.0cm 管 囲:21.1cm 馬体重:448kg